★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK264 > 164.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本の政治が腐ってしまった本当の理由 - 第11章「三本の毒槍」
http://www.asyura2.com/19/senkyo264/msg/164.html
投稿者 プラナリア 日時 2019 年 8 月 05 日 05:24:16: emFaAWGkaJrU. g3aDiYNpg4qDQQ
 

あなたに一つ聞きたい事がある。日本社会での、立法府を支配している政治勢力と経済界と行政府(司法府も含め所謂官僚)達の利権集団の関係を大雑把に考えてみた事がありますか?

私にとってそれは3人ずつお互い囲いの周りに立ち、見張り番をしている様なイメージが思い浮かぶ。はて、囲いの柵の中には何がいるのか?大人しい羊達である。彼らはおのおの毒槍を持っている羊番である。それぞれ3人がお互いに協力しあって、或る者は積極的に、或る者は便乗的に、或る者は羊達が囲いである柵から逃げない様躾け役として、この大人しい羊達を搾り取っている図である。
■経済界: 低賃金、長時間労働、非正規労働者、福利厚生の低減、男女間の不平等な給与体系など。その一方企業の内部保留金は史上最高を更新している
■行政府: 自民党との長い付き合いのお蔭で国民の事を憶い公僕として働く習慣が無くなっちゃったし、天下り先を用意してあるし、地位が安泰で自分の仕事の責任が降り懸からない様なら万事OK。でも或る事が責任問題に発展したらあの手この手で全力で反撃します
■立法府: 経済界及び行政府と協力、富める者を優遇し大事に扱い弱い立場の人々の社会的不満を封じ込め自力更正と言う名の下、緩やかな強制労働収容所と言う囲いの中へ閉じ込める様に努力。そして自分達の希求する社会を実現する戦略戦術を立法し施行

この様な日本社会の現状。しかし、「官」が主で無く、「経」が主で無く、「政」が主で無い、主権在民即ち「民」が主ではなかったのか?もうこの国では「民主」主義は死んでしまったのだろうか?いやまだだ。非常に危ない所にあるがまだ首の皮一枚残している。だがあなたが声を挙げない限り直ぐにこの世から消えてなくなる。この一連の投稿の中で何度も参照している改憲マシンとは即ち管理社会、監視社会の下全ての人間の心をコントロールする社会の事と定義出来よう。だから皆、声も挙げない投票にも行かない大人しい羊達となってしまった訳。このトレンドが長い時間をかけ非常に強力になって来たのである。それは日本の社会から柔軟性が失われてしまった事。知的なレベルが著しく劣化し、皆が皆オペレータになってしまった事。日本の社会の進化が止まり人々の退行が著しい事を見れば明らか。政治家も例外ではない。議会制民主主義は基本、二大政党制と言う仕組みより成り立つ事も理解しない、どうしょうもない島国根性で自分の政党が一番だと思っている政治屋共。嫉妬心からお互いの政党を罵りあうパワハラみたいな事に明け暮れている、改憲マシンの手の掌の上に乗っている事も判っていない孫悟空達。

此処でとても大事な問いをしておこう。大人しい羊達は彼ら3人の番人達に毒槍を放棄させ、心優しい番人変えられるかどうかである。
■ 経済界に圧力をかける。厳しいね。労働組合なんてもはや存在しないし、消費者団体なんて消えしまった
■ 行政府に裁判を通じて圧力をかける。米国では中央政府即ち連邦政府が政策を巡り地方の州政府から訴えられる事がままあるそうである
■ 立法府を選挙を通し更新し圧力をかける。これが一番簡単。一方内閣と政権与党経済界行政府の面々は大人しい羊達が生存権の一部である投票の権利の行使の意欲を喪失してしまう様に日々洗脳に頑張ってます

皆さん現在の政権下で長らく、懐事情は良くならないばかりか悪化して来ている事を肌身から感じているでしょう。しかし立法府を構成する政党の勢力図が変ったとしても、経済界と行政府は柵の中の羊達を搾り取り続けたい訳で手練手管で自分達の利益を最大限に絞り出してくれるシステムの存続の努力をします。それに協力的な政党が立法府の最大勢力になる様お互い補完的に、市民が選んだ新しい国会の政治勢力を貶める様再び策謀する事でしょう。だって一番相性が良いのが美味しいのでしょ?即ちこれを緊張関係の無いズブズブな関係と言う。これ独裁制の見本ね。この彼らの習性を皆さん忘れないで下さい。大事な事は立法府に継続的に投票と言う行為で圧力をかけ続けて、経済界と行政府に今のままでは日本は駄目になってしまうと認識させた上日本の活力を取り戻す為に今の政治が向かっている方向の、転換を計る時なのです。

この章の最後にあたり: もう一回言います。それは継続する事で達成出来ます。経済的に社会的に弱い立場の人々が支える政治勢力が立法府において力を強く持ち続ける事で立法府と言う番人を心変わりさせ日本の国民に向けた毒槍を地に置かせた時初めて、残り2人の番人が民意を聞き始めそれぞれの威圧の為の毒槍を地に置く事が可能になるのではと思います。それは人間の顔を持った社会の始まりと言えます。それにはまずベルリンの住人達と同様、羊の様に閉じ込められたこの見えない垣根と壁を壊す作業が必要ではないでしょうか。「未来を目の前にして、くたばるわけにはいかない」[1]のです。

参考文献:
[1] "ベルリンの壁崩壊を後押しした、東ドイツの若きパンクスたちの物語," Jerry Portwood (訳 Masaaki Yoshida), RollingStoneのウェブサイトより, 2018年9月24日,
https://rollingstonejapan.com/articles/detail/29044/1/1/1  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年8月05日 10:05:20 : YKNVfhumKQ : dmx3TU4wcEpNWDY=[3] 報告
政教分離!を破壊してしまった。
2. 2019年8月05日 15:23:53 : hqm9Ejz6U6 : YzB0T0lrWWJzeVE=[57] 報告
検閲がなぜいけないかもわからない。義務を果たさないものが権利を主張してはおかしい、宗教団体が政治に関わってもおかしくない。労働者は経営者の決めたことに従うべき、権利ばかりを主張する労働組合はいけない。共謀罪にも特定秘密保護法も問題ない。日本は悪くない。悪いのは韓国、北朝鮮。

こんな考え方に飼いならされているとそのうち身ぐるみ剥がれほっぽり出される。

3. 2019年8月05日 19:04:19 : FF5xWSlMV9 : dU5aZnYvNGgxZjI=[4] 報告
読みにくい文章だね。
それと、自分の思い込みで論を展開するのではなく、少なくとも戦後の歴史を紐解いてみるべきだよね。教科書にある嘘の歴史ではなく、本当の歴史をさ。そもそも日本は敗戦国であり、戦利品であり、植民地であり、長期の売国政権は半島血筋の傀儡であるという視点が必要だよ。以下を読んでみて。

>自民党とは、日本を隷属国家にすべくCIAに作られ、米政府隷従DNAを埋め込まれた日本奴隷化装置
http://ameblo.jp/utzsugi-rei/entry-11943422801.html

>「外務省が機密解除に反対」CIAの自民政治家へ資金 米元諮問委員が証言、
・・・・西日本新聞 2016年01月06日 03時00分 
http://blog.livedoor.jp/mikagetarou/archives/10911075.html

>日本の中のCIAエージェント
〜吉田茂、辰巳栄一、緒方竹虎、岸信介、児玉誉士夫、笹川良一、正力松太郎・・・
http://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/31b8776d983469bad82ffec40288122b

4. 2019年8月05日 19:56:35 : ZRH8q0wbnY : b1VRZ3pqNmk0Wkk=[358] 報告
闊歩する 自由を気取る 無責任

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK264掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK264掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK264掲示板  
次へ