★阿修羅♪ > 戦争b23 > 102.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
シリア政府軍が化学兵器を使ったという西側の主張に合わせるためOPCWが隠蔽(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/19/warb23/msg/102.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 10 月 31 日 18:38:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

シリア政府軍が化学兵器を使ったという西側の主張に合わせるためOPCWが隠蔽
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201910300001/
2019.10.31 櫻井ジャーナル


 アメリカをはじめとする西側諸国の政府や有力メディアはシリア政府軍が自国民を虐殺、化学兵器を使っていると言い続けてきた。その嘘は暴かれ続けているが、ここにきて新たな情報が出てきた。

 西側ではSCD(シリア市民防衛/通称白いヘルメット)やアル・カイダ系武装集団の話に基づき、2018年4月7日にドゥーマでシリア政府軍が化学兵器を使用したと主張してきた。本ブログでは繰り返し書いてきたが、SCDは武装集団の医療部隊的な存在。リビアのときのように、アメリカ/NATO軍が介入する口実として化学兵器の話を流してきた。

 この出来事では、OPCW(化学兵器禁止機関)の調査チームが武装勢力の妨害の中、現地へ入って調査している。同機関は今年、曖昧な報告書を公表しているが、OPCWで専門家の中心的な存在であるイラン・ヘンダーソン名義の文書のニュアンスは違った。化学物質が入っていた筒状の物体は航空機から投下されたのではなく、人の手で地面に置かれていたことを証拠は示していると指摘している。



 ここにきてウィキリークスが明らかにした文書には、予定された結論が導かれるように専門的な分析や目撃証言が隠されたとされている。





 この「攻撃」に関する情報源はSCD(シリア市民防衛/通称白いヘルメット)やアル・カイダ系武装集団のジャイシュ・アル・イスラム。シリア政府はロシア政府のアドバイスに従い、早い段階で化学兵器を廃棄していたので、その話に説得力はない。余りに事実と矛盾する話だったこともあり、西側のメディアの中からも疑問の声が挙がった。

 例えば、イギリスのインディペンデント紙が派遣していた​​ロバート・フィスク特派員は攻撃があったとされる地域へ入り、治療に当たった医師らを取材、その際に患者は毒ガスではなく粉塵による呼吸困難が原因で担ぎ込まれたという説明を受けている。毒ガス攻撃があったことを示す痕跡はないという。

 また、アメリカのケーブル・テレビ局の​OAN​記者も現地を調査し、同じ内容の報告をしている。ロシア系のRT​​は西側の有力メディアが化学兵器の被害者だとして報道した子どもとその父親を取材、やはり化学兵器が使用されたという話を否定している。

 ところで、シリア政府軍が化学兵器を使っているという宣伝をバラク・オバマ政権が始めたのは2012年8月。アメリカ軍が本格的に介入する「レッド・ライン」は化学兵器の使用だと語ったのだ。その月には、同政権が進めていたシリアの「穏健派」を支援するという政策が危険だとアメリカ軍の情報機関DIAがホワイトハウスへ報告している。

 ​​DIAは報告の中で、シリアで政府軍と戦っている武装勢力はサラフィ主義者やムスリム同胞団が中心だと指摘、アル・ヌスラ(AQIと実態は同じだと指摘されていた)が戦闘の主体だとも書いていた。ちなみにアル・ヌスラの主力はサラフ主義者やムスリム同胞団だ。

 2012年12月には国防長官だったヒラリー・クリントンがシリア政府軍による化学兵器使用の可能性を口にする。自暴自棄になったバシャール・アル・アサド大統領が化学兵器を使うかもしれないと言ったのだ。年明け早々、イギリスのデイリー・メイル紙に、化学兵器に使用を口実にしてアサド政権に対する軍事行動を始める作戦をオバマ大統領は許可したという記事が掲載された。(すぐに削除)

 その後、化学兵器が使われたという話は繰り返し出てくるものの、いずれも否定されている。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[37628] kNSCqYLU 2019年10月31日 18:39:23 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[27701] 報告


2. 2019年10月31日 19:33:59 : bLbVVSfKBo : Q0txSzNoeHg1TG8=[407] 報告
正義派を 気取りメディアに 嘘書かせ
3. 2019年11月01日 11:50:14 : zL8I2Qkr2A : NnA1SDRuWllkek0=[2] 報告
> Panel Criticizes ‘Unacceptable Practices’ in the OPCW’s investigation of the Alleged Chemical Attack in Douma, Syria on April 7th 2018

https://www.couragefound.org/2019/10/opcw-panel-statement/

https://www.couragefound.org/wp-content/uploads/2019/10/OPCW-Statement.pdf

https://www.couragefound.org/wp-content/uploads/2019/10/Analytical-Points.pdf

シリア政府は、テロリストに、化学兵器を渡したのは、トルコとサウジアラビアだと主張している。

4. 2019年11月01日 21:50:08 : 1hFwhl5XF6 : dXZTY1pyS01GUXM=[331] 報告
国連の役割は、シリアに入った調査団の報告を捻じ曲げることでした。
過去にウクライナに入った調査団に対しても同じことをしていました。


国連は、カバールの巣です。

[ロンドン発]2010年のハイチ大地震で派遣されたイギリスの国際NGO(非政府活動)オックスファムの支援隊員(エイドワーカー)が少女買春に関わっていた疑惑が底知れない広がりを見せています。オックスファムでは90カ国以上で5,000人の職員と2万3,000人のボランティアが働いています。

【国境なき医師団】
仏パリを拠点とする国際医療支援団体「国境なき医師団(MSF)」によると、昨年146件の苦情・警告が寄せられ、このうち40件が性的嫌がらせや性的暴行の訴えだった。24件について措置を取り、職員19人を解雇。

【セーブ・ザ・チルドレン】
現在、国連児童基金(ユニセフ)副事務局長を務める前CEO(最高経営責任者)が3件の不品行疑惑で糾弾される。欧州連合(EU)残留・離脱を問う国民投票最中の2016年6月、「ブリテン・ファースト(英国第一)!」を叫ぶ男に惨殺された労働党下院議員ジョー・コックスさんの夫がセーブ・ザ・チルドレン在職中の不品行疑惑の責任を取り、亡き妻の遺志を継いで立ち上げた2つの慈善団体の職を辞任。

日本でも、ユニセフを名目にアグネス・チャンが、20%寄付金抜き取りをやっていますよ。

5. 2019年11月01日 23:42:28 : HmMURyrUhk : WC5xMjFoNGczZFU=[122] 報告
そんなことは当たり前のことだ。何を今さらだ。戦争に負けて傀儡のシリア人権監視団が情報を発信できない今だから本当の情報も出てくる。

6. 2019年11月04日 15:40:25 : Nv7DZ1SwTs : VC9ZWndISXFRMTY=[52] 報告
まぁがんばれ、バッシャール=ハーフィズ=アル=アサドさん!!
7. 2019年11月10日 16:49:39 : KYHfdQy8Qo : L0U4bk1kMWZMSFE=[6] 報告
西側の主流メディアも相当腐敗が進んでいるね。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b23掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b23掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b23掲示板  
次へ