★阿修羅♪ > カルト24 > 159.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
パーズ・イラン・完全に軍事施設に接近した為に敵機きと識別された。パイロットが通常コースを外れた理由が事故の原因で、遠隔操作の有無も調べるべきである。
http://www.asyura2.com/20/cult24/msg/159.html
投稿者 ポスト米英時代 日時 2020 年 1 月 12 日 11:12:54: /puxjEq49qRk6 g3yDWINnlcSJcI6ekeM
 

どうやら鬼畜米英ラエルがイラン軍に誤射させるように仕向けた匂いがプンプンするが、それはそれとして謝罪するイラン政府は鬼畜米英ラエルに比べてまともである。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2020年1月12日 11:33:35 : jfJb63e0Is : YjU5aDVNUEY1V0U=[3] 報告
御巣鷹山
大韓航空機撃墜
9.11
マレーシア航空機行方不明
ウクライナ航空機もこれで2度目かwwww
毎回同じパターンだねwwww
ANAでもJALでも格安航空機でもいいが
旅客機に乗る時は日の丸のハチマキと千人針を忘れるなよwwww


2. 2020年1月12日 13:22:10 : muIhBvgZhE : dUhMNVJEaWkzbWs=[36] 報告
そもそもイラクの基地にミサイル攻撃した4時間後の緊迫した中で
民間機を離陸させるという異常事態。
3. 2020年1月12日 18:57:48 : sExV6HnokI : dkNFQnlCZnByNUE=[1] 報告
どうにも臭いですねこれは
誤射墜落を批判する反政府デモが発生して現場で英大使が煽ってて
トラが「自由と民主主義を求めるデモを支持する」「イランは人権を侵害するな」とか香港かよ
露骨な戦争ができない世界になったら、もっと陰湿な攻撃になった
前川喜平は真相を知ってるんだろうけど、あの人もいつも自由と民主と人権が好きだな
4. 2020年1月12日 20:08:44 : HyHxwTE03o : SzhqL0JESU1DWGc=[1041] 報告
しかし、桜井ジャーナルによると、
イランは米軍基地を報復と称して、「スレイマニ作戦」と命名、

軍関係者、80人、負傷者200人くらい出て立派に報復を
やり遂げたようですね。

イラクとイランが報復すれば、当然米国は、太刀打ちできず、
それで慌てて、急遽、「平和のために行った、これ以上の戦争は望まない」
とか言い出して、店じまいが始まった。

52箇所攻撃するはずのトランプにしてはやけに
早い退散となったのは、最初から,できない戦闘だったということらしい。

引っ込みが異常に早かったので、トランプの馬脚が見えた感じで、

かっこ悪いの一言。

民間機の墜落は、米国のCIAがやったものかは

わからないが、イランがほんとに、間違えたかどうかも疑わしい。

  


 


 

5. 2020年1月13日 01:23:36 : mvWsk3DpB2 : ODVlYjZnYlBlYVk=[42] 報告
ウクライナ航空機は離陸後、異常な進路を取ってイランの軍事基地に接近した
だから地帯空ミサイルで撃墜した
ウクライナが抗議していないことから、それが事実なのだろう
イランは交信記録とかを小出しにし「イラン軍の正当性」が徐々に明らかになり、「ダメリカの悪」がまた証明されることになるかもしれん
おふざけで基地に接近したとか、故障でそうなったのならまだマシ
まあダメリカのことだ「ボーイング機の遠隔操作による特攻だった」のだろうなあ
そんな感じ
6. 2020年1月13日 09:17:05 : xeAKFFn6HE : Mi5rS0xhbWdCdHc=[1] 報告

戦争に偶然はない、と言われる。
報道された「事実らしきもの」を列挙すると__

・トランプ政権がソレイマニ司令官を殺害
・報復としてイランが米軍基地を攻撃(死者、イラン発表で多数、米国発表は軽微)
・トランプ政権は戦争拡大を望んでいない(スイス経由で書簡?)
・イラン政府も事態のエスカレートを望んでいない
・ウクライナ機・撃墜(イラン軍による誤射)
・イラン政府が自国軍のミスであったと発表・謝罪
・イラン政府は、誤射に関わった軍関係者を処分すると発表
・ウラン濃縮(核開発)は続行する、米国は経済制裁を強化する___

トランプの米国は、ソレイマニ司令官を殺害することができた。イラン政府側から見ると、ソレイマニ司令官を失うと同時に自国軍のミスを認めることで軍関係者の処分を行い、人事刷新によって軍部の独走・暴走に歯止めをかけることができる。そして両者ともに事態のエスカレートを望んでいない。今後イランは、ロシアとの経済協力・技術協力の下で核開発に力を入れ、核兵器を保有し、イラクやリビアを密かに攻撃を続けてきたイスラエルと軍事力・武力で対抗・威圧できることになる__という「多極主義(田中宇)」に向けた筋書きの一環かも?

そもそも、イランと米国の軍事衝突の最中であるにもかかわらず、イランが「自国軍に誤射される状態に置いたままで民間航空機の発着と飛行が許される」というのは、余りにもあり得ないだろう。つまるところ、米国・イラン両政府による「謀略」であり、目的達成のために敢えて民間機を墜落させたのではないかと見ている。

もしかするとソレイマニは、イラクやリビアへの攻撃を続け、両国を滅ぼそうとしていた核爆弾保有のイスラエル・シオニスト・ネタニヤフと裏側で通じていたのかも知れない(トランプ政権からイラン中枢への情報提供は十分にあり得る)。また、劣化ウラン弾で放射能汚染されたイラクである。イスラエルが小型の核爆弾を使っていないと言い切れるはずもない。ネタニヤフがどんな声明を公式・非公式に出しているかを調べると真相が読めるかもしれない。

4次元チェスの達人が何を考えているのか、凡人には読めない。
しかし、結果はやがて理解できるかも? でも、やっぱムリかも?  かしこ

7. 2020年1月13日 19:59:37 : 5Cpbrd0CTg : VFZTdklLZGY3OC4=[21] 報告
トランプは、常に、安倍に助け舟を出しています

そしてそのトランプが溺愛しているイヴァンカは、トランプに
バリバリ「統一教会」関係者の安倍を信用すべきと助言

そのイヴァンカの旦那は「悪魔教信奉者」だと伝えられており
実際シオ二スト陣営に属している

トランプは統一教会(CIA)と、その統一教会と同根、昵懇のシオニスト陣営
の意向に沿って、イランへの軍事攻撃を仕掛けていると

笹川財団(CIA)の笹川の立ち位置は第2次世界大戦時ファシスト
戦後従ったCIAはドイツ・ナチスの幹部や研究者らの再就職先

ファシズムを取り締まることを目的にしていた「米国非米活動委員会」を
ファシスト組織が乗っ取り

「反共」を掲げ「人権尊重派」、「民主主義」や「平和」の実現を希求する人々を、「悪しき共産主義者」「体制転覆工作員」という汚名を着せ取締り、弾圧、排除

統一教会や日本会議もCIAの「反共」をスローガンに掲げる要はファシズム支持信奉者組織

トランプ自身、「反共」を表立って発言、
だがそれを「反NWO」だと認識する人々はトランプを絶対支持擁護

「反共」はファシストの隠れ蓑、人権弾圧、剥奪、国家が推進する貧困政策や戦争経済システムに黙って付き従わせる為の「方便」

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト24掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト24掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
カルト24掲示板  
次へ