★阿修羅♪ > 戦争b23 > 479.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
<だとしたら、この戦争の結果は恐ろしいものになる>歴史家が指摘した プーチンとスターリン ヒトラーの類似性(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/19/warb23/msg/479.html
投稿者 赤かぶ 日時 2022 年 3 月 15 日 03:15:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


※2022年3月14日 日刊ゲンダイ1面 紙面クリック拡大



※紙面抜粋



※2022年3月14日 日刊ゲンダイ2面



※文字起こし

 戦況が思うようにいかないことでブチキレたのか。ウクライナ侵攻を続けるロシアのプーチン大統領が内部粛清を始めたという見方が出てきた。

 情報・治安機関のロシア連邦保安局(FSB)の対外諜報部門トップらが自宅軟禁処分になったと、隣国ラトビアに拠点を置く独立系ニュースサイトなどが報じた。容疑は着服のほか、ウクライナの政治状況に関する誤った情報を報告したことが挙げられているという。

 ウクライナ政府によれば、ロシア軍の将官数人が解任されたとの情報もある。戦況の膠着状態が続けば、粛清は今後も続く可能性がある。

 目的のためには手段を選ばず、気に入らない者は粛清し、狂った暴走を続ける独裁者──。プーチンの所業は、ソ連時代の最高指導者スターリンによる「大粛清」をいやでも思い起こさせるものだ。

 スターリンが粛清した合計人数は、一説には1000万人規模ともいわれている。

 ゴルバチョフ時代にKGBは、1930年からスターリンが死去した1953年までの間に「78万6098人が反革命罪で処刑された」ことを認めたが、粛清の総数は今も不明だ。

 弾圧は政敵や反対派にとどまらず、一般大衆、さらにはスターリンに忠実だった部下にまで及んだ。

 歴史作家の保阪正康氏は、9日付の日刊ゲンダイ連載でこう指摘している。

<プーチンがスターリンと同じような手法で、歴史を変えようとしていることは明白だ。この手法は極めて単純で、目的のためには手段を選ばないという一点である。軍事侵攻、裏取引、敵の敵は味方、虚言などいくつかの具体的な形はすでに史実として歴史の中に刻印されている。手法が同じという意味には、それが共産主義者だからという理由なのか、それともソ連の指導者であるからなのか、それは明らかではない。しかし、スターリンが、ソ連の社会主義体制を国際社会での多数派にしていこうという思惑を抱いたのと同様に、プーチンもロシアのない世界などは存在する理由がないとの信念の持ち主である点で共通している>

<スターリンが政敵を抹殺することをなんとも思わない感覚であるように、プーチンもまた政敵や自らの批判者を封じ込めるのにスターリン的手法を用いているように思える>

ロシア帝国復活を望んでいる

 欧米メディアでは、プーチンをヒトラーになぞらえる論調も目立つ。

 海外メディアの記事を紹介するオンライン雑誌「クーリエ・ジャポン」によると、歴史家でジャーナリストのナイジェル・ジョーンズ氏は、英週刊誌「スペクテイター」で、1938年にヒトラーがドイツ人居住者が多いことを理由にチェコスロバキアのズデーテン地方割譲を要求したことを引き合いに、次のように分析しているという。

<歴史的背景は異なっているものの、プーチンとヒトラーはふたりとも(関係国における)それぞれ重要なドイツとロシアのマイノリティの存在を、彼らの標的の防御を突破するためのトロイの木馬とした>

 ロナルド・レーガン政権で国防総省副次官補を務めたドブ・S・ザケイム氏は、「ワシントン・ポスト」の取材にこう答えている。

<ヒトラーはヨーロッパ征服を望んだ。プーチンは、帝政ロシア、つまりロシア帝国の復活を望んでいる。このことは、帝国に属していたフィンランド、バルト三国、ポーランドにとってとりわけ脅威となる>

 憲法学者の小林節氏も10日付の日刊ゲンダイコラムで<いまのプーチン・ロシア大統領が1930年代のヒトラーに重なって見える>と書いていた。

「ロシアとウクライナの戦争」という虚構

 プーチンが類似性を指摘されるスターリンとヒトラーは、1939年に「独ソ不可侵条約」を締結。その1週間後にナチスがポーランドに侵攻し、第2次世界大戦の開戦につながった。プーチンのウクライナ侵攻にまつわる思考、行動はまさしく独裁者の共通項とも言えるものだが、決定的な違いがひとつある。それは、プーチンだけが核のボタンを握っているということだ。

「これをロシアとウクライナの戦争と思っていたら、本質を見誤りかねません。プーチンはウクライナの背後にいる米国を見ている。NATOの親玉である米国を引っ張り出そうとしています。核大国同士の米ロ戦争という実相があり、戦線は今後も拡大していく。破滅的な世界戦争に向かっているように思えてなりません」(政治評論家・森田実氏)

 米国のバイデン大統領は、「ウクライナでロシアと戦うことはない」と明言してきた。軍事介入ではなく経済制裁でロシアを追い込む方針は、今のところ米国民も支持している。だが、共和党上院議員の一部は「今すぐNATOを通じてウクライナに戦闘機と防空システムの移転が可能になるようにしろ」とバイデン政権に圧力をかけ始めた。ロシア側は「戦闘機を提供したら戦争介入とみなす」と警告している。

 バイデンは11日の下院民主党の会合で、「攻撃的な装備を送れば、それは第3次世界大戦だ」と戒める一方、「われわれにはNATO加盟国の領土に関する神聖な義務がある」とも言っていた。もし、ロシアがNATO加盟国の領土に攻撃を仕掛けたらどうするつもりなのか。誰も落としどころを描けていない。

アメコミと現実世界は違う

 13日もウクライナとポーランドの国境でロシアが軍事基地を空爆。35人が死亡し、134人が負傷した。この基地は、NATO加盟国によるウクライナ軍事支援の拠点となっている場所だ。

 戦闘機の提供こそ実現していないものの、欧米はウクライナに武器を供与して支援している。すでに、事実上の“世界大戦”の様相なのである。経済制裁だって、現代の苛烈な戦争だ。インタファクス通信などによると、ロシアのシルアノフ財務相は13日、ロシアが保有する海外資産の約6400億ドル(約75兆円)のうち、ほぼ半分の3000億ドルが欧米の制裁で凍結され、利用できなくなっていると公表した。

「追い詰められたプーチンが“窮鼠猫を噛む”という展開もあり得ます。歴史を振り返ってみても、戦争というのは、いったん始めたらエスカレートしていく一方で、当事者が途中で止めることは難しい。日本の場合、第2次世界大戦の真珠湾攻撃からポツダム宣言受諾まで3年半でしたが、ロシアはもっと長引くでしょう。しかし、人類の生存がかかる世界核戦争だけは、何としても止めなければなりません」(森田実氏=前出)

 プーチンが粛清を始めたことは、国内でも孤立化していることの裏返しだという見方もある。側近からも敬遠され、最後はひとりで自殺したヒトラーの末路と重ね合わせて、「悪は必ず滅びる」とばかりにプーチン失脚説も飛び交うが、コトはそう簡単ではない。

 極悪非道な独裁者が自滅して自由と民主主義が勝利するというストーリーは、アメリカンコミックの世界では定番なのだろう。しかし、現実の戦争は国益のぶつかり合いであり、偶発的な事故が流れを一変させることもある。

 13日、ウクライナの首都キエフ郊外のイルピンで米国人記者が死亡した。こういう不幸な事例が相次げば、米国内の世論もどうなるか分からない。いきなり全面戦争にはならないにしても、ウクライナを舞台に、より攻撃的な兵器の供与でロシアを追い込もうとすることは考えられる。

「ロシアとウクライナの戦争」という虚構がいつまで通用するのか。核のボタンを握るプーチンは、今や引くに引けない状況だろうし、暗殺される危険もあり、自分が破滅するのなら世界も道連れとヤケになってもおかしくない。 

 ひとつ言えるのは、どういう結末を迎えるのであれ、もはやロシアによるウクライナ侵攻以前の世界には戻れないということだ。核大国同士の直接対決に至らなかった戦後の世界秩序が崩れようとしている。そしてまた歴史は繰り返すのか。だとしたら、この戦争の結末は恐ろしいものになる。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[167307] kNSCqYLU 2022年3月15日 03:15:39 : IrhQbsPtA1 : My43WnR3V2FGemc=[5917] 報告

2. 赤かぶ[167308] kNSCqYLU 2022年3月15日 03:18:14 : IrhQbsPtA1 : My43WnR3V2FGemc=[5918] 報告

3. 赤かぶ[167309] kNSCqYLU 2022年3月15日 03:19:02 : IrhQbsPtA1 : My43WnR3V2FGemc=[5919] 報告

4. 赤かぶ[167310] kNSCqYLU 2022年3月15日 03:19:25 : IrhQbsPtA1 : My43WnR3V2FGemc=[5920] 報告

5. 赤かぶ[167311] kNSCqYLU 2022年3月15日 04:55:23 : IrhQbsPtA1 : My43WnR3V2FGemc=[5921] 報告

首都キエフや西部に空爆 南部では「市長拉致」相次ぎ・・・親ロシア派の“新市長”誕生(2022年3月14日)

2022/03/15  ANNnewsCH

ロシアによる攻撃はウクライナの首都キエフ中心部へと迫っています。こうしたなか、4回目の停戦協議がオンラインで行われました。

ウクライナ側は、今回の交渉に「数日中に何らかの結果が示せるのではないか」と期待を寄せていました。

ウクライナ代表団、ポドリャク大統領府顧問:「ウクライナの立場は揺らがないが、建設的な話し合いが始まっている」

ところが、ウクライナの「中立化」や「非軍事化」を求めるロシア側の姿勢に変わりはなかったようです。

ウクライナ代表団、ポドリャク大統領府顧問:「交渉は進んでいるが状況は難しい。意見が割れているのは、政治的な見解が異なるからです」

今もキエフは、激しい砲撃にさらされています。14日午前5時ごろ、中心部から20キロしか離れていないオボロン地区のアパートが攻撃を受けました。この空爆で1人が亡くなり、12人が負傷したといいます。

少年:「ママに起こされたら、煙が充満して、ほこりがすごくて物置に隠れました。ドアから入ってきたロシア兵に捕まるかと思いました。すべてが燃えていました」

その後、キエフの別のアパートも攻撃を受けました。

早々に占領された南部のメリトポリでは、ロシア側が新たな市長を就任させました。親ロシア派の元市議会議員だった女性です。

メリトポリ・ダニルチェンコ新市長:「尊敬するメリトポリの皆様、今の私たちの課題は“新しい現実”に合わせた組織の構築です。国民に選ばれた代表者による委員会の設立を検討しています。メリトポリの行政を担うのは、この委員会です」

もともとの市長だった、フェドロフ氏はこの2日前、武装集団に連れ去られ、親ロシア派の検察によってテロの罪で起訴されています。同じ州内では、ドニプロルドネの市長もロシア軍に連れ去られました。こうした事態を受けて、ザポリージャ州知事は現地メディアに「戦争犯罪が組織的になっている」と話し、ロシア側を非難しています。

ここにきて攻撃の激しさを増しているのが、ポーランド国境に近いウクライナ西部です。13日に空爆を受けた基地は、NATO加盟国によるウクライナへの軍事支援の拠点でした。

ウクライナ兵:「ポーランドまでミサイル攻撃を受けるかもしれない。我々だけではなく、ヨーロッパの心配もしなければならない。ヨーロッパに私たちの声が届いてほしい。自分の身を守ってください」

ミサイル8発が着弾し、35人が死亡、134人が負傷したとされています。この基地は先月、アメリカ軍が提供した軍事ロケットの発射訓練が行われた場所です。

今回の空爆について、ロシア国防省は「この施設は外国人の傭兵訓練と外国から調達した武器の保管庫として使われていました。外国人の傭兵180人と、海外製の武器を大量に駆逐しました」と発表しましたが、ウクライナ側は即座に否定しています。

こうした西部への空爆は、何を意味するのでしょうか。

アメリカ、サリバン大統領補佐官:「プーチンは、キエフを始め主要都市への攻撃が期待通りに進まず、そのいら立ちから標的を増やし、あたり構わず全土で傷痕を残そうとしている」

そのうえで、中国政府に対しては、報復をも示唆して強くけん制しました。

アメリカ、サリバン大統領補佐官:「ここで公然と脅しをかけるつもりはないが『大規模制裁の回避や補給などの支援には相応の措置をとる』と中国政府には直接伝えている」

CNNは、アメリカ政府高官の話として、ロシアが中国にドローンの提供など様々な支援を要請しているとしています。

ウクライナのゼレンスキー大統領は日本時間14日午後9時過ぎ、新たな動画をFacebookで公開しました。

ウクライナ、ゼレンスキー大統領:「侵略者はまだ我々の土地にいる。全力で戦おう。街を村を守ろう。国土の隅々まで守り抜こう。私たちの魂を守ろう」

[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

6. 赤かぶ[167312] kNSCqYLU 2022年3月15日 05:05:01 : IrhQbsPtA1 : My43WnR3V2FGemc=[5922] 報告

ウクライナ善戦でロシア側に変化?4回目の停戦協議の行方は・・・専門家解説(2022年3月14日)

2022/03/15  ANNnewsCH

ロシアによる攻撃はウクライナの首都キエフ中心部へと迫っています。こうしたなか、4回目の停戦協議がオンラインで始まりました。

協議前には、ロシア代表団のスルツキー氏は「双方の立場に実質的な進展がみられる」と述べ、ウクライナ代表団トップのポドリャク氏もツイッターで「ロシアは今までに比べてウクライナ側の意見を聞こうとしている」と述べました。

一方、ポドリャク氏は、協議開始後にツイッターを更新し「双方、積極的に見解を示している。交渉は進んでいるが、状況は難しい」と述べています。

◆ウクライナ・ポーランド国境にいる、大越健介キャスターに聞きます。

(Q.ポーランドでは、停戦協議はどう受け止められていますか)

大越健介キャスター:「ポーランドでも、停戦協議について報道が行われています。ただ、これまで3回の協議で進展がなく、期待感が高まっているとは言えないと思います。ポーランドでは連日、ウクライナからたくさんの避難民が来ています。その現状を知っているだけに、肌感覚として、交渉が前に進むことに期待できないと感じるのも無理はないと思います」

◆ロシアの軍事・安全保障政策が専門の東大先端研専任講師・小泉悠さんに聞きます。

(Q.今回の交渉をどうみていますか)

小泉悠さん:「ロシアは今回の戦争を始めるにあたって、ウクライナ政府そのものを打倒することを目標に掲げているので、交渉で簡単に結果が出るはずがありません。ウクライナ側は、ロシアが侵攻してきたエリアはもちろん、クリミアやドンバスからも出ていけと言っています。お互いの初期設定のままだとなかなか話は通じません。今回の戦争がロシア側の圧倒的優勢で進んでいたら、ロシア側の言い分が通ってしまう可能性はありますが、ウクライナ軍は持ちこたえていて、ロシア側が『これまで通りの要求を投げているだけでは、話が全然進まない』と考え始めた可能性があります。それがポドリャク氏の『ウクライナ側の意見を聞こうとしている』という発言につながっている可能性があります。

しかし、現場で話がまとまったとしても、プーチン大統領がそれを承認するかは別の問題です。今回の戦争は、プーチン大統領の個人プロジェクトとして始まっていて、プーチン大統領は『何としてもやり抜く』『計画通りだ』と何度も言っています。交渉団同士の力関係と、モスクワの中での力関係がどのくらいかみ合うのかは懸念するところです」

(Q.ロシア側の雰囲気が変わってきたのは、首都キエフを包囲しきれていないことが影響していますか)

小泉悠さん:「あると思います。ロシア軍は、国境付近に展開している戦力も100%投入し、同盟国ベラルーシにも早く参戦してくれとせっついたり、シリアから民兵を集めているのではないかと言われています。手詰まりになりつつあり、交渉のパワーバランスに影響を及ぼしている気がします」

ロシア軍は、ウクライナ西部のリビウからさらに西、ポーランド国境に近いヤボリウにある、軍事基地に空爆を行いました。この基地は、NATO加盟国による軍事支援の拠点となっている基地で、ミサイル8発が着弾し、35人が死亡したということです。

(Q.ウクライナの西部にある軍事施設を攻撃したロシアの狙いは何ですか)

小泉悠さん:「西部は比較的、安全だとみられてきました。今の調子でいけば、ロシア軍はキエフやハリコフを陥落させることができるかもしれませんが、ゼレンスキー政権が西部に後退して抵抗を続ける見込みが立ちます。それに対して、ウクライナ全土が安全ではないと見せつけることが、交渉やウクライナの戦意をくじくうえでの重要な圧力になると思います。

もう一つは、NATOとつながりのある拠点をたたくことによって、西側に対して『これ以上、軍事援助をするんじゃない』と脅しをかけているようにみえます。今は勝てていますが、域外国の参戦を手控えさせるためのデモンストレーションを行ったのだと思います。ウクライナ側から見ても、NATOの軍事援助が期待できないとなれば、政治的な圧力になります」

(Q.南部のメリトポリでは市長が拉致され、ロシア側が新たな市長を就任させました。この動きをどうみますか)

小泉悠さん:「これがロシア流の占領・統治の方法だと思います。ロシアは国内でも、州知事が突然、殺人容疑をかけられて逮捕されるなど、政権に逆らえばこういったことが起きています。今回はましてや戦時下で占領された地域です。今回、市長が突然、拉致されて、何の民主主義的な手続きを経ないまま“新市長”が任命され、統治すると言い始めました。今後、ロシアが占領した地域で起きる1エピソードに過ぎないと思います。同じ南部のヘルソンでは、住民投票をやってドネツク・ルガンスクのようにヘルソン人民共和国を作る動きがあるのではないかと言われています。ロシアに降伏すれば平和な日常が戻ってくるのではなく、さらなる分断や非常に厳しい占領統治が続きます。そのため、ウクライナは簡単に降伏するわけにはいかず、なるべく粘って、受け入れられる交渉条件を勝ち取ろうとしているのが現状だと思います」

(Q.停戦交渉と侵攻に相関関係はありますか)

小泉悠さん:「車の両輪だと思います。戦場や占領地域でウクライナにとって受け入れがたい事態が広がっていけばいくほど、交渉が有利になります。ロシアが圧力と対話を両輪にしているのだとすると、ウクライナが粘っているため、圧力が完全に効いていません。今のままでは交渉条件を押し付けられないとなった場合、ロシアが何をするのか。生物兵器や科学兵器を使うのではないか、キエフに対して無差別攻撃を行うのではないか、もう降伏をした方がいいということを示すための限定的な核攻撃をするのではないか、色んなことが考えられます。ロシアが今後、どこまで事態をエスカレーションさせるのかが焦点になると思います。

今回、これだけの大戦争を始めてしまって、何の成果も得られないまま停戦、兵を退くことは、ロシア国内の政治上やりにくいと思います。プーチン大統領の政権基盤もゆらぎ、2024年の大統領選挙に向けて弱腰を見せられないのだとすると、何をやってくるかは懸念されるフェーズに入ってきていると思います」

[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

7. 2022年3月15日 05:22:44 : Eh1EBEgKDs : Mk91ZUxnaFRNMy4=[13] 報告
ヒトラーとプーチンは似たような道を歩んでいる。

ドイツは第一次大戦の敗戦と巨額の賠償金や、その後の世界恐慌で経済が壊滅。
ヒトラーはドイツ経済を立て直し、世界から最も偉大な指導者と讃えられた。
しかし列強への強い復讐心、過激な愛国思想で、ユダヤ人を虐殺。侵略戦争を開始。
ドイツが劣勢になり、パリから撤退する時、ヒトラーはパリ市街の爆破を命令。
しかし現地将校は実行しなかった。
敗戦が決定的となり、他国に支配される位ならドイツ民族を消滅させようと、
ヒトラーはドイツの全てを破壊する焦土作戦を命令。
しかし部下は実行しなかった。

ソ連は東西冷戦の敗戦で崩壊。経済も壊滅。
プーチンはロシア経済を立て直し、国民から偉大な指導者と讃えられた。
しかしNATOへの強い復讐心と、過激な愛国思想で、チェチェン人を虐殺し、
チェチェン共和国独立を阻止。
グルジア侵攻。
クリミア併合。ウクライナ侵略戦争を開始。

ヒトラーとプーチンは同じ思考に見える。
ヒトラーに原爆は間に合わなかったが、プーチンは人類を消滅させるだけ持っている。

ヒトラー
「戦争に負ければ国民もおしまいだ。なぜなら我が国民は弱者であることが証明され、
未来はより強力な東方国家(ソ連)に属するからだ。いずれにしろ優秀な人間はすでに
死んでしまったから、この戦争の後に生き残るのは劣った人間だけだろう。」と発言。
ドイツ民族を消滅させる為、ドイツ焦土作戦を命令。

プーチン
「ロシアを全滅させようとする者がいるなら、それに応じる法的な権利が我々には
ある。確かにそれは、人類と世界にとって大惨事だ。しかし私はロシアの市民で、
国家元首だ。ロシアのない世界など、なぜ必要なのか」と発言。
世界を消滅させる為、全面核戦争を開始?

8. 新共産主義クラブ[-13109] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2022年3月15日 07:24:04 : mCi30WGnvY :TOR ZXBxVlRnc1NFSW8=[10] 報告
 
 プーチン大統領をナチス・ドイツのヒトラー総統に見立てるならば、今のバイデン大統領はナチス・ドイツに対する宥和政策をとっていたチェンバレン首相の姿勢をとっているといえるだろうか。
 
 ドイツに対する宣戦布告後も軍を動かさなかったチェンバレン首相に代わり、ドイツとの実戦での戦端を開き、第二次世界大戦末期にソ連への原爆攻撃を主張していた元軍人のチャーチル首相のような人物の登場を願っている人たちがいるかもしれない。
 
 安倍晋三さんは、著書「新しい国へ」の中で、チャーチル首相を大絶賛しているが、第二次世界大戦の終結直前の1945年7月5日におこなわれた英国の総選挙において、チャーチル首相が率いた保守党は大惨敗を喫している。
 
 
◆ ウィンストン・チャーチル
 
 チャーチルは「戦争とは笑顔で楽しみながらやるゲームである」とよく語っていたという
 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%AB
 
 
◆ 想像を絶する作戦
 
 想像を絶する作戦は1945年5月22日付けでイギリス軍が作成したソビエト連邦との戦争計画。
 
 原子爆弾によるソ連工業施設の一掃を含む全面戦争をチャーチルは検討するようになった
 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%B3%E5%83%8F%E3%82%92%E7%B5%B6%E3%81%99%E3%82%8B%E4%BD%9C%E6%88%A6
 

◆ 安倍晋三(著)『新しい国へ』(文春新書,2013年発行)

 ・古今東西の政治家のなかで、わたしがもっとも決断力に富んでいたと思うのは、英国の首相チャーチルである。(p.44)
 
 ・チェンバレン内閣のヒトラーに対する「宥和政策」が、結果的にナチスドイツの侵略を招いたことがイギリス国民に理解されると、首相に選ばれる。(p.45)
 
 ・結果、「どんな犠牲を払ってでも勝利する」と宣言して、連合国を勝利に導いた。(p.45)
 
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784166609031
 

9. 2022年3月15日 07:38:09 : 6CU7pNj6XA : N3hIRFovV3duUEU=[195] 報告
肉感件だい😃編集長が変わってからろくでもない💢😠💢最低のゴミになったね😭知らんけど😃
10. 2022年3月15日 07:42:17 : E1FVSKmghQ : VUZwbHlCdTBtZC4=[400] 報告
ガス抜きゲンダイだな
列挙した危険人物像は多くの人間に当てはまるし
歴代汚(お)メリカ大統領がマトモだとでもwww

一般奴隷にとって最悪なのは
この戦争が資源値上げや新コロすけ騒動のウヤムヤ化のプロレスだった場合だ
それは世界の寡頭勢力がその支配の為に世界大戦すら用いると行動している事になる

11. 2022年3月15日 07:48:28 : qxNlsUXK8U : Z1NyeW5ETTdLMlU=[-171] 報告
transimpex_ochd(スコットランド・ケール語で8です)で投稿しています。

毎年・毎年・同じネタのトビと創価の朝鮮工作員の仲間内の投稿が多い掲示板。

ネットでも偽装空間を演出?

子供の時 偉人伝など見向きもしなかった感性は確かだったのか。

世界の偉人伝 胡散臭いのばかり?

という事で、世界も日本も昔から嘘がまかり通り、成りすましが闊歩?

帰国して下さい 自分の国があるので。

皇室制度廃止 創価など解体 半島との国交断交。

関わりたくない民族。 ユダ系と共に要注意の。



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数のため全部処理

12. 2022年3月15日 07:49:46 : ZkrSfUOTgk : YWM2UWRyVm00V2s=[2] 報告
そもそも、歴史をねじ曲げ、ドンパチを推奨してきたのはアメ公はじめ西側全般じゃねえのか?世界の歴史をみれば、他国にちょっかいを掛けてばかりなのは、圧倒的に西側だよ。

ゲンダイも都合のいい歴史しか見ようとしないというか、明治以前の歴史は知らないなんてとこは、アホシネゾーと同じオツムだ。

13. 2022年3月15日 07:57:17 : gsMxoWlEpY : YU82dnhGbGVuTXc=[211] 報告
現在9684件の「いいね」

14. 2022年3月15日 08:05:22 : gsMxoWlEpY : YU82dnhGbGVuTXc=[212] 報告
【ウクライナ軍がドネツク市街地に向けミサイルによる無差別爆撃(迎撃され失敗)】

ウクライナ軍がドネツク市中心街をトーチカUミサイルで攻撃、子供を含む市民20人死亡、9人負傷。「ミサイルは禁止兵器のクラスター爆弾を伴っていた。もし対空ミサイルで迎撃されていなければ、犠牲者の数は増大していた」「戦争犯罪だ」とドネツク共和国代表プーシリン。








15. 2022年3月15日 08:10:21 : gsMxoWlEpY : YU82dnhGbGVuTXc=[213] 報告


「ウクライナのナチスを "陰謀論 "と呼ぶ人がいることが未だに信じられない」

[2022年2月までは西側メディアは数限りなくウクライナのネオナチの危険性を報じていた]

16. 2022年3月15日 08:15:19 : qQmwnxWUK6 : VmRDT2NjUmZQMWc=[4] 報告
必死に喚きたてるキチガイがどうしてゲンダイしか無いんだ?
当番だからだ。
ゲンダイしか流さないデマの数々を見たらわかる。デマとわかっていて流している。

そんな事よりトーチカという短距離ミサイルをどうしてロシアは事前に潰さなかったか。情報網が緩んでいるのではないか?
ロシアは当初、少々優しすぎたという評価は正しいと思う。

17. 2022年3月15日 08:15:22 : gsMxoWlEpY : YU82dnhGbGVuTXc=[214] 報告
【NATO公式アカウントがツイートした写真にネオナチの記章つけた女性兵士→慌てて削除】

NATOが慌てて削除、ウクライナ女性民兵の紀章「黒い太陽」はなぜ問題か|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2022/03/nato-36.php

> <問題となった紀章が示すように、ウクライナにも極右やネオナチはいる。旧ソ連から独立するためナチスを頼った過去もある。ではプーチンが侵攻の口実にした「ウクライナの非ナチ化」も本当なのか>

3月8日の国際女性デーにNATOの公式ツイッターにアップされた画像が波紋を巻き起こしている。

そこにはロシアの軍事侵攻開始から3週目を迎えつつあるウクライナで、必死に生きる女性たちの写真が4点含まれていた。その中の1点に、迷彩服の胸にナチスのシンボルとおぼしき紀章をつけた民兵が写っていたのだ。

この画像は既に削除され、NATO高官は本誌の取材に対し、紀章をうっかり見落としていたと話した。
・・・

18. 2022年3月15日 08:39:29 : Eb4MPYbK9o : d3BrN3l0Zmd6ZW8=[9] 報告
NATOは参戦しさっさと終わらせるべき
傭兵投下した市街戦突入で非道は加速する
米英NATOは負けそうな大国相手じゃち〇ポ委縮か?

19. 2022年3月15日 09:10:41 : 3Z1jOfJRtc : TkI3Tkd5eXVnRW8=[14] 報告
NATOはロシアの本当の戦力を知っている。

ロシア軍は90万とか言うけれども、大半は植民地を統制する監視軍であり、それを前線に投入したら植民地で革命が起こるので、軍というだけで実は動かせない。

艦船搭乗員とパイロットは、その基地配備の兵員を含めて陸上作戦には使えないので、現在ウクライナに展開している20万と言われる動員兵力が、地上作戦を行う上で徴用できる限界なのだろう。

だから各国から援軍を募らねば、次の作戦行動に移れない。

もしかしたら、キエフを遠巻きにして威嚇している事実は、ウクライナ投入軍20万と言うのも嘘で、レジスタンス数万人に抵抗されるわけだから5万とか6万とかしか侵攻してきていない可能性もあり、それが動員限度であることすら考えられる。

それでもNATOが軍を動かさないのは、やはりプーチンとNATOとは裏取引ができているということだろう。

20. 2022年3月15日 09:17:22 : Ff274msx3k : R1ZpTXhJcXlNTjY=[2580] 報告
結果は恐ろしいものにならない。

3月14日、露政府系テレビニュースでは、
ニュース報道中にマリーナ、オブシヤニコワ氏が、

キャスターの後ろで、プラカードを、掲示。

「政府のいう事を信じるな、兄弟は殺しあってるプーチンは戦争屋、
、ロシアは侵略国であり責任はすべて,プーチンにある」

マリーナオブシャニコワは父ウクライナ人、母、ロシア人。

極右のネオコン時代は終わり,極左のネオコンが、いまロシアで暴れている。

落ち着いているバイデン政府。
サリバン氏が中国にくぎを刺すのは当然。

世界は真ん中に来るべき。

核を超えるほどの、愛が地球に集まる日が来る!


   

   


21. 2022年3月15日 09:43:04 : Ff274msx3k : R1ZpTXhJcXlNTjY=[2582] 報告
>>18

NATOは、サッサとじゃないんだよ。

パチンコやゲームのように
くだらないあんたの日常を回復するためにやってるんじゃない。

    

   

22. エレ爺[-763] g0eDjJbq 2022年3月15日 09:54:54 : kxk7MnCbWU : d1N5Q0JNaG5NNEk=[-13532] 報告
>投稿者 赤かぶ 日時 2022 年 3 月 15 日 03:15:05:
>日刊ゲンダイDIGITAL > ライフ > 暮らしニュース > 記事 > 孤立深めるプーチン大統領イライラ! 諜報部門トップ「粛清」で作戦難航の“責任逃れ” 公開日:2022/03/14 13:50 更新日:2022/03/14 18:04

今日(2022/03/15:火曜日)の「総合 アクセス数ランキング(瞬間)2022/03/15 09:26更新」のトップ記事(09:30現在)は、コレですか・・・

> ライフ > 暮らしニュース > 記事

だったか・・・

だれのライフ?

プーチンの??

孤立???

プーチンがCIAのスパイを粛清したから????

それでCIAの情報収集能力が落ちたから?????

>「これをロシアとウクライナの戦争と思っていたら、本質を見誤りかねません。プーチンはウクライナの背後にいる米国を見ている。NATOの親玉である米国を引っ張り出そうとしています。核大国同士の米ロ戦争という実相があり、戦線は今後も拡大していく。破滅的な世界戦争に向かっているように思えてなりません」(政治評論家・森田実氏)

その通り、森田さんも、たまにはマトモな事を言うね。

>プーチンはウクライナの背後にいる米国を見ている。

そう、そして、米国の背後にいる英国(エリザベス女王)を見ている。

そして、そのエリザベス女王の背後にいる「ロンドン・ロスチャイルド」を見ている。

NATOが参戦したら、ロンドンに核が落ちる(もちろんワシントンにもね)。

核戦争だ!

でも心配はいらない!!

ロシア製GPSでサブメートル精度のピンポイント戦術核だから!!!

日本に影響は無い!!!!

無期限の不安と恐怖を煽るCIAに負けることはない!!!!!

https://www.youtube.com/watch?v=cPR45cBkRq4
>風も震えるヘアピンカーブ マッハGoGoGo_OP Speed Racer japan


[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

23. ソーカそーかフォース[-1135] g1yBW4NKgruBW4Kpg3SDSIFbg1g 2022年3月15日 10:08:59 : kxk7MnCbWU : d1N5Q0JNaG5NNEk=[-13531] 報告
>>22

>ロシア製GPSでサブメートル精度のピンポイント戦術核

ロシアのGPSは「極軌道」で、英国やカナダの戦略目標を狙っているんだよね。

プレセック宇宙基地から打ち上げられている。

https://www.weblio.jp/wkpja/content/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%BB%E3%83%84%E3%82%AF%E5%AE%87%E5%AE%99%E5%9F%BA%E5%9C%B0_%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%BB%E3%83%84%E3%82%AF%E5%AE%87%E5%AE%99%E5%9F%BA%E5%9C%B0%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81
>プレセツク宇宙基地

日本のGPS誘導は5Gで数センチ誤差だけど、ロシアのGPS誘導は4Gで数十センチ誤差なんだよね。

でも、それでも、サブメートル精度だから・・・

https://www.youtube.com/watch?v=hqGB2g51CBk
>マッハGoGoGo OP 4分12秒 フルコーラス・フル動画



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

24. わ寺ソーカ基督教門徒[-605] gu2Om4NcgVuDSoruk8KLs5blk2s 2022年3月15日 10:31:59 : kxk7MnCbWU : d1N5Q0JNaG5NNEk=[-13533] 報告
>>23

そう、日本は関係ない。

ロンドン・ロスチャイルドがウクライナの無条件降伏に反対して昨日の交渉は、一時中断、となったが・・・

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6420901
>4回目の停戦交渉中断、15日に再開 3/14(月) 23:29

きょうの交渉でもウクライナが降伏しなかったら「最後通牒」で総攻撃ですね・・・

ロス茶は、もっと、大人だと思っていたんだが・・・

https://www.youtube.com/watch?v=3tS3oavk9EM
>【マッハGoGoGo 01 BGM】主題曲(メインテーマ)1967/04【Speed Racer】


[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

25. 2022年3月15日 12:07:20 : gsMxoWlEpY : YU82dnhGbGVuTXc=[215] 報告




26. 2022年3月15日 13:03:07 : GD341UgSxI : U3dnbWtZZUdHYy4=[30] 報告
孫崎って単なる軍国主義者だったんだ。
27. 2022年3月15日 13:05:17 : GD341UgSxI : U3dnbWtZZUdHYy4=[31] 報告
ウクライナが飲めるだの飲めないだの、そもそもそういう話じゃないからな。

極道が家に上がり込んできて、金出せと言ってるんだから払える金があるだろうみたいな、そんな話はもうええで。

28. 2022年3月15日 13:12:52 : GD341UgSxI : U3dnbWtZZUdHYy4=[32] 報告
深草氏のOSCEに権限一任というのは、実はミンスク合意というドンバス停戦合意の条件だった。

それを安保理が決議している。

今プーチンが支援しているウクライナに虐殺を受けたという武装勢力が、武装解除を条件に、OSCEの査察に協力すればウクライナ政府への反政府行為を無罪にするというものだった。

しかしミンスク合意後、OSCEの査察は武装勢力の抵抗にあい続け、一向に進捗しなかったので、ウクライナ軍と武装勢力の間で再び戦闘状態となった。

そういう話なので、孫崎はロシアも合意しているミンスク合意に基づいて、武装勢力が武装解除しなかったことを責めるべき。

29. 2022年3月15日 13:18:10 : OfZoZ1Arw2 : MHdtTGYzc1M4UWc=[4] 報告
こんな記事書いて、ロシアのウクライナ解放作戦が、ロシアの勝利で終わったとき、日刊ゲンダイの奴らは、赤っ恥かいて、顔から火が噴くぞ。

チェチェンの特殊部隊員5000人が、マウルポリに到着、マウルポリのネオナチのアゾフ大隊の掃討作戦が開始される。
マウルポリのネオナチのアゾフ大隊の奴ら、泣きが入り始めた。キエフに援軍と航空支援を求めているが、果たして、届くかどうか、キエフもこれから包囲戦が始まり、それどころではないな。

30. 2022年3月15日 13:23:28 : gsMxoWlEpY : YU82dnhGbGVuTXc=[216] 報告
この板のあちこちでコピペしたので工作員は見当がついている。
ここでは、
R1ZpTXhJcXlNTjY
U3dnbWtZZUdHYy4
だから言ってんだろ、

> ここのところ、阿修羅に昔の2chのような自演&長文コピペの古典的なネット工作員(笑)が常駐してるが、お前らは、安倍が8年も天下取ってもいまだにそんなことをやってることに何の疑問も感じないのか?

いくらアメポチやってもアメリカに吸い取られるだけで日本が貧しくなるだけだ。
お前らネット工作は安倍王朝8年の後でも自演&コピペ作業員のまんま。
こんな工作をやってても、そのうち用済みになって切られて、近所の共産党員(笑)に付き添われて生活保護の申請に行くだけだ。
それでも認可されるかわからんぞ?
お前らが生活保護行政を無茶苦茶にしたからな(笑)


----
問題の紀章は、「黒い太陽」:ナチスのオカルト的な秘儀に使われたとされるシンボル

NATOが慌てて削除、ウクライナ女性民兵の紀章「黒い太陽」はなぜ問題か|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2022/03/nato-36.php

> 問題の紀章は、ドイツ語でシュバルツェ・ゾンネ(黒い太陽)またはゾンネンラート(日輪)と呼ばれるもの。ナチスのオカルト的な秘儀に使われたとされるシンボルで、今では世界中の極右が誇らしげに見せつける図案となり、ウクライナの準軍事組織「アゾフ連隊」の公式ロゴともなっている。



31. 2022年3月15日 13:23:37 : niyy4hTwUA : OHU1UGRCUHhtN0k=[7380] 報告
ゼレンスキーがヒトラーでしょ。
ロシア系住民の虐殺をさせてるのですから。
民間人に銃を持たせました。
これは民間人を民兵にするということです。
これで殺されても民間人の死者は出ませんよ。

ゼレンスキーですが、外に出た映像を公開してましたね。
(マスゴミで拝見)
ですが……それがキエフかどうかは分かりませんね。
ハリウッドにクロマ合成させたら、違和感の無い映像ができるでしょう。
以前に通路を移動して執務室へ向かう自録り動画を入れてましたね。
それと同様に執務室から自録りで大統領府の外に出て、大通りまで行って演説する動画でも撮影していただけますか?
そうしないと、そこがキエフであるという証明にはなりませんから。
(今回の動画は少しぼやっとしてて、映像処理なされた可能性が否定できないのです)

32. 2022年3月15日 13:37:25 : gsMxoWlEpY : YU82dnhGbGVuTXc=[217] 報告
【うさん臭さ全開】ゼレンスキー大統領が「国外脱出を否定する動画」を公開も、合成(フェイク)を疑う声が噴出!苫米地氏「こういう雑な背景合成では、逆にウクライナにいないと取る人が多いのでは」 │ ゆるねとにゅーす
https://yuruneto.com/zere-gousei/

この動画も明らかに合成
人類を舐めきってる(笑)


---

ウクライナ国会でゼレンスキーは結局ウクライナを離れたと発表
В Раде утверждают, что Зеленский все-таки покинул Украину - Газета.Ru | Новости
https://www.gazeta.ru/politics/news/2022/03/04/17380819.shtml
2022/03/04

(deepL翻訳 https://www.deepl.com/translator

ウクライナのゼレンスキー大統領は、結局のところ国を出て行った。国会議員のイリヤ・キバは、自身のテレグラム・チャンネルでこのように主張した。

「ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領が今日、ウクライナとポーランドの国境を越え、米国大使館にいることが確認された」と議員は述べた。

彼によると、国家元首はポーランドのアメリカ大使館からウクライナ軍にさらなる命令を下すという。

「そこからさらに、ウクライナ軍と民間人を処分し続け、今日何千人もの人命を奪っている非常識な命令を下すだろう」とキバは述べた。

金曜日に、下院議長のヴャチェスラフ・ヴォロディンが、ゼレンスキーはウクライナを離れ、ポーランドにいると述べた。

2月26日、ヴォロディンによると、ゼレンスキーは側近とともに2月25日に首都リヴィウに向かったという。彼によると、ウクライナの指導者はネオナチの保護下にあったそうです。

同日朝、ゼレンスキーは事務所近くのキエフのバンコバ通りから国民に向けたビデオ演説を撮影し、彼がまだウクライナの首都にいることが確認された。

しかし、ヴォロディン氏は、ウクライナ大統領がソーシャルネットワークで公開する動画は事前に録画されたものだと考えている。


33. 2022年3月15日 13:57:30 : Ff274msx3k : R1ZpTXhJcXlNTjY=[2589] 報告
中国や、ドイツでもコロナ感染者再び急増。

ロシア兵士も感染可能で士気低下。

コロナをビビってるプーチンも、クレムリンを離れているのに、
再び感染しそうな気配。 いらだつぷちん。

   

34. 2022年3月15日 13:58:50 : Ff274msx3k : R1ZpTXhJcXlNTjY=[2590] 報告
>>32

引っかかってるのも知らずに、気の毒に。

   

35. 2022年3月15日 16:58:13 : gsMxoWlEpY : YU82dnhGbGVuTXc=[220] 報告
「ロシアが産科病院を爆撃?マリアンナと新型保育器の嘘」





(ドイツ語のオリジナル記事)
Russland bombardiert eine Geburtsklinik? Marianna und die neue Brutkastenlüge – Anti-Spiegel
https://www.anti-spiegel.ru/2022/russland-bombardiert-eine-geburtsklinik-marianna-und-die-neue-brutkastenluege/

(英語訳)
Russia bombs a maternity hospital? Marianna and the new incubator lie – Veterans Today | Military Foreign Affairs Policy Journal for Clandestine Services
https://www.veteranstoday.com/2022/03/11/messed-up-russia-bombs-a-maternity-hospital-marianna-and-the-new-incubator-lie/
36. 2022年3月15日 17:42:13 : IUlxJ3B7pM : TE41aEp1RjJ4SlU=[60] 報告
日刊ゲンダイも落ちたもんだな。
プーチンがなぜウクライナに侵攻したのか全く分かっていない。無知でいたいのかもしれないが。
プーチンはバイデンを無視して、毎日のようにトランプと連絡を取っている。
ウクライナの生物兵器や児童誘拐の件で、トランプ、プーチン、習近平は連携している。
37. 核戦争はNWO脅迫材料[1] imqQ7ZGIgs2CbYJ2gm6LupSXjd6Xvw 2022年3月15日 17:57:22 : HY4uixI3bo :TOR UFkwWG5oby5zVVU=[6] 報告
「核戦争」を「脅しの材料」として活用しているのは

J・レノン言うところの「世界を支配している狂人たち」の方である

その「世界を支配している狂人たち」が「新型コロナウイルス感染騒動」

を活用し「ワクチン接種常態化義務化アジェンダ」実現と

「グレートリセット新NWO体制」への移行を強要

ビル・ゲイツと国連「WHO」そして英米ディープステート戦争屋と

繋がる「米国軍生物兵器研究所」のファウチが「新型コロナウイルス

感染騒動」と「ワクチン接種常態化義務化アジェンダ」担当

「グレートリセット新NWO体制」への移行を唱えているのが

「世界経済フォーラム」のクラウス・シュワブ

「ナチス政権ウクライナ」を舞台に「核戦争」の脅威を煽っているのが

ジョージ・ソロスやオリガルヒら国際投資家グループ

すべてお仲間である


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ソロスの担当は、「カオス」の製造です↓

ソロスの破壊対象が、米国、ロシア、中国なので、そう言うことなのでしょう。

2022年からは、喧嘩別れしたように見える↓

WEFはプーチンを切り捨てる決断を下したが、プーチンが再び歩み寄ってくるようで

あれば、好感触に戻る可能性を残しているのである。

プーチンとシュワブが最後に会ったのは、2021年のある時期だった。シュワブはロシ

アの指導者に対し、自国が世界の出来事において「特に重要」であることを伝えたの

で、関係を維持することに間違いなく関心がある。WEFの創設者は、プーチンの発言

力は世界情勢に「不可欠」だとまで言っている。


プーチンの人柄がわかる映像は、「ウクライナ・オン・ファイヤー」ではなく、こち

らですた↓

パート1から4まであり、こちらの方が内容が濃いです。

プーチンへのインタビュー PART1「経歴」
https://www.nicovideo.jp/watch/sm37830170
プーチンへのインタビュー PART2「政治以外の側面」
https://www.nicovideo.jp/watch/sm37837511
プーチンへのインタビュー PART3「ウクライナとシリア」
https://www.nicovideo.jp/watch/sm37862235
プーチンへのインタビュー PART4(最終回)「米大統領選への介入」
https://www.nicovideo.jp/watch/sm37901327


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スタンリー・キューブリックと円谷英二は

有名な「米国アポロ宇宙飛行士の月面着陸」の「特撮映像」に

関与したという「話」で有名な人たち

「ドクター・ストレンジ・ラブ」に登場する「核兵器博士」は

「グレートリセットNWO」を推進する「世界経済フォーラム」

立ち上げを行った米国の「ユダヤ系」ヘンリー・キッシンジャーの

お仲間

クラウス・シュワブは「ハーバード大学」セミナーで講師を務めて

いた「ユダヤ系」ヘンリー・キッシンジャーにリクルートされた人物

キッシンジャーはトランプ政権当時「新NWO」を受け入れなければ

「世界戦争」が引き起こされると発言している

「プーチン」は2022年現時点でそうした「グレートリセットNWO」

を推進するJ・レノン言うところの「世界を支配する狂人たち」の組織

「経済フォーラム」と袂を分かっている

「核兵器」に異常な執着心を示し「世界戦争ハルマゲドン」の惹起を

「脅し」の材料に活用しているのは「世界経済フォーラム」の背後に

控えるJ・レノン言うところの「世界を支配する狂人たち」の方

「ナチス政権ウクライナ」が遂行中の「偽旗自演戦争詐欺」のカラクリ

が日々暴露されているがそうした「戦争シーンの映像撮影」と

「米国アポロ宇宙飛行士の月面着陸」の「特撮映像」とが密接にリンク

「半世紀」以上もの時を経てもJ・レノン言うところの「世界を支配する

狂人たち」の「詐欺手法」は全く変わっていないという話

38. 2022年3月15日 18:30:17 : 3oRpS2Dluw : SC9KTkdjblJyOGs=[3] 報告

余計なお世話でご参考まで。

ドル円, 為替相場, 政治と文化
ジム・ロジャーズ氏: ウクライナ危機でドルは暴落する
2022年3月14日 GLOBALMACRORESEARCH
https://www.globalmacroresearch.org/jp/archives/21358

ジョージ・ソロス氏とともにクォンタム・ファンドを設立したことで有名なジム・ロジャーズ氏がStansberry Researchのインタビューでウクライナ情勢とドル相場について語っている。

ロシアのウクライナ侵攻

ウクライナ侵攻後、意見を表明している著名投資家は多くない。あらゆる人が感情的になり、西側でも同調圧力という名の情報統制が行われているのだから、誰もメディアに顔を出して喋りたくはないだろう。

そんな中でも躊躇わずに意見を言い続ける投資家がいる。ロジャーズ氏である。彼はロシアの侵攻前から主張していた意見をそのまま主張している。

戦争は何にとっても良いことにはならない。ウクライナ危機は2014年にアメリカの国務省がウクライナでクーデターを引き起こし、選挙で選ばれたウクライナの政治家を追い出した。今われわれはその代償を払っている。

また、NATOはロシアの隣国ウクライナまで勢力を拡大してきた。この状況は完全な狂気だ。この戦争は起きる必要がなかった。誰の利益にもならないことをしている。

日本を含む西側のメディアではロシアのウクライナ侵攻は突然起きたような報道になっているが、元々の原因は2014年にアメリカが支援したウクライナのクーデターで当時の親ロシア政権が暴力デモによって追放されたことである。

それはベルリンの壁崩壊以降、東側に勢力拡大しないという約束を破って行われたNATOの勢力拡大の最終局面として行われた。ウクライナはロシアと国境を接しており、しかもモスクワまでミサイルを打ちやすい位置にあるからである。

ジム・ロジャーズ氏: 米国のウクライナ支援はロシアが米国直下のメキシコの反米を煽るようなもの

誰のための戦争か

ロジャーズ氏はこの誰の利益にもならない戦争が誰の利益のために行われたのかを語っている。

だがある官僚にとっては利益になるのかもしれない。彼女の名前はビクトリア・ヌーランドで、彼女は2014年のウクライナのクーデターを引き起こし、彼女の行為のためにわれわれは大きな代償を支払っている。

ヌーランド氏はアメリカの外交官で、2014年のウクライナのクーデターの後に新しい政権に誰が就くべきかを話し合っている会話をリークされニュースになった。つまり、ウクライナの現政権はアメリカの傀儡だということである。

ジム・ロジャーズ氏: 米国のロシア嫌いはオバマ政権によるウクライナ政権転覆が露呈して決まりが悪くなったから
これは当然ウクライナ国民にとっては悲劇なのだが、ロジャーズ氏によればアメリカの政治家は戦争を引き起こすことでアメリカにも危害を加えている。

アメリカはロシアに対して制裁を加えた。それは世界の貿易で幅広く使われているドルという通貨の使用権をアメリカが決めることが出来るからである。

しかしロジャーズ氏によれば、ドルを武器として使い始めたことで元々危ぶまれていたドルの命運が尽きたという。彼は次のように言う。

これはドルの終焉を意味している。何故ならば、国際的な通貨であるためにはドルは中立でなければならないが、米国政府はそのルールを変えようとしているからだ。

もしアメリカが誰かを気に入らなければ、制裁を加えてドルを使えなくする。

これは西側メディアの偏向報道に惑わされず、ウクライナにおけるアメリカの行動に疑問を持つ人々にとってはかなり現実的な黄色信号となっている。ドルを持つということは、アメリカに資産を預けるということだからである。

ひっそりと進むドル離れの動き

ロシアや中国がドルからの離脱を考えるのは当たり前の話だが、その他にも同じように考えている人々は日本人の思うほど少なくない。

以下の記事に書いたようにアメリカの共和党の議員がこの問題におけるNATOの責任を指摘しようとしてペンス元副大統領に黙らされているくらいだから、むしろ西洋の政治家の危険性を認識していないのは日本人くらいなのではないか。

欧米諸国を席巻する反ロシア同調圧力
そういう事情を分かっている人々は当然ながらドルを持つことを躊躇し始める。そしてアメリカと距離を置く行動はドルだけではなく、西側の株式市場や西洋の政治観・文化などにも波及する。

ドルだけではない西側への疑問

筆者が現状一番危険に思っているのは、西側諸国に上場するロシア関連の証券が取引停止になったこと、そしてFacebookやYoutube、EUなどがロシアメディアを遮断したことである。

前者は投資家にとって大問題である。西側のシステムを通して投資をしていると、西側の政治的利害のために資産を遮断されたり、最悪奪われたりする可能性がある。

また西側のロシアメディア遮断については、筆者は世界中のあらゆるメディアを読んでいるが、西側がアゾフ連隊などウクライナに不利な情報を一切報じない一方で、西側に遮断されたロシアのSputnikなどはウクライナ情勢に関してプーチン氏にとって不利な反戦デモのことなども報じていた。

アゾフ連隊: ウクライナ国家親衛隊に実際に存在するネオナチの暴力集団

日本や西洋の人々はロシアや中国は情報統制されていて自分たちは報道の自由を享受していると思い込んでいるが、実際に両方のメディアの記事を読んでいるとむしろ逆であることが分かる。ロシアや中国で西側メディアの情報を完全にシャットアウトすることは難しいが、ロシアの主張は西側にはまったく入ってこない。

だがやはりこうした脱西側の流れで一番ダメージが大きいのはドルからの離脱だろう。ロジャーズ氏はこう続ける。

制裁はアメリカを害している。今や多くの人がドルの代わりになるものを探し求めている。中国人、ロシア人、インド人、ブラジル人、イラン人…彼らは出来るだけ早く米国ドルの代わりになるものを作ろうとしている。

アメリカは毎日自分の足を撃ち続けている。ドルはもうすぐ基軸通貨ではなくなるだろう。それはアメリカにとって良いことではない。イギリスにとって良いことではなかったように。彼らの通貨はかつて基軸通貨だったが、そのステータスを失った。そして多くのものを失った。

ドルをこれまで支えていたもの

経済学上の大きなテーマの1つは、アメリカが大量に紙幣印刷し貿易赤字と財政赤字を抱えているにもかかわらず、何故ドルが暴落していないのかということである。

その答えはまずドルが基軸通貨であることである。基軸通貨であれば貿易で決済を行うためにドルが必要なので、ドルを買おうとする人々は世界中から現れる。それが本来暴落すべきドルを支えていたのである。

だがレイ・ダリオ氏などが研究していたように、基軸通貨を持った国は基軸通貨の上にあぐらをかくようになる。どれだけ紙幣を印刷しても問題は起きないという幻覚を見るのである。

歴史上その幻覚は覇権国家の末期にいつも現れるが、名前は異なっている。今回、その幻覚の名前はMMT(現代貨幣理論)と言うらしい。この宗教の信者の合言葉は「インフレが来るまで紙幣を印刷し続けられる」だったが、いや、ある意味ではそれは正しかったのかもしれない。インフレが来たからである。

2月の米国インフレ率は7.9%、今後更なる物価高騰へ
しかしインフレは覇権国家崩壊の第1段階に過ぎない。ダリオ氏が研究したように、第2段階は通貨暴落である。

世界最大のヘッジファンド: 大英帝国の基軸通貨ポンドはいかに暴落したか
世界最大のヘッジファンド: 量的緩和で暴落した世界初の基軸通貨
結論

このウクライナ危機をきっかけとして進むドル離れは、インフレで元々危ぶまれていたドルの地位を暴落させてしまうだろう。

投資家にとって重要なのはタイミングだが、タイミングについては以下の記事で書いているのでそちらを参考にしてもらいたい。

2022年ドル円の推移予想: インフレによるドル高は持続せずドル円暴落へ
また、西側の政治家にコントロールされた決済システムを避けるために思いつくものはまず暗号通貨で、ポール・チューダー・ジョーンズ氏などはこの状況で暗号通貨を買っている。

チューダー・ジョーンズ氏、インフレヘッジで暗号通貨を買い増し
しかしロジャーズ氏はそれについては否定的のようである。

ジム・ロジャーズ氏: 仮想通貨の価値はゼロになる

39. 2022年3月15日 19:01:17 : 6JU5PvGPYE : L1hrR3ZoZGF6WmM=[3] 報告
この戦争が長引けば長が引くほどもう儲かるのはアメリカの国際資本家ハゲタカどもだ。ロシアの資産、資源、ガス 石油のシエアを根こそぎ、略奪している。ノータリンのプーチンを挑発し、あせらし、戦争に誘導成功した。ウクライナ市民の虐殺、廃墟と引き換えに、漁夫の利を得るためだ。
40. 2022年3月15日 20:25:36 : 17R7AECtFc : MmVVbm9hVmJ2bEE=[6] 報告

動画に出てくる、大統領含め、ウクライナの州知事達は、何で皆若いの!?

ロシアは、ジジイの露出が目立つけどな。


  電磁推進機研究者談


41. 2022年3月15日 22:29:28 : pNlPCkSbrE : UHFWeXlvcDg5aEk=[1572] 報告
>>3

トランプ大統領時代はウクライナは静かだった。
トランプが大統領だったらこんな問題起きなかった可能性が高い。

そのかわり中国との関係はもっと緊迫してたかもしれんが。

42. 2022年3月15日 22:30:03 : pNlPCkSbrE : UHFWeXlvcDg5aEk=[1573] 報告
>>40

極右教育で洗脳された世代。

43. 2022年3月15日 22:30:37 : niyy4hTwUA : OHU1UGRCUHhtN0k=[7391] 報告
34のようなのは自身が引っ掛かってても気付かないのでしょう。
まあ、何というか、ブーメラン?
44. 2022年3月15日 22:31:36 : pNlPCkSbrE : UHFWeXlvcDg5aEk=[1574] 報告
>また西側のロシアメディア遮断については、筆者は世界中のあらゆるメディアを読んでいるが、西側がアゾフ連隊などウクライナに不利な情報を一切報じない一方で、西側に遮断されたロシアのSputnikなどはウクライナ情勢に関してプーチン氏にとって不利な反戦デモのことなども報じていた。


これを知らない人が多いね。

45. 2022年3月15日 22:35:10 : pNlPCkSbrE : UHFWeXlvcDg5aEk=[1575] 報告
外国侵略なんて古今東西政治体制にかかわらず、いろんな国がやってきたことだろう。民主主義国も例外ではない。
それがなんでヒトラーやナチスになるのか?

ヒトラー・ナチスの濫用だな。バカも休み休み言ってくれ。

46. 2022年3月15日 23:00:06 : pNlPCkSbrE : UHFWeXlvcDg5aEk=[1582] 報告
>>43

34は確信的な従米ウヨ

47. 2022年3月16日 09:50:42 : Ecmm1mPKAA : dkxxNEhjbE5Ea0k=[1] 報告
ネオナチ狩りなんてあまりにも無理がある
街を侵攻のためにめちゃめちゃに破壊しといて
その大義名分に足り得ない
現市長を略取し傀儡市長を据えたのもマズ過ぎた
長く伸びきった兵站も間抜けで戦争茶番劇に見えなくもない
エネルギー・食糧資源価格の暴騰が結果事実とすれば
ますます怪しく思えてくる
48. 2022年3月16日 17:00:24 : hHRyrQsPsY : Nk5rVnVxSUM2Vk0=[764] 報告
35さん、
>ロシアが産科病院を爆撃?マリアンナと新型保育器の嘘

やっぱり。ボストン・マラソンもそうだった。爆風で足をふっとばされた筈の「被害者役」が車椅子に載せられ押して貰う映像。動脈が走っているのに血が流れていなかった。顔も青白くなっていなかった。

アンピュティ・アクターという職業なのだそうだ。ハリウッド。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b23掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b23掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b23掲示板  
次へ