★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK267 > 831.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中村哲医師に感謝と敬意+菅、11回もメモを受け、詭弁に走る+れいわ舩後氏も、安倍発言に不快感(日本がアブナイ!)
http://www.asyura2.com/19/senkyo267/msg/831.html
投稿者 笑坊 日時 2019 年 12 月 05 日 21:38:39: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

https://mewrun7.exblog.jp/28733458/
2019年 12月 05日

 昨日はショックなニュースがあった。

 アフガニスタンで医療や農業などの支援を続けて来た医師の中村哲さん(73)が4日、現地で移動中、何者かの銃撃を受け死亡、同行していたスタッフ5人も死亡したという。

 心からご冥福をお祈りしたい。

『中村さんは福岡県出身で九州大学医学部卒。「麦と兵隊」「花と龍」などで知られる作家火野葦平のおいでもある。NGO「ペシャワール会」(事務局・福岡市)の現地代表と、ピース・ジャパン・メディカル・サービスの総院長などを務めていた。』

『中村さんは、1984年にパキスタンでハンセン病などの医療支援を開始。アフガニスタンに活動の場を移し、「飢えや渇きは薬では治せない。100の診療所よりも1本の用水路が必要だ」などとして、水利事業や農業支援に力を入れてきた。』

『アフガニスタンやパキスタンで30年以上にわたって、医療や農業用水路の建設などに携わってきた。その活動は国際的に評価され、2003年には「アジアのノーベル賞」ともいわれるフィリピンのマグサイサイ賞を受賞。国内でも菊池寛賞やイーハトーブ賞などを受けている。今年10月にはアフガニスタンのガニ大統領から名誉市民証を授与された。

 アフガニスタン大使館はホームページに次のようなコメントを掲載した。

「中村医師はアフガニスタンの偉大な友人であり、その生涯をアフガニスタンの国民の生活を変えるためにささげてくださいました。彼の献身と不断の努力により、灌漑システムが改善され、東アフガニスタンの伝統的農業が変わりました」』(以上Aera.dot 19年12月4日)>

* * * * * 

『「許せない気持ちでいっぱい」 中村さん銃撃死で女優の吉永さん

 16年にペシャワール会が出したアフガニスタンでの中村哲さんらの活動を紹介したDVDで、ナレーションを担当した女優の吉永小百合さんは4日、中村さんが銃撃され死亡したとの知らせに「許せないという気持ちでいっぱいです」と語った。

 吉永さんは「中村さんらがアフガンの人々のために現地で続けてきた平和活動に共感していました」と話した。

 DVDのタイトルは「アフガニスタン 用水路が運ぶ恵みと平和」。中村さんらの現地での農業用水路の建設作業を紹介したもので、吉永さんが「用水路は、地域や日本の人々の謙虚な祈りに支えられて実現した」という中村さんのメッセージを朗読している。(共同通信19年12月4日)』 

『取材では、心配をかけてきた妻や子どもら家族に感謝する言葉もあった。

「帰国した時にお茶漬けを食べたり、風呂に入ったりすると安心します。日本に残して苦労をさせてきた家族に、罪滅ぼしをしたいと思うこともあります」

 妻の尚子さんは4日報道陣に、「今日みたいな日が来ないことだけを祈っていました」と答えたという。』(Aera.dot 19.12.4)

 中村さん&彼の仲間やスタッフには、心から感謝と尊敬の念をお届けしたい。戦争で荒廃したアフガンの各地で、灌漑事業や医療を行なって来たことは、本当に大変だったと思う。

 またご家族の皆さんも、本当に心配だったし、色々な意味で大変だったと思う。どうかゆっくり休まれますように。

 そして、中村さんの平和への思いや様々な活動が現地や世界各国で引き継がれるようにと祈っている。

 「桜を見る会」の政府側の説明がボロボロになっている。(@@)

 内閣府は、今年5月9日頃に招待者名簿の書類だけでなく、データも廃棄したため、共産党議員からの資料請求に応じることができなかったと説明していたのだが。
 今、内閣府が利用しているシンクライアント方式(の業者)では、データが廃棄されても、少なくとも8週間はバックアップのデータが残っており、データを取り戻すことは可能だということがわかった。(・・)

 そこで、4日、菅官房長官に記者が「何で資料請求に応じて、バックアップされているデータを取り出さなかった」と質問したところ、菅長官は「バックアップのデータは行政文書じゃないので、資料要求に応じる必要はない」などとわけのわからない言い訳をしたという。(~_~;)

「招待者名簿については公文書管理法やガイドラインなどのルールに基づいて、あらかじめ保存期間を1年未満と定めた上で、それに従って廃棄している。(原本である)電子データの削除後、最大8週間はバックアップデータが保存されているので、5月7〜9日ごろ、データを消去した後、最大8週間残っていたのではないかと思う」

「内閣府からは、バックアップファイルは一般職員が業務に使用できるものではないことから、組織共用性に欠いており、行政文書に該当しないとの説明を受けている。なお、情報公開・個人情報保護審査会の答申では、情報公開請求の対象となる電磁的記録とは、それを保有する行政機関において、通常の設備技術等により、その情報内容を一般人の知覚により認識できる形で提示することが可能なものに限られる、と解するのが相当であるとされているところだ。ですから、行政文書には該当しない」

 「詳細は事務方に聞いていただきたい。通常は紙の文書の廃棄に合わせて、電子データも廃棄すると承知しているが、名簿はルールに従って廃棄しており、バックアップファイルは行政文書ではないという認識だ」 (以上、朝日新聞19年12月4日)』

* * * * *

 最近、菅長官の自信ありげな態度が、どんどん弱まっているように見えるのだけど。昨日も、専門知識がないことをきかれるケースも多いためか、何と11回も事務方からメモが差し入れられる場面があったという。

『ぐらつく菅長官、お助けメモ異例の11回 桜を見る会

 7年近く政府のスポークスマンを務めてきた菅義偉官房長官の発信が、大きくぐらついている。国の税金を使って首相が主催する「桜を見る会」をめぐり、場当たり的になったり、答えに窮したり。4日午前の記者会見では、11回にわたって事務方からメモが差し入れられた。

 「少々お待ち下さい。あまり詳細ですと……」

 午前の会見中、菅氏は小声で苦笑いを浮かべた。廃棄したとする桜を見る会の招待者名簿をめぐり、繰り返し説明を求められると、近くに控える秘書官に目をやり、メモを待った。

 菅氏は2012年末の第2次安倍政権発足以来、平日に1日2回の記者会見をほぼ1人でこなしてきた。答弁に詰まり、秘書官に助け舟を出されることはあるが、4日午前にあった約20分の会見では、桜を見る会の話題でメモが差し入れられたのは11回。異例の多さだった。(朝日新聞19年12月4日)』

 まあ、いまさら、素人の私がご説明する必要はないと思うが。バックアップというのは、データが誤って消去、破棄された時のために、全く同じ内容のデータを確保しておくシステムであって。同じデータが、こちらは行政文書だけど、あちらは違うというなんていう解釈は、詭弁以外の何ものでもあるまい。

『小泉内閣から公文書管理法の制定に携わり、去年まで公文書管理委員会の委員長代理を務めた三宅弘弁護士は「間違っていると思う。これから政府の行政は、すべて電子データ化する時に、廃棄しても『行政文書じゃない』と言ったら、いくらでも抜け道ができる」と指摘する。(ANN19年12月4日)』

 しかも、野党は内閣府に、いつデータを消去したかという記録を調査するように求めたが、これ以上、調査する気はないと答えやが・・・答えたという。(ーー)

『4日の追及本部で野党側は、「いつ消去したかという記録はサーバーなどに残っているはずだ」とただした。
立憲民主党・黒岩議員「消去(日時)記録、前回の時にありそうなことを言ってた訳だけど、ありますでしょ」
内閣府「決まったルールと調査をきちっとやってきたということから、これ以上、ログ(記録)解析などの調査をする考えは私どもございません」(NNN19年12月4日)』

* * * * *

 最後に・・・昨日、安倍首相が、参院本会議で、5月9日に招待者名簿をシュレッダーで廃棄した理由として「職員が障害者雇用だった」ことを挙げていたのは、いかがなものかと書いたのだけど。
 自らがALS患者でもあるれいわの舩後靖彦参議院議員も、残念だとのコメントを出していたという。(-"-)

『舩後氏が首相答弁批判「不適切で残念」 「桜を見る会」名簿破棄で障害者に言及

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者で重い障害を持つ舩後(ふなご)靖彦参院議員(れいわ新選組)は4日、安倍晋三首相が「桜を見る会」の招待者名簿を内閣府の大型シュレッダーで廃棄したのは「障害者雇用の短時間勤務職員」と答弁したことに「障害者雇用のために廃棄に時間がかかった理由のように語られるのは不適切であり、残念に思う」とのコメントを発表した。

 舩後氏は首相の答弁について「(名簿を)『桜を見る会』終了後すぐに廃棄できなかった理由の一つとして答えている」と指摘。「担当職員の属性は資料廃棄の根本問題とは関係ない」と指摘し「非常勤職員の弱い立場を利用したとも受け止められる内容と感じる」と不快感を示した。

 首相は2日の参院本会議で、野党議員が資料要求した5月9日に名簿を廃棄した経緯について「シュレッダーの空き状況や、担当である障害者雇用の短時間勤務職員の勤務時間等との調整を行った」と指摘し「野党議員からの資料要求とは全く無関係だ」と発言していた。

 菅義偉官房長官は4日の記者会見で、首相答弁について「名簿廃棄は『予約から作業まで時間がかかり過ぎだ』と国会で疑問視された。作業を予定していた方が障害者雇用の職員で、無理なく余裕を持って作業できる時間を確保する必要があったことを説明した」と釈明した。

 舩後氏は首相とメールを交わす旧知の仲で、首相は10月4日の所信表明演説で舩後氏を「友人」と紹介していた。【浜中慎哉】(毎日新聞19年12月4日)』

 来年はパラリンピックも開かれるし。mewとしては、これからもっと健常者と障害者が理解を深めて、仕事場も含め、社会の様々な場で共生して行きやすくなるといいな〜と願っているのだけど。国のTOPがこういう姿勢では、それも難しくなってしまう感じが。

 また、改めて、中村医師に感謝と敬意を表すると共に、私たちには同じようなことはできないけど、同じような気持ちを抱いて、何より平和を維持できるように努めて行きたいと思うmewなのである。(@_@。

  THANKS


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年12月06日 13:38:24 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[3863] 報告
2019/12/6(金) チコの爺ちゃんの「ボーっと生きてんじゃねーよ!」ニュース!ツイートTV
.
TweetTV JP
86 分前にライブ配信
https://www.youtube.com/watch?v=4oYjwQMib5g
2. 2019年12月06日 16:24:33 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[3864] 報告
菩薩行に一命を懸けた男
.
令和黄金 時代
2019/12/05 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=TI5Z3K5a7AE
3. 2019年12月06日 17:44:31 : 5KNea38kIU : R1l1Q28uaXM4b0k=[5] 報告
当局は、意図的に待ち伏せ攻撃された、と見解を述べている。

タリバンは、中村医師への攻撃を否定している。

> The Taliban denied responsibility for the attack, saying they have “good relations” with organizations that “contribute to the reconstruction of Afghanistan.”

https://www.japantimes.co.jp/news/2019/12/04/national/japanese-physician-seriously-wounded-afghanistan/

攻撃者は、日本製の車で、中村医師の乗った車を、止めてから攻撃に及んでいる。

> An eyewitness at the scene of Wednesday's attack said that several gunmen in a Japanese car blocked and stopped Nakamura's vehicle, and they then got out of the car and began shooting.

3人のガードマンも射殺されている。(確実な情報の基に、的確な襲撃を行っている。)

どこかの国の特殊部隊、あるいは、特殊部隊出身者が参加して、起こした襲撃事件に思える。

4. 2021年6月08日 12:11:09 : PXTJKLFWTo : ZzY5ZnNjajJkMUU=[3] 報告
【独自】2カ月前から尾行…予想外の結果に 中村哲さん殺害の内幕
https://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E7%8B%AC%E8%87%AA-2%E3%82%AB%E6%9C%88%E5%89%8D%E3%81%8B%E3%82%89%E5%B0%BE%E8%A1%8C-%E4%BA%88%E6%83%B3%E5%A4%96%E3%81%AE%E7%B5%90%E6%9E%9C%E3%81%AB-%E4%B8%AD%E6%9D%91%E5%93%B2%E3%81%95%E3%82%93%E6%AE%BA%E5%AE%B3%E3%81%AE%E5%86%85%E5%B9%95/ar-AAKNM0h?ocid=msedgntp

アフガニスタンで2019年12月4日、人道支援NGO「ペシャワール会」現地代表の中村哲さん(当時73)が殺害された事件で、アフガン捜査当局が特定した犯行グループが、2カ月近く前から犯行を準備していた疑いのあることがわかった。犯行グループを束ねていたとされる男=今年1月死亡=が打ち明けた話として、男の知人が朝日新聞に証言した。

 中村さんは事件の2カ月近く前の19年10月7日、アフガン大統領から名誉市民権を授与され、国民的英雄としてたたえられた。中村さんに注目が集まったことが、犯行のきっかけになった可能性がある。

 捜査関係者によると、犯行グループを束ねていたとみられる男は、イスラム武装勢力「パキスタン・タリバーン運動(TTP)」に所属するアミール・ナワズ・メスード構成員。40歳前後のパキスタン人で、事件当時は東部ナンガルハル州の殺害現場に近い東部クナール州に潜伏していた。

 アミール構成員の相談相手だった知人が、今年1月中旬から2月中旬にかけて断続的に取材に応じた。

 知人によると、事件の2カ月近く前、隣国パキスタンにいる「共犯者」がアフガニスタンに越境してクナール州に入った。「共犯者」は同州を貫くクナール川の流域を観察し、一帯に水路を引く事業を進めていた中村さんを尾行。地元で誘拐を繰り返してきたアミール構成員に接触し、「ナカムラを誘拐しよう」と誘ったという。ところが、「共犯者」は犯行時に中村さんを銃撃し、パキスタンに逃げ帰ったという。

 アフガン捜査当局も事件後、アミール構成員の運転手から得た供述などから「共犯者」の存在を把握していた。捜査関係者によると、「共犯者」がアミール構成員を利用した疑いがあるとみて、行方を追っているという。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK267掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK267掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK267掲示板  
次へ