★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK264 > 421.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<つなぐ 戦後74年>戦争末期に似る「政治の貧困」 元自民党幹事長・古賀誠に聞く(東京新聞)
http://www.asyura2.com/19/senkyo264/msg/421.html
投稿者 肝話窮題 日時 2019 年 8 月 12 日 23:02:40: PfxDcIHABfKGo isyYYouHkeg
 

2019年8月12日 朝刊

https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201908/images/PK2019081202100124_size0.jpg
古賀誠氏

 終戦の日を前に、元自民党幹事長で日本遺族会名誉顧問の古賀誠氏(79)は本紙のインタビューに応じた。「安倍一強」と言われ、権力者に物言わぬ空気が漂っている状況を「議論がなく、戦争の末期と同じような政治の貧困だ」と指摘。一方、自民党が改憲案で示している憲法九条での自衛隊の明記は「必要ない」とし、九条改憲について反対の姿勢を明確にした。

 参院選の結果を受けて、安倍晋三首相は改憲の議論を進める構え。古賀氏は「日本は七十四年間戦争に巻き込まれなかった。世界の多くの国々に迷惑をかけたという謙虚な気持ちもこもっている」と九条の意義を説明。「憲法九条は世界遺産だ」と評価し、堅持を訴えた。

 安倍一強の現状については「ある人が言ったことに全部賛成し、何も批判しない」と強調。「先の参院選で投票率がかなり下がった。今の政権に危うさが感じられ、信頼を失いつつある現象だと思う」と分析した。

 戦争で父を亡くした体験を持つ古賀氏は、日本遺族会の会長を二〇〇二年から十年間務めた。靖国神社については「国民がわだかまりなく、戦没兵士を顕彰する場として後世に残していくべきだ」と持論を述べた。

◆主なやりとり

 −八月十五日が近づいてきた。

 「二歳の時、父親が赤紙召集で出征した。終戦からしばらくして、白木の箱が届いた。開けたら紙が入っていて『昭和十九年十月三十日、フィリピン・レイテ島に没す』と。それが遺骨代わり。母は覚悟していたのか、非常に凜(りん)としていた。残された姉と私を何とか育てなければと精いっぱいだった」

 −海外へ自衛隊を派遣する法案(二〇〇一年のテロ対策特別措置法、〇三年のイラク復興支援特措法)の衆院採決で退席している。

 「戦争に向けてちょっとでも風穴が開くことは一切賛成できない。戦争はわれわれのような(悲しい思いをする)体験者をいっぱいつくる。それは絶対駄目だと思い、政治を志した。だから立派ということでもない。当たり前のことをやっただけだ」

 −七月の参院選の結果を受けて安倍首相は改憲議論を進め、九条に自衛隊を明記するという。

 「改憲議論はしっかりやらないといけない。戦後七十四年たち、見直さなければならないものもあるかもしれない。現行憲法で守るべきは九条。とりわけ立憲主義と平和主義。国民の中で、自衛隊を違憲だと言っている人がいるのか。災害などで出動する隊員に国民は感謝している。あえて憲法に書く必要性が本当にあるのか。それで自国の防衛や平和を保てるのかといわれるが、理想の実現に向かって頑張るのが政治家。七十四年間、日本は戦争に巻き込まれないできた。同時に九条には、世界の多くの国に迷惑をかけたという償い、謙虚な気持ちが含まれている。だから九条は世界遺産だ」

 −戦争体験から政治の役割の重要性を説いている。

 「戦争を検証する時、やはり『政治の貧困』というものは常に心に留めておく必要がある。先の四年間の戦争で三百万人が犠牲になったが、大半が最後の一年間で亡くなった。一九四四年六月、マリアナ沖海戦で日本軍は壊滅的に敗れた。グアム島などは飛行機で本土への直接爆撃が可能な絶対国防圏だった。その後の一年で最大の犠牲を出した。私の父もだ。まさに政治の貧困。あそこでやめていれば原爆も東京大空襲も沖縄戦もない。政治に携わる人はそういうことを勉強し、改憲議論をしないといけない。それが今の政治家に伝えなければならない一番大事なことだ」

 −現実の政治を見ると、安倍一強の下で多様な意見が交わされにくくなっていないか。

 「戦争末期と同じような政治の貧困だ。貧困とは議論がないこと。ある人が言ったことに全部賛成し、何も批判しない。いつか来た道に帰って行くような恐ろしさを常に持っている。権力は隠す物。振り回してはいけない。安倍政権は国の力を強くする理念の(派閥)清和会。われわれは経済重視軽武装の宏池会。国民に議論を求めて政治を進めてきた。参院選で投票率がかなり下がった。既に今の政権に危うさが感じられ、信頼を失いつつある現象だと思う」

 −日本遺族会の会長を長く務めていた。

 「遺族が高齢化し、戦没兵士の顕彰を考える主体は遺族会から脱皮するべきじゃないか。靖国にまつられるんだと命をささげていったのだから、靖国神社とは別の施設は、僕には考えられない。国民がわだかまりなく顕彰する場として後世に残していくべきだ」(聞き手・榊原智康、武藤周吉)

<古賀誠(こが・まこと)> 1940年、福岡県瀬高町(現みやま市)生まれ。日大卒。参院議員秘書を経て、80年衆院選で初当選。96〜97年運輸相、2000〜01年自民党幹事長などを歴任し、12年に政界を引退した。衆院10期連続当選。02〜12年まで日本遺族会会長、現在は同会名誉顧問。06〜12年に宏池会(現岸田派)会長を務めた。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201908/CK2019081202000157.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. しんのすけ99[668] grWC8YLMgreCrzk5 2019年8月13日 03:08:53 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[430] 報告
>あそこでやめていれば原爆も東京大空襲も沖縄戦もない

まったくその通り 1944年6月 これが 実質的に 日本に勝ち目が完全にゼロとなったマリアナ沖海戦
これ以降の 一年二カ月間は、まったくもって 「無駄な戦い」 あの戦争を始めた意義がどうだったのかは
別の議論としても、なぜ 勝ち目の無い無駄な戦争を 終わらせる事が出来なかったのか それは ひとえに
戦争遂行 挙国一致を旗頭として、国民の目と耳を塞いだ事にある 「もう勝ち目は絶対に無い」 という事を
ひた隠しにした事 これがあの軍国日本の最大の罪であり汚点である

昭和15年 日米開戦を 間近に控えたこの時期に 「大政翼賛会」 を 設立させ、報道の自由を一切奪い
さらに政党政治は解体され 国家体制に都合の悪い事は 絶対に報道出来なくなった 逆らう事が出来なくなった
敗戦のキッカケとなったミッドウェイ海戦も 勝ち目の無くなったマリアナ沖海戦も 国民は全て知ったのは
戦後になってからである

あの戦争の 耐え難い苦しみをもたらした最大の元凶 それは、大政翼賛会に代表される 国民の目と耳を奪った
「国家による情報の統制」 これに尽きる訳である 臭い物に(都合の悪い事実に)蓋をしたらロクな事はない
という事 これがあの極めて無駄な戦争における 唯一の学び とも言える事であろう。

2. 2019年8月13日 06:53:31 : Eol7luHcWs : Rmd4REpNRVBWQ2s=[19] 報告
 1さん、同意。

 と同時に、突っ走り始めたら、立ち止まって、もう一度考える、考え直すことができない人間が日本人には多いとも考える。かつての軍人然り、性根の腐った政治家然り。そして、悲しいかな大衆も。

 ただ、絶対多数の大衆を惑わして、引率しているのは戦前、戦時中は軍人であり、いまの時代は政治家であり、官僚、大企業。そして、真実に目をつぶる富裕層のメディア。

 そして、突っ走り始めたら立ち止まらず、もう一度考える、考え直すことができない一番の理由が、いわゆる指導者と言われる彼らの「保身」であり、「面子」。

 安倍政権にかかわる悪事、つまり隠蔽も改ざんも破棄も、安倍にかかわった人間の「保身」が背景にあると考える。
 悪事に加担した罪悪感はあっても、「保身」を考えれば、後戻りはできない。悪事であっても、彼らにはもう、突っ走ることしか選択はない。
 いまの時代、永田町でも、霞が関でも、大手町でも、「保身」と「面子」を一義にして生きている人間が跋扈し、共犯意識で連帯もしている。それが次第に、強固にもなっている。

 1氏の言を借りれば、いまの日本はマリアナ沖海戦で海軍が実質的に壊滅した状態くらいに落ちぶれているかもしれない。
 何しろ、日本の経済力はいま、アジアの7位程度らしいのだから…。

 それでも立ち止まって考えることをせず、「保身」のために突っ走ることしか能がない安倍一派を正す(糺す)には、どこかの国に“原子爆弾”を落としてもらわなくてはならないのかもしれない。

3. 2019年8月13日 08:22:44 : pXJMQyO7Y2 : SEtXTkRwLzlPL0k=[5] 報告
米軍よか、ゴジラが出てきて、そんな日本を壊して欲しいと思う。

勿論、シン・ゴジラなんて国辱映画では無い方のゴジラにね。

4. 2019年8月13日 08:41:35 : a23gFtPUD6 : ZWZ6VjVwVDB3L00=[4] 報告
トランプ
「カミカゼのパイロットは酔っ払ってたかドラッグでもキメてたのか?」

安倍晋三
「いいや、彼らはただ祖国を愛していただけだ」

本当は…
大日本帝国時代の日本では覚醒剤が開発され、太平洋戦争の始まる1941年に大日本製薬が「ヒロポン」を発売しました。神風特攻隊の隊員にはヒロポンと茶の粉末を混ぜて固めた「突撃錠」という錠剤が(全員ではなくとも)与えられてた事が知られています。
https://buzzap.jp/news/20190811-trump-kamikaze-joke/

トランプのほうが日本の歴史に詳しい。
安倍晋三は、細かく、歴史修正。

5. 2019年8月13日 14:50:06 : hSQFTwqAE2 : eDlNWnhxZ2VqYUE=[19] 報告
米山隆一氏
「「ラグビーはもっとすごい。」と言うご指摘を受けてググったところ、「予選1回戦=決勝戦」という衝撃の事実です。なにせ地方の維持対策は急務ですが、ここまでくると、明治期以来の47都道府県制度は無理が来ていると言わざるをえないのかもしれません。」
https://twitter.com/RyuichiYoneyama/status/1161094788847828992

高校ラグビー島根県予選、出場2校!
もう一度、県境を引き直して、コンパクトシティ化をすすめましょう。

それから、尖閣諸島も竹島も北方領土も要りません! 欲しい方に差し上げます。

6. 2019年8月13日 19:12:37 : ZzFD62qoa2 : WTlNR3Z4eHEzZ0k=[82] 報告

日本人として、政治家として理性ある発言を
  感謝します。その他の自民党議員たちは普通でない。

  人事に脅迫されているのでは無いでしょうか?
  トチ狂っているとでも言うのでしょうか?

7. 2019年8月13日 22:54:48 : k3VrrzzmmY : bTA1N3B6QnNtY0k=[54] 報告
戦争はよくない、それは誰しも思う。

だが現実は人類の歴史は戦争の歴史でもある、 現在日本は74年間戦争せず

平和であったそれはいいことである。

しかし、中東ではいまも米国が介入し湾岸戦争以降も戦争は続いている。


日本がなぜ戦争に至ったか、原因は日本だけにあるのではない、 欧米白人

が世界中を侵略し領土とし、アジア人、有色人種を家畜同様にあつかっていた

、人種差別にも原因はある。 戦争はわるいといっうが、 ベトナムのホ−チミン

 言う  奴隷として生きるより、生贄に殉じる方が良い

 我々がフランス兵を一人殺す間に、フランスはベトナム兵十人を殺すことが出来る。だが、たとえそうであってもフランスは負け、我々が勝つ


 ホーチミンはベトナム独立のためには、相手よりベトナム兵が十倍殺されようが

 独立の方が尊いといって、200万人の犠牲を払い、独立を成し遂げた。

 日本軍が東南アジアの白人軍隊を追い払い、現地人に独立のための貢献

 をしたことは事実で、現に 英国 フランス オランダの植民地は

 なくなっている、 日本軍は犬死したわけではない、結果がすべて

 イギリス、フランス オランダ軍を追い払い 東南アジアは独立している。

 そして現地人の独立戦争が泣ければ現在の東南アジアはない。
 

8. 2019年8月14日 03:14:51 : IJjjrLkBu1 : TkVzTE5CdVJubC4=[522] 報告
   7氏は観念的に非戦論を否定しているが、非戦論は哲学では無く科学である。何故なら例えば戦国時代の武将や米の南北戦争のようにテリトリーを争うために軍隊を結成し、宣戦布告を互いにしつつ撃ち方始めで軍隊同士が左右からヤーヤーと攻め、形成不利を体感したトップが撃ち方止めで停戦に至るものでは無いからだ。無人偵察機に無人攻撃機が開発され遥か数千キロ彼方の空調の効いた指令室から参謀が指示し暗視カメラで凝視しつつ空爆を見つめるのが近代戦であり住民の住居の誤射は想定範囲である。だが武器を持たない住民は敵味方の別なく軍人として絶対に手を掛けてはならず、住民を守るからこその戦争の筈が今や住民の死傷数を戦略に入れる有様であり、自分の家族や住居を破壊された非武装住民が怒りのあまりに武装兵士となるなど戦火は拡大する一方であり、現在でも数千万人の難民が出現し欧州に散り、欧州にも葛藤が出て不穏な空気に満ちている。
  かつ近代では多国籍軍産複合体が防衛装備ビジネスを展開、戦争とはスポーツ同様に試合相手を必要とする以上軍産ビジネス界は何処の国にでも防衛装備を売る。とすればペアリング対象を定めて両国のトップに敵国だと示唆することなど朝飯前である。かくして宣戦布告という最低限のゴングも無い中で、疑心暗鬼から先制攻撃がベストと判断されるも、一発のミサイルで相手が降参することは単なる想定に過ぎず、反撃は軍産複合体の目指すところである。しかも疑心暗鬼による先制攻撃で始まった戦闘はそもそも疑心暗鬼により停戦も休戦も成立しない。一旦始まった戦闘行為には終わりがなく武器や兵器は世界中に余っており次々に投入され軍人以外の死傷者が出れば難民やテロが頻発するのは必至だ。次なる戦争とは、核時代であることも無論、大型兵器をITで操る時代であれば攻撃相手を定めることも出きないのはタンカー襲撃事件でも明らかであり、イランが否定している以上、イラン攻撃をすれば第三次世界大戦の引き鉄ともなり、戦争は人類に不可欠とは地球の終わりを覚悟するとの意味である。
  ましてや日本国のように、公文書を丁寧に保管せず墨塗り改竄破棄が当たり前で、内閣自体が立法府代表として公文書保管の先頭に立たず改竄破棄した行政機構の肩を持つ場合には誰も開戦の軌跡を探ることが不可能である故停戦休戦命令権限の所在も探ることは出来ない。
  しかも今や兆円単位の防衛装備コストは国民が着の身着のままで飢えに耐えて戦に参加する必要が有る程膨大な額であるからこそ米国議会も厭戦となっており軍産複合体の要求を満たす参加国を探しているのである。昔の戦争とは全く異なるのが近代であるところ、信念や信条では無く充分に科学的、数学的な見地から戦争を捉えることが必要不可欠である。
9. 2019年8月14日 06:26:55 : k3VrrzzmmY : bTA1N3B6QnNtY0k=[55] 報告
8>>。ヨ信念や信条では無く充分に科学的、数学的な見地から戦争を捉えることが

   必要不可欠である。」

  
   そうですね、それじゃ、国連常任理事国5か国( 米、ロ 中 英 仏)

   らが、何千発もの核爆弾とその運搬用ミサイルをもち、それを使用

   すれば地球を何回か破滅できる量であるらしい。科学的、数学的

   に考えて、これら大量核兵器を使用すると人類の滅亡もあり得ますよ。


   科学的、数学的に考えるとそうでしょう、

   ならば核軍縮の方向が科学的には正しいのじゃないの?

   核軍縮軍縮が前進しないのは、科学的、数学的考えから

   すれば、間違いでしょう。 科学と数学で解決できないんじゃないの?

10. しんのすけ99[673] grWC8YLMgreCrzk5 2019年8月14日 13:16:13 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[435] 報告
>>7 は、完全にご都合主義 「人種差別にも原因」 は、まったくの嘘とまでは言わないが責任転嫁
そんなものは 極めて微々たる要素 あの戦争の原因の99%は 日本による大陸への侵略である事は
世界の歴史の常識で 「盗人にも三分の理」 という、その三分の理を 都合よく強調しているだけの事
あくまでもあの戦争の目的は 南方資源の収奪 それがほとんど大部分である


さらに アジアの解放は 「日本が負けたから結果的にそうなった事」 でしかない ただの結果論
アジアを解放する目的では無かった事は、日本政府が公式に認めている 占領地の扱いは 「日本領とす」
こうハッキリと 【大東亜政略指導大綱】という一次資料に明記されている もしも日本が勝ったり早期に講和
していたならば あのまま永久に日本の領土とされた可能性は高い

https://www.youtube.com/watch?v=6H2eX_1vFwc

↑ 要するに 欧米に取って代わる新たなる侵略者 これが一番近い表現です


まあ 日本が勝つなんて 万に一つの可能性もありませんが 早期に講和 は絶対にないとは言えない訳ですから。

11. 2019年8月14日 16:17:33 : k3VrrzzmmY : bTA1N3B6QnNtY0k=[56] 報告
昭和18年開催の大東亜会議において

ビルマ、フィリピンの独立を承認している、また その他」各国の独立構想

もあった。ただし東南アジア(欧米植民地)の資源なしには日本は大東亜

戦争は戦えなかた面はあろう。


永久に日本領土とされた可能性は高いとは 10>>しんのすけ個人の推測であろ

う。


「日本が負けたから結果的にそうなった事」 そうではない 間違いです


日本軍が現地人に軍事訓練を施し、日本軍の武器をそっくり現地人に日本軍が与え

たから。


オランダ軍 や、フランス軍が戻ってきて再植民地化をはかろうとしたが

以前の現地人ではなかっつた、日本軍に教育されていた現地人は武力で

オランダ、フランスを追い払て、独立したのである。

日本軍の軍政が敷かれた地域は皆独立したのである。インドネシアのスカル大統領

、ビルマ、アウンサン将軍は日本に感謝している。

大東亜会議(ウイキペデイア 抜粋)

昭和16年11月の南方占領地行政実施要領において、当面、軍政を敷くことを決定してはいたが、その後の独立等に至る方針は決定されていなかった[3]。そのため、占領地域等における円滑な統治のために本会議は開催された[3]。会議の開催は、東条総理にとって占領地における民心掌握の一環としての方策であったが、重光葵外相には和平や戦後構想にむけて、長年欧米諸国の植民地として搾取されていた各国の独立構想があったとされる[4]。

昭和18年5月の大東亜政略指導大綱に基づくものであり、会議開催に先立ち日本によるビルマの独立承認(8月1日)、フィリピンの独立承認(10月14日)、大東亜省の設置(11月1日)が行われている[3]。ただし、これらの独立はこれまでこれらの地を植民地支配していた連合国からは「傀儡政権」とも評されており[5]、その他のマレーやボルネオ等は、大綱において帝国領とされ[6]、独立はさせられなかっ


た。また、独立を承認した諸国の民心の完全な把握には至っておらず、特にまだ親米派が残っていたフィリピンでは、アメリカからの援助を受けた親米派による抗日ゲリラが跋扈するようになる[7]ほか、大戦末期になるとビルマが旧宗主国のイギリスに寝返ることとなった。

なおこの会議は、近代史上初めて有色人種のみが一堂に会して行われている首脳会議であった。当時の日本やその同盟国がイギリスやアメリカなどの旧宗主国を放逐したことにより独立を果たしたアジア諸国の国政最高責任者を招請して行われ、「それまでの植民地対宗主国の主従関係にとらわれたものでなかったため会議はきわめて和やかに進められ、一家族の集会のようであった」という回顧[8]がある。また「大東亜共同宣言はイギリスとアメリカが提唱した大西洋憲章に対抗することを目指していた」という評価もある[9]。

12. 2019年8月14日 17:16:44 : k3VrrzzmmY : bTA1N3B6QnNtY0k=[57] 報告
10>> 追加、日本がポツダム宣言受諾したあとも、 現地に残った日本軍は

   ベトナム、ビルマ、インドネシアなどで 合計すれば1000名近くになる

   だろう、現地人を軍事指導して オランダ、フランス軍と戦い

   英雄として顕彰された日本軍人もいる、命かけてアジア独立戦争を

   現地人のために戦った事実があるではないか。戦争経験の豊富な日本

   軍が協力したんだ、 アジア独立に協力してるじゃないか。

   武器、弾薬もほとんど日本軍の残したものだ。

  (インドネシア スカルノ大統領からの感謝の言葉 ウイキより抜粋)

   独立戦争で命を落とした元日本兵は、ジャカルタのカリバタ英雄墓地をはじ
   め、各地の英雄墓地に葬られ、戦後生き残った元日本兵も、インドネシア国
   籍を与えられたインドネシア人として、これらの墓地に埋葬される予定であ
   る。

   1958年に訪日したスカルノ大統領は、日本へ感謝の意を表し、独立戦争で特
   に貢献した市来龍夫と吉住留五郎に対し感謝の言葉を送った。

  市来龍夫君と吉住留五郎君へ。独立は一民族のものならず全人類のものなり。
  1958年8月15日東京にて。スカルノ
 

13. しんのすけ99[676] grWC8YLMgreCrzk5 2019年8月14日 19:53:57 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[438] 報告
>>11
都合の良いとこだけ抜粋してないで ちゃんと全文へのリンクを貼りましょうね
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%9D%B1%E4%BA%9C%E4%BC%9A%E8%AD%B0

ってか、その抜き出した文章ですらもう墓穴掘ってますけどね(マトモに字 読めませんか?)

「ただし、これらの独立はこれまでこれらの地を植民地支配していた連合国からは「傀儡政権」とも評されており[5]、その他のマレーやボルネオ等は、大綱において帝国領とされ[6]、独立はさせられなかった」

↑ 帝国領とされ って ハッキリと書かれているではないか ↓ しかも 肝心な部分は欠落させている

「しかし、決して開催国の日本の思惑通りに予定調和的に会議が行われたわけではなく、タイ王国代表ワンワイタヤーコーンが、その演説の中で大東亜共同宣言案への修正提案が拒絶されたことに対する婉曲な批判を行い、またフィリピン大統領ホセ・ラウレルが、元オランダの植民地であったインドネシア代表のスカルノらが会議に参加できなかったことへの不満を述べている[8]。また、タイの首相・プレーク・ピブーンソンクラームは連合国との将来的な関係回復を見据えて欠席する[8]等、ある程度の緊張感を伴った国際会議であったとの分析もある。 」


↓ そしてこれが 肝心の 1943年 大東亜政略指導大綱である
_____________________________________________

フィリピンは独立させるとしていますが、もともと戦前から米国との間で1946年7月4日に独立する約束ができていました。
 従って、傀儡のヒモつきでない独立であっても、日本帝国の功績にはなりません。

 ビルマも独立させるとは言っていますが傀儡政権で、「新緬甸をして先づ速に帝国と緊密一体大東亜戦争完遂に協力し得る物心両面の態勢を整備せしむ」「大日本帝国を盟主とす」「少数精鋭なる日本人を配置し之が指導に任せしむ」「緬甸国軍は戦時の用兵作戦に関し夫々在緬帝国陸海軍最高指揮官の指揮を承く」(緬甸独立指導要綱)などと諸々の条件付きでした。

http://www.wayto1945.sakura.ne.jp/APW/APW19430531.html
_____________________________________________

↑ 独立させるとしたのは フィリピンとビルマのみ しかも日本による傀儡政権でのヒモ付きであるし
重要資源地帯の他の地域は 完全に 日本領土とする と明記されているのである

要するにこの 「日本の本音」 を 知る由もなかった人たちが 勘違いして日本に感謝しているだけの事に
「感謝されている」 などと 陶酔感に浸る だから お目出度いというのだ

◆言うなれば 「放火されて家が全焼したが 新しい家が建った これは放火犯のお陰だ」 こう言ってるようなもの


まあ たとえ 百歩いや一万歩ゆずって 「結果的にアジア独立のキッカケを作った」 という【僅かな功績】を
もし認めたところで、そんな僅かなる功績なんか 比べものにならないほど多大な苦痛と損害を与えたという
その事実の方が、遥かに桁違いに大きい事だけは間違いない事実だ だからこそ日本の指導者達がただひたすらに
謝罪し続けてきたのであるのに それを台無しにしてきたのは 馬鹿ウヨ連中の グジグジと何時までも
愚痴こぼしと陰口たらしているせいでしょう

(ほとんど ↓ 歴代の自民党のトップが 口を揃えて 日本の戦争責任を謝罪してるのだ)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%88%A6%E4%BA%89%E8%AC%9D%E7%BD%AA%E7%99%BA%E8%A8%80%E4%B8%80%E8%A6%A7

https://hinode.8718.jp/japan_war_apology.html


かつて日本は アジアに 壮絶なる苦痛を与えた この事実は 未来永劫変わる事はない事実である。


14. 2019年8月15日 05:32:37 : k3VrrzzmmY : bTA1N3B6QnNtY0k=[58] 報告
「かつて日本は アジアに 壮絶なる苦痛を与えた この事実は 未来永劫変わる事はない事実である」

 そうかい、日本軍は、欧米白人の軍隊と戦い追い出すのが目的でアジアで戦った

 3年ないし4年間、現地人と戦争するための侵攻ではない。


 かつて欧米白人は100年以上にわたり、中東、インド、アジア全域を侵略し領土

 とし、現地人を搾取していたことも、未来永劫変わることのない事実である。


 両方の事実を明確にしておくことだ。


 でないと戦争が起きた原因がわから

 なくなる。 戦争の責任は米国、英国 フランスにもある、 一方的に

 日本が悪いというのは、戦後の連合国、特にGHQの洗脳だ、WGIP。


 

  

15. しんのすけ99[678] grWC8YLMgreCrzk5 2019年8月15日 12:02:00 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[440] 報告
「そうかい、日本軍は、欧米白人の軍隊と戦い追い出すのが目的でアジアで戦った」

↑ 真っ赤な嘘だよ 正しくは

「日本は アジアの南方資源を獲得するのが目的で アジア解放を【謳い文句】に戦争を始めた」

アジア解放が ただの謳い文句だった理由は >>13にすべて網羅してある 字が読めないのか?
これが正解である事は 日本中いや世界中の歴史家のほとんどが認める所である トンデモはすっこんでおれ
目的は資源 これ 常識だ そして アジアに与えた苦痛と損害は 絶対に正当化は出来ない

資源を欲した戦争は 侵略戦争である これ 世界の常識だ。

16. 2019年8月15日 15:11:25 : k3VrrzzmmY : bTA1N3B6QnNtY0k=[59] 報告
「かつて欧米白人は100年以上にわたり、中東、インド、アジア全域を侵略し領土

 とし、現地人を搾取していたことも、未来永劫変わることのない事実である」


 スル−すんな これは事実か真っ赤なうそか どっちだ

 しんのすけは存じませんですか?

17. しんのすけ99[680] grWC8YLMgreCrzk5 2019年8月15日 16:43:51 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[442] 報告
>>16 欧米が搾取していたからって 日本がそれを真似て許されると言う法はないのだよ馬鹿ウヨ

「あいつ等が先に泥棒してんだから 俺たちがやっても許されるだろ」 こう言っているに等しい馬鹿の妄言だ

いやむしろ 欧米諸国のやった搾取より、【まだ酷い事】をやっているのだよ日本はアジアに
餓死者が出るほどの経済破壊をもたらしているのだ

↓↓↓

大東亜ハイパーインフレ狂乱圏
http://www.wayto1945.sakura.ne.jp/APW/APW-inflation.html

↑↑↑ 冗談ではない 欧米諸国の搾取の方がよっぽどマシですよ 
自分は強盗殺人犯のくせして 風呂屋ののぞきを 絶対に許せんとかって息巻く輩と一緒だよ

かつての我が国がアジアにもたらした戦争被害を 「耐え難い苦しみ」「壮絶な苦難」 「重大な損害を」 「侵略」
何度も何度も、こう表現しているのは 歴代の自民党トップである >>13のリンクをちゃんと読めっての

文句あるなら 自民党本部にでも怒鳴り込めや。

18. しんのすけ99[681] grWC8YLMgreCrzk5 2019年8月15日 17:03:20 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[443] 報告
さらに詳しく解説しようか 欧米諸国は 安く買い叩いた側面はあるものの ちゃんと通貨で決済はしていた
しかし、日本は 「軍票」 という紙切れを乱発して資源および食料を挑発していたのだ だから仏印などでは
大勢の餓死者が出ている 日本の払う軍票なんて紙切れ同然だったのだよ それを大量に乱発していたのだ

これが 歴代自民党のトップが平身低頭に謝罪する 「重大なる損害を与えた」 の、本当の中身なのだ
欧米による侵略と搾取の方が 遥かにマシだったのだよ
_____________________________________________________________________________________________

資料:南方に於けるインフレーションの問題

1943年12月9日 日本銀行文書
出典: 日本銀行調査局編集 『日本金融史資料 昭和編 第30巻』 戦時金融関係資料(四) 大蔵省印刷局発行、1971年
       三五四〜三六〇ページ


 アジア太平洋戦争で日本が占領した東南アジア地域を軒並み襲った激しいインフレについて、日本銀行が1943年12月にまとめたレポートの全文を、史料として転載します。
 検索などでこのページに直接来た方は、当サイトの記事本文「大東亜ハイパーインフレ狂乱圏」もご覧いただければ幸いです。

 インフレの主因として、日本への輸出超過、駐屯日本軍の戦費調達、輸入依存品の現地生産不振、の3つを挙げています。

 そのうち最も大きな要因が日本軍による通貨撒布、特に戦費の現地調達による撒布であるとも指摘しています。
 文中指摘されていますが、東南アジアに侵攻した日本軍は、当初は日本から送り込んだ軍票で、1943年4月からは日本帝国が設置した通貨発券銀行、南方開発金庫からの借金で戦争資金をまかなっていた事が記されています。

※本史料中、南方開発金庫は「南発」と略されています。

 これだけ酷いインフレを日本本土に波及させなかった仕組みについても触れられています。簡単に言えば、送金や両替などに厳しい制限をかけていたからです。

http://www.wayto1945.sakura.ne.jp/APW/APW19431209.html

19. しんのすけ99[683] grWC8YLMgreCrzk5 2019年8月15日 19:27:50 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[445] 報告
そもそも 100年以上前の日露戦争ですら 戦費償還は80年掛かって ついこの間の1980年代まで
払い続けてやっと完済したという その日露戦争などより桁違いの規模である 太平洋戦争の戦費はどうなったと
考えたことがあるのか? 日本国民だけでなんて 絶対に賄える訳がないだろう アジアなんだよ戦費調達は
資源の収奪の加えて食料の挑発 さらにさらに戦費調達という とんでもない無茶苦茶な事をやったのだよ日本は
だから アジア各地を 途轍もないハイパーインフレが襲ったのである ◆日本は 全部 踏み倒したのである◆

これで 欧米諸国の侵略を あげつらう資格があるか日本に?

20. 2019年8月15日 20:07:33 : k3VrrzzmmY : bTA1N3B6QnNtY0k=[60] 報告
19>> ぼけのしのすけ、まともに質問に答えられないの、自分のいいように

    話をそらすな、

    「欧米諸国の侵略を あげつらう資格があるか日本に?」 それは

     君の考え、違い考えの人もたくさんいる。


    わしが質問したのは、欧米白人の植民地は大東亜戦争前 どこと
 
    どこと、 どこと、どこと、どこと どこだったの知ってるの

    て質問したのよ。 そんなの関係ない、君の考えだね。

    わかりました。 議論する意味ない。

21. 2019年8月15日 20:25:43 : k3VrrzzmmY : bTA1N3B6QnNtY0k=[61] 報告
正解を教えておいてやる、 欧米白人の植民地(領土)は アフリカ、中東

インド、アジア全域。  独立国はアジアでは日本だけだったのだよ。

常識のある人間なら、欧米白人がほぼ全世界を植民地(領土)とし、資源の搾取

現地人を100年あまり搾取し続けていた。 どちらが世界制覇をねらってたんだよ。

欧米白人にきまってんだろ。 欧米白人の世界侵略は非難しなければならないの。

22. しんのすけ99[684] grWC8YLMgreCrzk5 2019年8月16日 02:40:16 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[446] 報告
強盗殺人犯が 風呂屋ののぞきを 許せんと言っているようなものだし

先に泥棒したやつがいたからって 後から泥棒したやつが許されるという法はないのだよ

子供のダダ捏ねと一緒だ 幼稚園児クン

23. 2019年8月16日 05:26:30 : k3VrrzzmmY : bTA1N3B6QnNtY0k=[62] 報告
22>> 死ぬまでせいぜい 自虐やってな、 バイバイ

 貴様の屁理屈なら、泥棒の子供かきみじゃないか。

    君も泥棒の子孫となるな。 泥棒国の一員で-す、 私は泥棒の子孫

    でその血がナガレテマース しんのすけの先祖は泥棒でした。

    喜んでで、死ぬまでたってろ、バカ。 

24. しんのすけ99[686] grWC8YLMgreCrzk5 2019年8月16日 11:49:49 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[448] 報告
「A君だってやっていた B君だって だから僕は悪くない」 こうやって自己正当化する幼稚園児と一緒だよ


欧米諸国がアジアその他の途上国を 侵略して植民地支配をしたのは 確かに歴史的事実だ
だがこのスレのテーマは 日本による戦争加害の是か非かだ 欧米諸国の侵略や帝国主義は全く別の問題で
それを絡めようとしたって、日本によるアジアへの侵略と植民地支配は 一ミリたりとも正当化は出来ない
馬鹿ウヨの常套手段で 幼稚園児並みの低脳論法だ いや 幼稚園児に失礼か

どんなに欧米の侵略をあげつらっても 日本による戦争加害とその責任は 微動だにしない厳然たる事実なのだよ


そしてなぁ

日本のこれから起こすであろう戦争を 「泥棒」 と表現していたのは 他でもない東條英機である
この後、開戦時の首相となる事などつゆ知らず 「泥棒はいけませんよ」 こう発言していたのだよ
結局 自分が 泥棒の棟梁となる事など 思ってもいなかったようだがね

「泥棒はいけませんよッ」――東條英機の意外な一面
https://blog.goo.ne.jp/gb3616125/e/e507b390c7cd7a34e54ec1c36bc0bc1e

そう 我々は 泥棒の子孫だよ その事実から 逃げるんじゃねえよ。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK264掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK264掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK264掲示板  
次へ