★阿修羅♪ > 戦争b23 > 566.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
米大統領の息子が国防総省などと手を組み、ウクライナで生物兵器を研究開発(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/19/warb23/msg/566.html
投稿者 赤かぶ 日時 2022 年 4 月 02 日 11:05:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

米大統領の息子が国防総省などと手を組み、ウクライナで生物兵器を研究開発
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202204020000/
2022.04.02 櫻井ジャーナル


 ジョー・バイデン米大統領は苦境に陥っている。EUや日本だけでなく自国に経済的なダメージを与え、東から西にかけてのアジア、アフリカ、ラテン・アメリカがアメリカから離れ始めているだけでなく、副大統領時代にネオ・ナチを投入して始めたウクライナでの戦争でロシアの反撃にあっているのだ。


 今、注目されているのは大統領の息子、ハンター・バイデン。ニューヨーク・ポスト紙は2020年10月14日、​バイデン家がウクライナの天然ガス会社ブリスマ・ホールディングス(本社はキプロス)や中国のエネルギー会社CEFCとの取り引きでいかに稼いでいるかを示す電子メールが存在すると報じた​。ブリスマの件はウクライナの検察当局が捜査、それを父親が圧力をかけて揉み消したとも伝えられている。


 今回、問題になっているのはロズモント・セネカ・パートナーズという投資ファンド。ハンターのほかクリストファー・ハインツとデボン・アーチャーが2009年に創設した。


 ハインツはジョン・ケリー元国務長官の義理の息子で、アーチャーはエール大学でハインツのクラスメート。バイデンとアーチャーは2014年にブリスマの重役に就任するが、その時、このふたりとビジネス上の関係をハインツは絶ったとされている。


 ウクライナでロシア軍が回収した文書の中に、ロズモント・セネカとジョージ・ソロスのオープン・ソサエティがウクライナにある生物化学兵器の研究開発施設へ資金を提供していることを示すものが含まれていたという。


 こうした施設にアメリカの国防総省や同省の国防総省のDTRA(国防脅威削減局)が協力していたことは明らかにされているが、そのほか国務省、USAID(米国国際開発庁)、USAMRIID(米国陸軍伝染病医学研究所)、WRAIR(ウォルター・リード陸軍研究所)、そしてアメリカの民主党が仕事を請け負い、さらに国防総省はメタバイオタ、ブラック・アンド・ビーチ、そしてCH2Mヒルが仕事をしている。


 メタバイオタは生物学的な脅威の評価したり管理する仕事をしている会社で、ウイルス学者のネイサン・ウルフによって創設された。2014年から​エコヘルス同盟のパートナーになっているが、その背後にはUSAIDの「PREDICTプロジェクト」がある。


 エコヘルス同盟はアンソニー・ファウチが所長を務めるNIAID(国立アレルギー感染症研究所)から武漢病毒研究所へ資金を提供する仲介役を演じてきたことでも知られている組織。このため、ウクライナの研究所はCOVID-19(2019年-コロナウイルス感染症)にも関係しているという疑いが生じた。


 アメリカがウクライナにこうした研究施設を持っていたことは否定できない事実であり、ロシア軍は文書やサンプルなど証拠を回収、それらを公表しつつある。アメリカの政府や有力メディアが否定しても、世界の人びとは事実を知っていく。国連はこの問題に触れたくないようだが、そうした姿勢を取れば取るほど信頼されなくなる。アメリカの支配層は個人に責任を押し付けて逃げようとするかもしれない。


 こうした事態になったひとつの要因はウクライナの研究施設から重要な文書やサンプルがロシアの手に渡ったことにある。アメリカ政府はそうしたことが起こるとは考えていなかっただろう。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[168704] kNSCqYLU 2022年4月02日 11:06:37 : IrhQbsPtA1 : My43WnR3V2FGemc=[7317] 報告

2. 赤かぶ[168705] kNSCqYLU 2022年4月02日 11:08:37 : IrhQbsPtA1 : My43WnR3V2FGemc=[7318] 報告

3. 2022年4月02日 13:30:19 : gsMxoWlEpY : YU82dnhGbGVuTXc=[494] 報告




4. 2022年4月02日 14:04:50 : nNSBfNDg7Q : M1kyT3dMa254QlE=[171] 報告
グルジアにかえろ。缶コーヒーみたいで安っぽい。
5. 2022年4月02日 14:56:41 : UcPoG1ajML : WHZWNi96eXJRbC4=[27] 報告
ウクライナが破綻国家であることは以前から報じられていました−経済的な基盤が乏しい。バイデン子息ハンターはそこで暗躍の吸血虫のよう。同じ人間が生物兵器研究所に関与して資金を流しキックバックさえ起こりそうな話。現状はロシアを新たなアフガニスタン=ウクライナの泥沼に引きずりこもうとする米国作戦が進行中。ネオナチ部隊が占拠しているというマウリポリをロシアが制圧する時点で事態が大きく変わるのか。いや停戦までまだ先が長いのか。人命を賭した実負担がほとんどない米国の指図は「継続」なんでしょう。
6. 2022年4月02日 15:07:41 : gsMxoWlEpY : YU82dnhGbGVuTXc=[497] 報告
日本人が自国を「ニホン」「ニッポン」と呼ぶように、
グルジア人は自国を「サカルトヴェロ」と呼ぶとのこと。
なんか「バラ革命」以降もアメリカの臭いがプンプンする(笑)


> 本当に「ジョージア」で良かったのか?

さて、旧ソ連諸国の国名をめぐるモヤモヤの、最たるものは、かつて「グルジア」と呼ばれていた国の、我が国における呼び名が、2015年に「ジョージア」へと変更になった件です。

ジョージア当局は日本側に、「グルジア」というのはロシア語の読み方であり、我が国にとっては不本意なので、ぜひ「ジョージア」という国名に変えてほしいと要請してきたわけです。ただし、ジョージアの人たちは、自分たちの国のことを「サカルトヴェロ」と呼んでおり、「ジョージア」というのは英語(およびその他の西欧言語)の読み方なのです。・・・

旧ソ連諸国の国名をめぐるモヤモヤが止まらない:朝日新聞GLOBE+
https://globe.asahi.com/article/12602847

7. 2022年4月02日 15:30:05 : WbgSpE5HcQ : eC5NcnFNNHJNdXc=[1] 報告
色々つながってきたな

これも参考までに。
frontiers in Virologyに掲載された論文
「MSH3 Homology and Potential Recombination Link to SARS-CoV-2 Furin Cleavage Site」
https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fviro.2022.834808/full

要約すると、コロナウィルスの塩基配列と、モデルナの特許(コロナ騒ぎの前)内の配列が19コ連続で一致した、という話。
しかも感染に重要なフリン切断部位12コを含む。

これが偶然一致する確率は、「3.21×10のマイナス11乗」との事。

8. [421] iKQ 2022年4月02日 19:00:44 : 2PO6QU0fEg : RVU2LktrbnViUG8=[310] 報告

 プーチンは 信じれるが〜〜〜

 駄メリカは 信じられない

 

9. 2022年4月02日 19:12:10 : MGWZiHZ7is : WXJZdm5lMzd5WWc=[1] 報告
これで米露は手打ちか殲滅戦、欧露は今回のキューバ危機≒ウクライナ危機でNATOのウクライナへの肩入れが尋常ではないことが明確になり、ロシアによる警戒が続くだろう。
NATOがウクライナを要衝として考えているのはロシアの隣国だからだろうし、それはロシアへの軍事侵攻の脅威を意味している。
仮に将来的にプーチンが去ったとしても、ロシアはその地政学的脅威を脅威と見なすだろう。
10. 2022年4月02日 19:49:05 : 9rweDrwSL2 : QnppNC92dllGVk0=[575] 報告
「Ukraine2019 乗っ取られたウクライナ」 オリバー・ストーン監督

これを見て欧米プロパガンダと日本マスゴミの危険性を再認識した

ロシアは我慢してきたこと、と ソロス、バイデン、ヒラリーに連なる汚さ

ウクライナは豊かな国のはずが、無能な政治家のせいで富と知性を失い

欧米に食い物にされ・・・

これを、「プラトーン」(ベトナム戦争)映画作ったオリバー・ストーン監督我作っていたとは未来暗示だね

11. 2022年4月02日 19:51:38 : 9rweDrwSL2 : QnppNC92dllGVk0=[576] 報告
>10 監督我作っていた 監督が作っていた
12. 2022年4月03日 00:03:43 : GCUPhUXmVU : MjFiMkk1bWlWWFk=[1] 報告
この Strategic Culture Foundation の記事によれば、ウクライナは分割されることになっていて、もうポーランドメディアは地図まで見せたとのこと。
文中の「イリヤ・キヴァ」議員は、ゼレンスキーがポーランドにいると、3月に発言した人。
ポーランドやハンガリーにまで割譲されるというのは、正直「ホンマかいな」という話ではある。


シリアとイラクの分割に失敗した後、ウクライナをばらばらにすると決めたアメリカ: マスコミに載らない海外記事
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2022/04/post-5f2af8.html

> ホワイトハウスは、彼らが、ゼレンスキーと「ウクライナのパイの一部」に合意するよう願ってポーランド、チェコ共和国とスロベニア指導者によるキーウへの「友好任務」で3月中旬の列車旅行を認めた。

アメリカがウクライナの一体性を犠牲にして、現在の状況で、国を分割するのをいとわない事実は、この旅行後、ポーランドのチャンネルTVP1が示した「ウクライナ最新地図」で証拠づけられる。この意見は彼のTelegramチャネルで、この地図を出版した元ベルホーヴナ・ラダ(国会)議員のイリヤ・キヴァが確認した。地図は中央と北部地域だけがウクライナの一部のままであることを示し、他方リヴィウ、イヴァーノ=フランキーウシク、ヴォリーニ、リウネとテルノーピリ地域は、既にポーランドの印が付けられている。ザカルパッチャはハンガリーになった。ドンバス共和国と同様、オデッサ、ムィコラーイウ、ヘルソン、ザポリージャ、ドニプロペトロウシクとハルキウ地域はロシア連邦の一部という印を付けられている。

13. 2022年4月03日 09:05:16 : nNSBfNDg7Q : M1kyT3dMa254QlE=[177] 報告
もうーつのマスゴミが必死に隠蔽する動きはパキスタン情勢だ。

ー引用 ここから
イムラン・カーン首相、アメリカに挑む
パキスタン政府は、日曜日のイムラン・カーン首相を政権から追放するための不信任決議案(NCM)は、ワシントンで首謀されたものだと主張している。
https://thecradle.co/Article/analysis/8673

アフガニスタンでの屈辱的な敗北とウクライナ問題での信用失墜の後、米国一極集中の時代は終盤を迎えているようだ。先週、パキスタン政府が、米国はイスラマバードの政権交代を画策していると主張したのは、こうした攻撃の最たるものだ。

今回、米国は手痛いしっぺ返しを食らった。この主張は、リークやフリンジ・オブザーバーを通じてではなく、パキスタンのイムラン・カーン首相自身によってなされたものである。米国務省は関与を否定しているが、政治ドラマはまだ始まったばかりだ。

アフガニスタンの近隣諸国による重要な会議から、中国のトップ外交官がワシントンの行動に対して公然と非難を浴びせた。王毅外相は、米国が小国を紛争に引きずり込むことを許さず、「米国の冷戦的な考え方」を厳しく非難したと述べた。北京は、今日ロシア、イラン、アフガニスタンなどを含むアジアの重要なパートナーである内輪から、米国がパキスタンを奪うことを許さない決意をしている。ー引用 ここまで


以後、首相がその証拠して示す書類について論考が進む。そして首相がこの書類を公の場で公表してはならないという最高裁の決定があった事実を指摘する。

ー引用 しかし、数時間のうちに、イスラマバード高等裁判所(IHC)に謎の請願書が提出され、イスラマバード最高裁長官Athar Minallahは、秘密保持の誓いのためにイムラン・カーンはこの手紙を公の場で共有することはできない、という法的見解を出した。偽の手紙について、パキスタンの最高司法当局がこのような迅速な判決を下すことはありえないだろう。ー引用ここまで

パキスタンはロシアとの経済交流拡大に向けアメリカの制裁網から逸脱する動きを続けている。

さらに中国とも親密化を進め、戦闘機を中国から導入するなど極めて活発だ。
JF17を50機購入すると発表したのはまさにこの2月11日の事だった。

そこからインドのミサイル「誤射」から首相の不信任までの一連の不審な流れはウクライナ情勢により隠蔽されているが、アメリカの一極支配が崩壊した根拠となりうるのではないか?

14. 2022年4月03日 10:25:58 : gsMxoWlEpY : YU82dnhGbGVuTXc=[498] 報告
「パキスタン」でニュース検索したらこんな感じ:

パキスタン首相 不信任審議で劣勢の見方(写真=AP)日本経済新聞
2日前 · 【ニューデリー=馬場燃】パキスタンのカーン首相の政権運営が正念場を迎えている。カーン氏は野党勢力から不信任案を突きつけられ、足元の審議で劣勢...

インドがパキスタンにミサイル誤射、「技術的不具合」と説明|ロイター
3週間前 · [イスラマバード/ニューデリー 12日 ロイター」 - インド国防省は11日、保守点検の際の「技術的な不具合」により、9日にミサイル1発をパキスタン...

米中ロとパキスタン、アフガン情勢協議へ 中国で今週会合|ロイター
4日前

15. 2022年4月03日 13:46:15 : nNSBfNDg7Q : M1kyT3dMa254QlE=[183] 報告
国内マスゴミでは当然のようにアメリカの陰謀だという首相の発言とその余波の広がりについてはカケラも見られないだろ。

これはアゾフ、ネオナチについて沈黙を続けている事と同じ現象であって、我々は全てのニュースで同様の操作、誘導を受けていると考えて良いのではないか。

例えばこの事件などもし国内マスゴミが報じた途端、世論は一変するだろう。

MK✝️ @sofimari21
2022年4月2日 23:58:08
マリウポリから私服に着替えて逃れようとしてたナチ女

子連れの夫婦を装った

子供が声出さず泣いて震えてるのをロシア兵士が不審に思い、少し離れた所に連れて行き親の名前を尋ねる
子供は、あれは親じゃない、あの人達はさっき両親を撃ったと話した
片親が生きてた
ナチ女にそれを伝える焦りが出る

https://t.co/7ssnW7aDjS
https://twitter.com/sofimari21/status/1510270364223299588
http://www.asyura2.com/19/warb23/msg/565.html#c22

16. 2022年4月03日 15:57:47 : hHRyrQsPsY : Nk5rVnVxSUM2Vk0=[794] 報告
RTは、ウクライナが細菌をロシアにバラまこうとして、トルコのドローン製造メーカーに、20リットルの缶をぶら下げて、300km飛べるかという質問をしていたことを報じている。
https://www.rt.com/russia/553067-ukraine-biolabs-hunter-biden-documents/

そして、ナント、アメリカは「細菌バラマキ装置」特許(USP 8967029)を取得している。
https://patentimages.storage.googleapis.com/ba/7f/d5/151c0f5f7a1e86/US8967029.pdf
Fig.1の図がそのシステム。笑ってしまう。(笑い事ではないが、彼らはそういう感覚で人殺しをしている。)

そして、現在ハンター・バイデンは、中国の件(中国側の容疑者は逮捕された)で司法省に捜査されているが、「もし、ハンター・バイデンが有罪になったら大統領恩赦をだすか」と問われて、ホワイトハウスは否定しなかった。

17. 2022年4月04日 13:02:39 : hHRyrQsPsY : Nk5rVnVxSUM2Vk0=[796] 報告
15さん、
>[日本]国内マスゴミでは当然のようにアメリカの陰謀だという[パキスタン]首相の発言とその余波の広がり[に関する報道]についてはカケラも見られないだろ。

僭越ながら[]内を追加して読ませていただきました。同感です。
日本マスゴミの記者がCIAの下請け社員証を持っているかどうかは確認できませんが、外形的にはCIAの主張と全く同じです。
パキスタンのカーン追放工作もまさしくそれ。
不信任投票が実施されていたら危ないところだったが、副議長が「外国の干渉」があるとして投票をキャンセルした。そして、議会の選挙をすることになった。恐らくアメリカは当然のように選挙に干渉(つまり不正選挙)するでしょうが、カーンが勝つでしょう。甘くみてはいけませんが。

セルビアも、ハンガリーも現職が勝った。
こうして、世界の180カ国くらいがアメリカに従属しない姿勢を鮮明にするようになると、日本のマスコミや野党もそろそろ、自分たちも、と考えるのではないかと思います。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b23掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b23掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b23掲示板  
次へ