★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK262 > 627.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<岩手>元復興相vs元パラ代表 知名度の差より小沢の神通力 2019参院選 全選挙区「当落予想」(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/19/senkyo262/msg/627.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 7 月 02 日 12:40:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


【岩手】元復興相vs元パラ代表 知名度の差より小沢の神通力 2019参院選 全選挙区「当落予想」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/257342
2019/07/02 日刊ゲンダイ


知名度アップに奔走する横沢高徳氏(右)、「敵前逃亡」の過去…(平野達男氏)/(C)日刊ゲンダイ

【岩手】(改選数1)

▲△平野 達男65自現
△▲横沢 高徳47無新

 小沢王国で新旧対決――。自民現職の平野は、民主党政権時代の初代復興大臣。もともと小沢一郎衆院議員に近かったが袂を分かち、6年前は無所属で当選した。その後、2016年に自民党入りし、今回は初めて「自民」の看板で戦う。

 小沢支持者にとっては“裏切り者”だが、参院を3期務めた平野の地元での知名度は圧倒的。自民県連は、1992年以降、27年遠のいている選挙区勝利に期待をかけている。もっとも、組織が一枚岩かというと、そうではなく、わだかまりが残っているという。

「4年前の県知事選で平野さんが“敵前逃亡”したことを、みんな覚えている。当時はまだ無所属だったものの、自民の支援を得て立候補表明までしながら、小沢系の達増(拓也)知事に勝てないと判断すると一転、出馬を撤回。既に2連ポスターを作っていた県議などが被害を受けた。まだ平野さんに抵抗感のある人もいるでしょう」(地元関係者)

 野党統一候補の横沢は、モトクロスのライダーだった25歳の時の事故で脊椎を損傷。事故後、チェアスキーを始め、2010年のバンクーバーパラリンピックに日本代表として出場した。引退後、達増知事の後援会に入って活動する中で、政治に関心を持つようになったという。

 知名度不足を補うのは、9月に予定される知事選への4選出馬を表明済みの達増との連携。達増は「県民党」を掲げながらも、参院選と同じ枠組みである野党4党への推薦依頼に踏み込み、横沢の事務所開きでマイクも握った。

 17年衆院選の比例では野党票が自民票を10万票以上、上回っている。知名度の差はあれ、小沢の神通力が勝りそうだ。

○当選圏内、△拮抗でやや優勢、▲拮抗でやや劣勢。上段は政治評論家・野上忠興氏、下段は政治ジャーナリスト・泉宏氏の予想。











 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[19798] kNSCqYLU 2019年7月02日 12:42:19 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[9864] 報告


2. 赤かぶ[19799] kNSCqYLU 2019年7月02日 12:44:49 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[9865] 報告


3. 日高見連邦共和国[14709] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年7月02日 12:45:51 : 0nvyZmqwOI : OG1uRFQxbDR3M0k=[594] 報告
横沢さんには十分以上の“知名度”はありますし、平野達男の知名度はむしろ“悪名”。(笑)
4. 赤かぶ[19800] kNSCqYLU 2019年7月02日 12:47:09 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[9866] 報告


5. 日高見連邦共和国[14710] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年7月02日 12:47:38 : 0nvyZmqwOI : OG1uRFQxbDR3M0k=[595] 報告
現在の横沢さんは“無所属”で、『立民・民民・共産・社民推薦』なのであります!


6. 赤かぶ[19801] kNSCqYLU 2019年7月02日 12:48:21 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[9867] 報告


7. 赤かぶ[19802] kNSCqYLU 2019年7月02日 12:49:00 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[9868] 報告


8. 赤かぶ[19803] kNSCqYLU 2019年7月02日 12:51:13 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[9869] 報告


9. 赤かぶ[19804] kNSCqYLU 2019年7月02日 12:52:22 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[9870] 報告


10. 赤かぶ[19805] kNSCqYLU 2019年7月02日 12:53:03 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[9871] 報告


11. 赤かぶ[19806] kNSCqYLU 2019年7月02日 12:53:58 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[9872] 報告


12. 赤かぶ[19807] kNSCqYLU 2019年7月02日 12:55:56 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[9873] 報告


13. 赤かぶ[19808] kNSCqYLU 2019年7月02日 12:56:26 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[9874] 報告


14. 赤かぶ[19809] kNSCqYLU 2019年7月02日 12:59:19 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[9875] 報告


15. 風の戦士D[-19] lZeCzJDtjm2CYw 2019年7月02日 15:31:13 : kxk7MnCbWU : d1N5Q0JNaG5NNEk=[-1827] 報告
>投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 7 月 02 日 12:40:15
>日刊ゲンダイDIGITAL 公開日:2019/07/02 06:00 更新日:2019/07/02 06:00
>戸口英司@ekidoguchi 盛岡駅前。国民民主党・玉木雄一郎代表が来盛、横沢たかのり君とともに街頭演説。達増知事も駆けつけて。18:24 - 2019年6月30日

タマンキとタッソの連携が成功するかどうか?

野党統一候補が成功するか??

https://dic.nicovideo.jp/a/%E9%81%94%E5%A2%97%E6%8B%93%E4%B9%9F

>外務省から衆議院議員を4期務めた後に民主党推薦で岩手県知事選に出馬し当選を果たす。

タッソの外務省人脈が今も生きているかどうか???

まあ、注目選挙区の一つでしょうね。



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

16. 風の戦士C[-13] lZeCzJDtjm2CYg 2019年7月02日 15:41:48 : kxk7MnCbWU : d1N5Q0JNaG5NNEk=[-1829] 報告
>>15

木戸口英司参院議員って・・・

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%88%B8%E5%8F%A3%E8%8B%B1%E5%8F%B8

>2007年の岩手県議会議員選挙に出馬したが、落選。落選後、岩手県知事に当選して間もない達増拓也に誘われ、達増の秘書に転じる。

タッソの直系ですね。

そして、

>2016年の第24回参議院議員通常選挙に際し、民進、生活、社民、共産4党の推薦を受けて無所属で出馬し、自由民主党新人の田中真一を破り当選した。選挙後の7月26日、生活の党と山本太郎となかまたちに入党

山本太郎の直系ですね。

まあ、カネはあるんだろうけどね。



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

17. 一般ピープルぱんぴー[-396] iOqUyoNzgVuDdoOLgs@C8YLSgVs 2019年7月02日 16:16:27 : kxk7MnCbWU : d1N5Q0JNaG5NNEk=[-1831] 報告
>>16

これって事前運動に当たるんじゃないの?

https://kotobank.jp/word/%E4%BA%8B%E5%89%8D%E9%81%8B%E5%8B%95-181871

>公示、告示前の選挙運動は事前運動と呼ばれ、一切禁止されている。

タッソ知事はそれが分かっていて応援演説してるのかな??

タッソはホモガイムショーと一緒に「終わり」かな???



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

18. 日高見連邦共和国[14717] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年7月02日 16:34:52 : 0nvyZmqwOI : OG1uRFQxbDR3M0k=[602] 報告
>>17

どこがだよ。(笑)

あれがダメなら、自民党など、存在自体が『事前運動』のカタマリだ。(笑)

19. おじゃま一郎[7227] gqiCtoLhgtyI6phZ 2019年7月03日 09:32:41 : Jz1aVzuBqF : ZS9zc1lqbG9lU3c=[7] 報告
黄川田どうした?
20. 日高見連邦共和国[14735] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年7月03日 12:19:12 : 0nvyZmqwOI : OG1uRFQxbDR3M0k=[614] 報告
>>19 うんこ一郎

自分で調べてみろよ。(嘲笑)

21. 斜め中道[7184] js6C35KGk7k 2019年7月03日 17:45:39 : 460ZVzz1ys : SDZ2LjR6cm1sVk0=[1143] 報告
>>19 腐った糞邪魔
胆道北朝鮮討伐はどうした??
東尋坊がお前ぇを呼んでるよぉ〜♪ とっとと逝け!!
22. 日高見連邦共和国[14744] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年7月03日 18:26:38 : 0nvyZmqwOI : OG1uRFQxbDR3M0k=[623] 報告
>>19 うんこ一郎

東尋坊が嫌なら、北山崎もあるでよ。(笑)

23. 斜め中道[7201] js6C35KGk7k 2019年7月04日 10:40:25 : 460ZVzz1ys : SDZ2LjR6cm1sVk0=[1160] 報告
>>19 腐った糞邪魔
さらに門戸を広げてやろう。

ヤセの断崖(石川県)・日御碕(島根県)・・・ってのもあるんだって♪

24. 日高見連邦共和国[14777] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年7月04日 21:26:50 : 0nvyZmqwOI : OG1uRFQxbDR3M0k=[645] 報告
>>23 『斜め中道』さん

あいや、それは知らなんだ。(笑)

25. 日高見連邦共和国[14797] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年7月05日 09:36:53 : AMkKUy9Ccg : R0lFbG1waUVOclU=[6] 報告
岩手選挙区、野党統一候補『横沢たかのり』さん、届出順1番ゲット!幸先いいねェ〜!
26. 日高見連邦共和国[14886] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年7月07日 09:49:47 : 2QWqbp3px6 : SmkzbXdYaDQwTlk=[8] 報告
先日15:00、水沢メイプル前での、横沢さの立会演説会に行って来ました。

聴衆約350人。達増知事、木戸口議員、奥州市選出県議3人(民民党2人、共産党1人)、
奥州市議15人、金ヶ崎町議3人ほか。メイプル脇の選挙事務所の入り口直ぐに、
小沢一郎と志位さんの『必勝』のの壁紙が張られておりました。カメラはTV岩手と
IBCだったかな?岩手日報と朝日新聞の記者を確認。実直な横沢さんの演説が良かった!

なお、当然、移動(メインの選挙カー)はウェルキャブ車(ホンダ車)。

随伴するスタッフ社(トヨタ・ヴォクシー他)のフロントドアには『選挙に行こう!』のステッカー。

なお、今日の岩手日報1面の写真を見ると、沿岸部で演説した平野達男の脇に甘利の姿が!

ほ〜う。よくその写真を使ったね、日報!逃げたチキン野郎のツーショット!悪意ぷんぷん。(笑)

選挙戦は始まったばかり〜!!

27. 日高見連邦共和国[14973] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年7月11日 20:06:14 : 0NipyrW1JI : b1o0ZmFoWlN3WmM=[6] 報告
序盤から中盤の、岩手選挙区“情勢”を語る前に、事前の週刊誌による『情勢分析』を見てみましょか。

『週刊朝日』から。右・小林、左・角谷。

横沢 △〇
平野 ▲△

28. 日高見連邦共和国[14974] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年7月11日 20:28:17 : 0NipyrW1JI : b1o0ZmFoWlN3WmM=[7] 報告
カメレオン・平野にも“希望がある”(笑)という意味で、6日(土)付けの岩手日報紙面より。

◆岩手選挙区

『平野氏先行 横沢氏攻勢 梶谷氏公約訴える』

(省前)

岩手日報社などが加盟する共同通信社が行った電話世論調査(4、5日)と
本社取材班、各支社の取材による序盤戦情勢は、平野氏が3帰18年の知名度
で先行し、横沢氏が攻勢を強める。世論調査では投票する候補を決めかねる人が
約4割おり、各陣営は集票に全力を挙げる。

横沢氏は公示翌日の5日、沿岸北部で選車を走らせた。車いす生活た冬季パラリンピック
の出場体験を基に「強く優しい日本」の実現を掲げ、消費税引き上げの中止などを訴える。

政党支持層別では国民民主の7割、社民と共産の6割、立憲民主の4割をそれぞれ固める。
30代と60代で平野氏と互角の戦いに持ち込んでいる。自身の地元の矢巾町があり、
達増知事の地元盛岡市を含む衆院岩手1区でやや分が良い。

平野氏は5日、県南や気仙地区で遊説を繰り広げた。復興相や農林水産官僚の経験を生かし、
政権与党の立場として震災復興の完遂や農林水産業の振興などを重点に打ち出す。

政党支持層別では自民の7割、公明の3割を取り込む。50代と70代以上の支持に厚みがある。
自民党の鈴木俊一の地盤で沿岸部を含む衆院岩手2区でリード。自身の地元北上市のある
衆院3区でも先行している。

(中略)

選挙情勢を左右する無党派層のうち6割は、投票する候補を決めていない。1992年以来
27年ぶりの岩手選挙区勝利を目指す自民党と、前回2016年に続く野党共闘で議席奪還
を狙う野党の対決は今後加熱しそうだ。

29. 日高見連邦共和国[14990] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年7月12日 23:14:22 : vtCbwW9ghg : ZFFNVlJWMjNqYTI=[1] 報告
週末から来週頭にかけて、また『中盤・終盤情勢』が発表されるので、少し急ぎましょう。(笑)

まず上の、>>28 で紹介した岩手日報(6日付け紙面)の序盤戦情勢につて一言。(クレーム)

基本的に岩手日報の選挙報道は、極めて正確で真面目、その分析には信を置けます。基本的に。

でも、上の記事は頂けない。岩手日報に電話して色々探ってみたら、どうにも書かされたっぽい。

選挙情勢の分析は、共同通信が行った世論調査。河北新報に紙面によればサンプルは約3万。

普段の世論調査、精々がサンプル千五百程度を考えれば『多いじゃん!』ってのは只の錯覚。(笑)

サンプル3万を、47都道府県の50で割ってご覧よ。一都道府県あたり『僅か600』だ。

岩手の有権者は、全国の有権者の約100分の1。サンプルが人口割されていたら岩手は『300』。

あるいは、地方はもっと軽視されてるっぽいので、その実岩手当たりではサンプル『200』かもしらん。

記事では、岩手の3選挙区を、支持政党毎に分析しているので、一選挙区当たりのサンプルは『100』程度。

そんな少な〜いサンプル数で、支持率10%未満の政党支持層をどんだけ分析できるのか疑問ダロ?(笑)

『電話世論調査』と『本社取材班、各支社の取材による』と書いてるので、この根拠薄弱たる
世論調査(もどき)と信頼ある日報記者の取材が“相反する場合はどう評価しているのか”と
聞いてみたが(日報の読者問い合わせ窓口に)、正直にというか、口を濁していましたサ。(笑)

なお、当日の岩手日報の7面(選挙面)には、『岩手選挙区序盤戦の情勢 2019参院選 衆院1〜3区分析』
があり、もしかしたら共同通信の調査とは別の、日報独自の調査によるバックデータがあるのかと思い
隅々まで読んでみたが、今まで紙面で伝えた陣営・組織支持情報に終始、データ裏付け無しが確認できた。

よって、上の日報の記事は『共同通信に、そのように書かされた記事』と断定しよう。

まあ、毎選挙のたびに、選挙戦中盤から終盤に発表される岩手日報の世論調査(トレンド調査)は
対面による3千人超調査(市町村、年齢層、都市・農村部による分布をしっかり考慮)されてる
“優れもの”なので、楽しみのその『発表』を待つことにしましょうか。ネ!平野達男くん!!

30. 日高見連邦共和国[14991] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年7月12日 23:33:18 : vtCbwW9ghg : ZFFNVlJWMjNqYTI=[2] 報告
続居て、『序盤戦情勢』を、全国紙(?)の産経新聞の9日(火)の紙面(3面)から拾ってみよう。

◆自民 1人区に集中 改憲勢力3分の2へ 幹部級投入上積み狙う

(承前)

「未来に向かって憲法をしっかり議論する候補を選ぶのか、
国会議員の責務を放棄して全く議論すらしないのかを選ぶ選挙だ」

安倍晋三首相(自民党総裁)は8日、岩手県北上市の百貨店前でこう訴え、改憲への意欲を重ねて示した。
1人区の岩手選挙区は小沢一郎元民主党代表の地元で、自民は平成7年参院選以降、
公認候補が当選していない「鬼門」だ。今回も野党統一候補が自民党候補をリードしている。

1人区では岩手と秋田、新潟、長野、愛媛、沖縄の6選挙区で野党統一候補に先行され、
山形、宮城、滋賀、大分の4選挙区でもややリードされている。

(以下省略)

31. 日高見連邦共和国[14992] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年7月12日 23:51:18 : vtCbwW9ghg : ZFFNVlJWMjNqYTI=[3] 報告
お次は“おらが(我らの)新聞”、県南誌から全県誌を目指す『岩手日日』の10日(水)紙面より。

サンプル『400』と心もとないが、共同通信調査の岩手割り当て分が、多くても『300』
下手すりゃ〜『200以下』であることを考えると、決して無意味な微小サンプルとは言えない。

まず、紙面(1面)から文字書き起こし。

◆与野党激戦の様相
 横沢氏 支持拡大に勢い
 平野氏 実績生かし浸透

◆参院選いわて 序盤戦情勢

岩手日日新聞社は7日に参院選岩手選挙区(改選数1)の有権者を対象に電話世論調査を実施し、
取材状況も含めて現新3人によって争われる選挙戦序盤の情勢を探った。

野党統一候補で無所属新人の横沢高徳氏(47)が支持拡大に勢いがある一方、
自民党現職の平野達男氏(65)は知名度、実績を生かして浸透を図っており、
与野党対決は激戦の様相を呈している。

(中略)

投票先を決めていないという人も2割に上っており、今後の各陣営による集票がカギを握ってくる。

(中略)

投票に行くかとの問いには「必ず行く」「たぶん行く」で計94.6%を占めた。

*****

【政党支持率】

自民党 27.3%
立民党 19.4%
共産党  8.1%
民民党  7.4%
社民党  3.8%
公明党  3.3%
維新の会 2.4%
その他  9.3%
支持政党なし 18.9%

32. 日高見連邦共和国[14993] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年7月12日 23:55:53 : vtCbwW9ghg : ZFFNVlJWMjNqYTI=[4] 報告
なお、丁度3年前の参院選時の、同じく岩手日日の紙面(調査)による政党支持率は次のとおり。

【政党支持率】(2016年6月28日紙面)

自民党  24.7%
民進党  20.1%
共産党  10.7%
生活の党  7.6%
公明党   5.8%
社民党   4.4%
その他   6.0%
支持政党なし 20.5%

*****

ご参考に!

33. 日高見連邦共和国[15137] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年7月20日 07:44:41 : Rxqjwd8nLU : MjJUNFlKTXRPbWs=[7] 報告
もう、選挙戦も最終日。少し遅い情報だけど、今週号の週刊誌『選挙区情勢』から。

『サンデー毎日』(左・三浦)、『週刊文春』(右・久保田)
横沢 △+ △
平野 △− △

34. 日高見連邦共和国[15138] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年7月20日 07:58:55 : EbGQr0gwjg : aC90aFd2ai9ONW8=[1] 報告
ちなみに、皆さん勘違いされてるかもしないが、岩手のカメレオン男&コウモリ野郎平野達男は
2度目の選挙で『40万票』を得た、小沢一郎の選挙薫陶を実践してきた“最強の対立候補”。

3年前の選挙、木戸口さんと争った、自民党の落下傘候補・田中(チビラガーメン)は
“再弱の対立候補”だったのだが、それでも選挙結果はアレ(まあまあの接戦)だった。。

なので今回の選挙、楽に勝てるものではないし、殊勝にも平野くんが結構な危機感で臨んでる。

この状況下『甲乙つけがたい接戦』って時点で、平野にとっても“負けフラグ”と言って過言ではない。
(まあ、実際の情勢は新聞情報とは乖離して・・・いや、口チャック!(笑)

今回の選挙の勝敗を分ける要点は、

@前回選挙で平野に入った票がどれだけ剥がれるか

A自民党支持票がどれだけの歩留まりで平野に入れるか

B平野から逃げた票が棄権票になるか、奪えるか

この3点のみであるとは、どこかで話したと思います。

そして、これらの要件を促進させる最良の候補が横沢さんなのでした。

でも、ここに来て、無視できない4つ目の要件が。

C階、黄川田がそれぞれ持つコアな固定票が横沢さんに入れるか

一般に『複雑で読めない選挙』(地元紙ですらも)と言われますが、決してそうじゃない。

上4点に着目し、市井の情勢を嗅ぎ分ければ、おのずと『結果』は知れてきますから。

35. 日高見連邦共和国[15140] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年7月20日 08:42:59 : 5m4EPxhqfx : N3JpM3hFdDV1THc=[2] 報告
上補足(岩手選挙区プチ情報)

民民党を“私情”で離党した(笑)、階、黄川田両議院。この2人が支持者に向かって
『横沢には入れるな』とほのめかして(卑怯な連中ので明確にそう指示することはない)
それに従うコアな支持者は、黄川田で最大1万票、階で最大2万票、合わせて3万票。

この『行って来いで6万票』を軽んじるヤツは、選挙に関わる人のなかにはおらんでしょ?

*****

あと、この裏切者・平野達男改め『腹立ちつ男』(笑)の略歴を記す。

@小沢一郎に見いだされ、旧自由党時代に参院選に立ち、激戦を制して当選。

A2度目の参院選は、最弱の相手(チビ田中)だった事もあり40万票獲得で2選。

B小沢一郎が民主党を離党する際、小沢一郎を裏切り民主党に残留。(回・黄川田も)

C民主党が政権から滑落した後、民主党を離党。(この時、階・黄川田は民主党在籍)

D6年前の『大分裂参院選』では“無所属”当選を果たしたが、前回比マイナス15万票に愕然。

*****

こういう糞野郎であることを前提に、お次のコメント(文字書き起こし)をお読みください。


36. 日高見連邦共和国[15141] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年7月20日 09:15:29 : SQzYMKLObM : Q1hJSzg3S2lXZy4=[1] 報告
2019年7月12日(金)河北新報1面紙面より、文字書き起こし。

*****

■'19参院選『激動』東北6選挙区ルポ

◆(第2回)岩手『政策は脇「古傷」焦点

民主党政権を「悪夢」とこき下ろしてきた安倍晋三が、当時の看板大臣だけは徹底的に褒めちぎる。
「使命感の下、与野党の壁を越えて全力で尽くしていた。すごかった。大変に感銘をうけた」

▼「裏切られた」

8日夕、盛岡市の街頭に立った安倍。隣には民主党政権の初代復興相にして
今は自民党に籍を置く現職平野達男がいた。

自民党にとって、過去8回連続で敗北を喫してきた参院選の岩手選挙区(改選数)は
「鬼門」に等しい。既にバッジを付けている平野を自陣に引き入れ、27年ぶりの勝利を期す。

これを野党側から見れば変節となる。「政権から転落した途端、裏切られた」(労組幹部)
「裏切りを許す文化は、政党を問わず岩手にはない」(ベテラン県議)

政策論を脇に置き、平野が抱えてしまった古傷を巡る攻防が、選挙戦の焦点になる。

かばう自民党は5日、党厚生労働部会長小泉進次郎を奥州市に投入した。
地元出身の米大リーガー大谷正平になぞらえて小泉が絶叫する。
「候補も民主党と自民党の二刀流だ」。湧く慣習。対照的に陣営スタッフの表情はひきつる。

再び8日夕の盛岡市。「安倍内閣の取り組みに参画させてほしい」。安倍の隣で平野は
「自民党の平野」を連呼した。それは有権者へのアピールだったのか。それともいまだ
仲間として受け入れてくれない一部自民党支持者への懇願だったのか。

▼小沢流の選挙

「知名度では相手の半分にも及ばない。それでも絶対に勝たなきゃいけない」
4日無所属の新人横沢高徳の第1声に野党勢力の大立者、衆院議員小沢一郎(岩手3区)
の姿があった。陣営スタッフの緊張が走った。

50年の歳月をかけて小沢が岩手に築いた選挙ネットワークが動き出す。
「系列の県議や市町村議が、集票を競い合うんだよ)(陣営幹部)。
野党統一候補で無名の「横沢」を力業で売り込む。

農山魚村から都市部へ、投票日に向けて攻め上がっていくのが小沢流の真骨頂だ。
4日は人口減少著しい県北。5日は沿岸北部の漁村。横沢の遊説ルートは、
小沢戦略を忠実になぞっていた。

ほとん地元入りしない小沢に代わって知事達増拓也も動いた。7日には沿岸6カ所で
横沢の街頭演説に付き添い「県民の皆さんが選ぶ代表は横沢さんでなくてはなりません」。
県政トップながら政治的バランスなど頓着しない。

9日正午、横沢を支える達増と共産党委員長志位和夫が、堂々県庁前に並びたって
街頭演説を始めた。岩手以外では、ほとんど見ることのできない光景だった。
(敬称略

*****

『取材しない河北』では、がんばった記事だが(笑)、それでもあちこちチクチク。

37. 日高見連邦共和国[15155] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年7月20日 15:02:56 : SQzYMKLObM : Q1hJSzg3S2lXZy4=[15] 報告
>>29 で予告してた、選挙期間中の岩手日報による対面式による3500人規模の県政調査
(市町村、年齢層、都市・農村部による分布をしっかり考慮)が17日(水)の紙面で発表された。

まず、その調査方法に『ガッカリ』。これまでの調査が、『超A級』だとしたら今回は『B+』程度。

まず、紙面から、どのような調査が行われたのかを紹介しよう。

*****

2019年7月17日(水)岩手日報紙面1、3面記事より、文字書き起こし。

■平野氏、横沢氏競る 参院選岩手選挙区終盤戦の情勢(1面)

【調査方法】
直接面談方式による世論調査は12〜15日、県内の有権者1600人を対象に実施。
電話調査は共同通信と合同で、14日〜16日に行い、RDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)法で
無作為に発生させた電話に架電。846人から回答を得た。本社参院取材班、支社局網に取材を加味した。

■首相、げきせんくを奔走 参院選終盤情勢

【調査の方法】
14〜16日の3日間、全国の有権者を対象に、コンピューターで無作為に電話番号を発生させて
電話をかけるRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)法で実施した。今回、無作為に
発生させた番号のうち、実施に有権者がいる世帯にかかったのは5万4050件で、
このうち4万3614人から回答を得た。福島県の一部を調査対象から外した。

【議席の予測】

▽選挙区

過去の参院選挙区に立候補した候補者の世論調査支持率と、実際に獲得した得票率の相関関係を分析し、
選挙区や候補者の特性に応じた予測式を用意した。今回の世論調査で得た各候補者の支持率を
これらの予測式に当てはめ、選挙区ごとにシュミレーション(模擬投票)を行い、候補者ごとの
推定得票率と当選確率を算出した。これを積み上げて、党派別予想獲得議席を推計した。

▽比例代表

過去の参院比例代表選挙での各党の世論調査支持率と、実際の得票率との相関関係から
予測式を作成した。この予測式に今回調査での各党の支持率を当てはめ、シミュレーションで
都道府県ごとの党派別推定投票率を算出、これを全国に積み上げてドント計算し、各党派の
予想議席数を推計した。

*****

まあ、読んで字のごとく、ツッコミどころ満載。(笑)

どこがオカシイのかの分析とイチャモンは後にしよう。

最初にも言った通りこれでは精々が『B−』クラスの信頼度。
(それでも普段の世論調査『D』クラスよりはずっと高いがネ)

38. 日高見連邦共和国[15156] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年7月20日 15:04:49 : SQzYMKLObM : Q1hJSzg3S2lXZy4=[16] 報告
37です。誤記訂正。

×(誤): ■首相、げきせんくを奔走 参院選終盤情勢

○(正): ■首相、激戦区を奔走 参院選終盤情勢(3面)

39. 日高見連邦共和国[15158] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年7月20日 15:48:40 : 2HVFnvvXdY : R1NablZrSWFrMFU=[1] 報告
・・・というワケで、あまり参考になる記事(情勢分析)ではないので、主だった文章を紙面から書き起こす。

*****

平野氏、横沢氏 競る

自民党現職の平野達男氏(65)と野党統一候補で無所属新人の横沢高徳氏が競り合い、大激戦の様相だ。

平野氏は(中略)政党支持層では自民の8割、公明の9割を固める。30代、40代の支持に厚みがある。

衆院小選挙区別では(中略)2区で優勢に展開。自身の地元の北上市のある3区で支持固めに全力を注ぐ。

横沢氏は(中略)政党支持層では立民、国民、共産、社民の8割程度をそれぞれ取り込む。
20代、50代の支持が比較的厚い。自身の地元矢巾町があり、達増知事の地盤1区で
支持を広げ、国民の小沢一郎衆院議員の地盤3区で集票を加速させる。

特定政党を支持しない無党派層、年代別の60代以上でいずれも平野氏、横沢氏が拮抗している。

*****

ね、歯切れの悪い、ツマらん解析っしょ?(笑)

40. 日高見連邦共和国[15175] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年7月21日 07:27:56 : tFHckbPaak : RUo2dTVkQi9Dblk=[15] 報告
昨晩、書き漏れた大事な一文を書き記します!

長く厳しい選挙戦を戦い抜いた、横沢さん、木戸口さん(選対本部長)、達増知事、
達増妻、木戸口妻、ほか関係者の皆さん、そして横沢さんを支援してくれた全ての皆様に
心からアリガトー!そして何より、今回立ってくれた横沢さんに、改めて感謝・感激・雨霰!!

さあ、投票は始まってるよ!投票所へGO!!

41. 日高見連邦共和国[15176] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年7月21日 07:46:35 : tFHckbPaak : RUo2dTVkQi9Dblk=[16] 報告
7月19日(金)時点での、岩手選挙区の期日前投票の状況。

◆期日前投票数 『147,306』

◆期日前投票率 『15.14%』 (前回参院選の同時期『13.46%』)

◆期日前投票 前回参議院選挙比 『+12.5%』

*****

ちなみに、7月14日時点での期日前投票率は『5,26%』(前回同時期5.99%)で
前回同時期比で約『7%減』だった。この低さは、大分とならんでワースト同率2位。

なお、県内には自動車関連企業が北上を中心に多数あり『期日前投票』を強く呼びかけ
また労働組合は当然『横沢さん支持』である事がこの期日前投票に現れたものと推測される。

42. 日高見連邦共和国[15200] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年7月22日 08:31:23 : 0zP15vLcrk : enlpR1ZSQWc3Zmc=[5] 報告
あっぶねェ〜!(苦笑)
43. 日高見連邦共和国[15502] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年8月13日 15:30:51 : bPfzVUlGVw : MmhBb3hkMU1HdU0=[15] 報告
『2019年参院選 岩手選挙区 総括』

まず、今回の参院選挙を総括するに当り、小沢一郎が牙城を死守するという視点においては、
『最強の対立候補』VS『最弱の新人候補』の戦いだった事を前提として再確認しましょう。

ここで横沢さんを『最弱の候補』と言うのは、決して卑下や悪口ではなく、歴然とした事実。

横沢さんが“政治経験ゼロ”だという認識において、平野達男に入れた旧自由党支持者も居ます。

そして、『それでも勝てた』という事が、何より重要で、『票差』なんてあんまり重要じゃない。

小沢一郎の薫陶篤く、しっかりと有権者との信頼関係を築いてきた奴が“弱敵”なワケけがない。

また、6年前の参院選挙の結果からみれば、『平野票+自民党票』は“40万票”なんですから
岩手の有権者約100万人、投票率60%仮定で有効投票数『60万票』からしたら普通は楽勝?

・・・でも事実は、平野の惜敗。まあコレだって、戦前から私が解説してきた通りの結果なんだが。

この選挙の要諦は、『如何に自民党支持票を引っぺがし、高歩留まりでブン取れるか』であり
その要件を満たすための最善の候補が横沢さんであった事(黄川田など論外)が証明された。

ご参考までに、選挙前の、私の『情勢分析の書き込み』が次です。

↓↓↓
http://www.asyura2.com/19/senkyo259/msg/550.html#c09
===================================

私の感触では、カメレオン男(←平野達男)の前回票は、
歩留り6割で御の字、更に平野への投票を忌避する自民党支持層は『3割超』、
その半分以上が野党統一候補へ流れると推測できる情勢分析を、
ここでご披露しときます。
===================================
(抜粋引用終わり)

*****

前々回の平野の得票数は『約44万票』で、前回得票数『約24万票』(マイナス20万票)。
前回は野党分裂選挙で、民主党と生活の党の候補者の得票数合計が『約15万票』なので
平野がショックを受けた大幅得票減は、なんて事はない、民主・生活の『基礎票』であり
逆に言えば『24万票』が“それでもオマエに付いていった個人の基礎票”だってことだ。

それは本来、『悲しむこと』ではなくて『喜ぶべきこと』の筈なんだが・・・。

私がクドくご助言した通り、前回の知事選出馬を断念したことについて、県民に向けて
『ちゃんとした説明と謝罪』をしてれば、今回の選挙だってもっと目減りを減らす事ができた。

恥ずかしくても、カッコ悪くても、そうすべき所を怠けたのだから、厳しい裁定が下るよね。

今回の平野の得票『約27万票』は、前回参院選結果から『平野+自民基礎票』の『約44万票』
に対して『70%弱』であり、30%にあたる『17万票』が“逃げた”という事になろう。

これは上で引用した私の『歩留まり予想』とほぼ符号する。投票率が落ちた分の絶対票数が違うが。

私が知り得る県内の投票行動を記すと、平野の基礎票は『5割』が逃げ、主に棄権にまわった。

逆に逃げた自民党票は『2割』程度に留まったが、その多くは棄権ではなく横沢さんに入れた。

その票数『約1万票』。なので、この自民党支持層のある意味での真面目さに救われたと言って過言ではない。
(この半分でも棄権にまわっていたら、ほんと選挙結果がどう転んだかは予断を許さなかただろう)

今回の選挙結果でもうひとつ特筆すべきは、沿岸・県北で以外に『差がつかず』、
盛岡以外の県央部で『差がつまった』という点だろう。最終的な2人の票差が
ほぼ『衆院岩手1区(盛岡、矢巾、石鳥谷)』の票差とイコールであった事だ。

これは、本来自民党が強い『沿岸・県北』で地殻変動が起こりつつある事を示している。

また、本来なら小沢系=非自民系の支持層が、政治家として素人に意外に厳しい目を向けた
という事でもあるが、これは『選挙民の選択』としてはどちらかというと良い事であろうと言っておく。

さて、総括の総括。

参院選=県知事選=県議会選という今年の岩手の選挙予定において、『連戦』ってより
『ダブルヘッダー(プロ野球でシーズン後半1日に2試合すること)』に近い真夏の激戦。

予想される顔ぶれでは、4選を目指す『最強の知事』と、『歴代最弱の対抗候補』という構図。

参院選挙の余勢を駆り、さらに知事選との強烈な連動を図りつつ『県政与党候補の全員当選』
を目指す基礎を固めることができたと評価できる。また、『裏切者』であり『議席を盗んだ』ヤツ
(自民党に寝返ったヤツ)への厳しい審判を下すことで、例えば細野のようなヤツの首筋を寒くし
更に『これから』を視野に入れる階猛のような顔色の悪い“予備軍”への抑止力になると評価できる。

それもこれも、横沢さんという素晴らし候補を『野党統一候補』にする事ができたからこその成果である。

さあ、次は知事選!県議会選!!

44. 日高見連邦共和国[15512] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年8月14日 01:20:42 : ApiIBmqYwk : S0NZbjNZNldDbWs=[3] 報告
さて、知事選の構図は極めて単純で、『現職・達増拓也』VS『無所属・及川あつし』の一騎打ち!

言葉を変えると、県政与党の『県民党』VS衰退野党の『自・公・岩手政和会枢軸』という事になります。

ちなみにこの及川氏、自民党籍を持ち、前回の平野県知事立候補に連動して参院補欠選挙に立候補表明、
県議(盛岡選挙区)を辞任した『知事選立候補撤回』の最大の被害者にして『最弱の知事候補』。(笑)

県知事選の『勝負』としての興味は『どれだけの大差で勝つか』のみ。無投票よりは100倍マシ〜!

45. 日高見連邦共和国[15513] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年8月14日 01:22:46 : ApiIBmqYwk : S0NZbjNZNldDbWs=[4] 報告
44です。

×『岩手政和会』 ⇒ ○『岩手清和会』

46. 日高見連邦共和国[15514] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年8月14日 02:10:17 : ApiIBmqYwk : S0NZbjNZNldDbWs=[5] 報告
続いて、『県議会選挙』。コッチは転じて“大激戦”!

今回も『単独過半数』を取る政党はなく、最終的には『無所属・中間派』がキャスティイングボードを握る。

各勢力の候補擁立状況や、各選挙区の情勢分析は後回しにして、達増県政を支える“仲間”を大紹介!

まずこの『21人の仲間』+『共産党候補3人』の合わせて『24人』の“全員当選”を目指すのダ!!

ちなみに、岩手県議会の定数は『48』、議長が抜けるので、議会としての過半数は『24』となります。

*****

◆盛岡選挙区(定数10)

軽石義則   現職・国民民主党

安倍重盛   現職・国民民主党(旧自由党)

高橋但馬   現職・無所属(旧国民民主党)

◆花巻選挙区(定数4)

佐々木順一  現職・国民民主党(旧自由党)

那須川晋   現職・国民民主党(旧自由党)

◆北上選挙区(定数4)

高橋ケイ子  現職・無所属(社民党系)

高橋元    現職・国民民主党

関根敏伸   現職・国民民主党(旧自由党)

◆奥州選挙区(定数5)

郷右近浩   現職・国民民主党(旧自由党)

菅野博則   現職・国民民主党(旧自由党)

鈴木雅彦   新人・国民民主党推薦予定(旧自由党系)

千葉秀幸   新人・国民民主党推薦予定(旧自由党系)

◆一関選挙区(定数5)

千葉進    現職・無所属(社民党系)

佐々木朋和  現職・無所属(旧国民民主党)

岩渕誠    元職・国民民主党(旧自由党)

◆大船渡選挙区(定数2)

田村誠    現職・国民民主党

千葉盛    新人・無所属(旧自由党系)

◆宮古選挙区(定数2)

伊藤勢至   現職・国民民主党(旧自由党)

◆釜石選挙区(定数2)

小野共    現職・無所属

◆二戸選挙区(定数2)

五日市王   現職・無所属

◆滝沢選挙区(定数3)

柳村一    現職・無所属

*****

『希望郷いわてを実現する会』
https://twitter.com/ozawa_jimusho

47. 日高見連邦共和国[15517] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年8月14日 09:35:22 : s9HuPSQdP6 : amdFTG91QVJlLnM=[3] 報告
46の補足。

さらに県政与党の『社民党』の現職2人、新人2人(公認1、推薦1)がおり
親達増の無所属『創成いわて』が加わって、『過半数24』を占めに行きます!

48. 日高見連邦共和国[15520] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年8月14日 12:20:38 : s9HuPSQdP6 : amdFTG91QVJlLnM=[6] 報告

前回の岩手県議会選挙の結果を受けて、本日に至る各勢力の変遷をまとめる。

=====

■旧自由党(生活の党); 公認9名擁立、当選6名。その後推薦1名を加え
             国民民主党合流時の勢力は『7名』が現職となる。
             ほか元職1名(一関)が公認で県議会選に挑む。

■国民民主党(民主党); 公認5名擁立、5名全員当選。その後2名離党
             (改革岩手には所属)、1名引退、現職『2名』。
             旧自由党勢力を加え現職『9名』で選挙戦に臨む。

*****

■自由民主党; 公認16名擁立で、13名当選(改選数から+1名)。1名が
        無所属化(盛岡)、内紛で1名離反(北上)、市長選転身で
        1名辞職(盛岡)、加えて1名引退(滝沢)で現職『9名』。

■いわて県民クラブ; いわて清和会。公認4擁立で4名当選。その後推薦の
           2名を加えるが、1名が任期途中引退(奥州)。現職
           『5名』で改選を迎えるが、無所属化する奴に注意。

*****

■共産党; 公認3名擁立、3名全員当選。今回は現職『3名』の当選に全力。

■社民党; 公認3名擁立、2名当選。(党籍を持つ2名が当選)。今回は
      公認3名に加え、党籍を有する3名を推薦する“攻めの選挙”。
*****

■創成いわて(無所属会派); 5名当選、今回選挙に『4名』が立候補表明。

*****

■公明党; 公認1名擁立、1名当選したが今回引退表明、後継『1名』擁立。

=====

詳細は別途という事で。

49. 日高見連邦共和国[15531] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年8月16日 15:41:24 : NPHvr42K2c : LnhnSUl0Umc4ei4=[1] 報告
岩手県内各地には既に8月に入ってすぐに選挙ポスター用掲示板が建てられています!

岩手県知事選挙 ・・・ 8月22日(木)告示、9月8日(日)投開票
岩手県議会選挙 ・・・ 8月30日(金)告示、9月8日(日)投開票

デス!!

50. 日高見連邦共和国[15604] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年8月22日 21:49:52 : HamHuP9qMU : dkNKQ01lb3dMN0k=[6] 報告
さあ、岩手県知事選挙、今日告示!

抽選の結果、まあ当然というか、現職・達増氏、『届け出順1位』。

これで、選挙ポスターも『マウント』状態。(笑)

冗談いうのは今だけ!緩めずに突っ走るぜ、各々方!!

51. 日高見連邦共和国[15642] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年8月25日 08:03:17 : ViVYzHlU8Y : UG5tODVFamVNOWs=[1] 報告
今日は大きなイベント2つ!ひとつは当然『埼玉県知事選挙』。

そしてもうひとつは、岩手県知事選・県議選の前哨戦たる『盛岡市長・市議会選挙』!

さて、その市議会選挙。

古き良き中道保守の『現職・谷藤』に対し、自民党が対立候補を立ててきた。(笑)

厳密に『自民分裂選挙』ではないが、『保守分裂選挙』であることは間違いない。

これは、先の参院選の候補者を巡る“水面下での駆け引き”の中で、自民党サイドの
谷藤氏への“疑念・不信”が高まった証でもある。『自業自得』と言うと冷たいかな?

さて、選挙戦は三つ巴。

◆谷藤裕明(69) 現職・無所属 自民党系

◆内館 茂(52) 新人・無所属 国民民主党系

◆福井誠司(60) 新人・無所属 自民党籍保有 元県議(盛岡選挙区・自民公認)

*****

我らが内館さんは2度目の挑戦。前回(2015年)結果は・・・

■2015年盛岡市長選挙結果

投票率 51.45%

当選 谷藤 68,583票

次点 内館 51,930票

*****

なお、『めんこいTV』の世論調査(盛岡)による各政党支持率は以下。

立民15.8%
国民 7.7%
共産 6.9%
社民 3.5%

 県政与党系合計 33.9%

自民 27.4%
公明  3.7%
維新  1.2%

 県政野党系合計 32.3%

支持政党なし 25.7%

*****

ところでめんこいちゃんよ〜、『れいわ新選組』は“選択肢”聞いたのか!?

52. 日高見連邦共和国[15657] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年8月26日 12:28:57 : pYBiRhRShY : dS5MUUViLnd1Zk0=[33] 報告
盛岡市長選挙の結果。

コレを再度確認しておこう。この選挙は『自民・野党対決型選挙』ではありません。

さて結果は、現職・谷藤さんがなんとか“逃げ切り”。(冷汗)

マクロ的に言えば、国民民主党が担いだ候補が敗れた事は痛い。

でも、ミクロ的に言えば、あの階猛の『同級生』が落ちた事には、当然別の感想(感慨)を抱く。(笑)

あの腹黒・ドス黒顔のシナタケが『べったり貼りついて』の応援だったので、ある意味ハレンチ学園。(笑)

口が裂けても『良かった』なんて言いいません。それが“大人の良識”というものでしょう。

ちなみに、『国民民主党支持層の投票行動』に、その辺の所が如実に表れておりますからね。

53. 日高見連邦共和国[15676] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年8月29日 00:43:37 : K4xdBoNVm6 : OFNpa1cwTC5TNU0=[4] 報告
昨日、いや既に一昨日か(笑)、達増候補の応援に。野党3党首+1(副党首)が盛岡集結!

アリガトー!明日は『岩手県議会選挙』の“公示日”。岩手選挙イヤーのクライマックス!!

54. 日高見連邦共和国[15767] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年9月06日 22:57:44 : XZNOlW2yag : SGY4S094L2N6NEE=[12] 報告
さて、岩手県知事・県議会選挙もいよいよ佳境、最終盤!

岩手県知事選挙は、『勝つのが当然』、問題は『勝ち方』のみ。

『トリプルスコア』が目標せすが、まあそこまでは無理。(笑)

投票率は、選挙戦となった前々回(2011年)の県知事選挙(60%弱)と
前回の県知事選挙(53%弱)の間、『55%+』と予想します。

得票数は、達増『41万票』、及川くん『18万票』。ゼロ打ち相当ですね。

*****

9月3日(火) 『岩手日日』紙面1面より抜粋
===================================

『知事選いわて 終盤情勢』

■達増氏 安定した戦い

▼大票田の盛岡市をはじめ内陸を中心にほぼ全域で浸透。3期12年の実績と
 知名度を背景にリードを保つ。国民民主党支持層の9割、立憲民主党、
 共産両党支持者の8割、社民党支持層の7割を固め、無党派層にも着実に
 浸透。対抗する自民党支持層からも一定の評価を集める。


■及川氏 巻き返し全力

▼衆院岩手2区の沿岸部を中心に検討を見せるが、地元の盛岡市を含め
 内陸では苦戦を強いられている。公明党支持層は7割を固めた一方で、
 自民党支持層からの支持は4割にとどまるなど伸びきれず、無党派層
 への食い込みを図る。

投票に行くかとの問いには「必ず行く・行った」「たぶん行く」で
計95.9%お占めた。
===================================

*****

9月4日(水) 『岩手日報』紙面1面より抜粋
=================================== 

『知事選 終盤の情勢』

■達増氏 幅広く浸透

▼達増氏は、立憲民主、国民民主、共産、社民の4野党組織に支えられ、
 現職県議らの政治団体「希望郷いわてを実現する会」と連動。
 県議選候補62人(無投票当選を含む)のうち29人の支持を得る。
 小沢一郎衆院議員の地盤で、野党組織の強い衆院岩手3区で優位に展開。
 衆院議員時代に基盤を築いた盛岡市を含む岩手1区でも着実に支持を固める。
 現職の知名度で幅広い年代に浸透。政党支持層は4野党をおおむね固め、
 自民党支持層にも食い込んでいる。

■及川氏 懸命に追う

▼及川氏は自民党、公明県本部の推薦を得たほか、無所属系の政治団体
 いわて県民クラブが全面支援する。県議OBらの政治団体「新しい知事を
 つくる会」と連携し、県議選候補のうち24人が支持を表明。
 県議時代に人脈や知名度を培った岩手1区で一定の支持。県内で自民党基盤
 の強い岩手2区の宮古・下閉伊地区や釜石・遠野地区などで攻勢を伺う。
 40代、60代以上の支持に比較的厚みがある。政党支持層は公明を8割
 固め、自民党の4割弱を取り込んでいる。

8月29日現在の有権者数は106万326人(男50万5899人、
女55万4427人)
===================================

*****

って訳で、県知事選の話題は、これ以上必要ないでしょう。(笑)

ただ、最後にひとこと。『及川あつし』くんって、誰?(大爆笑)

55. 日高見連邦共和国[15768] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年9月06日 23:03:42 : XZNOlW2yag : SGY4S094L2N6NEE=[13] 報告
それにしても、自民党支持層からの支持4割(弱)って・・・。(笑)

知る人ぞ知る、実質『自民党公認』の候補のクセに!ダッセ〜。(笑)

56. 日高見連邦共和国[15769] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年9月06日 23:31:51 : XZNOlW2yag : SGY4S094L2N6NEE=[14] 報告
さて、問題は『県議会選挙』です。これが大激戦、結構まだ読めない!

でもだいたい、『当選圏(安全圏)』に入った候補を凡そ名言できる。

自民党の台所事情でいうと、新人候補大量擁立といったように一見景気よくも見えちゃうが
内実は『ガタガタ』というべき実情。せかっく立てたタマがあまり良くないのが何より。(笑)

盛岡選挙区では、現職ゼロ。1名は先の盛岡市長選に転出して見事に玉砕!(笑)
もう1人は『内紛』から自民党組織から距離を置き、『なんちゃって無所属』で出馬。
加えて若い新人2名を立てるという、身のほど知らずのチグハグ選挙。重ねてタマが屑。

隣の滝沢選挙区でも、現職が引退で、新人を擁立。まだ盛岡よりもマシと言えばマシ。

北上選挙区は、最大のバカっぷり!人事で不満が爆発した現職が党に反旗を翻して無所属で出馬。
対抗馬として新人を立てて一定の健闘を見せてはいるが、如何せん党勢の衰退はいかんとも。

ここは、社民党も、前回選挙から似たような状況ではあるが、無所属・達増派の女性議員が
無類に強く、2回続けて党公認候補の落選が確実な状況。前回、自民党公認と最後まで
ギリギリで競り合った小沢事務所直径候補が得た得票が『どこに回るか』が勝負を決める。

奥州選挙区は、前回自民党公認で出た、不動産屋のドラ息子が何故か今回は無所属で出馬。
はぁ。もう、やる前から『自民党公認では勝てない』という自己証明、ご馳走様です。(笑)

ここでも、社民党が攻めの選挙。定数5に候補者9人乱立の激戦に拍車をかけています。

等々の、自民党のテイタラクの概略を踏まえて、各選挙区情勢と『見通し』を記します。

*****

なお、達増県政に対抗する『あたらしい知事をつくる会』という得体の知れない組織について。

構成員48名と言われるが、いまだその全貌(参加者の氏名)はようとして知れず。(笑)

そもそも『知事をつくる』という言い方が、県民の民意無視の“上から目線”が鼻につく。

そして、『反達増』のカタマリとして今般の県議会選挙に出ているのは『24名』のみ。

つまり、全員当選を実現できなければ県議会過半数(議長を抜いて24名)は占められない。

この辺を頭に入れて頂ければ、余計にこのイベント(岩手県議会選挙)をお楽しみ頂けます!

57. 日高見連邦共和国[15775] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年9月07日 01:18:25 : XZNOlW2yag : SGY4S094L2N6NEE=[20] 報告
岩手県議会選挙では、16ある選挙区のうち、8つの選挙区で『選挙戦』となっています。

無投票当選の決まった選挙区の候補も含めて『62人』が立候補。

9月3日の岩手日報紙面によれば、達増支持を表明する候補は『29名』。

及川あつ氏(誰?(笑い))の支持を明言する候補が『24名』。

『中立』と答えた候補が『9名』。(すべて無所属)
(新人の数名を除き、基本、達増県政に好意的な方々です)

これらの数字も覚えておいてくださいな!

58. 日高見連邦共和国[15778] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年9月07日 13:04:47 : azc4ITFs0o : eWx0dzBYSVI5djY=[1] 報告
さて、本日は『岩手県知事選挙・県議会選挙』の選挙期間“最終日”。

選挙戦になってる『8つの選挙区』の情勢、当選圏に入った方々の紹介です。

まず、主要政党の『まとめ』を最初に。

■国民民主党 無投票当選『1』、既に当選圏入り『8』、合計『9』議席

■自由民主党 無投票当選『8』、既に当選圏入り『2』、合計『10』議席

■共産党 既に当選圏入り『3』議席

■社民党 既に当選圏入り『2』議席

■公明党 既に当選圏入り『1』議席

■岩手県民クラブ 無投票当選『2』、既に当選圏入り『2』、合計『4』議席

*****

★政党名省略ルール

・民/民民・・・国民民主党

・立民・・・立憲民主党

・自・・・自由民主党

・共・・・共産党

・社・・・社民党

・公・・・公明党

・県・・・岩手県民クラブ

*****

◆盛岡選挙区(定数10)

 ○当選圏入り(届け出順)

  @斉藤 信 (共・現)
  A軽石義則 (民・現)
  B阿邊盛重 (民・現)
  C小林正信 (公・新)
  D小西和子 (社・元)
  E上原康樹 (無・新)
  F吉田敬子 (無・現)
  G千葉絢子 (県・現)

  ==========(残り2議席を5人で争う)

   高橋但馬 (無・現) 民民党を離党、立民党推薦
   米内紘正 (自・新) 米内光正のひ孫
   中村 一 (無・新)
   樋下正信 (無・現) 自民党籍を残したままで無所属化
   高橋康介 (自・親) 高橋ひなこ(復興より大事な衆院議員)の息子

*****

◆大船渡選挙区(定数1)

 ○当選圏入り

   千葉 盛 (無・新) 旧自由党系、『希望郷いわてをつくる会』メンバー

  ==========(既に残念!)

   伊藤力也 (無・新) 自民党系

*****

◆久慈選挙区(定数2)

 ○当選圏入り

   岩城 元 (無・新)

  ==========(残り1議席を争う/届け出順)

  @清水恭一 (自・元) 
  A中平 均 (無・現)

*****

◆紫波選挙区(定数2)

 ○当選圏入り

   なし

  ==========(2議席を横一線で争う/届け出順)

  @田村勝則 (無・現)
  A臼沢 勉 (自・元)
  B村上秀紀 (無・親) 自民・公明推薦

*****

◆花巻選挙区(定数4)

 ○当選圏入り(届け出順)

  @那須川晋 (民・現)
  A木村幸弘 (社・現)
  B佐々木順一(民・現)
  C川村伸浩 (自・現)

 ==========(既に残念!)

   佐々木忍 (無・新)

*****

◆北上選挙区(定数4)

 ○当選圏入り(届け出順)

  @佐藤ケイ子(社・現) 社民党系
  A高橋 元 (民・現)
  B関根敏伸 (民・現)

 ==========(残り1議席を横一線で争う/届け出順)

  @八重樫善勝(社・新)
  A高橋隠至 (自・新)
  B高橋孝真 (無・現) 自民党を離反

*****

◆一関選挙区(定数5)

 ○当選圏入り(届け出順)

  @高田一郎 (共・現)
  A飯沢 匡 (県・現)
  B神崎浩之 (自・現)

 ==========(残り2議席を横一線で争う/届け出順)
  
  @岩渕 誠 (民・元)
  A佐々木朋和(無・現) 民民党を離党、立民党推薦
  B千葉 進 (無・現) 社民党系

*****

◆奥州選挙区(定数5)

 ○当選圏入り(届け出順)

  @菅野博典 (民・現)
  A千田美津子(共・現)
  B郷右近浩 (民・現)

 ==========(残り2議席を横一線で争う/届け出順)

  @菅原勝一 (無・新) 前回自民党公認で出た不動産屋のドラ息子
  A鈴木雅彦 (無・新) 民民党推薦
  B千葉秀幸 (無・新) 民民党推薦
  C佐々木好美子(無・新)社民党推薦
  D佐々木勉 (県・現) 

 ==========(残念ながら圏外・・・)

   千葉 実 (無・新)

*****

敢えて、『優勢・僅かにリード』』等の情勢判定はしていません。

大きな分類で、『当選圏』、『横一線』、『脱落』の色分けです。

選挙戦も残り僅か!みんなガンバレー!!

59. 日高見連邦共和国[15785] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年9月08日 13:19:56 : sNQqvhtZiI : N25DalVpNDNRZkU=[1] 報告
さて、投票が続く岩手、『県知事・県議会選挙』。

6日付の岩手日報のでの『終盤性情勢』(県議会)では、かなり自民党に優しくなってます。(笑)

ざっくり言うと、私の分析に対して、『自民+2』、『民民−3』が“当選圏入り”と報じてます。

まあ、予想は色々あるでしょうが、“投票率”を想定しない予想は予想じゃないって分かってんだか。

*****

あと7時間後には始まる『開票作業』、そしてその“結果”の注目点を列挙します。

@盛岡・奥州選挙区での、『自民党所属』を隠したステルス自民作戦が功を奏するか。

A北上選挙区、前回公認候補(今回無所属)と自民公認候補、ドチラが勝ちあがるか。

B奥州選挙区、共産公認1、民民公認2、民民推薦2の『合計5議席』独占なるか。

C奥州選挙区、これまで小沢事務所と良い関係だったいわて県民クラブ公認候補が
 ここに来て離反、達増県政への批判を強めている。この裏切り者の議席確保なるか。

D一関選挙区、民民党を離党し今回は立民党の推薦を貰う候補、隣に立って支援する
 黄川田が知事選では及川を支援している。このアンビバレンツの中で議席確保なるか。

*****

前の県議会選挙では、『こいつは絶対落とそう候補』を、花巻・奥州選挙区で2名挙げました。
(1名は見事落選、1名は当選したがその後急に老け込んで任期途中で引退で県政安定に寄与)

今回はCで挙げた奥州選挙区『佐々木努』、同じく@で挙げた奥州選挙区『菅原勝一』を挙げる。

乞う、ご期待!!

60. 日高見連邦共和国[15788] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年9月08日 19:29:49 : MNz6JcIKLo : c3FMcC5LbE9PSXc=[1] 報告
投票時間もあと30分。投票率は私の予想より低め。県議選無投票の選挙区が多い影響か。

一足早く、日高見が『トップ当選』の“当確”を打っておきます!

・盛岡、新人で無所属のアナウンサー(元犬HK)

・花巻、社民党現職

・北上、無所属で社民党系の女性候補(現職)

・奥州、共産党の現職で女性候補

・一関、共産党の現職

今回の県議会選挙の、極めて“象徴的”風景と言えよう。

61. 日高見連邦共和国[15789] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年9月08日 20:06:07 : MNz6JcIKLo : c3FMcC5LbE9PSXc=[2] 報告
岩手県知事選挙、達増拓也『当選確実』!犬HK、日テレで“ゼロ打ち”!!

オメデトー!!

62. 日高見連邦共和国[15793] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年9月08日 21:53:50 : MNz6JcIKLo : c3FMcC5LbE9PSXc=[6] 報告
胆江日日、奥州FM共同での、『奥州選挙区』での出口調査結果。

@郷右近 15.38%
A千田  13.57%
A千葉秀 13.57%
C菅野  13.12%

==========(ここまで当選圏)

D佐々木友10.85%
E千葉実  9.95%
E佐々木努 9.95%
G菅原   9.50%
H鈴木   4.07%

63. 日高見連邦共和国[15795] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年9月08日 23:56:52 : MNz6JcIKLo : c3FMcC5LbE9PSXc=[8] 報告
岩手県議会選挙『奥州選挙区』開票終了。

投票率『60.75%』

*****

当選 菅野
   郷右近
   千葉秀
   佐々木努
   千田

次点 千葉実

 以下省略。

64. 日高見連邦共和国[15800] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年9月09日 01:35:15 : MNz6JcIKLo : c3FMcC5LbE9PSXc=[13] 報告
最後の最後、『上原台風』が吹き荒れた(笑)盛岡選挙、低投票率も相まって、自民の伸長を許す結果に。

自民党に前回県議選直後比で『+1』を許したが、自民党系の無所属が全滅なのでむしろ視界はクリアだ。

この結果は、実は4年前の県議会選挙の結果とほぼニアリー・イコール。違うのは、前回は無所属議員で
どういう方向性かが読み切れない塊があったが、今回は『創成いわて』と既に良好な関係を保っている事。

『上原台風』の進路に気を配る必要がある。投票率は予想のやや低。結果に影響を及ぼすレベルでなし。

当選された方も、残念だった方も、皆さんお疲れさまでした!阿部さん、次がある!捲土重来だ!!

65. 日高見連邦共和国[15816] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年9月10日 23:16:58 : RZCr95z7mw : dk43eFcxQUE1akE=[3] 報告
県議選の結果を受けて、ひとつ“繰り言”を言わせて頂ければ、盛岡で阿部さんが落選したことだ。

この4年間、目立たない所で『縁の下の力持ち』として党務に議会にと、頑張ってくれた方だ。

こういう、地味だけれど、居てくれなければ世の中が成り立たない人ってのは世間に一杯いる。

そういう方の努力と成果がちゃんと評価されないってのは、ほんとうに“やるせない”限りだ。

一関で前回落選した遠藤さんが、今回見事な得票数で復活を果たしたのを良き先例としよう!

一度『落選したことがある』って事を、政治家として“成長する糧”としよう!絶賛支援ダヨ!

66. 日高見連邦共和国[15817] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年9月10日 23:19:48 : RZCr95z7mw : dk43eFcxQUE1akE=[4] 報告
65です。誤記訂正。一関で今回県議復帰したのは『岩渕さん』でした。失礼!

うん?『遠藤さん』って誰だ?(笑)

67. 日高見連邦共和国[15823] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年9月11日 07:27:14 : hvQnXwaVrE : Vlc1TTJtZjI5TVE=[6] 報告
もうひとつ、雑感というか、繰り言ではない“感謝の意”を。

今までは水面下で『争わず』の姿勢を貫いてきた奥州選挙の佐々木努県議が
突然“反旗を翻し”、達増(県政)を理由なく批判しだした『結果』として
小沢事務所は彼の地盤の旧前沢町で対立候補を立てた。だが彼は、この事象の
前後関係を故意にひっくり返し、対立候補を立てられたので、やむを得ず
『反達増の旗色を鮮明にせざるを得なかった』と言い、薄弱な有権者の少な
からずがそれを信じたらしい(笑)のが、今回の選挙結果に表れている。

奥州選挙区の4人目の小沢系候補、鈴木雅彦さんは、市議を辞職したって
リスクを負っての立候補で、勿論『勝つ算段』があっての出馬ではあるの
ですが、社民党系候補が立っちゃった事もあっての、残念な結果でした。

前沢の票ですが、少なくともあと1割程度は取れる筈でした。そして、
勝てないまでも、佐々木努の票数を当選ラインを割らせるところまで
引き下げる事ができる筈でした。結果は結果として受け入れる必要はあり
ますが、負けたにしても、佐々木努の“心胆寒からしめた”効果ありです。

前回の県議選で、旧江刺市を地盤とする渡辺が、同じく江刺から出馬した
菅野さん(旧自由党公認)に予想以上の票を食われて『ギリギリ当選』
だった事が、任期途中での“引退”に繋がった故事に習いたい所。(笑)

私も鈴木さんに1票を入れましたが、それを『捨て票』などとは思いません!

まあ、本音はどこにあったかは別にして(笑)、市議職をなげうって
一番困難な役割を担ってくれたことに心からの感謝の意を表し、これは
『次に繋がるんだよ!』と声を大にして言いたいです。ガンバロー!!

68. 日高見連邦共和国[15824] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年9月11日 07:43:04 : hvQnXwaVrE : Vlc1TTJtZjI5TVE=[7] 報告
前回の県議選は当時の自由党にとって、『現職3名』を落とすという、極めて手痛い敗北でした。
(しかも、当選できたところでも、結構ギリギリ、なんとか最後の枠確保という薄氷を踏む戦い)

今回は『国民民主党』としての戦いで、『現職1(旧自由党系)』を落とすも、『元職1(旧自由党系)』
が議員復帰するという成果があり、現職から『マイナス1』とは言えそれは『1名引退(国民民主系)』
だからでありますから、実質イーブン。(実際、現職引退の選挙区はしっかり親達増候補が当選してます)

また、自由党合流騒ぎで離党した2名も議席を守っているので、旧国民民主党の勢力としては
『民民党9+無所属(立民党推薦)2名=11名』であり、そこに旧自由党系無所属2名を加えた
『13名』が、実質的な『親達増県政与党』の“コア”であると言えます。(自民14とそん色なし!

それに、旧自由党系の各候補の勝ち方もハンパなかった!これは戦術的に戦場を絞った事の効果です。

*****

◎奥州選挙区で、1・2・3フィニッシュ!(公認・公認・推薦/定数5)

◎北上選挙区でトップ当選!(公認/定数5)

◎花巻選挙区で、2位・3位通過!(公認・公認/定数4)

◎一関選挙区で、2位通過!(公認/定数5)

*****

今回は『勝利の質』に拘りました。次回は『勝利の数』を追求する番ですからネ。

何にしても、『無投票選挙区が8つ』なんて、有り得ない、恥ずかしい限りっス。

69. 日高見連邦共和国[15829] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年9月11日 14:12:30 : hvQnXwaVrE : Vlc1TTJtZjI5TVE=[12] 報告
さっきウィキの『岩手県議会』の選挙結果を受けた勢力図を見たら、『反達増21名』となっていた。

さて、自民14、いわて県民クラブ5、公明1プラス、『無所属1名』って誰のことだろう?(笑)

当選した無所属議員のほとんどは『達増支持』を明言している候補(もう議員か)であり、
『中立』を表明しているのは『4名』のみ。そのうち、中平氏(久慈)、工藤氏(九戸)は
達増県政を支える穏健中道グループ『創成いわて』のメンバーり、決して反達増(親自民)ではない。

残りは盛岡の現職・吉田と、初当選のハリケーン・上原の2名しか居ないんだが、そのドチラかが
『反達増勢力』に加担すると明言したんかいな?岩手県政界で誰も知らない事実もうを織り込んで
いるなんて、ウィキすげェ〜なぁ!(←もちろんコレ皮肉だからね)冗談はこれくらいにして。

今回の県議選の結果の“ミソ”の部分は、反達増勢力の無所属候補が『全滅』した事である。

*****

●盛岡 樋下正信 自民党の内紛で今回は無所属での出馬のステルス議員1号。

●北上 高橋孝真 自民党人事で離反して無所属で出馬したステルス議員2号。

●奥州 菅原勝一 前回県議選では自民公認で出たのに今回は推薦のチキン野郎。

●久慈 清水恭一 自民党公認の元職。

●紫波 村上秀則 自民・公明推薦の新人。

●花巻 佐々木忍 いわて県民クラブの元職(小田島)が全面支援の新人。

●大船渡 伊藤力也 一応は中立の保守系無所属だが、自民党になびく可能性大。

*****

・・・という、極めて好ましい結果であることを、改めて協調しておきます。

ここで何か波乱を期待するなら、中平・工藤両氏が自民党サイドへ“転がる”か
新人のタイフーン・上原が自民党の達増県政妨害工作に加担するか、しかない。
(吉田女史が中立を騙った潜在的・親自民勢力の一角であることは否定しないが)

もし、と言う仮定で話せば、『親達増勢力』があと『プラス1』を得ていたとしたらば
穏健中道の『創成いわて』が達増県政に距離を置き、自民と“ヨリを戻す”可能性もある。

そうすると『24−1(議長としてのマイナス1)』でのそれこそギリギリ過半数の議会運営となるが
現状の結果の『24+2(中平、工藤両氏)+1(上原氏)』の方がより安定するのは言うまでもない。

だから、岩手日報よ、面白おかしく、自民勢力が喜びそうな事を書くこと自体はショーがないが(笑)
各議員の意思や動向をちゃんと精査し、客観報道の元で評論してくれよって話し。地元紙なんだから。

当たり前の指摘っしょ?(笑)

70. 日高見連邦共和国[15853] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年9月15日 08:59:48 : XOw3qPgyS2 : d0VYdk8yTWc5b3c=[4] 報告
岩手県知事・県議会選挙の『結果』を受けて、県議会の新しい『会派構成』が定まりました。

*****

岩手日報 9月14日(土)4面(総合面)記事より文字書き起こし
=============================================

■達増県政 基本は安定

=県議会会派構成 改革岩手14人確保=

◆県議菅(定数48)の改選後の会派構成は13日決定し、現職知事の達増拓也(55)を
 支える旧改革岩手(14人)が第一会派、一線を画する自民党(13人)が第2会派となった。
 第3会派のいわて新政会(8人)は「是々非々」の立場を取るが、達増氏に近い議員が多く、
 4期目の県政基調は基本的に安定に向かいそうだ。

県議会事務局には3会派のほか、いわて県民クラブ(5人)、共産党(3人)、社民党(2人)、
公明党(1人)が届け出た。無所属は2人となった。

改革岩手は、国民民主党の元職と無所属の計4氏が新たに加わり14人を確保した。知事選で
達増氏を支えた政治団体「希望郷いわてを実現する会」の小野共、高橋但馬、佐々木朋和、
千葉盛(無所属)の4氏が離脱したが、今後は会派名の変更を検討する。

関根敏信伸代表は「会派に動きがあったのはその通りだが、達増県政を支えていく流れがは
維持できる」と語り、いわて新政会など他会派との連携に期待した。

いわて新政会は同日、盛岡市内で記者会見し、達増県政に関し「一定の評価をしている」
とした上で「議案の審議を通して、より良い政策になるよう責任ある判断をしていきたい)
と中立的立場を強調した。

達増県政と一線を画すのは、自民クラブから名称変更した自民党。公認した新人5人が
加入した一方、県議選対応を巡る摩擦で工藤勝子議員が無所属に転じたため計13人となった。

岩崎友一代表は「岩手が抱える課題と向き合い、政策立案を進める」と話し、いわて県民クラブ
の飯澤匡代表は「人口減少問題などで政策提言を強化していく」と追及を強める構えだ。
=============================================
(文字書き起こし終わり)

*****

まあ、コレが一種の『答え合わせ』という事になりますね。

相変わらず、ツッコミ所が満載の『書き方』ですが。(笑)

71. 日高見連邦共和国[15854] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年9月15日 09:03:25 : XOw3qPgyS2 : d0VYdk8yTWc5b3c=[5] 報告
・・・ちなみに、ご参考までに、4年前の岩手県議選の結果と、その後の
動きをウォッチしたコメント満載の過去スレッドをご紹介しておきますネ。

↓↓↓↓↓
岩手県知事選挙で現職の達増拓也氏の支援を決定  生活の党と山本太郎となかまたち
http://www.asyura2.com/15/senkyo186/msg/130.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 6 月 03 日 16:40:05: igsppGRN/E9PQ

72. 日高見連邦共和国[15858] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年9月15日 15:58:22 : Fg8WishEOw : d3I2STN4NW11Z00=[1] 報告
>>48の『自民党欄』の記述、

>■自由民主党; 公認16名擁立で、13名当選(改選数から+1名)。1名が
        無所属化(盛岡)、内紛で1名離反(北上)、市長選転身で
        1名辞職(盛岡)、加えて1名引退(滝沢)で現職『9名』。

この書き込みを次のように訂正します。

*****

>■自由民主党; 15年県議選では公認16名擁立で、13名当選(改選数から+1名)。
        その後、1名が無所属化(盛岡)、内紛で1名離反(北上)、
        市長選転身で1名辞職(盛岡)、臼沢氏が入党(紫波・昨年)で、
        改選前議席は『10』。但し、1名引退(紫波)で県議選出馬は9名。

73. 日高見連邦共和国[15869] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年9月19日 12:48:01 : NwWQYiC8iY : YUUzeXNUejdCN2c=[375] 報告
さて、今日は岩手県議会で『議長』、『副議長』が決まる日です。

その前に、『各勢力の伸長』という視点で、先の県議会選挙を総括しときましょう。

まず、『反達増勢力(県政野党)』から。

*****

◆自民党

 岩手日報の報じ方なんかを見ると、『改選10議席から4増』などと言ってる。まあ、嘘ではないが。
 まるで自民党が『大幅議席増』なったかのような印象操作だろう。意図しなくともそういう効果を持つ。
 (流石に、改選現職議員9名からの5増』などという言い方まではしないか。(笑))

 これを、前回県議選挙の結果と比較すれば、『13⇒14の1増』。けれど、その後の入党者を
 含めた“最大勢力時”からの比較で言えば、臼沢氏加入(>>72)を含む『14⇒14の現状維持)

 しかも、系列議員全滅(>>69)という事実を受けて、前回の臼沢氏入党のような“伸び代”なし。

 また今回、公認候補が議会会派に加わらないという『前代未聞の醜態』晒しいる“お粗末”だ。

◆いわて県民クラブ

 改選議席数で言えば、『4⇒5の1増』だが、前回は無所属で出てすぐ加入というコウモリ候補
 が2名居たので、実質で言えば、『6⇒5の1減』だ。今回花巻で系列1名落選(>>69)。

◆公明党

 現職引退に伴う新人擁立で、『1⇒1の現状維持』

■県政野党合計

 選挙時の『公認候補』からの当選でいえば、『18⇒20の2増』だが、
 実質的解散前の最大勢力比較で言えば、『21⇒20の1減』となる。

*****

続いて、我らが達増県政与党の勢力を。

*****

◆民民党(旧自由、民主党党)

 前回県議選直後の勢力で比較すると、『11⇒9の2減』。しかし民民党から無所属化2名を
 加えれば、『11⇒11の現状維持』。更に、前回選挙後の自由党途中入党の1名(>>48)と
 今回の奥州選挙区の実質公認候補1名を加えれば『12⇒12の現状維持』が実質を現わしている。

◆共産党

 『3⇒3の現状維持』

◆社民党

 『2⇒2の現状維持』

■達増県政与党合計

 『17⇒17の現状維持』

*****

◎無所属を加えた、『達増県政与党の合計』

 『23⇒24の1増』

 *正し、第1会派の『改革岩手』は『16⇒14の2減』。この減り分(民民党離党組2名)が
  親達増中立会派『いわて新政会』と前身の『創成いわて』の比較では『5⇒8の3増』となる。

*****

これらを踏まえて、本日、『議長・副議長』が決まります。

フツーに考えれば、第1会派の『改革岩手』から“議長”、第2会派の自民党をすっとばして
勢力を増した第3会派の『いわて新政会』から“副議長”が順当に選ばれる運びとなるでしょう。


74. 日高見連邦共和国[15870] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年9月19日 12:58:36 : NwWQYiC8iY : YUUzeXNUejdCN2c=[376] 報告
予想

議長 改革岩手 五日市王
副議長 いわて新政会 工藤大輔

如何でしょうか?(笑)

75. 日高見連邦共和国[15873] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年9月19日 21:53:06 : c1HZssF4DU : WUNlRDFza1VTSFk=[3] 報告
正解。

議長 関根敏伸 『改革岩手』改め『希望いわて』 (民民・旧自由党系) 28票

副議長 中平均 『いわて新政会』(旧創成いわて』 (無所属) 27票

私の予想は良い方(嬉しい方)に外れました。(笑)

*****

票数に注目しまましょう。

基礎票は、『希望いわて 14票』、『創成いわて 8票』、『共産3票』、『社民2票』の計『27票』。

ですので、中平氏の票数とイコールとなります。さて、では関根氏の得票の『+1』は誰か?

候補は3人。『小林信(公明党)』、『工藤勝子(自民党)』、『サイクロン上原(無所属)。

dボタンで投票してネ!(笑)

76. 日高見連邦共和国[15876] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年9月20日 16:43:57 : NwWQYiC8iY : YUUzeXNUejdCN2c=[377] 報告
正解は、『工藤勝子』県議でした。へェ〜。(笑)

ちなみに『ブリザード上原』氏の投票は『無効』だそうです。なにそれ。(笑)

77. 日高見連邦共和国[15885] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年9月21日 00:36:41 : tf0Z1AvLpg : cG44cFFoNENhTWs=[9] 報告
『棄権』でも、『白票』でもなく、『無効』だって。重ねて、なにそれ?(笑)

78. 日高見連邦共和国[15896] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年9月21日 09:04:20 : IXleS9PhQY : QlVxVjlHVXc2UDY=[5] 報告
『正・副議長』に引き続いて、6つの『常任理事会』の委員長人事も決まりました。

ちなみに、2年前(任期4年の中間)での委員長人事では、自民党に『3つ』与える配慮をみせましたが、
今回は『1つ』のみ。また今回は、『議会運営』及び『総務』の主要委員会に旧自由党県議を充てて来た!

議長の関根さんを含め、要職を『旧自由党系』が占めるという、極めて“攻め”の県議会となりますネ。

79. 日高見連邦共和国[15897] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年9月21日 09:05:48 : IXleS9PhQY : QlVxVjlHVXc2UDY=[6] 報告
>>78

×常任理事会 ⇒ ○常任委員会

80. 日高見連邦共和国[15990] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年9月23日 23:48:22 : cPHz8nq3gE : bHdaMDlWdDVsRnM=[16] 報告
先週の、岩手日報の報じ方。(見出しのみ)

◆安定感増す達増県政 =県議会正副議長選 中間派と連携続く=
(9月20日(金)岩手日報紙面より)

◆達増県政 基本は安定 =県議会会派構成 改革岩手14人確保=
(9月14日(土)岩手日報紙面より)

これらの文言が“全て”ですね。(笑)

81. 日高見連邦共和国[17344] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年12月01日 18:43:59 : C1T5p4yXRc : cXhLYU9WeUZ0YUU=[23] 報告
少し遅くなりましたが、国民民主党・岩手県連の新体制がスタート!

◆県連代表 小沢一郎

◆副代表 木戸口英二(参議院議員・元自由党)
     横澤高徳(同上)

◆政調会長 岩渕誠(県議・一関選挙区・旧自由党)

まあ、見事な“超攻撃的”な『旧自由党シフト』と言えましょう。

82. 日高見連邦共和国[17345] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年12月01日 18:50:57 : C1T5p4yXRc : cXhLYU9WeUZ0YUU=[24] 報告
これもちと遅い“トピックス”ですが、岩手の自民党の“壊れっぷり”を。(笑)

先の県議選で無投票当選なさった二戸選挙区の松倉議員が、早速(笑)議員辞職。

理由は・・・あまりにもお粗末なものなので、私から言うのも憚られる。(笑)

しかもこのバカ、『再出馬に意欲』だと。自民党の人材枯渇ここに極まれりー!

そーいえば、例の『病院クレーム県議』の小泉氏も、二戸選挙区だったよね〜!

83. 日高見連邦共和国[17393] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年12月07日 10:42:34 : Ogawt1FGWs : dTZCQ0h1R3VqU0U=[10] 報告
あまり口に出すのは憚れますので、ここでヒッソリと囁いておきます。

ここ暫くの『与野党対立型選挙』で、“勝った”ものと“負けた”もの。
(埼玉県知事選挙・参院埼玉補選は実質“与野党相乗り”なので除外しています)

○【勝利】
 15年岩手県知事選挙(不戦勝)
 沖縄県知事選挙
 衆議院沖縄3区補選
 19年岩手県知事選挙
 19年岩手県議会選挙

●【敗北】
 北海道知事選挙
 新潟県知事選挙
 衆議院大阪13区補選
 高知県知事選挙

*****

さてこの双方の選挙においての『大きな差』はなんであろうか?

・・・まあ、問うまでもないケドね。(笑)

直近の選挙において、野党の“勝利要件”は『小沢一郎が積極的にコミットしているか・遠慮したか』だ。

これは客観的事実ではあるが、異論があればお聞きしたい。

私が知らない(見落としてる)、『与野党対決型』選挙での“野党勝利”の実績があればネ。

ちょっと上から目線で反発喰らいそうなんで、ココだけで、そっと。(笑)

 
 
 

84. 日高見連邦共和国[17394] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年12月07日 10:45:33 : Ogawt1FGWs : dTZCQ0h1R3VqU0U=[11] 報告
でもね、大阪補選や高知県知事選挙で『共産党系候補』を統一候補に担げた事は大きく評価してるトコロです。

その結果(勝敗)は別にしてね。

85. クライシス[708] g06DiYNDg1aDWA 2019年12月12日 10:19:18 : PxS1k7MhD2 : V3E1TmcvaUw5emc=[796] 報告
>>81
岩手県連トロイの木馬新体制がスタート???(笑)
小選挙区制の次は何やるの?(笑)


>少し遅くなりましたが、国民民主党・岩手県連の新体制がスタート!

>◆県連代表 小沢一郎

86. 日高見連邦共和国[17494] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年12月12日 21:08:12 : A4Jtiaypgw : Z0NDQUlKOTBjUU0=[19] 報告
>>85 酢

政治板復帰、オメデトウ。ようやくペナルティー解除?今度は気をつけなヨ。(笑)

それにしてもこのバカ『トロイの木馬』の意味も知らんでよう使うよなトロイって。

87. クライシス[712] g06DiYNDg1aDWA 2019年12月12日 23:11:18 : PxS1k7MhD2 : V3E1TmcvaUw5emc=[800] 報告
小選挙区制を推進したクズ議員の小沢一郎はまだ生きていたのか(大笑)
恥ずかしいから、いい加減に引退しろよ(大笑)

小沢一郎は日本が国連の敵国条項の対象国であることを知らないようだな(大笑)
現状でも日本に対して軍事的制裁を課すことは可能なのだが(大笑)

「第二次世界大戦中に連合国の敵国だった国」が、戦争により確定した事項を無効に、または排除した場合、国際連合加盟国や地域安全保障機構は安保理の許可がなくとも、当該国に対して軍事的制裁を課すことが容認され、この行為は制止できないとしている[3]。


日本改造計画のアマゾンでのレビュー(大笑)
空虚な国連万能主義者
国連万能主義者には覚えておいてほしい。
「国連」とは第二次世界大戦の戦勝国が実験を握る組織であることは
今もなお根本的に変わってない。
その「国連」の指揮で我が自衛隊が動くということの愚かさを。
反日国である支那や、中立条約を破って不法に北方領土を占拠した露の命令で、死を覚悟して戦わなければいけない日本人の気持を。

確かに米国は原爆を日本に落としたが、その後の復興にも役に立った。
理想は自前の国防であるがそこのレベルに達するために何を我慢し、何を得るべきか。

日本の想う全ての日本人に本当に考えてほしい。
そして自民党のかつての大幹事長殿。

なぜ、この本で言ってることと、今の主義主張が180度違うのですか?
そういう意味で、大詐欺師の空虚な内容の著書という評価です。以上。

88. 日高見連邦共和国[17787] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2020年1月18日 18:19:36 : DSIZUggr1s : d1ltZGtiY3ZiMFk=[8] 報告
>>87 『酸(ス)』

久しぶりに覗いてみれば、相変わらず『関係無い事』をホザいて小沢一郎を腐すすか脳(能)の無い酢。

岩手の地方選挙の趨勢を語ってるスレッドで、上のようなコメント、ドー関係あるっての?馬鹿ぁ?(笑)

私の数多の、憲法論議や国連貢献論のスレッド無視ブッこいて、ここで場違いなコメント晒すタコ酢!

まさに、お呼びじゃ〜ない。(笑)

89. 日高見連邦共和国[17788] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2020年1月18日 18:33:25 : DSIZUggr1s : d1ltZGtiY3ZiMFk=[9] 報告
>>82 の続報。

自民党・松倉(自衛官クズれ)の失職に伴う、『岩手県議二戸選挙区補欠選挙』は明日、投開票。

『無投票なら出るよ』とホザいて一度は当選した松倉本人が、どのツラ下げてか再び立候補(笑)
しかも今度は“無所属”だと!対するは、一戸町議から転身の山本正勝氏、ふたりの一騎打ち!

昨日の岩手日報の“終盤情勢”記事によれば、『山本氏優勢』という事です。出身に二戸を起点に
共産党支持基盤のほぼ全ての支持を得、民民党支持基盤の7割を抑ええているとの事でありました。

対するヘッポコ・元空自自衛官、公明党支持層を6割抑え、社民からも一定の支持を得ているとの事。
で、ココで記事は終わり!アレ〜?自民党支持層は!?こういうトコ、最近の日報の腐れてきたトコ。

そ〜んなに、『自民党隠し』したいってのかよ、オイっ!!(大爆笑)

さあ、“斜陽自民党”から県議の席一個、改めてひっぺがせっ!!!

90. 日高見連邦共和国[17789] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2020年1月18日 18:35:08 : DSIZUggr1s : d1ltZGtiY3ZiMFk=[10] 報告
89です。誤記訂正。

×(誤): 出身に二戸を起点に

○(正): 出身の一戸を起点に

91. 日高見連邦共和国[17822] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2020年1月19日 18:00:53 : YEDlcVJpCc : RG1UOTNCWmlBTFE=[14] 報告
岩手県議選 二戸選挙区補選(1月19日投開票)

◆期日前投票結果

21.06%(確定値)

◆投票中間状況17:30時点(一部投票所の投票状況からの全体推定値)

17.81%(推定値)

(備考)昨年の県議選では『無投票』につき、投票率のデータ無し。
 
↓↓↓
『岩手県選挙管理委員会ホムペ』より
http://www2.pref.iwate.jp/~hp0736/02ninohesaisenkyo/linktop.html
 

92. 日高見連邦共和国[17823] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2020年1月20日 00:40:12 : YEDlcVJpCc : RG1UOTNCWmlBTFE=[15] 報告
ダブル・スコアの“圧勝”。これでまた、自民党の害虫を一人退治できた〜!

↓↓↓
■山下氏が初当選 県議選二戸選挙区再選挙
 得票数は山下氏が9295票、松倉氏が3992票。投票率は40・40%。

岩手日報ホムペより
https://www.iwate-np.co.jp/article/2020/1/19/71566

93. 日高見連邦共和国[17824] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2020年1月20日 00:58:51 : YEDlcVJpCc : RG1UOTNCWmlBTFE=[16] 報告
元空自の“落下傘候補”(笑)、この低投票率でさえ、空前の大敗で赤っ恥〜。

居住実態無しで当選無効を言い渡され、自民党公認を“隠し”た糞野郎の末路。

■二戸選挙区 二戸市の選挙結果
 
 投票率 34.5% 松倉氏得票率 約45%

■二戸選挙区 一戸町の選挙結果

 投票率 53.1% 松倉氏得票率 約8%(←注目!)

94. 日高見連邦共和国[17943] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2020年1月30日 21:28:12 : G9gt2S4VmR : REFzei85YjE4VU0=[6] 報告
さて、その新県議、山本氏、“当面”は、無所属で活動なさるとのこと。そりゃ、そーでしょ、“当面”は。(笑)

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK262掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK262掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK262掲示板  
次へ