★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK264 > 184.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「安倍に改憲発議させない」が参院選民意(植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/19/senkyo264/msg/184.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 8 月 05 日 21:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「安倍に改憲発議させない」が参院選民意
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-abb8bf.html
2019年8月 5日 植草一秀の『知られざる真実』


参院選が終了し、焦点は次の衆院総選挙に移った。

安倍首相は消費税増税強行を掲げて参院選に突入しても参院選に勝利できると判断したと見られるが、この思惑は挫折した。

安倍自民党は公示時改選数から9議席も減らした。

その結果、参院単独過半数を割り込んだ。

同時に、改憲勢力は自公維の三党議員に改憲に積極的な無所属議員を含めて160にとどまり、参院3分の2超の164に届かなかった。

激戦となった東北6県で2勝4敗となり、1人区は22勝10敗に終わった。

激戦区で軒並み自民候補が競り負けた。

安倍自民党の参院選は客観的に評価すれば敗北である。

ところが、安倍政治に媚びを売る者、勢力が、安倍自民が参院選に勝利したかのように伝える。

第2次大戦時の大本営とまったく同じ構図だ。

安倍首相は国民民主党から改憲勢力を引き抜き、N国を改憲勢力に引き込み、さらに10月の埼玉参院補選で改憲勢力を当選させて参院3分の2を確保することを目指すと見られる。

N国は与党が「NHK放送スクランブル化」を受け入れるなら改憲に賛成するとのスタンスを示している。

この条件交渉が成立する見通しは立っていない。

それでも、日本国憲法が破壊されるかどうか、微妙な情勢にあることは確かだ。

主権者の多数は安倍内閣の下での改憲に反対である。

憲法改定を全面否定しないが、安倍内閣による改憲には反対というのが主権者多数である。

安倍内閣の下での改憲を断固阻止する。

今回の参院選で主権者が改憲勢力3分の2を阻止したのは、この意思の表明である。

安倍内閣が憲法改定に暴走することを断固として阻止しなければならない。

今回の参院選比例代表戦での自民党得票は1771万票で2016年選挙の2011万票から240万票も減らした。

公明党も104万票減らしている。

立憲民主党も2017年10月衆院選と比較して317万票も獲得票を減らした。

自公の選挙戦術は投票率の限りない引き下げ誘導によって、自公固定票の相対的比重を高めるというものである。

2012年12月以来、5回の選挙は、すべてこの戦術によって多数議席獲得に成功したものだ。

今回も投票率を低下させるために、徹底的なメディアコントロールが実行された。

消費税増税の是非を徹底論議しなければならなかったが、テレビメディアは放送時間を芸能情報で占拠した。

主権者の関心が政治に向かわぬよう、徹底的な情報操作が展開されたのだ。

同時に、与党勝利情報を流布し、安倍政治に反対の主権者の投票意欲を削ぐ工作も展開された。

これらの工作が効を奏して、投票率は史上2番目に低い48.8%に低下した。

「今だけ、金だけ、自分だけ」の三だけ教信者の岩盤票に支えられる自公は圧勝しなければおかしかったはずだが、2013年選挙からの大幅後退を迫られた。

主権者は憲法改定を希望していない。

改憲への動きを完全に封殺しなければならない。

その際、国民民主党がスタンドプレーに走らぬよう、徹底的な監視が必要になる。

他方、本ブログ、メルマガで警告してきたように、参院選後に日本株価が急落している。

米中貿易戦争も影響しているが、最大の背景は消費税増税である。

企業が発表している2020年3月期の利益予想は極めて楽観的なものだが、企業収益は足元での激変に直面している。

2020年3月期予想利益が大幅に下方修正されるのは時間の問題だ。

日本経済は深刻な消費税増税不況に突入することになる。

安倍政治の責任が問われなければならない。

いまこそ、安倍政治を終焉させることを望む主権者は、次の総選挙に向けて力を結集するべきだ。

消費税率を5%に引き下げること

最低賃金全国一律1500円を政府補償制度で実現すること

原発稼働を直ちにゼロにすること

の三公約を軸にして、主権者候補の擁立を急がねばならない。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年8月05日 21:22:00 : RABeAdWjAs : NlZBT001dVNiek0=[7] 報告
>「安倍に改憲発議させない」が参院選民意


ごく当たり前の普通の人間がこの選挙結果を見れば「安倍に改憲発議させない」が参院選民意である。

安倍はいかれた人間だ。

安倍は「改憲発議は民意を得た」と考えるのである。

国政からきちがいをつまみ出すことが必要だ。

2. AN[67] gmCCbQ 2019年8月05日 22:03:14 : yMNPYpFb52 : LnlCMXF6SXVuRFU=[29] 報告
株価下落は全世界的なので、消費税増税は関係ないでしょう。
 ただし、増税後は深刻な不況に突入する……でしょう。

 それ以外は極めてまっとうで、宣伝臭のない良い記事です^^

3. 2019年8月06日 01:51:01 : IjwKnjIpew : QzZSaWFiQ054OWc=[72] 報告
大変厳しい話であるが、
護憲色の大変強かった平成の天皇皇后両陛下が退位され、
令和の新天皇新皇后体制となった時点で、
もはや李晋三による憲法改悪を阻止する、有力な後ろ盾は完全になくなった。

平成と令和とでは、そこまで違うのだ。
新天皇・新皇后は、もう早々とお飾り態で存在感が全くないし、
李晋三に物申す気配もまるでない。はっきり言って李晋三の言いなりだ。
李晋三は、もうすっかり、この国の皇帝にでもなった気分だよ。

李晋三の出自はそもそも、
父方→李氏朝鮮の末裔(李晋=安倍晋太郎)
母方→朝鮮海賊の末裔(李要蔵。同じく末裔に大室寅之祐・李(岸)信介)
で、朝鮮闇権力のサラブレッド。
こいつがやたらと明治に回帰したがるのは、
明治が朝鮮闇権力にとって、我が世の春だったからだ。

4. 2019年8月06日 12:51:47 : WBLR85rxFg : ZzhJWXh6ckNBTlk=[110] 報告
自民党は昔から改憲を掲げてきている。しかし、その自民党への投票者は3割強に過ぎない。自民党党首が改憲を訴えるのはよいが、国政のトップとして行政に携わっている場合、それを主張しては憲法違反であろう。国会で述べることは、自然であるが、それ以外の行政的行事や運営の中で改憲を述べることは認められない。したがって、半数以上の国民が改憲に乗り気でない以上、国会での討議は改憲すべきテーマや改憲しない場合のデメリットなどについてであり、改憲の条文ではなかろう。ましてや改憲の発議ではなく、改憲のための法律の整備でもなかろう。
5. 2019年8月06日 19:19:30 : ZRH8q0wbnY : b1VRZ3pqNmk0Wkk=[376] 報告
伸びていく 手変え品変え 危険な芽

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK264掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK264掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK264掲示板  
次へ