★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK263 > 569.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
憲法議論よりも、経済政策議論を。(日々雑感)
http://www.asyura2.com/19/senkyo263/msg/569.html
投稿者 笑坊 日時 2019 年 7 月 24 日 10:08:16: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

https://okita2212.blogspot.com/2019/07/blog-post_84.html
7月 23, 2019 日々雑感(My impressions daily)

<参院選で自民、公明両党が改選議席の過半数を上回った。安倍晋三首相は自民党総裁として国政選挙で6連勝した。日本維新の会をあわせた「改憲勢力」では憲法改正の国会発議に必要な3分の2を割ったが、首相は改憲論議を深めるべきだとの民意は示されたと意を強くしている。

首相は21日の開票前、都内の私邸に麻生太郎副総理・財務相を招いた。2021年9月までの党総裁任期中の改憲実現を促した麻生氏に「これでやらなきゃおかしいですよね」と応じた。

選挙後は参院が3分の2に4議席届かない状態からのスタートとなる。この3年間、衆参で3分の2があっても、改憲論議は動かなかった。

首相は「ちょうどよいくらいの数ですね」と周囲に語る。これまでは改憲勢力だけで押し切られると野党側の警戒が強かった。野党に協力を求めざるをえない状況は、潜在的に改憲に前向きな議員の協力を引き出す呼び水にもなり、かえってやりやすくなったとみる。

国民民主党の玉木雄一郎代表は議論に参加する考えを示した。同党には自民入りを探る参院議員もいる。野党が動けば、慎重な公明も協力しやすくなる。

秋の臨時国会は最初のヤマ場だ。自民は9条への自衛隊明記などの改憲案を憲法審査会に示し、議論を促す構えだ>(以上「日経新聞」より引用)


 何を以て安倍氏が「日本維新の会をあわせた「改憲勢力」では憲法改正の国会発議に必要な3分の2を割ったが、首相は改憲論議を深めるべきだとの民意は示されたと意を強くしている」のだろうか。改選議席で自民党が過半数を上回ったかも知れないが、改選議席数を守れなかったのは事実だ。

 つまり安倍自公政権は「議席数を減らした」という選挙結果から国民の目を逸らそうと必死で、それにマスメディアも同調しているだけだ。そして憲法改正議論を進める、と安倍氏は言うが、それなら勝手に政権が「解釈改憲」や憲法違反立法が出来ないような「仕組み」を是非とも憲法に書き加えるべきだ。

 そもそも憲法とは権力者の暴走を国民が止めるための最高法典だ。そこにいかなる理念を盛り込むか、という議論よりも、いかにして権力の暴走を止めるか、という「安全装置」を盛り込む方が優先されるべきではないか。

 戦後70有余年も日本国民の一人として戦死しなかった事実は重い。日本がいかなる戦争にも参加しなかったという事実も、また何よりも重い。たとえ金だけ出して兵士を一人も派遣しなかった「腰抜け」と批判されようと、日本の若者が異国の地で戦死するよりは遥かにマシだ。

 しかし他国が武力で日本に侵攻したなら、敢然と戦う用意だけはしっかりとしておくべきだ。その「他国」がもしかすると米国になる場合もあるかも知れない、ということも秘かに想定しておくべきだろう。

 米国は日本の技術力と日本国民の勤勉さを恐れている。だから日本から半導体技術を奪い、日本の義務教育に遊びの要素を多分に入れて「勤勉」さを希釈しようとしている。そうした米国の陰謀は日本が再び経済成長路線を歩みだして、経済力を恢復したなら、必ずや再び米国は「日米半導体戦争」や「プラザ合意」などと同等以上の「制裁」を日本に課して来るだろう。しかし、それを恐れて衰亡の一途を辿ることは日本国民の幸せのために許されない。

 現在の憲法論議で日本の未来が見据えられるのか、という疑問がある。なぜなら現在の憲法議論は米国の属国としての日本を前提としているからだ。日米同盟を基軸とした防衛や世界戦略しか描けないからだ。

 それでは、日本はいつまで経っても半・独立国家のままだ。真の世界平和に貢献する誇りある日本を目指す憲法を書き著すには米国の桎梏から解放されなければならない。戦争屋・米国のポチでいる限り、日本の思考体系は「米国頼みの戦争」を前提としたものでしかないからだ。

 だから現在は憲法議論よりも、まずは経済成長路線に日本経済を乗せる努力に全力を傾けるべきだ。形而上学的な憲法議論よりも、「国民の生活が第一」の具体的な政治議論こそが必要だ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年7月24日 10:51:20 : zrjL3slsBg : dHBxeVVoMll2aS4=[47] 報告
「戦後70有余年も日本国民の一人として戦死しなかった事実は重い。日本がいかなる戦争にも参加しなかったという事実も、また何よりも重い。たとえ金だけ出して兵士を一人も派遣しなかった「腰抜け」と批判されようと、日本の若者が異国の地で戦死するよりは遥かにマシだ。」

その通り。まったくもってその通り。
まさにまさにその通り。

2. しんのすけ99[602] grWC8YLMgreCrzk5 2019年7月24日 12:32:17 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[364] 報告
憲法論議と 経済論議を 引き離そうとする事じたいがおかしい

実は 経済論議と密接な関わりがある それが憲法論議 過剰なる軍事費は国家の経済を破綻させるのだが
その経済破たんの解決策を中国大陸への侵略に求めたのが 戦前の日本経済だった訳であるのだが
もちろん、何一つ解決などできず 国民の生活は さらにどん底を極めた事実は 否定のしようがありません

実は 日本の国家が戦後、本当の意味で経済成長を遂げた理由が 憲法による戦争放棄と密接に関わっていたという
戦後の経済成長の主要因に アメリカの身勝手な世界戦略に加担せず 東西の冷戦構造で絶妙な立場となり
「参戦しない日本は おいしいとこだけ頂いた」 と言う見解および認識は 左よりもむしろ右寄りの人間ですら
大いに認めるところなのであります


我が国の戦後の経済復興にとって 実は 憲法九条は 「カミカゼだった」 と言う訳である


そう 戦前の国家の経済を蝕んでいた寄生虫は 軍部および外地(占領地や植民地)だったというオチです
外地を全て召し上げられて 軍部が完全に解体されて そこから日本の歴史上 未曾有とも言える高度経済成長が
始まった事実は どんな馬鹿なウヨでも 否定できない事実なのでありまする。

3. ひでしゃん[2231] gtCCxYK1guGC8Q 2019年7月24日 13:00:47 : hjTsd0XdN2 : cjBvbUFUQmVNSUE=[127] 報告
日銀の異次元金融緩和を公定歩合3%目標に変更
金利が上がるというのは経済が活発化して資金需要が高まっている証拠
いまのように
ゼロ金利というのは経済が停滞又は衰退しているから資金需要がないということ
日銀の緩和マネーが日本企業買叩きに使われ
日本国民のひつようなところにまわっていないということだ
税制構造を三十年前に戻すこと
消費税は廃止しても税収は確保できる
現在の消費税は輸出業者の戻し税となって更に貧富拡大を助長している
高齢者への公的負担が毎年増額され年金は削られる
ユダヤ金融に吸い上げられる金融システムをストップさせること
耄碌日銀黒田の超金融緩和を即刻転換させること
バカな国民も感づいてきたぞ安倍晋三のインチキアベノミクスを
4. 2019年7月24日 13:15:52 : HysmvxTFPA : S0U5RUpWV2pqREU=[1] 報告
既にイラクで何人か戦死者だしとるよ。

阿保だな、雑感は。確かに経済は重要だが、その経済重視すぎて、結果グローバリズムという思考をもたらせば前世紀と同じ過ちの繰り返しだ。

雑感は経済=グローバリズムと思ってるのか、混同していることに気づかない間抜けだ。

5. 2019年7月24日 14:14:08 : qUZgvAGjWw : NVVXS0wzL21BajI=[7] 報告
日本の経済問題は簡単に解決する。
要は、負担と給付の問題解決だけで解消する。
金持ちや、大企業に蓄えられた眠った金を、稼働させれば良いのである。
年間1億円以上の高額所得者の利子や配当の所得は一般の所得と合算して総合課税とする事。そして、累進課税の最高税率を80%まで引き上げれば良いのである。
有給社内留保は、法律を新たに作って、株主に期限を定めて分配する事。そうすれば上記高額所得者に分配された分は税金を払わざるを得なくなる。
海外タックスヘブンを利用出来ない法律を新規に制定する。
以上の施策によって、国家の金回りが改善されれば、景気は当然に持ち直すのである。
6. 2019年7月24日 14:17:56 : qUZgvAGjWw : NVVXS0wzL21BajI=[8] 報告

有給社内留保は 誤
大企業に蓄えられた大量の社内留保は 正


訂正します。

7. 佐助[7074] jbKPlQ 2019年7月24日 17:01:40 : CBecl62sKU : NVJZRmFlY1paMEk=[148] 報告
戦争と経済と政治は皆,繋がっている。漫画資本主義では離れろというがそうはいかなくなる。

1929〜32年に姿を現した第一次世界金融大恐慌は世界通貨のポンドからドルへの移行が根因。

それは第一次世界的スーパーバブルの中心の米国は、求人を四分の一以下に激減させ、給与所得は平均30%減になり、失業者は瞬間的に、三人に一人まで拡大した。

だがナチスドイツと軍国主義日本は、1935年頃には、軍需景気により、金融恐慌の打撃から脱出していた。

そのために戦争が金融大恐慌から脱出る早道だという妄想を捨てられない日本の政治・経済の指導者。

なにしろ日本は、朝鮮戦争特需やベトナム戦争特需を体験しているため、戦争による景気回復を待望する妄想は、鍵もかけないで放置されたままである。

米国を襲った30年代の大恐慌が、各産業のトップ企業を入れ替え、次の時代をリードする企業を誕生させ急成長させた、1950年代以降の世界的企業の多くは、1930年代をチャンスにして登場した企業なのだ。

そして2007〜10年にスタートした第二次世界金融大恐慌は、ドル一極からユーロ・円三極への移行が根因です。

そして世界経済は関税と通貨切下げ競争で、10年間も悪夢にうなされたことがある。

しかも包括関税引下げ交渉は行き詰まり、二国間の交渉に中心が移ると。これは第一次世界信用大恐慌前後と同じ状況に突入したことを意味する。かくして、ドルと株の暴落で、第二次世界金融大恐慌の妖怪の姿は、誰の目にも見えてくる。

困ったもので昔も今も、大王は人民に我慢を強制するだけで、金持ちのかまどの煙しか気にする様子がない。あれはお伽話の世界の教訓だったのか!これは悲劇を先送りさせていることにもなる。それが消費税で経済成長を止める要因なのです。

しかも金融商品と原材料の値上がりを放置しながら、消費者の所得は増やさないまま、生産工場を海外に移転すれば、どうなるか? その答えは、国内市場が縮小するため、消費者物価のインフレは発生することができない。ようするに平時の経済学が役に立たなくなる。

こ状態で愛国的熱狂に国民の不満を領土・拉致・移民・経済摩擦・政敵に煽るようにスリ替えると,すべての企業は,内需の縮小を外需の拡大でカバーすることは不可能となる。そこで内外の市場の縮小は加速する。

愛国的熱狂なので支持率高く推移しても,貿易・外資増加にはすべてマイナスに作用するためにすべて諸刃の剣となる。

こうして日本だけが、90年代に経験した失われた10年間の苦痛を、再び10年以上も経験しなければならないのか? 今度の苦痛は、いざなぎ景気越えの見かけの景気をともなわない。なぜなら、見かけのいざなぎ景気越えは、国内市場の縮小を海外市場の拡大によってカバーされた、蜃気楼化された経済指数と不正統計指数が正体だからだ。

ここまでくるとプレミヤムつけた金本位制しか収束させられなくなる,そして次産業革命へ大胆にシフトすることです。次産業革命とは「原発ゼロ,CO2を発生させない動力」への転換革命です。すでに実用化されています。

次産業革命に早期シフトした国家は、CO2の発生を75%減らすことに成功すると同時に、世界の技術革新をリードし、全産業を活性化させることができます。
又、次産業革命に早期シフト企業は、大不況下でビジネスを飛躍できます。

これをやらないと,地方銀行の取り付け騒ぎや倒産が避けられなくなる。そして、予告どおり全国の銀行のモラトリアムが世界中で発生する。

さらに日本の商品の世界的優位性を失い,日本の大企業の消失を体現する。今回は日本の財閥系大企業の銀行・生産会社・商事会社などの消失は絶対に避けられない。内部留保や還付金や補助金で救うと,逆のマイナスに作用しますので悲劇を生む。自信がある。

8. 2019年7月24日 18:40:45 : qUZgvAGjWw : NVVXS0wzL21BajI=[13] 報告
日本から去ると言う企業はどんどん出て行ってもらいたい。
9. 2019年7月24日 21:03:46 : ZRH8q0wbnY : b1VRZ3pqNmk0Wkk=[100] 報告
叫ぶのも 「ポチの一味」の パラドクス
10. しんのすけ99[603] grWC8YLMgreCrzk5 2019年7月25日 02:41:34 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[365] 報告
防衛費を ちょこっと削るだけでもう 消費増税は必要なくなる

こんな簡単な理屈を隠して言わない なぜなら  防衛費増額は 一部の軍事産業と大企業を儲けさせるツールで
富裕層からの献金や利益誘導にはうってつけなのは間違いない事 だから 憲法改正して軍備増強を図り
富裕層だけを増々 肥え太らせる、その意図は明白である

だが 一部の財閥だけが肥え太った戦前の日本を見ても、先軍政治で一般庶民は餓えている今の北朝鮮を見ても
特定の支配層だけが良い目を見る社会は 決して発展する事はなく、いつか必ず破たんが訪れるモノであろう

◆ 憲法改正したいのなら まず景気を回復させよ、さもなくば国民は絶対に賛同しない ◆

11. 2019年7月25日 08:04:27 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[2293] 報告
⁅西田昌司⁆経世済民、野放図な新自由主義と財政均衡主義に今こそ歯止めを!〘桜R1/7/24〙
.
SakuraSoTV
2019/07/23 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=FHCl6vJQ_mw

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK263掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK263掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK263掲示板  
次へ