★阿修羅♪ > 戦争b23 > 105.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
クルド軍と米軍が撤退した後のシリア北部でトルコ軍とシリア政府軍が戦闘(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/19/warb23/msg/105.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 11 月 01 日 21:44:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

クルド軍と米軍が撤退した後のシリア北部でトルコ軍とシリア政府軍が戦闘
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201911010000/
2019.11.01 櫻井ジャーナル


 シリアの北部、トルコとの国境に近いラース・アル・アインでトルコ軍とシリア政府軍との間で激しい戦闘​​​があったと伝えられている。すでにこの地域からクルド軍は撤退済み。11月1日からトルコ軍とロシア軍の合同パトロールが始まるとトルコ政府は発表しているが、パトロール中のロシア軍も攻撃を受けたという。

 トルコ軍はクルド軍の存在を攻撃の口実にしてきたが、そのクルド軍は迅速に撤退、替わってシリア政府軍が入っていた。クルド軍がいるかどうかには関係なく、シリア領の国境線近くの地域を占領しようとしているようにも見える。

 アメリカ軍はNATO加盟国のトルコ軍との交戦を避けるようにして撤退、デリゾール周辺の油田地帯からイラク西部にかけての地域に移動したが、トルコ軍のシリアへの侵攻を誘い、シリア軍やロシア軍と衝突させようと目論んでいると推測する人もいる。

 2011年3月にシリアへの侵略が始まった当時、トルコはアメリカと手を組み、侵略の拠点を提供していた。そうした関係は戦争の長期化で揺らぎ始めるが、大きな節目は2015年9月末のロシア軍介入。

 シリア政府の要請で、ダマスカスに迫っていたダーイッシュ(IS、ISIS、ISIL、イスラム国とも表記)をロシア軍が攻撃しはじめたのだ。その軍事介入で戦況は一変、アメリカなどが手先に使ってきた傭兵部隊は敗走しはじめた。そうした中、同年11月24日にトルコ軍機がロシア軍機を待ち伏せ攻撃、撃墜したのだが、これがロシアの姿勢を厳しくさせる。アメリカはロシアを脅そうとしたのだろうが、これは逆効果だった。

 この撃墜はアメリカ軍の命令に基づくものだった可能性が高い。撃墜の当日から翌日にかけてポール・セルバ米統合参謀本部副議長がトルコのアンカラを訪問していた。

 シリアのバシャール・アル・アサド政権を倒すことが難しくなる中、2016年6月にトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は撃墜を謝罪、7月13日には同国の首相がシリアとの関係正常化を望んでいることを示唆する。軍事蜂起(クーデター未遂)があったのはその2日後だ。

 この軍事蜂起はすぐに鎮圧された。事前にトルコ政府へロシアから警告があったと言われているのだが、トルコ政府はクーデターはフェトフッラー・ギュレンの一派が実行したと主張、アメリカでCIAに保護されている同派の指導者、ギュレンを引き渡すようにアメリカ政府へ求めているが、拒否されている。トルコ政府はクーデター計画の背後にアメリカ中央軍のジョセフ・ボーテル司令官やジョン・キャンベルISAF司令官がいたとも主張している。

 そうした経緯を経てトルコはアメリカから離れ、ロシアへ接近した。その構図をひっくり返すため、トルコ軍の軍事侵攻を誘ったという見方があるのだが、クルドとシリア政府の接近で戦乱の終結は近いと見る人もいる。どの方向へ動くかは、ロシアの能力次第だろう。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[37833] kNSCqYLU 2019年11月01日 21:47:00 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[27906] 報告


2. 赤かぶ[37834] kNSCqYLU 2019年11月01日 21:47:55 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[27907] 報告


3. 2019年11月02日 16:07:23 : Vbhyu4Tg0Y : REguWkF4RWlFNzI=[84] 報告
中東の駆け引きの仕方なんだろうけどエルドアン大統領 したたか
アメリカとロシアに二股かけて、時に裏切り、時にすり寄り
アメリカもロシアもトルコを必要としているので徹底的には
トルコを潰すことはないと読んでいるよう
どこかでコケる気がするが
4. 2019年11月02日 18:30:12 : Z2k8WkTwIc : V0lUcDlLRVMxb3c=[2] 報告
この投稿少しオーバーなような気もする。
ド素人がヨチヨチ歩きで調べた範囲では現場の小競り合いが少し大きくなったような感じ。
いずれにせよプーさんに踏み絵をさせる気なのか。
ここがトラぶれば東のイラク国境付近でもトラが調子に乗るような感じがする。
相手は傭兵では無くて正規軍に近い連中なんだろう。
しかし既にS400ミサイルシステムはトルコに到着でメンテナンス一切はロシアがやるらしいから余計にややこしい。
プーがモロ出しすると第三次大戦になるし難しいところですね。
アメリカの小型核兵器はまだトルコにあるらしい。
F35早くよこせと言っているらしいし分かりにくい狸である事は確か。
5. 2019年11月02日 20:07:21 : 6nRcL5HbW2 : MENLU1NzU2FtdFE=[3] 報告
狂い出す ロシアのせいで 歯車が
6. 2019年11月02日 22:32:35 : Z2k8WkTwIc : V0lUcDlLRVMxb3c=[3] 報告
mko@trappedsoldier
ロシア軍とトルコ軍がシリア北部で合同パトロール!

らしいですからこうなるんでしょう。
となると憎いのはシリア?。

7. 2019年11月03日 12:04:58 : sGPKC9v81j : ZENZVnRKNWh3a2c=[56] 報告
これがホントなら、ロシア軍はトルコとの合同パトロールを止めて撤退するだろう
ロシア軍とシリア軍が交戦することは絶対にない
まあ、新たな争いが起こることを期待している悪魔的なヤカラは多いのだろうが、残念ながらそうはならないから

そんなことより油田地帯だ
未だに米軍とクルドが居座っているが、ラブロフ外相によれば「盗掘した石油を売って維持している」んだとさw
いくらエラソーにしててもドロボウ容認、他国ものと自国のものの区別がつけられない
まるで幼児みたいなトランプw

8. 2019年11月04日 15:35:45 : Nv7DZ1SwTs : VC9ZWndISXFRMTY=[51] 報告
悪い事にならなければいいな。
9. 2019年11月05日 19:14:02 : Vbhyu4Tg0Y : REguWkF4RWlFNzI=[89] 報告
3です

NO5735 11月6日[進むロシア・トルコ武器生産協力] [2019年11月05日(Tue)]
http://blog.canpan.info/jig/

いやはや
エルドアン したたか
プーチン その上を行く

ある意味、お互い修羅場を行く国際的政治家
ゆくゆく、中国も絡む

10. 仁王像[2807] kG2JpJGc 2019年11月09日 10:28:44 : MNgn38rwmc : TWNLMThXL3NaQnc=[8] 報告

 ♪ややこしや ややこしやー
  ああ ややこしや ややこしやー

  ややこしや ややこしやー
  ああ ややこしや ややこしやー
             (by 野良の櫻井ジャ)

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b23掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b23掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b23掲示板  
次へ