★阿修羅♪ > カルト28 > 388.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
NHK・ドコモだけでなくペイペイでも不正引き出し。スマホ決済は当分お預けにする事である。
http://www.asyura2.com/20/cult28/msg/388.html
投稿者 ポスト米英時代 日時 2020 年 9 月 15 日 21:36:25: /puxjEq49qRk6 g3yDWINnlcSJcI6ekeM
 

私も便利そうだしお得そうだしでペイペイや携帯ペイを使おうと思ったが、口座からダイレクトに引き落とされるのが引っ掛かって五%還元もカードだけにしておいたが、やっぱり起きたようでこれで日本人の現金離れが遅れるが、便利さと詐欺は裏腹という事である。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2020年9月15日 21:55:47 : Oc3MGxslmQ : dVZMb0k2dTBtaVk=[2] 報告
>ペイペイや携帯ペイを使おうと思ったが、口座からダイレクトに引き落とされるのが引っ掛かって

何か勘違いしておられるようですね。
本人が、ペイペイやドコモの口座を持っているかどうかは、今回の事件は全く関係がありません。まったく、キャッシュレスと関係のない、地方銀行に口座を持っているだけの人が、勝手に犯人が作った偽のなりすまし***口座に、犯人のパソコン操作だけで振り込まれてしまったわけで、記帳に行かなければ、本人も全くわかりません。
こんな恐ろしいキャッシュレス社会になっているのです。金融庁は何をしているのか。キャッシュレスの旗を振るのなら、ちゃんとした監督や規制もすべきでしょうに。茶飲んでハンコ押しているだけか。

2. 2020年9月15日 23:07:19 : BxcXkawfPo : RWVqZWZrY0liTE0=[2] 報告
今回の被害については(現状の被害額が少ないうちは)全額補償されるようだが、
マイナンバーについては、マイナンバーカードを所持している者は勿論のこと、
マイナンバーの記された通知カード(書留)を受け取った者も、
“マイナンバーを知るのは本人以外に居ない”という前提の番号であるがゆえに、
その後、マイナンバーを使用した詐欺・成りすまし・重要書類等の偽造等の
被害を受けたとき、全てが本人の責任とされて被害補償はされない。

勝手にマイナンバーが振られている現在、最良の方法は、自分のマイナンバーを
自分で知らない状態で居ることで、『 通知カード(書留)の受取りを拒否する 』こと。
受取りを拒否された通知カードは、役所に戻り一定期間保管され、その後
差し出し主(国)に戻される。 更にその後も、『 住民票を取得する際などに、
マイナンバーの記載をするという項目にチェックを入れない 』こと。
チェックを入れるとマイナンバーが記載されたモノを手にすることになる。

自分のマイナンバーを自分は知らないということが、客観的に認められれば、
マイナンバーを用いた詐欺等の被害に遭っても、役所等に補償を求めることが
できる。

マイナポイントとかいう詐欺手法に乗っかたら、後が大変だ。

3. 2020年9月16日 00:04:17 : 4aKTx0nYbU : bFlrdXdGUlMuS2s=[4] 報告

まっことそのとおり。
マイナポイントは絶対にやってはいけません。
現在キャンペーンの真っ最中で開設したらポイントあげるという非常に一般人を馬鹿にした単純すぎる方法及びシステムです。
会社の月給取りは給与の受け取りで既にマイナンバーを登録させられているはず。
念のため総務にでも連絡して不正があった場合どうしたらいいかぜひ質問しておきましょう。
今がそのタイミングで実績になりますよ。
しかし答えを聞いて恐らく失望するでしょう。

投稿者 ポスト米英時代 さんはピンボケなお方。
思い込みが物凄い。
それもいい加減な知識でね。
この人がもし上司ならたまらんですね。
もしかしたら放射性汚染の影響でシナプスが減っているのかもです。
気をつけましょう。
特に飲み水は注意。

4. すべてはひとつ[188] greC14LEgs2C0ILGgsI 2020年9月16日 00:06:34 : 7NmQyLk4Ww : RlUvbFZ5OHNReW8=[3] 報告
古くは、三億円事件と企業恐喝。
次は、各種のオレオレ詐欺。
最近あった、そこら中のATMからなりふり構わず出金からの今の現状でしょう。
トカゲやトカゲの尻尾や実働し捕まる者が必要なのは、自分のせいにしないという目的があったから。
もう誰のせいかバレてるし、連中はバレてもいいんでしょ。
末期症状だな。余程追い込まれてるんだろうな。
私が、誰かが、知ったかぶりでも間違っていてもいい。
事実、誰だってこれから抜かれるんだから。

5. 2020年9月16日 08:39:21 : qyzFFyBmmc : bnRUWktJZjhHRS4=[30] 報告
>>1
今回ドコモコ開設してないのに被害にあったのは、
金融機関もどきのワンクリック詐欺のネットで
メルアドを詐欺ページに登録しちゃった人だけだから
詐欺サイトにさえメルアド送信しなければ大丈夫だよ。
簡単にメルアド送信しなきゃいいだけ。
メルアドしない年寄りはセーフだったはず。
ドコモコ開設してないけど、メルアド送信しまくって買物してた
20代50代くらいの人が被害者の中心。
漏れはとにかくメルアド送信には気を使ってる。
相手と確実にコミュニティできて公式ページ確認した相手にしか
メルアド送信しない。
6. 2020年9月16日 10:45:22 : f64DvIPPvA : TmEwUFM0emRORWs=[1] 報告

あまり中途半端な知識で書き込まない電通工作員。
被害にあったドコモ口座に紐付きさせるためには何が必要でしょう。
これを考えたら阿保でも簡単に分かる。
メルアドがどうたらこうたら今時の小学生でもこれ嘘だと直ぐに分かる。
個人情報が大量にストックされているところはどこでしょう。
セキュリテイが甘いもしくはスキルがあるシステム屋がいないような銀行だろう。
これに財務辺りから天下った馬鹿上司がいたらどうなるんでしょうか。
一般人はほったらかし。
現状比較的安全な方法はSMSでの毎回の確認かJNBのようなトークン方式しかないだろう。
ワンタイムパスワードもメルアドぱくられたら無意味。
それが嫌なら以前のようにネット決済を完全に止めること。
いずれにせよネット決済とか仮想通貨は多分急激にブレーキがかかるでしょう。
NWO屋とか湯田菌金は真っ青になるだろうね。
7. 2020年9月16日 12:25:01 : Di1MeEkVSI : TURTbXVWMmNYN3c=[1519] 報告
便利さと詐欺は、裏腹は、

安倍スガ内閣が詐欺内閣だからね。

まともであれば、裏腹ではない。

まともな国にしてから、キャッシュレスはスタートしよう。

バカな、不動産屋や、カツアゲ連中にやらすな。

 
 

8. 2020年9月16日 12:35:55 : Di1MeEkVSI : TURTbXVWMmNYN3c=[1520] 報告

金融庁は、愛之助が、職員になるところです。

プロパガンダになるために。

  
  

9. 2020年9月16日 12:40:54 : Di1MeEkVSI : TURTbXVWMmNYN3c=[1521] 報告
今回というけれど、

りそな銀で発覚、今度で二度目。

三度目もあり。面白いように、引っかかる国民。


  

10. 2020年9月16日 20:54:36 : niyy4hTwUA : OHU1UGRCUHhtN0k=[3056] 報告
銀行口座の口座番号と暗証番号をどこかから手に入れ、それを利用してドコモ口座と紐付けし、月の上限30万まで入金の流れ。
(メールアドレスはフリーメールでもできそう。確認してないけど)
銀行口座がどこであっても提携してればヤバい。
確認しなされ。

最初の口座番号暗証番号を手に入れさえすればいいので、誰もが被害者になりうる。
電子マネーはこれだから…信用ならねえ。

11. 2020年9月17日 03:55:15 : e5ZXV1JcXU : Y3ZZUnpYcFcwRi4=[1] 報告
既存のものは混乱を防ぐためそのままとか、未だにわけ判らんこと逝ってる。
提携機能をタダチニ全て停止(廃止)しろアホウ簾。

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト28掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト28掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
カルト28掲示板  
次へ