★阿修羅♪ > 戦争b23 > 854.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
戦力が大幅に低下したキエフ軍をテコ入れするためCIAはシリアで戦闘員を雇用(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/19/warb23/msg/854.html
投稿者 赤かぶ 日時 2022 年 7 月 03 日 04:20:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

戦力が大幅に低下したキエフ軍をテコ入れするためCIAはシリアで戦闘員を雇用
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202207020000/
2022.07.02 櫻井ジャーナル

 シリアではクルドがアメリカの手先として戦闘を続けているが、そのクルドに拘束されているDAESH(IS、ISIS、ISILなどとも表記)の戦闘員をCIAは雇い、ウクライナでロシア軍と戦わせようとしているとロシアのメディアが伝えている。

 DAESHはアル・カイダと同じように、サラフィ主義者(ワッハーブ派、タクフィール主義者)やムスリム同胞団を中核メンバーとする傭兵集団。イギリスの外務大臣を1997年5月から2001年6月まで務めたロビン・クックが2005年7月にガーディアン紙で説明したように、​「アル・カイダ」はCIAの訓練を受けた「ムジャヒディン(イスラム戦士)」の登録リスト​だ。アラビア語でアル・カイダはベースを意味、データベースの訳語としても使われる。

 ウクライナではキエフ政権軍の犠牲者が多く、投降する兵士も少なくないという。​ドイツの情報機関「BND(連邦情報局)」が分析しているように、このまま進むと、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー政権は7月いっぱいで抵抗を終えざるをえなくなり、ロシア軍は8月にドンバス全域を制圧できる​と見られている。

 ドンバスでウクライナ軍が組織的に戦うことができなくなると、一気にドニエプル川までロシア軍は制圧する可能性があるが、そうしたことにならないよう、ジョー・バイデン米政権やボリス・ジョンソン英政権はキエフ軍がロシア軍と戦い続けることを強要している。

 ネオ・ナチは米英に同調しているが、戦力の大幅な低下は否定できない。そこでアメリカ/NATOは高性能兵器を供給、戦闘員の補充を図っている。

 フランスから供与されたカエサル155mm自走榴弾砲でドンバス(ドネツクとルガンスク)の住民は6月6日から攻撃されているが、アメリカはHIMARS(高機動ロケット砲システム)を、またイギリスはM270 MLRS(M270多連装ロケットシステム)を引き渡しつつあるが、操作方法がわからなければ仕方がない。そこで​ジョンソン政権はイギリスでウクライナ兵に操作方法を訓練している​と伝えられている。

 アメリカのバラク・オバマ政権は2013年11月から14年2月にかけてウクライナでクーデターを成功させ、ビクトル・ヤヌコビッチ大統領を暴力的に排除したが、ウクライナ全域を制圧するには戦力が足りない。その一方、ネオ・ナチから命を狙われていたベルクト(警官隊)の隊員やクーデター体制を受け入れられないウクライナ軍の兵士やSBU(ウクライナ保安庁)の隊員がドンバス(ドネツクとルガンスク)軍に合流している。

 そこで​アメリカ政府はCIAやFBIの専門家数十名を顧問として送り込んで兵士を訓練​するだけでなく、​傭兵会社「アカデミ(旧社名はブラックウォーター)」の戦闘員約400名をウクライナ東部の作戦に参加させた​と伝えられている。​2015年からCIAはウクライナ軍の特殊部隊をアメリカの南部で訓練し始めた​ともいう。

 訓練だけでなく実戦に参加しているとする情報もある。ニューヨーク・タイムズ紙によると、​CIAだけでなくイギリス、フランス、カナダ、リトアニアの特殊部隊員がウクライナ国内で活動​。主に首都のキエフで活動しているとされているが、ドンバスにもいるようだ。

 また、ル・フィガロ紙の特派員、ジョージ・マルブルノはウクライナで取材を終えて帰国した後、アメリカ陸軍のデルタ・フォース(第1特殊部隊デルタ作戦分遣隊)やイギリス陸軍のSAS(特殊空挺部隊)が戦闘に参加していると伝えていたが、こうしたことも続いているだろう。​アメリカ陸軍の第10特殊部隊グループはドイツで訓練の準備を秘密裏に進めている​ともいう。

 CIAと軍の特殊部隊が連携して作戦を遂行することは珍しくない。その源流が同じだということは本ブログで説明した通りだ。

 ウクライナでも好戦的な姿勢を見せているNATOはソ連軍の侵攻に備えるために組織されたとされているが、これは表向き。実際はヨーロッパ支配の仕組みであり、左翼勢力を潰すために秘密部隊のネットワークも存在する。おそらく、その中で最も有名な部隊はイタリアのグラディオだ。

 グラディオは極左を装って爆弾テロを1960年代から80年代にかけて繰り返す。人びとは治安体制の強化を容認し、左翼を拒絶するようになる。支配層の作戦は成功した。この作戦でもナチスを含むファシストのネットワークが協力している。

 NATOの秘密部隊ネットワークはNATO加盟国全てに張り巡らされているが、未加盟のウクライナにも侵入している。ウクライナのネオ・ナチで最も強い影響力を持っていると思われるドミトロ・ヤロシュは同国軍参謀長の顧問を務めているが、NATOの秘密部隊に参加していると言われているのだ。

 ヤロシュはドロボビチ教育大学でワシル・イワニシン教授に学んでいるが、この人物はステパン・バンデラ派のOUN-B人脈が組織したKUN(ウクライナ・ナショナリスト会議)の指導者グループに属していた。この教授が死亡した2007年にヤロシュは後継者に選ばれ、NATOの秘密部隊ネットワークに参加したと言われているのだ。

 その年の5月にウクライナのテルノポリで開かれた欧州のネオ・ナチや中東の反ロシア・ジハード主義者を統合するための会議で議長を務めている。ヤロシュたちは世界ネオ・ナチとネットワークを構築する一方、サラフィ主義者(ワッハーブ派、タクフィール主義者)やムスリム同胞団と連携していたと言える。

 クーデター直後の2014年3月、ヤロシュは声明を発表し、その中でチェチェンやシリアでロシアと戦ったサラフィ主義者などイスラム系の武装集団への支援を表明している。クーデターの際、チェチェンでロシア軍と戦っていた人物が参加していたこともわかっている。ウクライナでロシア軍と戦わせるためにジハード傭兵を使っても不思議ではない。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[175334] kNSCqYLU 2022年7月03日 04:20:58 : IrhQbsPtA1 : My43WnR3V2FGemc=[13951] 報告

2. [1009] iKQ 2022年7月03日 07:12:30 : 2PO6QU0fEg : RVU2LktrbnViUG8=[913] 報告

 徒労
 
3. 2022年7月03日 13:27:36 : niyy4hTwUA : OHU1UGRCUHhtN0k=[8928] 報告
今ははっきり思う。
CIAは狂っている。
4. 2022年7月03日 15:20:23 : TuhNWOVz5E : OXdNZ1JEVWNXbEk=[30] 報告
ベトナム戦争の時とは逆で首都が陥落してから
ダメリカ様が直々に躍り込む脚本かいw
最近のDSのお偉方の考えていることはようわkらん
5. mafiaだから狂ってる[1] bWFmaWGCvoKpgueLtoLBgsSC6Q 2022年7月03日 15:48:15 : ozjhJl7hHg : eUsuSlU1cDBzbG8=[482] 報告
>>3

>CIAは狂っている。

そりゃ薬物栽培:デューク CIA KKK
ナチスで金稼ぎし(略奪物販売で金稼ぎ)薬物栽培・虐殺のギャングマフィア:プレスコットブッシュ

アメリカナチ党KKKS&BCIAナチス派 ですから 狂っているのは当然です。

S&B(ブッシュ・ロスチャイルド)

ロスチャイルドもロシア系ユダヤマフィア:マークリッチと関係性がありますので。シリアのゴラン高原の略奪原油(犯罪収益)で金稼ぎしているのがジェイコブロスチャイルドです。

___

マーク・リッチは、ロスチャイルド大財閥のヘンリー・ロスチャイルドの招きで、
 ロスチャイルド大財閥の傘下のフィリップ・ブラザーズという原料商社に入社し、
 そこで、ヘンリー・ロスチャイルドに育てられて、一流の相場師となり、

___

イスラエルが違法に占領するシリアの領土ゴラン高原は産油量が豊富。ここで米国石油会社ジニーが盗掘し莫大な利益を得ている。この会社の役員には、チェイニー元副大統領、マードック、ロスチャイルド、ジェームズ・ウーズリー元CIA長官etc。

イギリスのメディア王、ルパートマードック
___


★★ 略奪窃盗原油による受益関係者(犯罪収益) ⇒ロスチャイルド ★★
★★ 略奪窃盗原油による受益関係者(犯罪収益) ⇒ロスチャイルド ★★

イスラエルが違法に占領するシリアの領土ゴラン高原は産油量が豊富。

ここで米国石油会社ジニーが盗掘し莫大な利益を得ている。この会社の役員には、

★★チェイニー元副大統領、マードック、ロスチャイルド、ジェームズ・ウーズリー元CIA長官 ★★ etc。

イスラエルが違法に占領するシリアのゴラン高原で、石油を盗掘するジニー石油。

その役員には華々しい面々が―チェイニー、ロスチャイルド、
マードック、ウールジー、リチャードソン、ラリー・サマーズ、マイケル・ステインハーダット

世界のメディア王などと言われているルパート・マードックと国際的金融資本勢力の本家であるロスチャイルド家のジェイコブ・ロスチャイルドは、イスラエルが占領しているシリア領のゴラン高原に石油採掘権をイスラエルから受けているという。

 それは国際法に照らし合わせて違法なのだが、

イスラエルはシリア領だがイスラエルが占領しているゴラン高原での石油採掘権を、ジェニ・エナジーに与えた。
ルパート・マードックとジェイコブ・ロスチャイルド卿は、このジェニ・エナジーの大株主である。

このジェニ・エナジーはアメリカのシェール・ガスに利権を持っているし、
イスラエルのシェール・オイルにたいしても同様である。ディック・チェイニーもまたこの会社の顧問である。

 国際法ではクレイグ・ムレイが2013年2月に、「イスラエルはシリア領の石油採掘権を
マードックとロスチャイルドに与えた」の記事の中に書いたように、
イスラエルが占領地の石油採掘権を与えることは違法行為となる。

6. 2022年7月03日 16:17:03 : ozjhJl7hHg : eUsuSlU1cDBzbG8=[483] 報告
イスラム国ISISの指導者バグダディは、モサドとCIAとMI6が育てた人物である。
アルカイダは米国がつくったと ヒラリー・クリントンが暴露している

つまりイスラム国ISISは、米・英・イスラエルなどの国際金融資本(米金融ユダヤ)が、 中東に居座って戦争利権・石油利権を確保するために作った自作自演の物語であり、ツールである。

アルカイダもまた米国が作ったものだ。

米欧の潤沢な資金で、テロは育てられているのだ。

___

https://parstoday.com/ja/news/middle_east-i6799

アメリカ共和党の元連邦下院議員だったロン・ポール氏は、ロン・ポール研究所のダニエル・マクアダムス理事との会談で、「ISISを自ら育成したというサウジアラビアの自白は、必ずしも衝撃的なことではない」と語りました。ロン・ポール氏によれば、サウジアラビアはCIAへの通告なしにISISを出現させることはできなかったということです。ロン・ポール氏はまた、「CIAとアメリカ国防総省は、シリア危機の勃発により、同国のアサド大統領を辞任させるお膳立てをしており、まさにこのためにISISを必要としていた」と述べました。

ロン・ポール研究所のダニエル・マクアダムス理事も、「ISISを立ち上げ、資金援助を行ったのはサウジだが、

★★ISISとアルカイダが国際舞台に台頭する必要な条件を整えたのはアメリカだ」★★ と考えています。
★★ISISとアルカイダが国際舞台に台頭する必要な条件を整えたのはアメリカだ」★★ と考えています。

7. ISフィリピンへ進行[1] SVODdINCg4qDc4OTgtaQaY1z 2022年7月03日 16:20:56 : ozjhJl7hHg : eUsuSlU1cDBzbG8=[484] 報告
>>6

★★ 非親米政権:フィリピンドュテルテを打倒させるため、米国の育てたテロ集団:シリアで有名なISをフィリピンに侵略進行させている。 ★★

http://www.asyura2.com/21/kokusai31/msg/675.html

米国の傀儡政権化、フィリピン

南シナ海を支配するためにフィリピンは重要。ドゥテルテの前任者であるベニグノ・アキノ3世は母親のコラソンと同じようにアメリカ支配層の代理人。ベニグノは2010年6月から16年6月まで大統領を務めたが、2012年からスービック海軍基地やクラーク空軍基地をアメリカ軍に再び使わせている。

 2016年6月からドゥテルテは大統領を務めたが、最初からアメリカの属国から脱する意思を見せ、中国と友好的な関係を結ぼうと積極的に動く。アメリカは1998年にフィリピンへVFA(訪問軍協定)を押しつけていたが、​​この協定の破棄をドゥテルテ大統領は2020年2月にアメリカへ通告​した。

 ドゥテルテによると、2016年9月の段階でフィリピンの情報機関からアメリカが彼を殺したがっているという報告を受け、2017年5月にはフィリピン南部にあるミンダナオ島のマラウィ市をダーイッシュ(IS、ISIS、ISIL、イスラム国とも表記)系だというマウテ・グループやアブ・サヤフが制圧した。この地域は以前からダーイッシュが活発に動いていて、市内には500名程度の戦闘員がいると見られていたが、アメリカ軍は活動を容認してきた。中東でアメリカはダーイッシュを傭兵として利用している。

 この騒動の際、マラウィ市制圧を口実にして特殊部隊を派遣している。アメリカ大使館はフィリピン政府から要請に基づき、アドバイするんだと説明しているのだが、ドゥテルテ大統領はアメリカ側に支援を頼んでいないとしている。

 ベニグノ・アキノ3世の父親にあたるベニグノ・アキノ・ジュニアはアメリカのNEDを通じてCIAから活動資金を提供されていたが

8. 2022年7月04日 18:43:35 : fKkQda7Cxw : a01WR1RYQWZoY00=[1973] 報告
新興宗教の信者会合に迷い込んだみたいだ。
何の会話かさっぱりわからない。
どうやら突然侵略されたウクライナについてのスレッドみたいだが・・・

櫻井ジャーナルは日本に残ったロシア大使館員が代行して書いているに
違いない。本国がバカだと苦労するよね。

9. 2022年7月04日 22:11:29 : niyy4hTwUA : OHU1UGRCUHhtN0k=[8950] 報告
CIAが組織として狂ってるのは間違いないのだけど、個人としても狂人ばかりなのかな?
スノーデン氏のようなのは珍しい部類なのか。
職員採用段階で、正常な思考思想の人間を排除しているとか?

>>8
貴殿は事実も全く認めようとしない「信者」さんですものね。
理解できるとは思ってませんよ。
(天動説を信じる人に、地動説を説いても理解しようとしないのと同じ。「理解できない」のではなくて、「理解したくない」のですから)

10. 2022年7月05日 02:58:12 : wakZuA9Za6 : dWdKMFNwTmdDdk0=[16] 報告
>>8
「このサイト自体、おたくみたいな人物が来る場所じゃない」と言う事だ。
保守速報かNews.U.S.にでも行けば?!
11. 2022年7月06日 02:02:30 : 4boVvDGY2E : V3lOTVhCU0pHOUE=[3] 報告

クォンタムファンドはプーチンの金主アルファバンクと共闘してる過去があるし
ブッシュ一派と関連が深くスノーデンが居た会社ブーズ・アレン・ハミルトンの商業部門ブーズ・アンド・カンパニーの親会社PwCがプーチンの子分の所得隠し手伝ってると暴露されてる
以前にマンハッタンのタワマンをプーチンの側近に売ったのはシティグループの元会長
離合集散あるかもしれんが
ソロスもブッシュもプーチンもすごい近いとこにいるという印象
ビッグブラザーが誰だか知らんが
直接的に世界を支配してるのは麻薬傭兵奴隷金貸しの総合商社だろうなー


12. 2022年7月06日 13:58:58 : Pzj3fpWqTs : dkJhSnBmb2M0VU0=[48] 報告
雑な仕事だよなあ。
こんなだからシリアの騒ぎも結局はCIAが旗降ってたって簡単にバレるんやんか。
13. 2022年7月09日 18:14:27 : hNHhUPgfXo : Y0YySUlQWnE0ZG8=[566] 報告
そんな工作でプーチンのロシアに勝てるわけがない。アメリカはシリアでもアレッポを無茶苦茶にしたが結局負けたし。それでも戦争屋は莫大な金を手に入れた。今回も同じ。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b23掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b23掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b23掲示板  
次へ