★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK262 > 831.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ネット社会の到来にて、ネット世論と大手マスコミ世論の乖離がひどくなっている:日本における最大のウソ、それは、安倍一派が自由民主主義を掲げて国民をだましているという倒錯的現実にある(新ベンチャー革命)
http://www.asyura2.com/19/senkyo262/msg/831.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 7 月 08 日 15:45:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

ネット社会の到来にて、ネット世論と大手マスコミ世論の乖離がひどくなっている:日本における最大のウソ、それは、安倍一派が自由民主主義を掲げて国民をだましているという倒錯的現実にある
https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37867084.html
2019/7/8(月) 午後 1:32 新ベンチャー革命 2019年7月8日 No.2395


1.安倍政権下の日本では、民主主義が成立していない

 今週、いよいよ、参院選の選挙運動が本格化し、有権者の関心も否応なしに高まっています。

 本ブログ前号(注1)にて、安倍政権はまるで独裁政権だという指摘が米国NYタイムズによってなされているという話題を取り上げました。

 米国人は、日本を外から客観的に観察できますから、日本の政治の現状がよく見えているのでしょう。

 一方、日本国民は、安倍政権下の日本に埋没していますから、安倍政権がいかに異常かよく見えないのです。

2.ネット社会になった今の日本では、ネット世論と大手マスコミがでっち上げる似非世論の乖離がひどくなっている

 今の日本は実質的に、安倍独裁政権に牛耳られています。そして、大手マスコミはことごとく安倍政権の統制下に入れられています。

 しかしながら、今の安倍政権が唯一、コントロールできていないのが、ネット世論です。そのため、ネット世論と大手マスコミがでっち上げる似非世論の乖離がひどくなっています。

 その結果、国民の考えがまとまらず、分裂気味です。

 そして、多くの有権者は、何がほんとうなのか、わからなくなっています。

3.日本国民をもっとも混乱させているのが、安倍政権が自由民主主義を標榜しているという倒錯的現実にある

 近年、日本にもネット社会が到来し、様々な情報が飛び交って、日本国民の多くは政治に関して混乱気味ですが、有権者をもっとも、混乱させている元凶、それは、安倍自民が、自由民主主義を標榜しているという倒錯的現実に潜みます。

 本ブログ前号(注1)にて、指摘したように、安倍自民こそ、本来の自由民主主義からほど遠い究極の欺瞞政党であるという事実です。

 ちなみに、野党第一党の立憲民主党は、欺瞞的な自民党と違って、名は体を表しています。

 今の安倍自民の最大のウソ、すなわち、日本最大の国民だまし、それは、彼らが、あろうことか、自由民主党と名乗っているという現実に存在します。

 これほど、名は体を表さない連中は他にいないでしょう。

 単に世襲制でのしあがってきた安倍・麻生コンビは、自由民主主義とは真逆の稚拙な権力主義者に過ぎません。彼等こそ、民主主義者でもなんでもありません。

 彼らは自分たちの正体を隠すために、オモテムキ、自由民主党と名乗っているに過ぎません。

 有権者で、自由民主主義を支持する国民は、今の安倍自民の正体に早く気付くべきです。

注1:本ブログNo.2394『米国ニューヨーク・タイムズが、安倍政権下の日本は独裁国家と報道:一般国民に民主主義的価値観が浸透していないことが、結果的に安倍自民を太らせている』2019年7月7日
https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37866555.html



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年7月08日 15:58:03 : m8POtwgXnE : SG9nbEROalhGRDY=[133] 報告
そうなんです、吉田岸→安倍麻生、戦後占領時代と何ら変化ありません。それに国民は早く気づかねばなりません。新聞記者ではないが、政治が官憲により統制時代に入り恐怖政治となっています。民主主義などどこにもありません。見せかけに過ぎないのです。こんな奴らに政治を任せていたら国も国民もどんどん貧しくなっていきます。未来の日本は城壁に囲まれた邸宅とスラム街になるかも知れません。
2. 2019年7月08日 16:46:45 : nuFElU31SM : eTJSNmNQN0hWc2s=[301] 報告
何が本当なのかわからなくなるような低知能が国民の大半とは思えない。
安倍がウソだというのは数々の統計操作やモリカケ問題で証明済みであって、それでまだ「何が本当なのかわからない」ようなアホがどれほどいるというのか。

さて、ではなぜそれが選挙結果に反映されないのか。

マスゴミは万策尽きた結果、「自民党の代りがない」が有権者の意見の大半であるかのように宣伝している。
だがそんな事を言う奴は、俺の周囲にはいない。
なんならみんな、周囲に聞いてみろよ。

3. 2019年7月08日 16:49:33 : 9bESHEjuhs : QVFFUC5pOVljWk0=[903] 報告

米民主党議員、オカシオ・コルテスが
インスタグラムで繋がって、
軍需費、武器輸出を抑えれば、、福祉、健康保険なんてこたないと、
当たり前を言ってるように、

TVがおかしくなっている日本で、SNSの役割は大きい。

炎上してもかまわない。どんどん、意見を戦わすことだと思う。

ネットのおかげで、洗脳もされるけど、バランスをもてるチャンスもある。

政治や社会性に関心がもてないと、ブタのように、腹の膨れた男や女になるだけ。

余りに、貧しい。

 
  

4. 2019年7月08日 17:16:15 : ZzFD62qoa2 : WTlNR3Z4eHEzZ0k=[41] 報告

  後藤田正晴 

  『安倍晋三だけは首相にしてはいけない。
   あいつには岸の血が流れている。
   みんなは岸の恐ろしさを知らない。
   岸の血って、血縁っていうだけじゃ
   ないんだよね。
   人としての情がない、恥を知らない。
   岸信介と安倍晋三に共通しているのは
   その恐ろしさなんだ。』

5. 佐助[7004] jbKPlQ 2019年7月08日 17:18:31 : CBecl62sKU : NVJZRmFlY1paMEk=[78] 報告
一党独裁政権を採用した国家の自壊と民主主義を無視した忖度で日の丸軍国を掲げた独裁政権誕生の必然性。

理論ではないが,歴史上から読み取れる,三代目には革命直接体験者はゼロになるからだ。そしてどんな理想の集団システムも短所矛盾は免れない。

しかも東欧と旧植民地独立国の40年目の自由政治革命で証明されている。

それは、三世代目になると、革命を直接経験しない世代が多数派となるためだ。彼らは、低生活水準での平等より、自由を求めるため自壊することになる。

そして「ルール破壊時代」に活性化し「ルール厳守時代」に統合され収束する。

だから一党独裁支配制を採用した,東欧とソ連の社会主義国家は,ベルリンの壁で崩壊したが,中国や北朝鮮も,一党独裁支配制を採用したために,2025年前後に自壊することは避けられない。

だからデモや倒閣運動は避けられない。事例にベルリンの壁崩壊や韓国の倒閣運動や香港のデモなどがある。自由政治革命は2025年前後までに収束する。


一方
日本のような一強独裁政権も,三代目には革命直接体験者はゼロになるために戦争待望論者が多数派となっている。政治経済の指導者は,倫理観に遮られ知らんぷりしているだけのこと。

そのために,「ルール破壊時代」に右翼宗教が活性化し,靖国参拝,日米軍事同盟固執の従属主義者が,愛国的熱狂により,巧みに二枚舌で国民の不満をスリ替え独裁政権を成功させた。この独裁政権は2011年〜2015年間,25%の人達,マジックにかかった自民党議員や有権者やマスコミによって嘘つき詐欺師のカリスマが登場した。これが本当の悪夢で悲劇となる。

日本は戦後の政治革新は福祉厚生制度の採用だった。三百年以上の長期政権も、40 年ごとに改革され80 年ごとに革新されたが、日本の政敵である一党独裁政権を採用した社会主義国が自壊すると最後は停滞し自己崩壊することになる。

ライバルの社会主義国家が自壊すると,日本の既存の詐欺党・売国党は改革を停滞させて自壊することになる。ようするに既成政党の腐敗=不信は詐欺党により続くことになる。二大政党制も2030年まで機能不全である。

「結論」
一党独裁下の国家・企業・個人が、利己的に防衛思考し行動する法則の作用から逃れることはできない。資本主義国家でも、官僚支配するビジネスに参加するにはコネと賄賂が絶対必要である。社会主義政治体制は官僚支配なので、どんな開放政策にも認可権がつきまとう。そのため、自由経済システムそのものも腐敗堕落が避けられない。

この悲劇は,避けられるが軍国復古政府は抵抗し避ける政策は絶対にしない。

金本位制や複数通貨制と産業革命を加速させると人類は救われるが,核武装化の放棄と原発ゼロとエンジンレスの技術革新に国家は抵抗し,ゆっくりやろうとするために地獄を体現しなければならなくなる。

6. ひでしゃん[2212] gtCCxYK1guGC8Q 2019年7月08日 19:33:45 : hjTsd0XdN2 : cjBvbUFUQmVNSUE=[108] 報告
金利を
アメリカ並みに引上げる
消費税を撤廃し
税制構造を三十年前の
所得および資産課税中心に戻す
これで日本経済は過去の高度成長期のように国民全体が潤うようになる
日米安保の呪縛から逃れることが日本の真の独立となる
日米地位協定が如何に日本国の主権を侵害しているか
横田基地を撤去させるだけでも羽田の離発着機が無駄で危険な迂回飛行をする必要がなくなる
外国の軍隊のために辺野古基地を新たに建設するなどと独立国では恥ずかしくて考えられないことだ
外国の軍隊は一切不要
自国の問題に他国の干渉は許さない
米軍は出て行け
日米合同委員会粉砕
60年安保闘争の頃の熱気が蘇る

それ以上に引き上げれば

7. 2019年7月08日 22:55:05 : E1gpDorT4s : ZjJlUnhrMmhqZEU=[1] 報告

非正規雇用率が4割を超えて

いるらしい。

ということは、

正規雇用が6割ってこと。

基本的には、多くの人間が、

自分さえ良ければ

イイっていう

エゴに支配されている。

安倍自民を支持しているというか、

安倍自民に疑問を

持たない連中って、

そういうエゴの

強い連中なんだね。

正規雇用の連中が、

非正規雇用の人々への

優位感から、

現状を肯定している

連中多いのでは?

で、安倍政権支持と。

しかし、このエゴイスト連中も

安倍政権支持し続けると、

やがて、自分も非正規に

なる運命。

そして、やっと気づく、

これはオカシイ?!

で、やっと目覚めると。

非正規率が、5割を超える

のも時間の問題だろう。

非正規率が増えることは

決して良いことでは

ないが、

それがやがて爆発の

エネルギーになる。

もう少しの辛抱か。

不条理を感じている筈で、


8. 2019年7月09日 03:23:48 : IJjjrLkBu1 : TkVzTE5CdVJubC4=[399] 報告
  7氏の言うように、非正規雇用が増えれば労働日数は減るが政治に関心を持つ時間は増えるような気がしないでもない。しかしながら微妙なのは、非正規とは言え正規社員と同様の働き方を余儀なくされる結果正規非正規の別なく長時間労働は無論、休暇取得さえ言い出せず許可も渋られるなど、結局は上位者への忖度が働きブラック化に拍車を掛けている点である。背に腹は代えられず、寄らば大樹の陰、長いものには巻かれろを処世術とせざるを得ない国民が納税さえしてくれれば自民財官トップ集団にとっては御の字であろう、国民は知らしむべからず拠らしむべし、の国家方針は未だに生きていると言える。従ってDV被害者では無いが、いつかは良くしてくれるだろうと我慢を続け、殴られても耐えている内に多くの底辺層が過労死や介護疲れや貧困でこの世を去っているのではないか。希少動物が人知れず絶滅して行くように最大弱者から消滅して行き、それが決して豊かでは無い社会の中でも多少の余裕有る者には見えないだけで、衣食足りて礼節を知るとの諺もあるが、衣食が足りてもジャンクフードで充分に栄養が取れなければ知的思考能力は衰え、自民財官による「善政」との印象操作に縋るだけとなろう。
  公金を貪る巨悪は底辺層からくたばって行くのを待っているのだろうか、自民財官が長時間労働から国民を開放しない理由がそこにあるのではないかと思える程非正規でも過重労働から自由では無く正規と同じブラック状態だが、この状態が日本の労働生産性を逆に落としていることに財が気付かないのは、財と官と政がもたれ合う高級料亭政治も原因であろう、彼らは料亭で酒に浸り続け、自分で考える機能を失っているように思えるのである。
9. 2019年7月09日 05:40:54 : 0FrkUIS81g : bS4uYVV0VjNianc=[19] 報告
>しかしながら、今の安倍政権が唯一、コントロールできていないのが、
>ネット世論です。そのため、ネット世論と大手マスコミが
>でっち上げる似非世論の乖離がひどくなっています。

ネットが[私]を拘束してないのは事実だが
全体的に右派思想が幅を占めているだろう。
右派がどういうことを主張しているか
おさらいでもしておくか?面倒なので
端折るが右派の主張は端的に言えば
「TVは真実を伝えていない!」という類のものだよ。

ネット=左派的な自分達のものという
考えがあるのだろうがそれは間違い。

もし左派が「TVはネットの声を聞け!」と
言うなら其れは「右派の声を聞け!」と
言っているに等しい。数の上では
圧倒的に右派的言説が幅を占めているからだ。

10. 2019年7月09日 05:51:35 : 0FrkUIS81g : bS4uYVV0VjNianc=[20] 報告
>>7
竹中の主張がサラリーマンも非正規化へ!というもの。
現在のサラリーマンは高を括っているのか知らないが
経済的な効率だけを求めて非正規が
増やされてきた現実がある。
なのに経済的効率を進めれば進めるほど
少子化に歯止めが掛からない矛盾。

>>8

>いつかは良くしてくれるだろうと我慢を続け、
>殴られても耐えている内に多くの底辺層が過労死や
>介護疲れや貧困でこの世を去っているのではないか

言い得て妙。そうして下層を敵視する下層の少し上に
位置する者は繰り上げ当選ならぬ
繰り上げによる突き上げにより
今度は自分の生命が脅かされる状態になる。
その時に苦しい胸の内を吐き出しても
その上に位置する者は目先の利益を
「取られまい!」として徹底的に
自分より下の者を貶める。こういうことの繰り返し。
下らない下らない。

11. 2019年7月09日 06:04:44 : 0FrkUIS81g : bS4uYVV0VjNianc=[21] 報告
大勢は「人間変われる」という考えを軸に生きてきたのだろうが
其れが今では「変わらない・変えられない」
「産むな、消えろ」の大合唱がネット上で日々響き渡っている。
「蛙の子は蛙」という考えも幅を占めている。

出生率が著しく低い韓国についても言えることだが
非常に狭量な社会になっている。
余裕が無いことの表れか?

12. 2019年7月09日 06:10:23 : 0FrkUIS81g : bS4uYVV0VjNianc=[22] 報告
>>7
どうかな?今迄のことが繰り返されるだけのようにしか
思えないのだがね。共同体意識の欠如。
増すばかりの個人主義。右派思想というよりも
際限のない右派的主張と親和性が高い
個人主義の蔓延りが原因だろう。

行き付く先は国力低下。行き付く先は
移民大量受け入れからの国内的混乱。

もう止めようがないほど愚民化していると思われる。

13. 2019年7月09日 06:19:51 : 0FrkUIS81g : bS4uYVV0VjNianc=[23] 報告
>>3
右派は右派で「TVはおかしい」と宣う。
左派は左派で「TVはおかしい」と宣う。

何方が正しいのか。自分の主張を押し付けることが
正しさに繋がるのか。

14. 2019年7月09日 08:11:39 : QonYgX85XM : VFJLWmVmQS4uOEU=[3] 報告
テレビは電通の思惑通りに動いている。ジャパンハンドラーの米シオニストとその手下の在日朝鮮。右派にも左派にも組みしていない。しかしその大本の米シオニストの立場がトランプにより危うくなっている。どっちへ転ぶかは誰にもわからない不安定期。安倍は李王朝の末裔。アジアの李家のグランドスラムを達成したいようだな。
15. 2019年7月09日 19:29:43 : D0QUl32qUN : OWczZmhIbUhDL3c=[1088] 報告
埋めるより 隠してしまえ 深い溝
16. 命を大切に思う者[113] lr2C8JHlkNiCyY52gqSO0g 2019年7月09日 22:20:02 : WbwEUXUhOY : UXpMS1lmMlJLNUk=[8] 報告
> その結果、国民の考えがまとまらず、分裂気味です。
> そして、多くの有権者は、何がほんとうなのか、わからなくなっています。

何がほんとうなのかわからないというより、
あまりのも無関心なせいで、
テレビも、ながらでしか聞いてなくて、
聞こえて来た断片を丸暗記して、その断片だけを繋ぎ合わせて、勝手な想像をして判断してる
から、実際とかけ離れた解釈をしてしまってるんじゃないの? 

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK262掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK262掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK262掲示板  
次へ