★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK264 > 484.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
歴史を現代の常識で評してはならない。(日々雑感)
http://www.asyura2.com/19/senkyo264/msg/484.html
投稿者 笑坊 日時 2019 年 8 月 15 日 09:28:42: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

https://okita2212.blogspot.com/2019/08/blog-post_15.html
8月 15, 2019 日々雑感(My impressions daily)

<8月15日は終戦の日です。戦争の悲劇を、どう伝えていけばいいのか。かつて日本兵たちが書いた“死を覚悟した手紙”を想定して、高校生に“最後の手紙”を書いてもらうという、ある教師の試みを追いました。

 日本の真南に位置するパラオ共和国。ここには撃墜された「零戦」が、いまも残されています。長年、死亡したパイロットが誰だったのか分かっていませんでしたが、7年前、吉田久光さん(当時19)が乗っていたことが判明しました。慰霊のため現地を訪れた当時大学生だった吉田大祐さん(当時21)。自分と近い年齢で命を落とした大叔父に思いをはせていました。

 「胸を張って今、生きていますと言えるよう、明日から一生懸命頑張りたい」(吉田大祐さん【当時21】)

 それから7年・・・

 「席につきなさい」(吉田大祐さん【28】)

 いま、吉田さんは埼玉県の高校教師をしています。この夏、生徒たちと、ある特別な活動をすることにしました。きっかけは、あの零戦で死んだ大叔父・久光さんが姪に宛てて残した手紙です。

 「飛行兵として初陣する。叔父の喜びを察して呉れ。俺の事は何もかも忘れて呉れ」(吉田久光さんの手紙)

 死ぬかもしれない出撃を前に、なぜ「喜び」なのか。なぜ、自分のことを忘れろと書いたのか・・・。「少しでも考えてほしい」と、吉田さんは、生徒たちにも大切な人への「最後の手紙」を書いてもらうことにしたのです。

 「あなたにとっての見守ってくれた人へ、最後に何を書きますかというのがテーマ」(吉田大祐さん)

 10代後半の生徒たちにとって考えたこともなかった「最後の手紙」。手元をのぞいてみると、そこには普段、口にしない思いが・・・

 「お母さん、たくさん愛をありがとう」(女子生徒)

 「父親の子として生まれて、本当に良かったと思っています。このやりとりが最後だとしたら、手紙より面と向かって感謝を言いたいです」(男子生徒)

 そして、隣同士で発表する場になると感極まる生徒たちが次々と・・・

 「お母さんの大切さとかを実感できて、いい時間になりました」(女子生徒)

 その後、零戦で死んだ久光さんについて話した吉田さん。その言葉に耳を傾けた生徒たちの表情は、それまでとは違っていました。

 「(戦争を)過去のものと割り切ってはいけないなと思いました」(女子生徒)

 「戦争ってこと自体の残酷さとか、同じ年で死を覚悟しなくてはいけないということに対してのつらさもあるし、そういうことをもう1回、確認できたかなと」(男子生徒)

 「いまをどう生きるか真剣に考えてほしいというのが、一つのテーマだったので、真剣に(手紙を)書く生徒たちのことを見て、そういう時間になったのかなと思います」(吉田大祐さん)

 若者にいかに戦争の記憶を伝えていくべきか、新しい時代でも問われています>(以上「TBS news」より引用)


 戦争は悲惨だ、という「事実」だけを伝えるだけで、今を生きる私たちの義務は果たせるのだろうか。確かに戦争は悲惨だ。しかし、それだけがすべてではない。

 歴史を現代の常識で判断するのは危険だ。そして歴史を情緒面だけで語るのはもっと危険だ。戦争は悲惨だから決して戦争をしてはならない、という結論だけで「戦争を語り継ぐ」というのでは厭戦史観を植え付けるだけだ。

 歴史は日本だけで成り立っているのではない。ましてや戦争は日本だけでは出来ない。1940年当時の世界史を現代を生きる日本国民は知るべきだ。

 当時の世界は帝国主義の真っ盛りで、欧米列強が有色人種の地に軍事侵攻して、分捕り合戦を繰り広げていた。分捕ればその地を「植民地」とし、現地人を牛馬以下に使役して、作物や地下資源を搾取して本国へ送っていた。

 当時、世界でマトモな有色人種の独立国家は日本だけだった。日本は明治維新以来「富国強兵」を合言葉に、懸命に近代化を図り軍事強国として独立を確保していた。

 しかし日本の独立国家としての存在を快く思わない米国のルーズベルト大統領は「日本国民を殲滅すべき」と叫び「黄禍」という言葉を用いた。だから平気で都市への絨毯爆撃や原爆の投下など、非戦闘員の大虐殺(ジュネーブ条約で非戦闘員の殺害は禁じられている)を実行した。

 日本を破った米国は戦争の惨禍の責任を「米国のせい」ではなく、白人国家に刃向かった日本国民の「好戦的な資質」と考えるように日本国民を洗脳した。それがウォー・ギルト・インフォーメイション・プログラムだ。GHQのそうした政策に現れた思想が「自虐史観」だ。

 今も自虐史観が日本国民を支配している。その最たる証拠がテレビなどに登場するMCなどが日韓併合を日本による「朝鮮半島の植民地支配」と表現していることだ。日本は決して朝鮮半島を植民地支配したことはない。いやそもそも「植民地支配」という言葉を定義して、それから使うべきだ。

 日韓併合が欧米列強による植民地支配といかに異なっているか。それを検証するのは困難ではない。膨大な史料は残っているし、史実に明らかなのは疑う余地はない。ただ反日国家と反日・日本人がそう言っているだけだ。彼らは日本の先人たちが世界史で果たした金字塔的な働きを貶めているだけでなく、未来の日本国民をも貶め続けようとしている。

 そうした策謀に負けてはならない。日本国民は誇りある国家の国民として「戦勝国クラブ(=国連)」つまり軍産共同体国家が支配する世界を終わらせて、すべての人たちが平和を希求し享受できる世界の実現を目指すべきだ。

 地球を何回も破滅させられる核兵器を保有して、それが国力だと勘違いし、それぞれの国民までも勘違いさせている国家がのさばっている世界など中世の海賊国家が大きな顔をしていた当時と何が違うというのだろうか。

 そうした軍産共同体が支配する国家が「戦勝国クラブ」として世界をリードする体制こそが先の大戦当時そのままの前世紀の遺物だ。膨大な核兵器を保有して誇り合うという狂った国家同士が利害調整する機関を「国際機関」だと人類に勘違いさせている地球規模の謀略こそ、人類が打破すべき前世紀の桎梏だ。

 前世紀も前代も、武力で他人の人権を抑圧して恥じなかった国家が世界の指導者だ。それはまさしく狂気の世紀だ。人類は有史以来の武力で他者を殺害し侵略し暴行して来た。今もそうした仕組みのままだ。一体いつになったら、人類はそうした暴虐賛歌の国家体制を恥じて、平和な地球を創生すべきと覚醒するのだろうか。

 「終戦の日」を悲惨な戦争系端を受け継ぐ情緒的な「懺悔の日」にしてはならない。歴史を科学する日にして、世界を「軍産共同体」が大きな顔をして支配している国家たちによる支配体制から解き放つ契機にしなければならない。そのためには情緒的な「懺悔の日」から脱皮して終戦の日を「歴史を科学する日」にしなければならない。決して歴史を現在の常識で判断してはならないからだ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年8月15日 10:10:10 : 1v28SnXuOE : WVdkVEZTRUJKL1U=[30] 報告
⇒《今も自虐史観が日本国民を支配している。》

まだお花畑のなかにいるのかね…
友達や家族は何と言っているのか…
きっと生暖かく見守っていることでしょう。

大井真理子氏
【私が経験した日本の歴史教育】
ようやく20世紀史にたどり着いても、357ページある教科書のうち、1931年から1945年の史実に費やされていたのはたった19ページ。
満州事変に関して1ページ。日中戦争を引き起こした要因とされる出来事について1ページ。その中に、脚注として一行、南京事件が記されていた。
また「戦時中には、朝鮮人や中国人を日本に連行し、鉱山などで働かせた」という一文の後で、再び脚注だけで、日本帝国軍の慰安所で働かされた女性について書かれていた。
広島、長崎への原爆投下に関しても一文のみだった。

日本の学生が、教科書の一行でしか読まない史実について、中国の子供たちは、南京大虐殺のみならず、詳細に学んでいる。それはあまりにも反日的だと批判もされている。
同様のことが韓国に関しても言える。このような教育の違いは、一つの史実に対して、非常に近い隣国間で全く違う認識を持つ子供たちを育てる結果となっている。

松岡環氏
「インターネットで得る情報から、『日本は何も悪いことをしていない」と言う右翼の人たちの意見に影響される若者が増えていると思います」
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-39475888

日本の大人は近代史を学ばなかった。ゆえに隣国との歴史認識に差が出てしまった。若者よ、アホな保守たちはどうにもならない。そいつらを無視して、中国、韓国なみに、近代史を学ぶのだ。
負の歴史もキチンと学ぶのだ。

2. 2019年8月15日 10:47:18 : SgdwFWsANw : NkhxUnVUaVlSZHc=[10] 報告
シンガポールのタクシー運転手
「気を悪くしないで欲しいんだけど、どうして日本の若者は日本がシンガポールを占領したことを知らないんだい?」
日本はシンガポールを昭南島として3年半占領、支配。学生を連れて行くと初めて知ったと涙するのもいる。アメリカと戦っただけじゃない。
https://twitter.com/aminah2500/status/1160540985920647168

シンガポール華僑粛清事件
辻参謀が現場を訪れて「シンガポールの人口を半分にするつもりでやれ」と指示を飛ばすなど、粛清する人数そのものが目的化されていたため、外見や人相からそれらしい人物を適当に選び出していた。このため、多数の無関係のシンガポール華僑が殺害された。
http://bit.ly/2N4nvYX

こんなの言い訳できないよね…

日本占領時期のシンガポール
「ラッフルズ・ホテル」は日本軍に接収され、陸軍将校の宿泊施設となった。ホテル名は「昭南旅館」に変更させられ、メイドの制服も和服になったほか、各種サービスが和風に改められた。
日本軍は、マレー半島から教育程度が比較的高かった昭南を切り取ったのち、日本語で現地の人々を教育するために昭南日本学園を設立した。
http://bit.ly/2N2SJ2x

日本が統治する前から、教育程度は高かったらしい。

3. 2019年8月15日 10:57:50 : SgdwFWsANw : NkhxUnVUaVlSZHc=[11] 報告
マニラ大虐殺
日本軍はエルミタ地区などにおいて同盟国のドイツ人、中立国のスペイン人などヨーロッパ系白人を無差別に殺戮し、白人の未婚少女を標的とした性暴力も目立ち、特に婦女子の強姦を組織的に行った。当時メトロ・ゴールドウィン・メイヤーのフィリピン代表として勤務していた映像制作のフランシスコ・ロペスは以下のような日本軍の行動を経験した。

日本軍の部隊がクラブを包囲し、誰も地下スペースから出てはならないと命令する一方で、施設内ではクラブの中心にあった絨毯、椅子、テーブルを、施設の入口ではスーツケース、缶詰の包み、避難民が持参していた衣類を積み上げてガソリンを撒き、火を放った

ドイツ人クラブのマルティン・オハウスは、ドイツが日本と同盟を組んでいることを材料に避難民のことを考慮してくれるよう日本軍の士官を説得しようとしたが、士官はオハウスを突き飛ばして足蹴にした。

赤子を抱えた母親たちは命乞いをしたが、海軍兵士らは銃剣で赤子を突き刺し、地面に叩きつけた。そして女性たちの髪を掴み、強姦し始めた。20人を超す海軍兵士たちが13歳に満たない外見の少女を輪姦した上、少女の乳房を切り取り、そのうちの一人が自分の胸に切り取った乳房を押し当てて女の真似をし、他の兵士たちはそれを囃し立てた。海軍兵士たちは他複数名の女性も強姦した挙句、髪にガソリンを撒いて焼いた。また、同じ現場ではロペスの使用人の一人 Bernardino Calub も当時2歳の息子を竹槍で突き殺され、下手人に仕返ししようとして袋叩きにされた挙句、連行されたロペス邸跡のガレージの柱に縛り付けられ、性器を切断されて口内に突っ込まれた。

フィリピンの若い世代の間でもフィリピンの戦禍について認知・共有が進んでない側面もあり、日本軍の残虐行為とアメリカ軍による砲撃とによる戦争末期のマニラなどにおける惨禍について、「インクワイアラー」をはじめとするフィリピン国内の大手新聞社が若い世代を対象とした特集記事を組むようになった。
http://bit.ly/2YLHHpD

どこの国でも歴史は風化するね。私たちは風化させないようにしよう。

4. 2019年8月15日 11:43:07 : yL5Gzq7kkU : VmVNM0RML3doVWc=[67] 報告
今もアメリカの産軍複合体の支配下にある日本政府。不思議なことに日本のウヨはこのことを全く問題にしない。早い話アホである。

このおっさんも自虐史観などと言っているので同じ程度の頭なので実際何も知らない。

私がシンガポールへいったときセントーサ島にシンガポールの歴史を展示する記念館があった。白旗を掲げて降伏するイギリス将校、の写真や山下将軍の蝋人形もあった。その数年後にはその日本が敗れたときのことも展示してあった。わりと冷静な展示だった。

私が泊まったホテルのそばに公園があった。その公園は日本が占領したときに日本軍は現地の40歳以下の男は集まれと指示したとのことだった。もちろん命令に従わない人間は殺したとか。街の目立つところあちこちには米軍人や現地の支配者つまり日本軍の敵対者の首切ってさらし住民に支配者が誰に変わったのかを示していた。

ただこの光景はそれまでの歴史、常識を一変させるものでもあった。西欧人はこの地区で無敵であり数百年も現地人を支配し好き放題にふるまっていた。アジア人はどこでも西欧人の奴隷のようなものだった。それが劇的に変わった。このときに世界の歴史は変わったと言える。日本軍は間違いなく侵略者だったがそれ以前にイギリスは侵略者だった。ベトナムを植民地にしていたフランスもインドネシアを占用していたオランダも、スペインの植民地だったフィリピンを奪い取ったアメリカも間違いなく侵略者だった。アジア人である日本人の前に白人将校が白旗を掲げて降伏するというのはそれまで誰も見たことのない光景だった。

西欧が大侵略者だったことは間違いないが日本の同じく侵略者だったことは間違いない。都合のいいことばかり並べるでない。

日本が破れ引き揚げた後、スカルノはオランダを追い出しホーチミンは何度も軍隊を送ってきたフランスをそしてアメリカを打ち破りマレーシアはイギリスからの独立を果たした。
このあたりのいきさつは日本人はみんな認識していた方がいい。

5. 2019年8月15日 11:44:13 : WBLR85rxFg : ZzhJWXh6ckNBTlk=[118] 報告
>厭戦史観を植え付けるだけだ。

歴史を科学することと、厭戦史観をもつことがどう矛盾するのか。戦争を避けることができた可能性があることと、意地で戦うことのどちらが良いのか。
 厭戦史観は正しい。
とにもかくにも歴史を科学的に検討議論することを適切に続けて欲しい。

6. 罵愚[7764] lGyL8A 2019年8月15日 11:55:30 : uz7lDD2pDc : N2NMZUNTbUh2M0U=[579] 報告
>>2
>「どうして日本の若者は日本がシンガポールを占領したことを知らないんだい?」

 どうして、あんなに小さくて不自然な国が、あんなところにあるのか、知っているかい?

7. 2019年8月15日 12:17:22 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[2559] 報告
F.ルーズベルトもチャーチルもスターリンも北朝鮮の金一族もユダヤ系金融資本が背後で操っている(た)という現実は今も昔も何も変わらない。日本も戦後その中に完全に取り込まれてスターバックスのようなユダヤ資本企業に対して国民は何の排斥運動も起こさない。ここまで外国資本の手に落ちている日本に今更自虐史観がどうのといっても即効性のある対策を打つのは簡単だとは思えない。戦争の悲惨さを噛みしめることは大事だが「べき論」を並べるだけでは何の解決にもならない。
8. 2019年8月15日 12:47:33 : z2NTUtAido : aWNpcVlpVFdmRDI=[1] 報告
>>6

そういうんだったら今現在植民地主義勢力の手下として働いている現日本体制を
批判しないと筋が通らないぞ。

9. 2019年8月15日 13:41:50 : WJAmS19jOY : ajBhMFB3bWtLZkk=[1] 報告
雑感氏はどういう教育を受けてこういう歪んだ歴史観をもつようになったのか。岸佐藤一族の君臨する山口の教育を受けるとこうなるのだろうか。
10. 机龍之介[91] iveXtJRWie4 2019年8月15日 14:56:03 : ko6ktBhUik : bG4za3pEOGFhSXc=[1] 報告
特攻隊員の真情に涙する、それは当然のことだ。
だが、その涙は普遍化しなければ逆向きの危険な棘となることが、雑感を見ているとよくわかる。
原爆の不条理を嘆く恨もまた、原発、劣化ウラン弾、南京大虐殺、重慶爆撃、その他多くの惨事にまで普遍化しなければ、何の意味もない。
どなたかが言っておられたように、朝鮮人慰安婦の横には日本人慰安婦も必要なのだ。
徴用工の横にはだれが寄り添うべきだろうか。

ともかく、小渕―金大中の未来志向の位置に戻る思想こそ、雑感にふさわしいと思うぞ。雑感よ、頑張らんか!

11. AN[98] gmCCbQ 2019年8月15日 14:57:04 : yMNPYpFb52 : LnlCMXF6SXVuRFU=[60] 報告
小生、日教組が強かった北海道で育ちましたが、いわゆる「自虐史観」など教わった記憶はありません。 小学校も中学も、日本史は日清・日露で終わり、昭和史は習っていませんから。 教科書はたぶん自分で読んだはずですが、当時の教科書も、おそらく大井真理子氏が書いているような短い記述しかなかったのではないかと思います。
 小生が昭和史を学んだのは、20歳過ぎてからの独学?です。

 今もまたこのスレッドのコメントを読み、学び直しています。 コメンターの方々に感謝します。

 議論のネタを提供してくださった、雑感氏、笑坊氏にも感謝します。

 そうです、厭戦史観は正しい! 「それでもバカ(植民地主義勢力)とは戦え!」

12. しんのすけ99[682] grWC8YLMgreCrzk5 2019年8月15日 17:19:31 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[444] 報告
「歴史を現代の常識で評してはならない」

↑↑↑ 馬鹿じゃねえの 常識を知らん人間がそもそも歴史を語るな 「自分達は非常識で評します」
こう言っているに等しい 自爆発言だろ だから ウヨには 馬鹿しかいないと・・・・・

13. 世のすねものから[200] kKKCzIK3gsuC4ILMgqmC5w 2019年8月15日 23:40:32 : KhlxAzlvpk : NzdteEZMN3lMTGs=[8] 報告
 日々雑感は以前から無能だとみていた。バカめでたい7番氏のユダヤの陰謀論と同等と言える。

 白人キリスト教徒で進化論信奉者らが有色人種の非キリスト教徒を文明化してやるべき格下の連中と見ていたのは無論事実だ。明治の変革がそれへの対抗運動として起こり、「成功した」(内容評価で意見が分かれるのでカッコ付き)のも事実だが、日本もチャッカリその白人帝国主義の手先となり、アジア唯一の帝国主義列強の一員に収まり、英仏独露米とともにアジア人の植民地支配を行ったのだから同罪。台湾は残酷な武力平定で植民地化(原住民反乱には毒ガス使用)し、民度の高かった朝鮮は英国のアイルランド支配をモデルとした併合政策を採用した。

 多分日々雑感氏は日露戦争時のネルーの対日評価を喧伝したいだろうが、日本の韓国併合(1910年)に彼らが失望し、満州事変以後の日本の対中国侵略ですっかり日本を見限ったことを触れないだろう。ガーンディやネルーらは太平洋戦争で「大東亜共栄圏」を標榜した日本帝国に騙されることなく、英米の勝利にかけたのだ。

 7番氏の一知半解もネトウヨの常識だろうが、事実は違う。旧ソ連をユダヤと呼んだのは反ユダヤ主義で国民を誑かしてきたヒトラーの言いぐさだ。ソ共党内でユダヤ人は劣位に置かれて差別され、ロシア・ウクライナ国民もユダヤ系住民をナチ東方省と親衛隊への人身御供にしたのだった。今のイスラエル人の中核を占めるアシュケナージはこの生き残りが戦後脱出したものだ。スターリンの末期に「ユダヤ人医師陰謀事件」が起こり、ユダヤ人がやり玉にあげられた。ソ連支配下のポーランドでも戦後ユダヤ人は虐待され、イスラエルへの出国が続いている。

 ゴルバチョフへ後事を託したアンドロポフ書記長の葬儀で妻がユダヤ系の風貌をしていたのがちょっとした話題になったが、ユダヤは所詮マイナーだった。

 トランプの娘イバンカの夫がユダヤ人で、露骨な親イスラエル政策を先導しいるようだが、米国でもユダヤは所詮劣位集団だ。彼らの多くは貧しい。金持ちユダヤは少数にすぎない。ホテルのスイートルームをとるとき、ナントカfordの名だと簡単に予約でき、ナントカburgだと断られたなどという有名な話があったものだ。
ただ、仲間内で助け合い、芸術や学問で身を立てようとする向上心があり、ユダヤの地位が上昇したのは間違いない。

 世界の孤児たる日本のそのまたローカル集団のネトウヨ世界では、古代日本にユダヤ人がいたとか、ユダヤ人が世界を支配しているなどという作り話がマコトシヤカに流通している。最近は習近平もユダヤだそうだ。彼が割礼を受けており、聖なる安息日の土曜日は家から20?歩以上歩けず、火も使えず、病気になっても手術もできないと言うのなら信じよう。

14. 罵愚[7765] lGyL8A 2019年8月16日 04:19:03 : uz7lDD2pDc : N2NMZUNTbUh2M0U=[580] 報告
>>13 世のすねものからさん
 ガンジーやネールは連合国に与して,結果的に戦勝国に名を連ねただけで、参戦して戦績を残したのはチャンドラボーズだったし、インドの立場を表明したのはパール判事だった。戦後になって、国際連盟でのインドの置かれた立場や、国際社会でのインドの立場を考えるとき、親英派の選択を正しかったとは、言い切れないと思う。
 とりわけ、戦後の日本外交の親米政策を批判する ★阿修羅♪のオタマジャクシのインド賛美は、矛盾していると思う。それは、おなじように連合国の一員だった台湾の国民党政権の戦後にも共通している。
15. 人間になりたい[1149] kGyK1ILJgsiC6IK9gqI 2019年8月16日 09:44:21 : Igew9LiSCV : SVFzcHhMUWdwdG8=[199] 報告

>歴史を現代の常識で評してはならない。

現代の常識とその時代の常識にズレがあったとしても、
そのことを、侵略の正当化に利用するのは恥ずべきことだ。
富国強兵とは、単に産業や軍事力を強化するだけではない。
人間をゴロツキ化することも含まれる。
その蝮の末が、安倍晋三とその同類や、低能ネトウヨであり、
日本人を貶め、国家の衰退に拍車をかけている最大の原因だ。
 
 

16. しんのすけ99[689] grWC8YLMgreCrzk5 2019年8月16日 15:57:22 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[451] 報告
15さんの おっしゃる通りだ 「現代の常識で」 って、歴史修正主義者の言い訳に他ならない自己正当化論理

現代の常識で語る ってそりゃ 別に当たり前の事でしょう 昔は確かに第一次世界大戦あたりまでは
侵略するのが当たり前の国際社会だった事は 事実ではある、しかし だからと言って日本による侵略戦争が
正当化できる訳でもなく 日本による戦争加害の歴史は 微動だにしない厳然たる事実である

◆ 他人の泥棒の前例を示したからって 後からやった泥棒が それで許されたりする法はないのである ◆

馬鹿ウヨ連中の手口 それは 欧米諸国による侵略の歴史をあげつらい いかにも日本は無罪であったかのような
錯覚に陥らせる インチキ 詐欺まがいの論理 こういう事を言う人間を ペテン師と呼ぶ。

17. 罵愚[7767] lGyL8A 2019年8月16日 17:19:08 : uz7lDD2pDc : N2NMZUNTbUh2M0U=[582] 報告
>>16 しんのすけさん
>昔は確かに第一次世界大戦あたりまでは侵略するのが当たり前の国際社会だった事は 事実ではある、しかし だからと言って日本による侵略戦争が正当化できる訳でもなく 日本による戦争加害の歴史は 微動だにしない厳然たる事実である

 第一次大戦後も、いくつかの戦争を日本は経験しているのですが、どれとどれが侵略戦争なんだろうか? あるいは、それまでの「侵略するのが当たり前の国際社会だった」のだとしても、当たり前だったから、侵略した責任はないのだろうか? それまでの「侵略」が、当たり前で無罪なのに、それ以後の「侵略」が国家犯罪で有罪になる理由は、何だろうか?
 自分の祖国を有罪にするために、歴史も国際法もねじ曲げてしまう★阿修羅♪のオタマジャクシこそ有罪だと思うのだが…(笑)、

18. 罵愚[7771] lGyL8A 2019年8月17日 04:40:15 : uz7lDD2pDc : N2NMZUNTbUh2M0U=[586] 報告
>>15 人間になりたいさん
>富国強兵とは…人間をゴロツキ化することも含まれる。

 そのとおりですね。富国強兵策と。侵略国とはパラレルにはつながらない。豊かで強くて、なおかつ平和な国家を目指すべきでしょうね。だからこそ「平和で豊かな国は、信頼できる防衛政策を必要としている」と、いうことでしょうか?

19. 人間になりたい[1150] kGyK1ILJgsiC6IK9gqI 2019年8月17日 07:38:52 : Igew9LiSCV : SVFzcHhMUWdwdG8=[200] 報告

>>18.罵愚様

>「平和で豊かな国は、信頼できる防衛政策を必要としている」と、いうことでしょうか?

信頼できる防衛政策というものが実在するものであるのならば、
もうとっくに人類の歴史の中で定着してもいい頃だとおもいますが、
そうなっていないということは、そういうものはないということだとおもいます。
自国の安全だけを考え、軍事力を最大化するとか、
核兵器を100万発保有するとかいう物理的な方法で、たとえ一国が安全になったとしても、
他の国は全て安全が脅かされることになります。
また軍拡競争の末、その国自体も経済的に破綻するかもしれません。

まず、「平和で豊かな国」を一国で達成することはできないことを自覚し、
混乱している国も、貧しい国も、全ての国が安全になるような方法を考えるべきですが、
その方法を政策、システム的に提示するのは、私の能力では無理があります。
おそらく人類の最高英知が考えたとしてもできるものではないとおもいます。
弱者を助け、共に生きるという人間の生き方を多くの人が身につけ、
国の方針に反映させることが最善の方法だとおもいますが、
しかし、これも相手がある事なので完全なものではありません。
人間性をベースとして、政治、外交、専守防衛的警察力、
国際的な合意など、さまざまな状況に対応する方法で対処するしかないとおもいます。
人間性を身につけるためには教育が重要です。
そのためには、教育ではないものを教育だと言いつのり、
道徳ではないものを道徳だと言いつのり、
愛国心ではないものを愛国心だと言いつのる、
明治維新後の偶像崇拝という人間性を破壊するアベコベ病に罹患した、
ゴロツキ勢力との戦いが、とりあえずは最も重要なことだとおもいます。
 
 

20. 罵愚[7773] lGyL8A 2019年8月17日 15:25:43 : uz7lDD2pDc : N2NMZUNTbUh2M0U=[588] 報告
↑ なんか、自分の尻尾に噛みついている犬みたいなご意見ですね…
21. 人間になりたい[1151] kGyK1ILJgsiC6IK9gqI 2019年8月17日 21:13:48 : Igew9LiSCV : SVFzcHhMUWdwdG8=[201] 報告

>20.罵愚様

すいません。
私はあまり頭がいいほうではないので、なるべく分かりやすく、
具体的に説明していただきたいのですが、
聡明な罵愚さんにはそんなことは簡単なことだとおもいますので、
ぜひよろしくおねがいいたします。
そうすれば私も、もう少し、具体的な説明ができるとおもいます。
 
 

22. SHIGE[403] gnKCZ4JogmaCZA 2019年8月17日 21:37:25 : 8UP26mIKBQ : dTR6TVVwRENwWVU=[137] 報告
「戦争は悲惨だから決して戦争をしてはならない、という結論だけで『戦争を語り継ぐ』というのでは厭戦史観を植え付けるだけだ。」


日々雑感さんの上の引用の主張は、確固とした理由をもって否定できる。
そして、雑感さん自身が先の戦争を弁明・解釈することこそ、否定の理由をはからずも証明していると言えるのだ。

「悲惨だから決して戦争をしてはならない」は、日中戦争や太平洋戦争を身をもって体験した、一般国民や兵士たちの苦難に裏打ちされ肉化した心情から発しているのである。

どういう理由で戦争になったかとか、相手も悪かったとか、大義も大いにあったとか、などの言説はある意味いくらでも言い換えが可能なのだ。

果ては、イデオロギーに浸潤され、戦争の実情や真の悲惨の実体験からどんどん遠ざかってしまうことになる。

こう言っては申し訳ないが、雑感さんの言っているような戦争への日本の避けられなかった状況も、一面でのアジアの開放への貢献さえも、いかようにでも解釈されうる文言上のレベルに過ぎないとすらいえるのだ。

たとえ雑感さんの主張が正しいものであったとしても、戦争の悲惨の実体験という一般大衆の感情の強固さの前では、第一義的にはなりえないご都合主義的なものにすぎない。

学者にとってはいざ知らず、開戦理由のこじつけや弁解・解釈などというものは、一般大衆にとっての実体験を離れては、心から受け入れられるものにはならない。

つまり国民にとってのほんとうの「歴史」にはなりえないのだ。

この一般大衆が感じ思考する順序を、間違えたり無視したりすることは、本質的には虚偽と同じなのだ。

たった7,80年前に実際にあった父母や祖父母の人生そのものとさえいえる先の戦争は、いまだ強固な感情の痕跡としていたるところに生々しく存在している。

新たな戦争の危機が兆候として見える現在にあって、戦争突入の様々な言い訳や意義づけやこじつけを、さもわかった風に優先して考えてしまうことは、日本人の最も大切な体験を無にすることになる。

そんな風に戦争の体験者も犠牲者も同じく叫んでいるはずだ。、

23. しんのすけ99[695] grWC8YLMgreCrzk5 2019年8月18日 03:25:38 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[457] 報告
22さんのおっしゃる事 一字一句 反論の余地など微塵もない正論です ほとんどこれが 「結論」 と言えましょう

まあ ネトウヨには 何を言っても 馬の耳に念仏 なんですが、これが大多数の国民の真情なのでしょう
22さんの完璧なる正論が理解できるかできないか それが ネトウヨであるかないかの分かれ目でしょうな


聞いていますか スレ主さん?

24. 罵愚[7777] lGyL8A 2019年8月18日 05:33:14 : uz7lDD2pDc : N2NMZUNTbUh2M0U=[592] 報告
>>22 SHIGEさん
 つまり「仕掛けられた戦争に、どう対処すべきか?」の疑問の答えにはなっていない。「戦争をしかけられたら、戦争をしなければよい」とい結論なんだな(笑)。
 こんなものに納得するほうも、するほうなんだが…
25. 人間になりたい[1152] kGyK1ILJgsiC6IK9gqI 2019年8月18日 10:04:25 : Igew9LiSCV : SVFzcHhMUWdwdG8=[202] 報告

>>24.罵愚様

で、あなたの考えは?

私は、戦争を仕掛けられたら「人間性をベースとして、政治、外交、専守防衛的警察力、
国際的な合意など、さまざまな状況に対応する方法で対処するしかないとおもいます。」
と言っているが、もともとのこの記事にたいする私の意見は、侵略戦争を正当化するなということ。
罵愚さんは、日本は侵略戦争をしていないということですか?
それとも侵略戦争をしても構わないということですか?
 
 

26. 罵愚[7782] lGyL8A 2019年8月19日 03:58:19 : uz7lDD2pDc : N2NMZUNTbUh2M0U=[597] 報告
>侵略戦争を正当化するなということ。

 「侵略戦争」って、時代によって定義が変化してますよねえ? そして、議論はつねに自説を正当化して終わってきた。論破されれば「おマエだってやったじゃぁないか」に逃げ込んだ。どっちもどっちの幕引きだな。
 具体的な実例を提供すると、アメリカによるフィリピン領有と、日本の朝鮮半島の植民地化です。どちらが正当で、どちらが侵略ですか? それともどっちもどっちですか?


27. 人間になりたい[1154] kGyK1ILJgsiC6IK9gqI 2019年8月19日 07:23:07 : Igew9LiSCV : SVFzcHhMUWdwdG8=[204] 報告

>>26.罵愚様

「侵略戦争」は時代によって定義が変わるので、「侵略戦争」と言えるものはないということですか?
「どっちもどっちの幕引き」をしたということ自体が、侵略戦争を正当化することではないのですか。
いまだに、イラク戦争を侵略ではないと言っているバカな国もありますが、
だからといって、侵略という事実がなくなるわけではありません。
私は「侵略戦争」ではない戦争はないとおもっています。
たとえば、日清、日露も、朝鮮半島の権益をめぐる侵略戦争。
ロシアとの戦争はこれ以上やれば負けていたにもかかわらず、
賠償金に対する不満から、日比谷焼討事件を引き起こす。
まさに戦争で商売する気満々ではないですか。
戦争とは言えないかもしれませんが、
シベリア出兵は、任務終了後、米軍は引きあげたが、
日本軍は植民地になりそうなところを物色していた。
しかし国際世論から非難され、渋々、撤退。
満州、中国はもろ侵略戦争。
東南アジアは、資源収奪の侵略戦争。
全ての戦争は侵略戦争だった。

>アメリカによるフィリピン領有と、日本の朝鮮半島の植民地化です。
 どちらが正当で、どちらが侵略ですか?

どちらも侵略ですが、なぜフィリピン領有と、
日本の朝鮮半島の植民地化を比べるのか、意味が分かりません。
誰かの消費は、誰かの所得。
誰かの自衛戦争は、誰かの侵略戦争という関係以外の戦争が、
歴史上ありましたか。
戦争は全て侵略を含みますが、自衛戦争を否定しているわけではありません。
そのことは、前のコメントに書きました。
罵愚さんの見解がまだのようですが?
 
 

28. 罵愚[7784] lGyL8A 2019年8月19日 12:15:48 : uz7lDD2pDc : N2NMZUNTbUh2M0U=[599] 報告
 はじめに、わたしの「見解」を書いておくと、明らかな侵略戦争もあれば、明らかな自衛戦争もあれば、どっちにも見える戦争もあれば、見る人によって違う戦争もあれば、そんなことを詮索しても意味がない議論もあると思います。
 ただし、戦争の終わり方…当事国の片方が消滅してしまったとか、併合されてしまったとか、休戦状態が継続しているとか、平和条約が締結されたとか…いろいろな戦争の終わり方があるわけで、平和条約が締結されて、それがいまでも有効な国際法ならば、それは尊重されるべきだろうとは、思います。
 いかがでしょうか?
29. 罵愚[7785] lGyL8A 2019年8月19日 17:28:29 : uz7lDD2pDc : N2NMZUNTbUh2M0U=[600] 報告
 その意味で、日本の戦争のほとんどは、その後、平和条約が締結されて、処理は終わっています。黒船がやってきて、日米和親条約が締結された後、ほとんどの国と正常な外交関係が成立しておりまして、残っているのはロシアぐらいのものではないでしょうか。
 そのロシアとは、日ソ中立条約に違反したのは旧ソ連ですから、侵略者はロシアで、日本は被害国だと思います。
30. 人間になりたい[1157] kGyK1ILJgsiC6IK9gqI 2019年8月20日 20:42:47 : Igew9LiSCV : SVFzcHhMUWdwdG8=[207] 報告

>>29.罵愚様

>平和条約が締結されて、それがいまでも有効な国際法ならば、それは尊重されるべきだろうとは、思います。

この場合の国際法とは、日韓の賠償問題とか、最近の元徴用工の請求問題のことでしょうか。
国家の賠償問題と個人請求権は関係ないので、安倍政権が言っているような韓国の国際法違反は嘘です。
一般論として法律や条約を尊重するのは当然なことだとおもいますが、
しかし、それは絶対的なものではありません。
むしろ悪いものであれば変えるべきです。
10億円で慰安婦問題は解決したんだから、これからはゴチャゴチャ言うなよなどというふざけた取り決めは、
政権が変わって、これはおかしいとおもえば変えることは良いことです。
辺野古新基地問題も政権が変わって日米合意を破棄することは国民のためには良いことです。
日米安保、地位協定なども破棄するか、変えるのは良いことです。
 
 

31. 罵愚[7797] lGyL8A 2019年8月22日 10:42:09 : uz7lDD2pDc : N2NMZUNTbUh2M0U=[612] 報告
>政権が変わって、これはおかしいとおもえば変えることは良いことです。

 それこそが“おかしい”(笑)

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK264掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK264掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK264掲示板  
次へ