★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK267 > 573.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
GSOMIA継続で規制緩和へ 安倍首相“韓国叩き”でも米国屈服(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/19/senkyo267/msg/573.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 11 月 23 日 23:30:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 






GSOMIA継続で規制緩和へ 安倍首相“韓国叩き”でも米国屈服
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/265191
2019/11/23 日刊ゲンダイ


バンコク郊外で歓談する安倍首相(左)と韓国の文在寅大統領(韓国大統領府提供・聯合=共同)

 急転直下の展開になった。韓国の文在寅政権が22日、GSOMIA(軍事情報包括保護協定)の継続を決めた。元徴用工訴訟にブチ切れた安倍政権が発動した対韓輸出規制に猛反発し、報復措置として破棄通告したのが8月23日。失効6時間前の決断の裏には、米国の強烈な圧力があった。その露骨なプレッシャーは、政権浮揚につながる韓国叩きに味を占めていた安倍政権にも向けられ、輸出規制の緩和をにおわせ始めた。日韓ともに米国に追い込まれ、膝を折るしかなくなったのが局面転換の真相だ。

 韓国政府が決定したのはGSOMIAの当面維持と、対韓輸出規制をめぐるWTO(世界貿易機関)の紛争解決手続きの中断だ。

 日本政府に伝達後、大統領府の金有根国家安保室第1次長がきのう午後6時に会見。GSOMIAについて「いつでも効力を終了させることができる前提で終了通告を停止させることにした。日本政府はこれについて理解を示した」とし、WTOについては「両国の輸出管理をめぐる政策対話が正常に進んでいる間は、日本側の3品目の輸出規制に対するWTO提訴の手続きを停止させる」と説明した。

 在韓ジャーナリストの朴承a氏は言う。

「一連の決定に最も影響したのは、米政権の圧力です。対中牽制でもあるインド太平洋戦略のために日韓を強く圧迫したようです。韓国にとっては、在韓米軍の駐留経費の分担をめぐる協議と重なったタイミングの悪さもあった。トランプ政権は今年の5倍超の50億ドルに増額するよう求め、交渉は決裂してしまいました」

 米国の要求をのまなければ在韓米軍の1個旅団(約3000〜4000人)の引き揚げ報道もあり、あの手この手で揺さぶりをかけられていた。

最も安堵しているのはトランプ大統領

 大統領府とほぼ同時刻に経産省の飯田陽一貿易管理部長が会見し、輸出管理に関する局長級対話の約3年ぶりの再開を発表。輸出規制は当面継続するものの、「韓国側の適切な輸出管理の運用で、見直しの検討が可能になる」とした。その後、ぶら下がり取材に応じた安倍首相は「北朝鮮への対応のために日韓、日米韓の連携は極めて重要。私も繰り返し申し上げてきた。韓国は戦略的観点から判断したのだろうと思います」と上から目線だったが、振り

 上智大教授の前嶋和弘氏(現代米国政治)はこう言う。

「米政府の安全保障担当チームの動きは異例でした。スティルウェル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)、米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長、エスパー国防長官らの高官が入れ代わり立ち代わり訪韓し、文在寅大統領と会談して翻意を繰り返し求め、前後して日本にも立ち寄って安倍政権にも同様のプレッシャーをかけていた。韓国とうまく折り合えるような手だてを練るように迫っていたのです。もっとも、GSOMIA継続に最も安堵しているのはトランプ大統領ではないでしょうか。一度たりともGSOMIAに言及せず、ツイートしたこともない。米国内で関心が低いこともありますが、来年の大統領再選しか頭にないトランプ大統領は、米朝首脳会談に意欲満々。GSOMIAを『戦争協定』と非難する北朝鮮の手前、継続を表立って求めることもできず、頬かむりを決め込んでいた。金正恩朝鮮労働党委員長がヘソを曲げかねないからです」

 一切動かずに国益を維持したトランプ大統領は、「シンゾーはよくやった、文もよくやった」とほくそ笑んでいるかもしれない。









 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[42063] kNSCqYLU 2019年11月23日 23:33:02 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[32136] 報告


2. 赤かぶ[42064] kNSCqYLU 2019年11月23日 23:36:00 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[32137] 報告


3. 赤かぶ[42065] kNSCqYLU 2019年11月23日 23:41:01 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[32138] 報告


4. 赤かぶ[42066] kNSCqYLU 2019年11月23日 23:42:05 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[32139] 報告


5. 2019年11月24日 00:16:55 : HkzdkP8Bv2 : N0suc0ZGNmkvTC4=[134] 報告
いや、安倍政権がアメリカに泣きついて仲裁を依頼した、というのが実態だ。
アメリカとしては実はどうでもいい。
6. 赤かぶ[42079] kNSCqYLU 2019年11月24日 00:24:35 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[32152] 報告


7. 赤かぶ[42080] kNSCqYLU 2019年11月24日 00:27:29 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[32153] 報告


8. 2019年11月24日 02:18:05 : OIpl2gohHo : WXhQZWJQN1NSazY=[1] 報告
>>1

GSOMIA破棄の停止でも、詐欺血税泥棒である日韓の軍事構造を叩き潰そうという力強い両国民の連帯の激流はもう止められない。

いま日韓の国民、若者に地鳴りのような激動が起きている、
ひと言で言えば、
日米韓の腐敗軍事構造を叩き潰そうという日韓国民の強い連帯の意志がもう止められないということだ。
日韓国民は強く共闘する。
実兄が三菱軍事財閥の高級幹部である戦争利権屋安倍晋三をフルに使う軍需経済には自衛隊インチキ防衛費として毎月毎月5000億円の血税が流し込まれて経済の基礎構造や国民生活は既にボロボロに破壊されている。
信じられないことだが、いまだに自衛隊・米軍、日米安保や日本各地の軍事基地が必要だと洗脳されている国民が多くいる。
イージス艦に1500億円とか戦闘機に500億円、スパイ衛星・アショアに数千億円とか、毎月5000億円の血税がインチキ組織自衛隊に流し込まれ中朝露が脅威などと洗脳され続けている。
社会のクズである軍事企業・軍事基地と人間のクズである軍人を一掃するかってない壮大なたたかいに日韓国民は強く共闘して立ち上がった。
もう前に進むだけだ。

人間のクズだけを集めた韓国軍・自衛隊・日韓駐留米軍という詐欺集団を撲滅し国土から一掃しようという強い意志、強い流れが日韓を覆い尽くしている現実である。
詐欺はバレた、もう止められはしない。
▼ 天皇制というイカれた社会構造が隅々まで根を張る北朝鮮の人民軍が北朝鮮の国民・若者の敵であるのと同じなのである、、、、。

●重要なのは、
日韓国民の共通の敵は何なのかということだ。
その視点を欠いた議論は「軍事資本に洗脳された基地外共の戯れ言」に過ぎない。

押さえておかなければいけないのは、
日韓国民にとって共通の敵である詐欺集団の自衛隊と韓国軍は腐り切った日米軍事金融資本に飼育されている犬コロ集団であるという点だ。
同根なのである。そこを外した意見は洟垂れ坊やの寝言である。

9. 赤かぶ[42118] kNSCqYLU 2019年11月24日 07:38:13 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[32191] 報告


10. 赤かぶ[42134] kNSCqYLU 2019年11月24日 09:10:26 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[32207] 報告


11. SHIGE[492] gnKCZ4JogmaCZA 2019年11月24日 11:14:06 : 8UP26mIKBQ : dTR6TVVwRENwWVU=[226] 報告
「米政府の…高官が入れ代わり立ち代わり訪韓し、文在寅大統領と会談して翻意を繰り返し求め、前後して日本にも立ち寄って安倍政権にも同様のプレッシャーをかけていた。
韓国とうまく折り合えるような手だてを練るように迫っていたのです。
もっとも、GSOMIA継続に最も安堵しているのはトランプ大統領ではないでしょうか。

…『シンゾーはよくやった、文もよくやった』とほくそ笑んでいるかもしれない。」(智大教授の前嶋和弘氏)


この問題を必要以上におおごと扱いして、自らの米国政治事情通を示したい学者癖を気にしなければ、どこよりもわかり易い解説であろう。

当方が思い出すのは畑は違うが2002ワールドカップの日韓共催の決着と似通ったプロセスである。

日米韓は軍事上の対北朝鮮や中国に対するそれぞれの情報収集力も軍事行動に至った場合の連携した兵力投入システムも実質的に確立されている。
GSOMIA廃棄などそこに支障が及ぶわけではない限定された問題であることを忘れるべきでない。

そうするとトランプらアメリカの頑張りの動機は二つしか見当たらない。
一つは明らかに2002ワールドカップの日韓共催決定の時の国際的世論と類似した感覚である。
似かよった極東の隣国同士が何をいつまでいがみ合っているのか、いい加減にしたら、という欧米特有の大人ぶった目線。

もう一つは、トランプの体裁感だろう。
つまり、ずっとアメリカが手なずけてきた日韓というある意味対米従順な二国を統御しきれなくなってしまったのかと、中露など世界中から軽く見られることにつながることへの懸念。

日米韓の事大主義的趣向(形式主義)こそがこの成り行きの本質なのではないか。

12. 2019年11月24日 12:50:26 : v0sx97ucfw : ek4xT3ZDREo0aUU=[2] 報告
日韓ゲンダイが韓国寄りとは知らなかった。
まるで韓国の代弁である。
安倍は、GSOMIAと貿易問題は関係ない、と一貫して主張している。
韓国は、強引に関係づけている。
日韓ゲンダイの主張と同じようにwww
13. 2019年11月24日 19:47:30 : ipm9QwCIoA : L05CeW9SMU9HYTI=[4] 報告
韓国は日本に強請りをかけたいだけ。
14. 2019年11月24日 20:12:32 : LFNDjcv3Co : YzdaSkhmblJJMi4=[68] 報告
「GSOMIA」 安倍は図に乗る 破棄撤回
15. 投稿のあんちゃん[541] k4qNZYLMgqCC8YK_guGC8Q 2019年11月26日 15:04:26 : ec5C2vDjSU : blZtalNOcWhTRmc=[181] 報告

 以下、どこかにあった防衛関係者の言である。

 >GSOMIAの間違った議論が多い。そもそも「軍事情報包括保護協定」とは、第三国への漏えい防止を約束した条約であり、報道されているような「情報交換枠組み」ではない。

 >同盟関係にない日韓は、共有する「暗号」や「情報システム」がないため、日米間・米韓間のシステムを介する以外、リアルタイムの軍事情報交換はできない。分かりやすくいえば、米軍が所有する共通サーバーに、韓国軍と自衛隊がそれぞれアクセスする情報共有のイメージだ。

 >GSOMIAが破棄されても、日本のミサイル防衛には何の影響もない。

 米国の「GSOMIAが破棄」された場合の恐れは、この「第三国への漏えい防止」の枠が外されることに対するものではないのか。だから必死で声を上げ、くい止めた。

 日本はそれこそ軍事技術・情報の漏洩に無頓着といってもいい所がある。昔からそうである。
 実際に漏洩が起こったら、「ほらみろ、韓国はどうしようもない」といって済ますつもりなのではないか。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK267掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK267掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK267掲示板  
次へ