★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK262 > 393.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
レーザー砲の開発を急げ。(日々雑感)
http://www.asyura2.com/19/senkyo262/msg/393.html
投稿者 笑坊 日時 2019 年 6 月 25 日 14:31:33: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

https://okita2212.blogspot.com/2019/06/blog-post_32.html
6月 25, 2019 日々雑感(My impressions daily)

<防衛省は2019年から、低空を飛来する攻撃・偵察型ドローン(小型無人機)や迫撃砲弾の迎撃を目的に、高出力の軍事用レーザー兵器の研究を本格化させる。今年度予算には開発費として87億円を計上。年明けに陸上配備型の研究試作機製作の入札を行い、23年度までに技術的検証を終えたい考えだ。

 レーザー兵器の開発は米国や中国など各国で進められており、米軍は既にレーザー兵器を揚陸艦に搭載して運用を始めている。

 戦闘機のステルス能力向上やミサイルの低高度化・高速化により、迎撃までの対処時間は短くなるばかり。レーザー兵器は、直進するレーザーを照射して目標を瞬時に破壊することができるため、迎撃ミサイルなどで必要な事前の弾道計算が要らない。ミサイルや高射砲弾のように破片も発生しないため、地上被害が少なくなる利点もある。

 ミサイル防衛と比べると、ミサイルの補充が不要で撃ち漏らしもないため、運用コストは格段に下がるとみられる。米軍ではレーザー発射1回の費用は1ドル程度とされている。

 課題は出力の強化だ。防衛省は、最大50キロワットのレーザー発生装置を開発しているが、迎撃には100キロワット程度の出力が必要になる。将来的には長距離巡航ミサイルや戦闘機などの迎撃に使用することを目標に研究開発を進める>(以上「時事通信」より引用)


 前記ブログでレーザー砲の開発に期待す、と書いたが、具体的なレーザー砲の開発段階を記しておく。引用記事は時事通信だが、それによると防衛省も2019年に開発予算として87億円を計上しているようだ。

 しかし未来の防衛兵器の中核となるレーザー砲開発予算としては余りに少ないのではないだろうか。140億円も支払うF35一機分にも満たない予算でなにをやろうというのだろうか。

 既にレーザーそのものは開発されている。問題は迎撃するレーザー・エネルギーをいかにして放出するか、そのエネルギーをいかにしてコントロールするかではないか。もちろん高性能レーダーと連動した照準により照射するのは当然だが。

 100キロワットとは東京で一人暮らしで平均使用電力量が月当たり200キロワットで、電気代が5,394円ほどだから、ミサイル迎撃用として二発発射すると東京で一人暮らし電気平均使用量一月分を消費する勘定だ。

 太陽光発電で広大な面積を有する発電施設をメガ・ソーラと呼んでいる。レーザー砲で消費する電力はそれほど大きな電力を必要としない。物理学的に説明すると100キロワットとは1㎥の水を毎秒10mの高さまで汲み上げる力だ。イメージ的には中型車の自動車のエンジンがおよそ100キロワットだと思えば良い。

 だから複数のレーザー砲を備えた迎撃基地でも小型発電所ほどの施設があれば充分だ。迎撃ミサイル一発が数百万円から数千万円もすることを考えるなら、しかにレーザー砲が廉価かお解りだろうか。

 もちろんレーザー砲は攻撃用にも使用できるが、その場合の効果は極めて限定的だ。なぜなら火薬が爆発する砲弾やミサイルと異なり、レーザー・ビームは加熱破壊するだけだからだ。

 従ってミサイル防衛に最も適している。もちろん敵機迎撃にも適している。つまり防衛兵器として有効だ。だから、日本政府は本腰を入れてレーザー砲に取り組むべきだと主張するのだ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 新共産主義クラブ[-10762] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2019年6月25日 14:39:35 : 78q11c3Y8Q : MHI3MTdGc09zR0U=[12] 報告
兵器としての必要性の議論は横に置いておいて、まず、そんなものを作れる会社が今の日本には無いと思う。

軍事を名目にした、企業の基礎研究への肥やしではないか。

2. 2019年6月25日 16:20:01 : Ygkzw26rj6 : NExxd3h1TGlpUEU=[241] 報告
そんなものより、最終的には核を持つか,もし日米安保が亡くなった場合い

核兵器なしで日本が守れるか。 黙って殺されるか、反撃できる体制をとるか。

3. 2019年6月25日 16:50:23 : gFUnShtAdA : eTc3UWo2STBYOGM=[1] 報告
 
 
レーザー砲の原理はフッ化重水素レーザーや
化学酸素ヨウ素レーザー(COIL)などを目標に照射し、
その熱でミサイルを破壊するものです。

ただレーザは距離が長くなれば大気や雲によって熱量は減衰してしまうため、
長距離の目標は一瞬で破壊すると言うより一定時間照射し続けて破壊する
原理になります。

しかし弾道ミサイルの落下時の速度は音速の20倍以上。それだけ高速で移動する
小さな弾頭に一定時間正確にレーザーを当てつづけることは
うせr現在の照準システムではできません。


https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10105711275

4. 佐助[6970] jbKPlQ 2019年6月25日 17:27:53 : CBecl62sKU : NVJZRmFlY1paMEk=[44] 報告
トランプ大統領によって日米安保は,なくなるはずです。勿論,日米地位協定も治外法権も破棄される,それでゴロツキ集団の自民党,公明党は,日本の安全保障どうするのだろうか聞きたい。

日本もF35をモデルに偵察型ドローン(小型無人機)や迫撃砲弾の迎撃を目的に軍事用レーザー兵器の開発をしています。イージス艦やドローンの役目は増えると思う。

私も網膜剥離にレーザーで治してもらったことがある,トンネル掘削にもレーザー使っています,ただし高出力の軍事用レーザーではないのでどうかな。どこの大手企業でやっているのだろうか知らないが安倍ならたぶんあそこだろう。関係ないか。

ロシアは最近民間航空機を間違えて墜落させている.ミサイルと言われているがレーザー砲だと言っている専門家もいる。

私は水爆でない,電子砲を開発すべきで,産業革命で家庭も工場も車も電子電池電源時代になるので,電子噴射式や電子砲はできると思う。電子は携帯電話やカーナビやテレビなどで別の用途で使われている。

電子なら,移動式ミサイルや核を搭載した瞬間に潰すことができる。ロシアは無人式電子砲を開発研究し友人から一部完成していると聞いている。中国や米国はどうなんだろう真実は知らない。各国は電気自動車開発し競争しているが,研究者はすでにリチウムや動力の矛盾に気付いていると思う。

ドローンで高出力のレーザ砲ならテロ攻撃一発で日本の原発基地破壊させられるかも知れないが難しいかもしれない。津波や地震や噴火だけではないよ。米国はイスラエルと共同開発しているレーザ砲。どこまで出来ているのだろうか。イージス・アショアでは役に立たない。地震探知やマグマの法則のためにやったら。電子砲の方がまだ価値が高い。

5. 2019年6月25日 17:38:56 : eQHpkW1P7s : Li5jYUI0RzNET2c=[245] 報告
 私は一瞬驚いた。もしや自民党の何とかという総裁を標的にするんかいなあと。(これは削除かもな、まあ仕方ない。普通の、日本国憲法を尊重するという人間なら考えてはいかん事だからね)
6. 2019年6月25日 19:16:44 : vnUxfbHXEY : eU9GNkMwZXpEdDI=[178] 報告
本当に戦争になればそんなくそ兵器、役に立たんよ。先の大戦、役に立たん兵器をいくつも使おうとした日本。相変わらずアホーが多い。

原発など最低の施設、壊そうと思えばわけはない。

7. 2019年6月25日 20:56:33 : nuFElU31SM : eTJSNmNQN0hWc2s=[195] 報告
既に運用されている。
秘密になっているだけでな。
つまりそれは、航空戦力環境の一変を意味する。
空母を守れる、ではない。
空母の意味が無い、のだ。

ということは日本がその対空兵器を手にすることを、アメリカが認めると思うか?
中国とロシアとアメリカと、多分イスラエルしか手にできんよ。
ということは外交戦略を練り直さないとね。
いくらアメリカやイスラエルの機嫌を取ってもこの体たらくなのだから、残る選択肢は決まり切っている。

エリチンの時がチャンスだったように、トランプは日本にとってチャンスかもしれんぞ。

8. 2019年6月25日 21:01:20 : nyRNJjb61w : YUNXNjdQQ29IdFE=[2] 報告
既にミサイルの時点で、空母の意味は無くなっている。SDIがそこまででてるかはちと疑問だが、大規模な兵員で侵略する昔の米軍方式が通じなくなり、アメリカ軍の戦略と兵器は時代遅れになっていて、それを日本に売ってると見られないか?

光の速さで予測しながらコントロールするはやぶさ作った日本なら、それを実現出来るかも・・・だけど、兵器産業には賛成しないな。兵器は結局はどれも、人殺し以外には何も出来ない役立たずだからだ。

9. 2019年6月25日 23:29:34 : VdT2LVBgog : ZWRkb0s1bVNSbm8=[1] 報告
大気中は空気の揺らぎがあるからそんなに簡単じゃないぞ。
10. 2019年6月26日 19:10:16 : D0QUl32qUN : OWczZmhIbUhDL3c=[737] 報告
本音出す スポンサーへの ゴマすりで
11. 日高見連邦共和国[14670] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年7月01日 12:49:05 : 0nvyZmqwOI : OG1uRFQxbDR3M0k=[571] 報告
レーザーは、大気圏の水蒸気や塵・埃での減衰を当然考慮に入れた
照射角を広めに取ったパルスレーザー『近接防御』が有望でしょう。

大気圏内の遠距離攻撃ならば『荷電粒子砲』が優れているのですが
基本『直進』しかできないので(笑)、さほど有効ではないかもネ。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK262掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK262掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK262掲示板  
次へ