★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK268 > 210.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
EU離脱意思を明示した英国民のリテラシー(植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/19/senkyo268/msg/210.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 12 月 13 日 23:10:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

EU離脱意思を明示した英国民のリテラシー
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2019/12/post-65b630.html
2019年12月13日 植草一秀の『知られざる真実』


12月12日に実施された英国の総選挙でEU離脱の執行を主張するボリス・ジョンソン首相が率いる保守党が勝利を収めた。

BBC(イギリス公共放送)による出口調査では与党・保守党368議席、野党・労働党191議席と保守党が過半数を獲得し、圧勝すると予測している。

振り返れば、2016年6月23日に英国でEU離脱の是非を問う国民投票が実施された。

事前の予測ではEUへの残留が離脱を上回るとされた。

ところが、実際にはEU離脱の意思が示された。

これが英国のEU離脱問題の実質的な出発点である。

民主的な手続きによってEU離脱を決定したのであるから、その民意を尊重することがまずは求められる。

ところが、EU離脱を排除したいと考えるグローバル巨大資本が懸命になってEU離脱という英国民の判断をなきものにするためにあらゆる工作活動を展開し続けてきた。

しかし、英国民は2016年6月の国民投票によって主権者が示した判断を尊重するべきとの意思を表示した。

民主主義の原理を重んじる英国民の冷静な判断が示されたものと言える。

メディアはEU離脱を推進するジョンソン首相を貶める情報誘導を展開したが、英国民は大資本による情報誘導に敗北しなかった。

メディアの嘘を見抜くメディア・リテラシーを備えているのだと判断できる。

英国の主権者によるEU離脱の決断はグローバリズムの流れに抗する新しい大きな流れのなかの重要なマイルストーンとして位置付けられることになる。


私は英国民投票の翌日である2016年6月24日にブログ記事

「反グローバリズム起点になる英国民EU離脱決定」
https://bit.ly/2LPWOFY

メルマガ記事第1469号
「英国EU離脱決定で安倍政権経済環境急変」
https://foomii.com/00050

を発信し、次のように記述した。

「英国のEU離脱は、「グローバリズムの退潮の始まり」を意味する。

「グローバリズム」とは、強欲巨大資本が世界市場から収奪し尽くすためのスローガンである。

「グローバリズム」によって利益を得るのは強欲巨大資本であって、市民は被害者になる。

英国のEU離脱を決定したのは英国の主権者である。

この問題の論議に際して、残留を主張していた中心は資本家である。」

「EU離脱を求める理由として「移民の増加」が例示され、「移民の増加を嫌うEU離脱派は外国人排斥派である」とのレッテル貼りが横行した。

これは、グローバリズムを推進する強欲巨大資本による情報操作である。

EU離脱の根本精神には、「自国のことは自国の主権者が決める」という民族自決の原則の尊重がある。

「自国のことは自国の主権者が決める」という考え方が、正当に、そして当然の主張として、表面化しているに過ぎない。

EU離脱派が「他国人排斥者」であると決めつけるのはあまりにも短絡的である。」


安倍政権が国民を欺いて参加して批准を強行したTPP12、TPP11、日欧EPA、日米FTA等の「TPPプラス」は、「日本のことを日本の主権者が決められなくなる条約」であり、日本の主権者の利益を損ねるものである。

TPPプラスがもたらすものは、「日本のことを強欲巨大資本=多国籍企業が決める」という多国籍企業主権体制である。

英国の主権者は大資本が支配するマスメディアの情報をはねのけて、EU離脱の英断を下した。

しかし、日本ではマスメディアが情報空間の大半を支配し、歪んだ情報で占拠してしまう。

真実の情報、真実の声はウェブサイトの片隅に追いやられてしまっている。

圧倒的に多数の国民が真実を知らず、真実を知らされず、マスメディアの情報操作の餌食になってしまっている。

この情報空間の歪みを是正することが極めて重要だ。

この目的のために、インターネット上に「知られざる真実」を伝える大きな情報のパイプ、情報発信のプラットフォームを構築することが求められている。

インターネットから真実の情報を得ようとする主権者が共有できる、厚みのある入口サイト=ポータルサイトを創設することが重要だと考える。

大資本はテレビ、新聞、雑誌、単行本の情報空間だけでなく、インターネット上の情報空間の支配をも強めている。

状況を放置すれば、インターネット上の情報空間も既得権勢力が完全に支配してしまうことになるだろう。

これを防ぐための大同団結、連帯が求められている。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[45737] kNSCqYLU 2019年12月13日 23:11:13 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[35811] 報告


2. 赤かぶ[45738] kNSCqYLU 2019年12月13日 23:11:53 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[35812] 報告


3. 赤かぶ[45739] kNSCqYLU 2019年12月13日 23:12:19 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[35813] 報告


4. 2019年12月13日 23:32:50 : QukD9uG742 : YWc1YWEvbDBYY1k=[91] 報告
なんかすっごくウヨ的なんだが
色々問題があってもEUって戦争回避のためのいい知恵だろうに
まぁ自国産業の保護とかやらなきゃならんこともあるけどさ
5. 2019年12月14日 00:20:51 : Og3F17abgo : QVhEdHlMcmJNZUU=[1] 報告
移民問題なんかを見ているとイギリス国民がEU離脱したくなる気持ちが分かる気がする。早く離脱を。
6. 2019年12月14日 00:53:30 : Og3F17abgo : QVhEdHlMcmJNZUU=[2] 報告
EU離脱を選択をしたイギリス国民を嘲笑する雰囲気すらあったからな〜。離脱してグローバリズムから脱して嘲笑してきた連中を見返してほしい。
7. 罵愚[8047] lGyL8A 2019年12月14日 05:37:20 : 20J2t8E1gs : SG9HdzY3MFNzS1U=[14] 報告
>>4
>色々問題があってもEUって戦争回避のためのいい知恵だろうに

 そういわれてみれば、もともとEUって、ドイツとフランスの国境地帯が戦争の火種になっていたのを、共同管理する機構として発足したのを思い出した。ヨーロッパ域内の安全保障が目的なら、イギリスとしては、むしろ中に入らずに、外からバランサーとしての伝統的な立ち位置が、正しい選択だっということだな。
 おなじように日本も、支那大陸に深入りしない外交がいいんだろうね。日本とイギリスの、海洋国家にふさわしい外交の相似性を思うとき、これにアメリカをくわえて、みっつの海洋国家として、共通した外交政策を模索する機構の構築が必要になるだろうと思った。

[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に場違いコメント多数でアラシ認定。

8. 2019年12月14日 06:31:37 : doybelywRo : Y0dhZGxmQzlPRFU=[1] 報告
日本人は、今こそ頼山陽に学ぶべき!
9. 2019年12月14日 07:05:17 : quMKleKEOA : andmOS5lY2dYN00=[583] 報告
日本のフェイクニュース機関(NHKや日経)は
プレグジット派の勝利を「論争疲れの結果」とか「もやもや」とか
表現している

これは安倍がテロ国家のイランとの戦争を避けることに夢中なのと同じ、
日本資本ファーストということなんだろうけど

10. 2019年12月14日 08:28:03 : 7EuU3GMoSf : RVhodHRlWlhBUzI=[8] 報告
⇒《「自国のことは自国の主権者が決める」》

そうなるとスコットランドは独立に向かうでしょうねぇ…
スコットランドのことはスコットランド人が決める。
沖縄のことは沖縄で決める(辺野古新基地)。
秋田のことは秋田で決める(イージスアショア)。
それはそれでよいでしょう。

一方、みんなで(グローバルな視点で)考えたいのが「温暖化ガス削減」。
(「兵器削減(軍縮)」「人権擁護」「暴力・ハラスメントの削減」もそうかな…)

「欧州グリーンディール」
2050年には、EU圏内での温室効果ガスの排出を“実質ゼロ”にする
化石燃料由来のCO2をまた地中に戻す
技術が確立すると、世界の70年分の二酸化炭素が地下に埋められるようになるといわれている
https://times.abema.tv/posts/7032833

これは素晴らしい。日本もやろう。

植草氏、がんばってください。応援しております。
日本の独立(脱米親亜)・民主化・脱土人・脱原発・脱炭素……共産・社民・れいわ・共和政権樹立へ。

11. 茨城市民[191] iO@P6Y5zlq8 2019年12月14日 11:37:23 : 2mB9WkmAoY : di5DUDU4V1RiMWM=[116] 報告
>10.
 ⇒《「自国のことは自国の主権者が決める」》
 そうなるとスコットランドは独立に向かうでしょうねぇ…

〇今回の結果は、そうした動き、そして北アイルランド問題も含めて、それでも良いと判断した結果ではないだろうか。
 イギリスはもはやグローバル化で生き残れないと判断したと思われる。
 草々

12. 2019年12月14日 19:13:43 : uOOhjYM5o6 : cWMzNDdYa3RlWGs=[348] 報告
覚悟ある? スコットランドの さよならに

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK268掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK268掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK268掲示板  
次へ