★阿修羅♪ > 戦争b23 > 144.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
リビアのムスリム同胞団をめぐり、トルコとエジプトが衝突する可能性(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/19/warb23/msg/144.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 12 月 29 日 10:04:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

リビアのムスリム同胞団をめぐり、トルコとエジプトが衝突する可能性
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201912280000/
2019.12.29 櫻井ジャーナル


 リビアは2011年にNATOの空爆とアル・カイダ系武装集団の地上攻撃によって破壊された。ムアンマル・アル・カダフィ時代にはヨーロッパ諸国より生活水準の高く、教育、医療、電力料金は無料で、農業は元手なしで始めることができる国だったが、今は暴力が支配する破綻国家だ。

 その破綻国家を統治する組織と国連が認めているのはファイズ・サラージをリビア大統領評議会議長とするトリポリのGNA(国民合意政府)だが、ハリファ・ハフタルのLNA(リビア民族軍)がGNAを凌駕する力を持ちつつある。

 ハフタルはCIAの1960年からCIAに保護されていた人物で、彼に従う武装グループはアメリカで軍事訓練を受けてきた。そのハフタルの勢力は今年に入ってからムスリム同胞団を殲滅するという看板を掲げて戦っている。

 ムスリム同胞団は歴史的にイギリスとの関係が深い。1948年にエジプトの首相を暗殺した後、創設者のハッサン・アル・バンナが殺され、メンバーの大半が逮捕されて組織は壊滅状態になった。それを1951年に復活させたのがCIAとMI6だ。

 エジプトは1952年7月にクーデターで王制から共和制へ移行し、ガマール・アブデル・ナセルをはじめとする自由将校団が実権を握ったが、その背後にはムスリム同胞団がいたと言われている。

 アメリカは自由将校団を使ってコミュニストを押さえ込もうとしたようだが、イギリスはクーデター政権を倒そうとする。アメリカとイギリスとの間で対立が生じたわけだ。その際、アメリカはナチス親衛隊の幹部だった人物や数百名の元ゲシュタポを治安対策のため、エジプトへ送り込んだ。

 そうした中、1954年にムスリム同胞団はナセル暗殺を試みて失敗し、逮捕を免れた同胞団のメンバーは国外へ脱出する。その多くはサウジアラビアへ逃げ込んだ。この暗殺計画の黒幕はイギリスだとみられている。

 バラク・オバマ大統領は2010年8月、中東や北アフリカを侵略するために自国が主導する軍隊ではなく、ムスリム同胞団をはじめとするジハード傭兵を使うことにした。

 エジプトもムスリム同胞団によって一時期支配された。その体制を転覆させたのがアブドル・ファターフ・ア・シーシー。現在の大統領だ。このシーシーは10月23日と24日にロシアのソチで開かれたロシア・アフリカ首脳経済フォーラムでロシアのウラジミル・プーチン大統領と共同議長を務めている。ロシアとエジプトは接近しているのだ。

 ハフタルのLNAを支援するため、そのエジプトがF-16戦闘機でトリポリやミスラタを空爆しているとする情報が出てきた。​​捕虜になったLNAの空軍幹部がそう話しているのだ。その幹部によると、フランスの専門家チームが偵察、通信傍受、兵站活動を指揮しているともいう。

 それに対し、トルコがGNAを支援するため、軍隊をリビアへ派遣するという話が出てきた。リビアのカダフィ体制を崩壊させた後、侵略勢力は戦闘員と武器/兵器をシリアへ運んだ。当時、侵略勢力の中にはトルコも含まれていた。そのトルコがシリアから戦闘員と武器/兵器をリビアへ戻すのではないかとも言われている。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[48581] kNSCqYLU 2019年12月29日 10:06:56 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[38655] 報告


2. 赤かぶ[48582] kNSCqYLU 2019年12月29日 10:07:34 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[38656] 報告


3. 赤かぶ[48583] kNSCqYLU 2019年12月29日 10:08:07 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[38657] 報告


4. 赤かぶ[48584] kNSCqYLU 2019年12月29日 10:08:43 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[38658] 報告


5. 赤かぶ[48585] kNSCqYLU 2019年12月29日 10:09:19 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[38659] 報告


6. 赤かぶ[48586] kNSCqYLU 2019年12月29日 10:10:28 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[38660] 報告


7. 赤かぶ[48587] kNSCqYLU 2019年12月29日 10:11:24 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[38661] 報告


8. 赤かぶ[48588] kNSCqYLU 2019年12月29日 10:11:49 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[38662] 報告


9. 2019年12月29日 17:49:13 : WatAcpSGis : MWU1NXFPUXNnMTY=[1] 報告
>バラク・オバマ大統領は2010年8月、中東や北アフリカを侵略するために自国が
>主導する軍隊ではなく、ムスリム同胞団をはじめとするジハード傭兵を使うこと
>にした。
>エジプトもムスリム同胞団によって一時期支配された。

無茶苦茶言っているな。
サダトからムバラクに続くエジプト政権は親米・親イスラエルでアメリカにとって
都合のいい政権だった。
それでムスリム同胞団によって立てられた大統領であるムルシーは親中派であって
アラブ圏以外の初の訪問が中国で、当時の主席だった胡錦涛に会って援助を取り付け
更にムバラク政権時代に断絶していたイランとの関係修復にも動くなど、明らかに
アメリカやイスラエルの意向に反する行動を取っていた。
つまり現実のムスリム同胞団主導政権のやったことは全く正反対。

10. 2019年12月29日 19:29:10 : yJdmyMq9PA : SlB5V3Fyb29mMFU=[6] 報告
このトピックで取り上げられた記事の正しいアドレスはこれ:
 
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201912290000/
 
・・・・・・「赤かぶ」と云う人は今は忙しいんだろうか?!
11. 2019年12月29日 19:39:35 : eFaqyzwS2A : SXZ3TFo2YkZ4aE0=[29] 報告
傭兵で 表にできぬ 侵略は
12. 2019年12月30日 12:13:34 : yzVitxMWvU : OTdqWVN3S21JZC4=[2] 報告
> エジプトもムスリム同胞団によって一時期支配された。その体制を転覆させたのがアブドル・ファターフ・ア・シーシー。

ムスリム同胞団のムルシ大統領は、民主的な選挙によって選ばれたけれど、シーシー現大統領が、クーデターで、政権転覆をはかった。

地中海の覇権、特に、リビアの海底油田開発の利権をめぐる、争い。

昨日の友は、今日の敵、くんずほぐれつ状態。(アラブ諸国やトルコ・ロシア関係にも亀裂が走っている。)

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b23掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b23掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b23掲示板  
次へ