★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK266 > 412.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本軍「慰安婦」問題の核心?池田恵理子さん「あるくラジオ」で大いに語る(レイバーネット) 
http://www.asyura2.com/19/senkyo266/msg/412.html
投稿者 肝話窮題 日時 2019 年 10 月 13 日 00:00:00: PfxDcIHABfKGo isyYYouHkeg
 

松原 明(ビデオプレス/技術担当)
Last modified on 2019-10-09 23:54:41

http://www.labornetjp.org/image/2019/100803
左からささきゆみ・池田恵理子・しまひでひろの各氏(放送後)

→アーカイブ録画(65分) https://youtu.be/MGULzqWdnDg
→「あるくラジオ」HP https://aruku-radio.jimdofree.com/

 10月8日の第7回「あるくラジオ」のゲストは「女たちの戦争と平和資料館」(WAM)の名誉館長の池田恵理

子さんだった。私は1990年代の「民衆のメディア連絡会」以来の古いつきあいがあった。番組収録のため、8

日午後2時に小竹向原にあるビデオプレス事務所に池田さんはやってきた。しばしの時間、パーソナリティ

のしまひでひろ・ささきゆみさん、私と四人で小テーブルでお茶を飲みながら打合せをした。

 そろそろ放送開始時間の午後3時が迫る。池田さん「ところでスタジオは奥の部屋ですか?」と聞く。私「い

えいえ部屋はここだけです。このままお茶のみスタイルでやります。すいませんがタイピンマイクが足りない

ので、池田さんは手持ちマイクでお願いします」。元NHKのディレクターの池田さんは一瞬驚いた様子だった

。ラジオ収録と聞いて防音に囲まれたプロのスタジオをイメージしていたのだろう。しかしマイクを握ると手慣

れたもので、古巣に帰ったようにマイクテストを始めた。「わたし喋ると止まらないので止めてくださいね」と

言われ、パーソナリティもちょっと緊張していた。

http://www.labornetjp.org/image/2019/100802

 軽快な音楽の乗って番組がはじまった。テーマは「記憶こそが民衆の武器〜池田恵理子さんに聞く」。つ

い先日来日した元「慰安婦」92歳のイ・オクソンさんの話から始まった。彼女たちがどんな体験をして、心と

身体に深い傷を負ったのか。何十回とアジア現地を訪ねて記録を集めてきた池田さんならではの、濃い実

証的な話が続いた。安倍政権によるNHK番組改ざん問題、「政治とメディア」「教育」など話題は縦横無尽に

広がり、日本軍「慰安婦」問題の核心に迫る1時間番組となった。

http://www.labornetjp.org/image/2019/100801

 興味深い話ばかりだったが、私は、がんで余命数か月となった松井やよりさんが全財産を投げ打って

「WAM」を立ち上げた話に感動した。松井さんだけではない。池田さんやスタッフの人たちも同じ気持ちでお

金も時間も投入して、WAMを維持・発展させてきた。しっかり歴史を刻みたい伝えたいという思いだったのだ

ろう。WAMは右翼の攻撃ターゲットになっていて、在特会の襲撃もあったり嫌がらせは今も続いているという

。しかし池田さんたちはまったく負けていない。お話を聴いてWAMの大きさを改めて感じた。正式名称は頭

に「アクティブ・ミュージアム」とつく。「アクティブ」には知るだけではなく「行動」して変えていこうという思いが

込められている。

http://www.labornetjp.org/image/2019/100804
「女たちの戦争と平和資料館」 ホームページ https://wam-peace.org/

 さて私は最後にこう質問した。「NHKからWAMまでこれだけの活動をしていた池田さんの生き方の原点は

どこにあるのですか?」と。「私は最初は政治に関心のない文学少女だった。でもベトナム戦争の生々しい

映像をみて政治にめざめた。また世界のウーマンリブ運動にも影響をうけた。それで文学少女から政治少

女になったのです。運動に関わって、おかしいと思ったのはメディアの報道。学生運動・ベトナム・沖縄・三

里塚も上から目線でおかしかったです。それで私はマスコミに入って変えようと思ったのです」と。当時NHK

に採用された女性社員はたった3人で、仕事でも女性は下に見られた存在だった。しかし、池田さんは頑張

りぬいた。初心を貫きディレクターとなり「女性・人権・戦争・教育・エイズ」そして「慰安婦」番組を8本もつくっ

た。安倍政権がもっとも嫌がる「女性ディレクター」になったのだ。
 ぜひアーカイブ放送でじっくり聞いてほしい。

http://www.labornetjp.org/news/2019/1008aruku2  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 日高見連邦共和国[16590] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年10月13日 00:32:50 : AvJiudyxVg : UmZLemV4ekxTV0k=[26] 報告
『レイバーネット』、絶対支援!!
2. 罵愚[7924] lGyL8A 2019年10月13日 05:01:31 : uz7lDD2pDc : N2NMZUNTbUh2M0U=[748] 報告
 『運動に関わって、おかしいと思ったのはメディアの報道』って言いながら、その“おかしい報道”を、思いっきりリードしてきた自己矛盾!!
3. 日高見連邦共和国[16595] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年10月13日 08:34:36 : 0Xdxxmgv0Y : T2FWc1VmRFMuZG8=[5] 報告
>>02 罵渦

そのミスリードしたのが“誰”か、その主語を省略するのは何故だ?

少なくとも『レイバーネット』じゃねーだろ?

オマエの書き込みこそ、自己矛盾の最たるものだ。消えてろ。(笑)

4. 2019年10月13日 12:01:32 : 3CxE8iafkI : dldibFNxSG0ya0E=[26] 報告
> つい先日来日した元「慰安婦」92歳のイ・オクソンさんの話から始まった。彼女たちがどんな体験をして、心と身体に深い傷を負ったのか。何十回とアジア現地を訪ねて記録を集めてきた池田さんならではの、濃い実証的な話が続いた。

イ・オクソンさんは、1942年15歳のときに、延吉で「買い物に行く途中で2名の男に捕まり、トラックの荷台に押し込まれた。」と証言している[5]。ただし、拉致された男性については、「朝鮮男 2人[6]」により連れ去られたと語っていたが、「日本人と朝鮮人の男[5]」に捕まったと証言を変えている。

検索で出てきた李容洙さんも「国民服を来た日本人の男から、ワンピースと革靴をもらってうれしくてついて行った」と話していた内容が「日本の軍服を着た男らが家にやってきて、男から何かとがったものを背中に突きつけられ船に乗せられて行った」と“軍による強制連行”を主張する内容に変更している」[2]。

池田恵理子さんの「濃い実証的な話」とは、一体何なのか?

[1] 李玉善
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E7%8E%89%E5%96%84
李 玉善(イ・オクソン、이옥선)は韓国の韓国のナヌムの家で生活する韓国人女性活動家。2000年に中国政府から韓国に引き渡され、従軍慰安婦問題の被害者として日本に謝罪を求める政治運動に参加している。朝鮮日報の報道では、米国ニュージャージー州バーゲン郡の郡長と面会し、同群の慰安婦の碑建立に尽力した、としている[1]。元朝日新聞出版局写真記者によるサポートを受け、海外でも活動している[2][3]。

2014年6月16日、ナヌムの家で共同生活する元従軍慰安婦らと共に、朴裕河が2013年8月に出版した『帝国の慰安婦』の出版を差し止め、名誉棄損による損害賠償を訴えた。イは「血が沸いて肉が震えて言葉もない」と訴えた[4]。
証言[編集]
1942年15歳のときに、延吉で「買い物に行く途中で2名の男に捕まり、トラックの荷台に押し込まれた。」と証言している[5]。ただし、拉致された男性については、「朝鮮男 2人[6]」により連れ去られたと語っていたが、「日本人と朝鮮人の男[5]」に捕まったと証言を変えている。慰安婦としては1日に40-50人の男性を相手にしていたと証言している。[7]

[2] 李容洙
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E5%AE%B9%E6%B4%99#証言の矛盾
『証言』の変遷[編集]
李の証言については「国民服を来た日本人の男から、ワンピースと革靴をもらってうれしくてついて行った」と話していた内容が「日本の軍服を着た男らが家にやってきて、男から何かとがったものを背中に突きつけられ船に乗せられて行った」と“軍による強制連行”を主張する内容に変更していることから信憑性がないと産経新聞により指摘されている[41]。

5. 人間になりたい[1197] kGyK1ILJgsiC6IK9gqI 2019年10月13日 15:52:28 : Igew9LiSCV : SVFzcHhMUWdwdG8=[247] 報告

「女たちの戦争と平和資料館」(WAM=ワム)の名誉館長、
池田恵理子さんの話と活動がすばらしい。
この番組を聞くと、安倍晋三とその同類、似非右翼、NHKといった社会の寄生虫が、
いかに悪質で、社会を歪めているクズであるのかがよくわかる。
 
 
6. 2019年10月13日 19:30:22 : fG31PJakfk : ZHRkQVNRQ2hrbEE=[94] 報告
今の世も 色濃く闇が 受け継がれ
7. 罵愚[7927] lGyL8A 2019年10月14日 04:25:10 : uz7lDD2pDc : N2NMZUNTbUh2M0U=[751] 報告
 いわゆる従軍慰安婦は、言い出しっぺの吉田清治の虚偽・創作の謝罪や、朝日新聞の虚偽報道を認めた謝罪にもかかわらず、「嘘も100回言えば真実になる」の典型実例として、一人歩きしている。
 戦後売国サヨクの功績かなぁ?
8. しんのすけ99[880] grWC8YLMgreCrzk5 2019年10月14日 12:38:30 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[642] 報告
ネトウヨは 嘘ばかり言い続けているが さっぱり真実なんかに迫ってない上に昨今、ネトウヨの嘘とデマは
あちこちで暴露されまくって もはや蟲の息ですけど。
9. 2019年10月14日 13:31:02 : EdZACIFCKC : VGlJcWRuM01tU0E=[20] 報告

>>言い出しっぺの吉田清治の虚偽・創作の謝罪や、朝日新聞の虚偽報道を認めた謝罪にもかかわらず、

「07」の亡霊罵愚が「嘘八百」ほざいてる。

朝日新聞の「慰安婦報道」は『蛆産経』新聞の後追い取材記事で、取材した「吉田清治」に騙され虚偽となり、其の事を「謝罪」した。

つまり、「慰安婦報道」の先駆けは『蛆産経』新聞で有る。

此れは元朝日新聞記者と『蛆産経』新聞記者=阿比留他一名との対談の場で朝日側は『蛆産経』側の当該新聞コピーを示し経緯を明らかにした。

然し『蛆産経』二名の記者(其れも幹部クラス)は物証示されても『俺は見ていない』『知らなかった』と非を認めず席を立ったと云う。
(この経緯は四六時中オンボロAP四畳半一間ゴミ部屋で、「恐山イタコ崩れ大川」から貰ったオンボロPC「カタカタ」やってるオマエなら承知の筈だかネ〜♪)

朝日側は報道体制・裏取りに問題が有ったと「謝罪」したが

当の発信元『蛆産経』新聞は未だに、当時の「慰安婦報道」が誤りで有るとの「コメント」「謝罪」などを一切していない。

で、有れば『蛆産経』新聞は初期の「慰安婦報道」が事実と認めた事に為る。

>>・「嘘も100回言えば真実になる」の典型実例として、一人歩きしている。

ってのは、オマエ等糞腐翼連中、『蛆産経』新聞、「安倍ぴょ〜ん政権」の御家芸となりますが〜?

戦後売国糞腐翼の功績かなぁ〜?

どうかすますた〜?

10. 日高見連邦共和国[16634] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年10月14日 20:41:00 : 0uTcfs5wPw : ZXE5YWNtM1hxcW8=[4] 報告
>>07 罵渦

問われた事に答えてから、新しいことを言えや、ダッセー屑。(笑)

11. 罵愚[7938] lGyL8A 2019年10月15日 04:47:42 : uz7lDD2pDc : N2NMZUNTbUh2M0U=[762] 報告
>>9
>「慰安婦報道」の先駆けは『蛆産経』新聞で有る。

 へ〜〜っ!! 知らなかった…

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK266掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK266掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK266掲示板  
次へ