★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK264 > 564.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ポンコツF35B42機をFMSで購入決定とは。(日々雑感)
http://www.asyura2.com/19/senkyo264/msg/564.html
投稿者 笑坊 日時 2019 年 8 月 17 日 14:00:13: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

https://okita2212.blogspot.com/2019/08/f35b42fms.html
8月 17, 2019 日々雑感(My impressions daily)

<防衛省は16日、新たに導入する戦闘機42機の機種を、米ロッキード・マーチン社製のF35Bに正式決定し、発表した。短距離で離陸し、垂直着陸ができる戦闘機(STOVL機)で、1機当たり約140億円。改修される護衛艦2隻にも搭載される予定だ。

 政府は昨年末、STOVL機42機の導入方針を掲げ、機種はF35Bが有力視されていたが、正式決定はまだだった。防衛省は6月に米国政府から提案を受け、必要性能を満たしているか確認していた。他機種の提案はなかったという。

 2023年度までに、42機のうち18機分の導入予算を計上予定で、残り24機については未定。防衛省によると、STOVL機は狭い滑走路でも運用できる利点があるという>(以上「朝日新聞」より引用)


 F35は戦闘機として致命的な欠陥があるという。それは「曲がれず、上昇できず、動けない」という鈍重さにあるといわれている。なぜそうなったのか、それはF35は空軍、海軍、海兵隊の三軍に納入するため三者の異なる要求を満たしているうちに期待構造が複雑になり重量が増した。

 F35はエンジンが一基にも拘らず機体重量は35tにもなりエンジン二基のF15戦闘機の40tに迫る重量だ。結果としてドッグファイトで40年も前に製造されたF16戦闘機との空中模擬戦で完敗するという失態を演じた。

 しかも調達方法は「有償対外軍事支援(FMS)方式だ。FMS方式とは米国の武器輸出に基づき「契約価格と納期は見積であり、米政府はこれに拘束されない」「代金は前払い」「米政府は自国の国益により一方的に契約解除できる」という不平等な取引だ。

 ただでさえ防衛省のFMSによる調達額は急速に増えていて、2016年度の米政府へのFMS取引による支払額は過去最高の4881億円に達している。しかも初期不良に関して米国は一年以内しか「無償保証期間」を認めないため、日本側から初期不良を訴えても返答に一年意匠を費やして「無償期間を超えている」とされるケースが相次いでいるという。

  たとえば防衛省がFMSで購入した151億3千万円にのぼるC130R輸送機6機の整備機材一式は当初から損傷していたため米政府に問合せしているうちに一年が経過して修理の要求を却下されている。

 防衛装備庁が米国に問い合わせても回答すらない場合があり、何度もやり取りしている間に期間の利益を失う事態が何件も起きているという。米国側が最初から契約通りの完全な「商品」を配送していれば起きない問題だが、米国側のミスによる部品調達もすべて日本側の負担とされている。

 今回の防衛省のF35Bを42機購入決定に際して、上記の常態化している日米武器購入の「不平等取引」が改善されるのか、そうした改善のないまま次々とポンコツ兵器を爆買いする必要が日本にあるのか。

 そして根本的な議論として「2023年度までに、42機のうち18機分の導入予算を計上予定で、残り24機については未定。防衛省によると、STOVL機は狭い滑走路でも運用できる利点があるという」防衛省・安倍自公政権の説明が国会承認を受けたモノでなく、しかも選挙の争点として「積極防衛」という名目で護衛艦が実質的な空母として運用される中期防に関して国民の信を得たモノでもない。

 民主主義国家として安倍自公政権の暴走を止めなければならないと同時に、ポンコツ戦闘機を操縦する自衛官の生命も守らなければならない。F35Bには仰角12°以上で急上昇や急降下すると機体が不安定になる、という欠陥が指摘されている。

 先日F35Bを操縦していた自衛隊のベテランパイロットが緊急脱出しないで墜落した「事故」があった。それもF35Bの機体に由来する特殊な事故だった可能性があるが、調査は打ち切られている。ステルス戦闘機は形状から様々な安全性を犠牲にしている。そうしたことも考慮の上での防衛省の購入決定だったか、厳しく問われなければならない。トランプ氏の御機嫌取りにワイロとして購入を決めたのでないことを防衛省や安倍官邸各位の良心に問わなければならない。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. ひでしゃん[2258] gtCCxYK1guGC8Q 2019年8月17日 17:45:36 : hjTsd0XdN2 : cjBvbUFUQmVNSUE=[154] 報告
欠陥箇所966カ所の不具合
が指摘されていた四月の
Fー35A青森沖墜落事故
について
その後事故原因の特定は進んでいるのか?
欠陥戦闘機で訓練させた責任を防衛省の航空自衛隊は主権者国民に説明したか?
欠陥機の欠陥のうち
パイロットが機器の不具合で酸欠などで意識喪失し操縦不能になる事例が報告されていたのである
正に細見は事実で証明したのである
防衛省という組織は犠牲となった細見に全ての責任を被せることで頬被りして逃げ切ろうとする卑劣漢ばかりか?
細見の名誉のためにも事故機の徹底的検証が不可欠だが既に米軍に奪われた?
2. 2019年8月17日 17:49:10 : FTI019ibHI : T3FYVTlDeVZLek0=[2] 報告
不要な欠陥兵器を湯水のごとく国民の税金を私物化して安倍晋三が買いまくるのは、抜け作の頭に更に致命的な恥じらう心が欠落しているという大欠陥が有るからだ。
3. 2019年8月17日 19:22:30 : TuhGXMSNbY : ZzZlOEk3YnVxMlk=[211] 報告
政府がリボ払いはダメでしょ
高い利子を国民に負担させる おかしいよ
4. 2019年8月17日 20:20:56 : ZlwOSoxMlA : UHYyWkl5QjhqQms=[13] 報告
●防衛省が正式にF35Bの導入決定!空母化した護衛艦で運用、合わせて42機を購入へ 垂直離着陸で艦載機に!
・今朝の読売朝刊1面に来年度予算の概算要求でF35B6機の経費を計上する方針を固めたとの記事
・「防衛省は16日、事実上の空母に改造する護衛艦2隻に搭載する戦闘機42機を米ロッキードマーチン社製のF35Bに正式決定した。1機約140億円という」‥‥って、あれ?参院選の前までは「1機約105億円」て言ってたよね?この上乗せされた1470億円も安倍晋三がトランプに密約した上納金の一部ですか?
・F35Bは、通常30年の寿命のはずが初期の機体の寿命は10年と米国防総省が発表。1機の購入費が140億円で、維持費は10年としても約100億円、42機でしめて1兆円超の血税が浪費される。しかも、空母との一体運用で「専守防衛」逸脱の違憲兵器!
・終戦記念日をたった1日過ぎた途端、F35Bの導入正式決定だと。
・増税し、社会保障は蔑ろにし、一方で軍事費には湯水の如く税金を注ぎ込む。
・「防衛省は6月に米国政府から提案を受け、必要性能を満たしているか確認していた。他機種の提案はなかった」…一択で示す米国もそれを拙速に丸呑みする政府も狂気だ。6000億円近い税金をそんな風に使うなんて…
https://johosokuhou.com/2019/08/17/17447/

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK264掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK264掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK264掲示板  
次へ