★阿修羅♪ > 戦争b23 > 119.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米 IS戦闘員の引き取りを関係各国に要請/nhk
http://www.asyura2.com/19/warb23/msg/119.html
投稿者 仁王像 日時 2019 年 11 月 16 日 09:58:47: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

(回答先: 拘束のIS外国人戦闘員 国外追放を開始 トルコ政府/nhk 投稿者 仁王像 日時 2019 年 11 月 12 日 09:47:24)


米 IS戦闘員の引き取りを関係各国に要請/nhk
2019年11月15日 8時46分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191115/k10012178251000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

トルコ政府が、過激派組織IS=イスラミックステートの戦闘員の国外追放を始め、混乱が懸念される中、アメリカは関係国の閣僚を集めた会議を開き、ヨーロッパなどの国々に戦闘員を引き取るよう改めて求めました。

トルコ政府は、今月、これまで拘束してきた各国出身のISの戦闘員の国外追放を始めましたが、一部の報道によりますと、追放されたアメリカ国籍の男がギリシャで入国を拒否される事態も起きていて、今後も混乱が広がることが懸念されています。

こうした中アメリカは14日、ワシントンで、IS対策を話し合う会議を開き、ヨーロッパや中東などおよそ30か国の外相らが出席しました。

この中でポンペイオ国務長官は各国に対して、ISの戦闘員を出身国が引き取るよう改めて求めました。

これに対して各国は、ISの戦闘員への対応が重要だという認識では一致したものの、身柄の引き取りをめぐっては異論も出たということです。

会議のあと会見した国務省のセールズ テロ対策官は「戦闘員の問題はすべての国に責任があるが、中東の国々が受け入れるのは現実的ではない」と述べ、ヨーロッパ各国などに、引き続き、受け入れを求めていく方針を強調しました。

一方、トルコが追放したアメリカ国籍の男について、セールズ氏は詳細は明かせないとしながらも「トルコやギリシャ政府と連携し動向を注視している」と述べました。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年11月16日 20:29:03 : 1hFwhl5XF6 : dXZTY1pyS01GUXM=[336] 報告
ISIS団は、多くの人たちを、首切りしたり、燃やしたり、水沈したりした。
罪を償ってからのほうが、本人たちも納得できるのではないだろうか。
移送は、シリア国民に判決させてからでも遅くはない。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b23掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b23掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b23掲示板  
次へ