★阿修羅♪ > カルト29 > 827.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
ネズミ・メイ・パウ・サイトルの重大な欠陥をスイスで発見。情報が錯綜しているが、全ての悪はスイスに通ずという事なのである。
http://www.asyura2.com/20/cult29/msg/827.html
投稿者 ポスト米英時代 日時 2020 年 12 月 29 日 10:37:11: /puxjEq49qRk6 g3yDWINnlcSJcI6ekeM
 

トランプの檄文に半分感動し半分白けるのは、トランプがスイスや英国や偽ラエルを外して共犯に過ぎない中国が黒幕であるかのようにアピールするからで、四年前のトラは米国は世界中から嫌われている、そして米国民もそれをひしひしと感じていると言って当選したのに、バイデン不正選挙の被害者なのは同意だが、いつの間にか共産主義と闘う民主主義の最後の砦で米国でありトランプが救世主であるかのように振る舞っているからで、そういうポジション取りたいなら、世界中からカツアゲするのやめてからにしたらどないやねん、それが嫌ならバイデンの不正に限定して抗議したらどうやねん、何でもかんでも中国が悪い、米国は正しいとかちょっと変じゃねという感じである。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. ツーファック[39] g2OBW4N0g0CDYoNO 2020年12月29日 11:07:31 : yj9LKVt5Ls : Ni54Qmt5Q0xoNFE=[113] 報告
ネズミも以前「トランプは走狗に過ぎない中国叩きではなくスイスと英国に特殊部隊を送って抹殺した方が早い」的な、漫画見たいなことを言ってたが、「お前やってみろ!」っていう感じでw今は、中共含む米国内外の敵と戦っているトランプを再選させるのが先じゃねッ?!現実飛び越えてスイスに特殊部隊って、アホじゃねッ!って感じなのであるww
2. 2020年12月29日 12:41:45 : 38MaaZCFQk : eUN5RWZEWlIxQi4=[4] 報告
最近では中国共産党がやっているみたいに偽装することが多くなっていますが、なんのことはない、いつものスイス偽ユダヤの連中です。
以下、記事翻訳。
スイスコネクション:米国の選挙不正へのスイスの関与
https://lacrunadellago.net/2020/12/23/the-swiss-connection-switzerlands-involvement-in-the-us-electoral-fraud/?lang=en
2020年12月23日
チェザーレ・サケッティ著

ニール・サッツは、アメリカ-スイス市民です。おそらく、彼は自分がスポットライトを浴びることになるとは思っていなかっただろう。しかし、運命が彼を国際的な陰謀の中心に据えた。基本的に、サッツ氏は米国の選挙不正へのスイスの関与を暴露する上で重要な役割を担ってきた。

これまで、いわば「スイス接続」について誰も報告していなかったが、この小さなアルペンの国は、ドナルド・トランプに対する国際的なクーデターと定義されるものの謎を解明する鍵となり得る。

トランプ氏からバイデン氏に数千票を投じたドミニオン社の投票機は、スイス政府が所有する郵便事業会社であるスイスポスト社がソースコードを購入したScytl社とつながっている。

スイスはトランプ大統領と政権にスシトルの欠陥を通知しなかったが、スシトルの欠陥はスイス人に広く知られていた。

サッツ氏は、この不正行為の動かぬ証拠を持っており、それは現在トランプの法務チームの手中にあるソースコードだ。フリンの兄のジョゼフは、今や証拠は「右手」にあるとTwitterで公式にサッツに感謝した。

主流メディアは、Sutzの暴露を完全に無視している。イタリアのテレビ番組 「ByoBlu」 のような代替メディアだけが彼に接触している。

サッツ氏がトランプの弁護団に証拠を提出した後、このスイス系アメリカ人作家に近い何人かの人々が負傷した。

グローバル主義者の陰謀は、不正を暴露している人々を黙らせようとしているが、サッツ氏にはトランプに対する国際クーデターを非難し、その証拠を示す勇気がある。

選挙の結果よりもずっと多くのことが危機にさらされている。これは善と悪の戦いであり、人類の運命はバランスを保っている。

​ニール・サッツはすでに彼の側を選んだ。​ここで彼の話と、ドナルド・トランプを失脚させるために世界主義者の陰謀が仕組んだ国際的なクーデターについての真実を見ることができます。

​Q) サッツさん、最近注目されているのは、あなたのウェブサイトで米国の選挙不正を暴露し、不正に関与している会社Scytlとスイス政府が所有する国営郵便事業Swiss Postとの関係を強調したからです。​あなたの経歴と、なぜここに来たのですか?

​A) 私の経歴はかなり多様です。​私は作家であり、映画製作者であり、ビジネスコンサルタントであり、真実のための活動家です。​私がスイスと2020年の米国選挙との多くのつながりに関する情報を打ち出すことにしたのは、最初に手にした情報が私の好奇心を刺激し、状況を完全に理解しようと決意したという単純な理由による。​私が状況を深く調査したとき、最初に単純にScytlのソースコードがスイスと米国の選挙に関係していると考え、スイス、特にスイス連邦政府が所有するスイスポストは、数年前にバルセロナに本社を置くScytlと電子投票ソフトウェアを共同開発しただけでなく、Scytlが破産したときにScytlのソースの唯一の権利を買っていたことを発見し、私は非常に深く調査して、これらの可能性のある主張と非常に奇妙な関係に妥当性があるかどうかを自分自身で見つけることにした。

​私は1970年にニューヨークで生まれ、母がスイスで生まれ育ったことによりスイス人となりました。​アメリカ市民だけでなく、私の同胞であるスイス市民、そして世界中の国々の自由を求める人々に対しても、私には義務があると決意しました。

​Q) スイスがこの詐欺にどのように関与しているのか、また、Scytlが米国の選挙でどのような役割を果たしたのか、説明していただけますか?

​A) 2020年の米国選挙の多くの側面に深く関与しているスイスは、それがCITCOの最大の初期資金であったかどうかは、民間部門と公共部門の両方、それは、Smartmaticの少数株主、その資金は、サンドの家族財団から1965年には、製薬会社ノバルティス、SAの今日のかなり奇妙な関与まで来ている資金であったが、企業は、COVID-19の状況に深く関連している、スイスは、2020年の米国選挙の"状況"の主要なプレーヤーでしたし、今も。

​スイスは明らかに米国2020年選挙の多くの財政的側面と結びついている。​中国のコングロマリットがUBSの75%を所有しているという事実(スイスユニオン銀行)であれ、スイスの連邦郵政公社であるSwiss PostがScytlのソースコードを共同開発し現在所有しているという事実であれ、この想像を絶するほど強力で地理的に小さいアルプスの国がこの状況に明確に関わっている。

​この事実には疑問の余地がない。​これは私の持論ではない。​これは私がスイス政府を非難することではない。​これは、以前に公開された膨大な量の多様な情報を取得し、それらすべてに合法的にアクセスし、それらを結び付けた私にすぎません。

​この問題に対する私の立場はただ「情報、あらゆる情報が法的にアクセス可能であり、その中で私が見つけ、調査し、関連づけたすべての情報が、この場合は米国市民でありスイス市民である私は、世界市民として、その情報の妥当性と信頼性に関して一定の質問をする権利を持っています。」と言う立場だ。

​私が見つけた 「情報」 は、単なる 「好奇心」 を超えて、むしろ衝撃的で、非常に奇妙に隠されており、歴史上最も重要な世界選挙に関連して、以前は相関して公に提示されたことがなかったことを知ったとき、私は声を上げ、一般の人々が自分自身の決定を下すことができるようにすることを使命としました。

​Q) スイスはScytlソフトウェアプログラムの欠陥と、これらの重要な技術的問題について米国政府に通知しなかった理由について回答しましたか?

​Swiss Postの最初の反応は、私が最初にブログを公開してから約24時間後に発表されたもので、かなり謎めいた、よく隠されたツイートであった。​このツイートでは、Swiss PostがScytlソフトウェアの法的権利を実際に購入したこと、および電子投票プログラムを開発するためにスイスからスイスのために購入したことを明らかにしている。​私はそれを読んで、それがどのように公開されているのかを理解し、非常によく隠されているので、私はこの 「状況」 についてもっと明確にしようと一層決意した。

​スイスからも米国からも、そして他のどの国からも、私が提出した多くの質問のどれかの信用を失墜させようとしたり、私が提出した証拠のどれかを失墜させようとしたりした政府代表は一人もいません。

​米国の2020年選挙でScytlが果たした、あるいは今なお果たしている役割は、日と週が進むにつれて明らかになりつつある。​Scytlは、Smartmaticと密接に結びついているDominionマシン内のセキュリティ対策として使用されるソフトウェアです。​この事実は、トランプ大統領の弁護団の訴訟が最高裁判所やその他の米国当局に受理されるか否か、またトランプ大統領が2020年の米国大統領選挙の勝者であると認められるか否かとは無関係である。​その事実は単に個人の本質的な真実を知る権利の問題だ。

​トランプ大統領の弁護団の訴訟を見てみると、Scytlのソフトウェアのソースコードがドミニオン投票機に直接関係するセキュリティ対策であり、スイスが2020年の米国選挙スキャンダルに様々な形で民間および公共部門を巻き込んでいたことは明らかである。このスキャンダルは、今後の米国内の四年間だけでなく、米国の将来や世界の将来をも決定づけるものとなる。

​引用すると、「アメリカも世界も同じだ」。

​いかなるソフトウェア・プログラムのソース・コードも、そのソフトウェアを誰が所有していようと、そのソフトウェアがどの国で保守され、監視され、管理されていようと、そのソフトウェアがどの国で使用されていようと、そのプログラムを制御していることは疑いの余地がありません。

​スイスがこれらの決定的に重要な技術的問題についてアメリカに伝えなかった理由については、政治家やジャーナリストを含む何万人もの人々が私に接触してきたことからも明らかなように、私の仮定として、アメリカ合衆国の現大統領ドナルド・J・トランプ氏や、アメリカ合衆国においてより自由で非社会主義的な民主主義を維持したいと考える人々の目に触れないように「技術的な問題」を保持することが財政的および政治的に有益であるということだけが言える。

​Q) スイスはScytlで重要な役割を果たしているだけではない。​最近、ドミニオンの親会社は、中国政府が株式の75%を保有しているスイスの投資銀行から、4億ドルの融資を受けたことが分かった。​複数の統計分析によると、ドミニオンは数十万票の票をトランプからバイデンに移した。​スイスは米国の選挙に対する国際的なハッキング攻撃の鍵なのか?

​A) 2020年の米国選挙をめぐる状況の鍵を握るのはスイスであるかどうかは断言できないが、2020年の米国選挙には、スイスの民間セクターと、サンド・ファミリー財団、UBS (スイスユニオン銀行)、スイスの連邦郵政公社などの公共セクターの両方が深く関わっている。

​国際的な「選挙産業」において、少なくとも1965年以降、スイスの民間部門及び公共部門が何らかの形で関与してきたことは否定できず、スイスは、スイス、ベネズエラ、スペイン及びその他の多くの企業と同様に、今日まで何十年にもわたって関与してきた。

​2020年の米国大統領選挙と詐欺疑惑のすべての局面を、政治的偏見を持たずに、正直に、そして現実的に注視し、どの国が関与しているかを知ろうとするならば、スイスが密接に関与していると反論することはできず、決して中傷的ではない。

​Q) あなたは最近のビデオの中で、トランプ政権の手に詐欺の証拠の疑いのない証拠を渡すことによってSwiss-Scyttlの関係を非難するために「巨大リスク」を取ったと述べています。​Scytlの「ソースコード」を参照しましたか?​もしそうなら、ソースコードがどのように選挙違反の証拠となるのか指摘していただけますか?

​A) 私がトランプ大統領の法務チームに届けることができたこと、それは公開するだけでなく、多くのインタビューや私のウェブサイトで詳細に議論するために非常に大きなリスクを負ったこと、それにはScytlのソースコードとの関連や、財務的側面、製薬的側面、社会的・政治的側面の多くの異なる側面があることが含まれています。

​Smartmaticと奇妙な関係にあるDominion Voting Machineに直接関係することが証明されているScytlソフトウェアは、投票装置全体に対するセキュリティの側面である。​遠隔アクセスを介して投票のフリップおよび操作を可能にすることが証明されている「トラップドア」であるか否かにかかわらず、いかなるプログラムをも指示するいかなるソフトウェアのソースコードも、当該プログラムの「目的・機能」にかかわらず、当該プログラムを実行し、案内し、かつ指示するものであることは否定できない。

​ソフトウェアプログラムが特定のタスクを実行するように設計されている場合、そのタスクがどのようなものであっても、2020年の米国選挙の場合のように、そのソフトウェアが別の国で使用されている間に、そのソフトウェアがリモートロケーションからサードパーティによって制御可能である場合、そのサードパーティは、特にそのサードパーティがそのソフトウェアのソースコードに対する独占的な権利を保持している場合、そのサードパーティは、世界中のどこでも、そのソフトウェア全体のコントロールパネルとそのソフトウェアの実装および使用を管理します。

​Q) あなたの最近のツイートで、あなたは、あなたが持っているすべての証拠がトランプの代表弁護士チームに届けられたという書面による確認を受け取ったと主張している。​この最近の進展についてもっと教えていただけますか?

​A) 私がトランプ大統領の法務チームのために整理してまとめた書類はすべて受領され、その受領書はテキストメッセージで私に確認され、再びオンラインで公開された。​その日付は私がブログを公開してから約18日後で、イタリアのByoBlu TVでの最初のインタビューから約2週間後でした。

​選挙に関してトランプ大統領の法務チームが受け取った情報に加えて、私と私の二人のアメリカ人の息子が2017年7月25日にスイスのジュネーブ児童保護局に不法に押収されたことについての文書とマルチメディアを含む完全なファイルもあった。

​私と私の息子たちに関する情報は、私が決して許されなかった正当な手続きの欠如や、スイスのジュネーブ政府によっていまだに政治的手先として使われている私の2人の幼い息子たちに対する虐待、疎外、ネグレクト、精神的拷問の詳細、そして、スイスのベルンにある米国大使館の代表による私の家族の悪夢に関する参加と隠蔽の詳細を含む、米国政府の何百人もの代表による隠蔽の詳細を含んでいます。

​私と息子たちの置かれている状況は、3、5年以上にわたって米国とスイスに埋もれており、私は息子たちと私に注目を集めようとするメディアの策略として、スイスとスイスの関係やその他のスイスと米国の選挙の関係に関する情報を暴露したことはありませんが、多くの政治家、弁護士、ジャーナリスト、そして何十万という世界中の市民は、私の息子たちが2017年7月25日にスイス・ジュネーブの児童保護局に拘束されたように、決して不法に逮捕されるべきではなかったこと、そして彼らは直ちに無条件に私の元に戻されるべきだったことは明らかです。

​私の家族に起こったことは人道に対する罪だ。​私の2人の息子は、スイスと米国の多くの民間および公共部門の政党間の陰謀で、疎外され、虐待され、無視され、虐待され、殴打され、政治的手先として利用されてきました。

​しかし、この恐ろしい話は、スイスと2020年のアメリカ大統領選挙との関係とはやや異なる。​しかし、どちらの議題も、米国アリゾナ州を拠点とする政治家、コンピューター会社、資金が、私の元家族が法律上設立し、今も運営しているモルモン教会や強力な企業と特定の関係を持って、米国の2020年の選挙に関係しています。

​Q) フリン将軍の弟のジョセフ・フリンは公の場であなたに感謝し、証拠が「右手」にあると安心させました。​トランプ政権は今、不正を明らかにする決定的な決め手を持っているのだろうか。

​その詐欺行為を暴くための多くの決定的証拠がある。​スイスとScyttlの関係は、ソース・コードに関連しているが、これはまさに決定的なものの1つである。​私が集めた他の多くのつながりは、反論の余地のない追加的な喫煙銃である。

​私だけが決定的な証拠を握っているわけではない。​しかし、リーガルチーム代表から返信をもらったように、私が提供した多くの強力でユニークな情報は、実はトランプ大統領のリーガルチームが2020年のアメリカ選挙での不正を証明するための数多くの法的手続きで使っている。

​トランプ大統領の弁護団は、私が写真に登場する前に、他にも多くの詐欺の証拠を握っていた。​私が発表したものは、彼らがすでに持っているものに加えて、彼らに多くの角度、証拠、鍵、選手を与えただけでなく、スイスからアリゾナまで、それらのすべては、2020年の米国選挙の不正と、この選挙とCOVID-19や国際的な児童売買との関係に関連付けられています。

​Q) スイス政府はあなたが何をしたか知っていますか?​何か追われてるの?

​スイス政府は私がしたことを完全に知っている。​最初の情報とその後の情報を載せるために私が設定したブログには、私のブログの訪問者の都市と住所の完全なバックエンド・ログがあります。​私のブログが公開されてから24時間以内に、私のサイトのバックエンドにある統計アプリによると、スイスの首都ベルン、ワシントンDC、チューリッヒ、ジュネーブ、バルセロナ、カラカス、ベネズエラ、そしてフランクフルトとベルリンは私のサイトを 「訪問」 している。

​スイス人であろうとなかろうと、「私の後を追って」というのは、非常に具体的な言葉では言いにくい。

​私の人生は、一般に、息子たちが3、5年にわたってスイス政府に不法に拘束されていたというスキャンダルと、息子たちを私のもとに戻すための私のたゆみない、法的な、名誉を傷つけることのない戦いのおかげで、私はスイスの政府や司法制度によって、この国ではあまり知られていない、悪名高い、あまりよく知られていない人物になりました。

​2020年の米大統領選スキャンダルの前後を含め、私は何度も警察に呼び止められた。​しかし、私の息子たちが拘束されているジュネーブ政府の児童保護局とジュネーブ家庭裁判所は、私に報復しました。​つい先週の木曜日、彼らの家庭裁判所は、私がもはや息子たちと電話で話すことができないと命令した(私たちは、一週間に2回、それぞれわずか20分の電話をした)。

​しかし、裁判所の 「ナラティブ」 は、私の2020年の米国選挙への関与を直接引用することを避けており、むしろ、私の息子たちを私からさらに遠ざけ、息子たちの不法かつ不道徳な拘束からより多くの金を稼ぐためのサディスティックな言い訳として、私に対してより滑稽な告発をするのは名誉毀損である。

​偶然なんてありません。​スイス人が「私の後に」であるかどうかは疑問の余地がありません。「私の後に」という表現は答えにくい問題です。私の周りの特定の人々や、多くの人々、友人、同僚が、「突然」と言うことをやめてしまったからです。

​Q) スイスのどこかの政党があなたの事件とScytlの論争に興味を示しましたか?​あなたの息子さんの訴訟について、またスイス政府がこの問題をあなたへの報復の手段として利用しているかどうか、もう少し教えていただけますか?

​A) 私は、特定の保守政党とスイスから大きな関心を寄せられており、その政党の代表者と詳細な議論をしています。そのうちの一人は、現在スイスの国会に在籍しています。​彼らは私に連絡してきて、スイスでの電子投票に関して何年もできなかったパズルのピースを組み立てる手助けをするために、多くの質問をしてきた。​この問題については、私と彼らとの間には直接的で前向きなコミュニケーションがあり、政治的にも法的にもさまざまなレベルで長期的な関係を築く可能性があると言う以外には、あまり多くを語らない。

​息子の訴訟事件と、私が2020年の大統領選挙スキャンダルに関与したことを利用して、スイス政府が私に明確に報復した可能性については、言うまでもないことです。

​私が2020年の米国の選挙スキャンダルに関与したという事実は、それがスイスに関係しているということで、スイス児童保護局に、私の息子たちの拘束を続け、私の家族に対してこの詐欺を犯すという、もう一つの、名誉毀損な、偽りの口実を与えたことは明らかです。

​私が確実に 「上層部」 から言われているのは、これは私の息子たちの場合と同じような状況であり、私は外交的に、あるいは弁護士、政治家、裁判官などの友人の間で規制される必要があるということです。​私に対する訴訟と彼らが私の息子たちを拘束した理由は完全な詐欺であり、何年にもわたってそうであることが証明されているので、これは真実です。

​ジュネーブの家庭裁判所は、証拠を提出した私の弁護士の誰一人として話を聞いておらず、私にいかなる適正な手続きも提示していません。​このようなメディアと政治的暴露が、スイス人に私の息子たちを返すことを強制しなければ、何も起こらないでしょう。​それは単に、正しい人々がスイス人を支持する勇気を持っているかどうかの問題であり、ほとんどの人は支持していないように思われるが、私は正しい人がすぐにでも支持してくれると信じている。

​Q) 最近のツイートで、誰かがあなたの親しい人たちを「肉体的に傷つく」し、あなたを支持する他の三人が襲われたと書いていますね。​あなたはスイス政府がこのような悪質な攻撃に何らかの役割を果たしたと思いますか?​あなたも脅迫されたり、襲われたりしましたか?

​A) アリゾナの親友の女性が3、5週間前に体を痛めました。​また、2020年7月25日にスイスのシモネッタ・ソンマルガ大統領に息子二人の即時無条件釈放と返還を要求したアリゾナ州選出の下院議員候補ジョシュ・バーネットの選挙事務所にも侵入され、コンピューターなどの電子機器を奪われました。

​私はスイス政府がその犯罪に直接関わっていると思いますか?​いいえ、違います。​しかし、私は、スイス人が私の息子たちを3、5年間不法に拘束することを許した陰謀を覆い隠したいと思っていた人々、そのほとんどがアリゾナ州に拠点を置いていた人々が、私の友人と下院議員候補ジョシュ・バーネットの選挙事務所に起こったことに深く関わっていると信じている。

​2017年にジュネーブ児童保護局による私の息子の不法監禁につながった共謀に関与したのは、私が小児性愛、児童ポルノ、児童売買に関与していたことを、疑う余地のない証拠を通じて暴露した人々である。​彼らは経済的にも政治的にも強力だ。​彼らはモルモン教会の指導者の一人です。​彼らも私の義理の元家族です。​無限の資源と復讐の連続と危険な組み合わせが私が今まで考えていたものとは違っていた。

​Q) 米財務省はスイスを為替操作国に指定した。​この決定がスイスの選挙不正への関与と関係があるかどうか知っていますか?

​A) スイスを通貨マニピュレーターとしてリストするという米国財務省の決定が2020年の米国の選挙詐欺に直接関係しているかどうか、私はそのような種類の内部、政府、または金融情報を持っていないので、言うことができません。

​しかし、客観的に見れば、米国財務省の通貨操作リストに載っている他の2カ国はベトナムと中国だけだ。​一週間もたたないうちに、スイスが 「突然」 その取るに足らないリストに載せられたことで、通貨マニピュレーターとしてのスイスの呼称と2020年の米国の選挙不正捜査との相関関係を暗示しているかもしれない。

​私があからさまに「いいえ、二人は全く関係がない」と言うのは、無知で閉鎖的な言い方です。​私は個人的に偶然を信じない。

​Q) 最高裁は最近、憲法に違反した四つの州(ペンシルベニア、ミシガン、ウィスコンシン、ジョージア)に対するテキサス州の訴訟を、法的地位の問題を理由に棄却した。

​あなたは、トランプ政権が最高裁や他の州裁判所での法廷闘争にまだ勝てると思いますか?​あなたは、外国の選挙干渉に対する2018年のEO制度の発動によって、詐欺を計画した共謀者たちが公的に起訴されると思いますか?

​A) 確かに、トランプ政権は、最高裁判所や他の州裁判所、そして他のいかなる当局に対しても、つまり、もしそれらの裁判所や当局が、トランプ大統領の弁護団によって提出された反論の余地のない証拠を有効に見ることをいとわなければ、法廷闘争に勝つことができると私は信じている。

​詐欺行為を計画した共謀者が2018年の大統領令の発動その他によって公に起訴されるかどうか、私は断言できない。

​個人、家族、グループ、企業、政党、国が共謀して、他のグループや国の自由や自由、権利に何らかの形で影響を及ぼすようなことがあれば、私は心から望みます。真実が支配し、正義が実現し、アメリカ国民、スイス国民、そして自由、公正な投票権、そして国民が望む政治家を選ぶための公正な投票数を求めるすべての人々が、それに耳を傾け、固守し、従うようになることを心から願っています。そして、世界は改善され、腐敗することはなくなるでしょう。そして、世界中の人間と市民が、真の永久の自由を体験することになるでしょう。

​私は世界には変化が必要だと信じています良い方向への変化です。​これを信じているのは私だけではないと思う。​私は、この世界の変化は知的な熟考と分析によってもたらされると信じています。​私は変化が多くのレベルで適切な防御を通じて来ると信じている。​その変化は、証拠の提示、証拠の裏付けによってもたらされると考えています。

​究極的には、私たちが何もせずに座って「キーボードのキング。」している間に、より恐ろしいことが起こり続けることを許し続けるなら、世界はより良い場所にはならないと私は信じています。私たちは今、より多くの破壊、個人の自由の減少、より多くの苦しみ、より多くの社会的孤立の実行を止めるために、できる限りのことをする必要があります。

​私は、過去2000年の間に書かれてきたように、世界は前向きな変化を遂げる運命にあると信じています。それは、自由、真実、正義の再確立、子どもとその愛情ある両親の公正な再統一、そして、利己的で傲慢な自尊心のシステムによって分断され虐待されてきたすべての人々の真の解放です。

​「ディープ・ステート」などと呼んでもいいが、本質は同じである。​彼らは単に、偽りのメディアの物語や社会的支配を通じて、罪のない人々、弱い人々、一般大衆を支配し、支配し、操作し、強制し、恐怖を与えること以外何も求めていない人々なのです。

​どのような見方をしても、あるいは名前を付けても、私たちは善と悪の間の戦争の真っただ中にいるのです。私たちが善のために行動するのに十分な意志と勇気を持っているかどうかを決めるのは私たち次第です。悪のために行動する人たちが彼らのサディスティックな努力を止めていないのは明らかですから。

​このブログは読者によって支えられている。​無料情報をご希望の場合は、以下をクリックしてください。

3. 2020年12月29日 15:59:28 : O4pUfLwvsA : T1BlbkkwdDkuVEk=[1028] 報告
 興味深い。

とうとうスイス国民の中から声が出て来たということですね。

かつてスイス国民からの声など全く聞こえてこなかった。

あらゆる問題の拠点がスイスにあると想像されていながら、スイス国民からの声など一切まったくなかった。

だから、非常に興味深い。

世界が変わることを感じる。

4. 2020年12月29日 16:57:13 : UAIY5pLoFI : UHVpUXN3ZWRkZ3M=[178] 報告
狂悪の元凶はTower of Basel.
5. 2020年12月29日 17:19:04 : UAIY5pLoFI : UHVpUXN3ZWRkZ3M=[179] 報告
スイス国民と言っても主に牧畜を生業としているケルト系の人々に対して
1990年代に入ってからの俄スイス人の金融関係者は旧東側の者たちが多かったりする。スイス各地で闇金や麻薬が氾濫しタガが外れてしまった。

6. 2020年12月29日 19:04:46 : KMszoiOlZg : REFaMWNiZzcyRFk=[91] 報告
習が、虎に 江沢民一派の首を差し出さない場合、

上海攻撃があり得る

7. 2020年12月29日 19:09:09 : fCZ83cf8p2 : YzI0bTRWZmk2Mms=[2188] 報告
不正を怒るのか、中華を庇いたいのか、トラサンを応援したいのか、結局全部チロルチョコが悪いのか一体どこに主張の一貫性を置いているのか不可解    
8. 2020年12月29日 19:32:49 : diSbLvGv8Q : Rm01OVZPTWdhYkU=[250] 報告
習●平さん、なんか頭の手術をすることになったとか…

で、寅さん暗殺指令は無くなったとのことです。

(石川さんのYouTubeより)

9. 2020年12月29日 19:59:56 : axHb6bLLyg : Z2pkTkV3aHNBUGc=[499] 報告
何でもかんでも米国が正しい、中国が悪いというのは阿呆の証明である。それではその人は一生金に縁のない生活が約束されたようなものである。

そんなに善悪を正しくとらえる”頭”があるならどこからでも金が入ってくるはずである。

10. 2020年12月29日 20:00:22 : UAIY5pLoFI : UHVpUXN3ZWRkZ3M=[180] 報告
寅さんも習さんもプーさんも反DS勢なんだけど。
11. 2020年12月29日 20:35:47 : diSbLvGv8Q : Rm01OVZPTWdhYkU=[251] 報告
>>10
自分もそう思っていたので、そもそも「習さんが寅さんの暗殺を指令」てのを聞いた時、考え込んでしまった。

分からないことばかり💧

12. 2020年12月29日 22:55:43 : Ml84C4I6n2 : bWtXdHk4bTEwek0=[3] 報告
ロック、ロス茶はダミー、大ボスはイタリアのファルネーゼ家。

【米大統領選挙】この世の真の黒幕『第2弾』ディープステートの黒幕を事実ベースでさらに調べていくと…ある一定方向に物事が収束する件についてD【考察】

https://www.youtube.com/watch?v=03YfLsLdg5Y

13. 2020年12月30日 10:03:00 : VTH59AY6XQ : WWk1VDA0bXVWVGM=[944] 報告
習近平が金正恩のようになってしまうのか?
正恩を手術した医者は緊張して手が震えて失敗したなんて話が
本当かどうか分からないが伝わっているが
いずれにしろ消したってことだろう?


米中の戦いは、基軸通貨や共産主義の話を超えて
地球を支配する白人勢が、有色人種に地球を明け渡すのは勘弁ならんてことだろう

ハーバード大だったか、中国人らアジア人が優秀なので、白人の成績に下駄をはかせていて
それが発覚して白人がショックを受けているようだ

穀物(米)を加熱して食うことで、血中をブドウ糖が通って脳でグリア細胞を作る
だから米作地帯は知能指数が高く、肉食の遊牧民は低能なのだ
肉食の遊牧民とは、ユーラシア・ステップ帯(Wikiで検索して地図を見よう)にいた連中で
偽ユダヤ人と、高句麗にいた朝鮮族という寄生虫民族になっていった


寄生虫民族に支配された日本が、中国を共産化させて近代化を阻止していたが
そのタガを習近平が外したので、このまま中国を野放しにしたら白人は表舞台から降りなければならない
すでに日本の産業は潰しているというのを考えると、中国も潰したいのだろう
そういう大戦争が始まるのではないか

中国がオーストラリアから石炭を買うのを止めて、ロシア・モンゴルから買うって
まさに戦争の準備じゃんか

14. 2020年12月30日 10:56:44 : JXxvM6hboo : MlZ1WEZXZGJlcC4=[1] 報告
米軍立ち入り禁止区域図は東京だけでなく近畿圏も広く色付けされてたが、あれは東海何とかの予定じゃないのか?災害列島、住人はいつも逃げれる態勢のへっぴり腰で大いに結構だろう。生物の絶滅危惧種は立ち入り禁止にして外来種や細菌から手厚い保護なのに人間界はひどいもんだ。移住拡大やカナダ原住民の人間狩りや薬原料のおもちゃにして、しまいに喰われた事例は世界の上流階級に流行していたらしい。映画世界残酷物語パート2を作ったら?主題歌はモアでなく、ノーモア。ノーモア・・どっかで聞いたな
15. 2020年12月30日 16:48:26 : o72IaV1wgI : TUx2ZVlOLnhTOHM=[1] 報告

★「DS論」は世界が生き残るための必須課題

子供じみた絵空事でも、架空の作り話でも、いい加減な空想論でもないし、

>陰謀論≠ナも全然ない。

 ↑ 本来の字義通り解釈なら良いが、まだ優位のつもりでいた時代の向こう側、世界私物化腐敗権力DS側と、悪魔に魂売った買収奴隷どもの、自己防衛策的造語。

>聡明、賢明なDS論こそは、建設的文明論に直結する。また、実践的学問枠。最先端の新しい人間存在と文明の総合的分析を含む知的探求だ。賢明な判断で、まず日本国が数世紀のDS経済的奴隷の桎梏からの解放実現の可能性を見いだすだろう。大荒れ世界の中でも防御と新しい建設を両立できる。DS奴隷研究からの対策がメインになるのは当然のこと。しかし、日本共同体のかなりの底深い病根。


 滅び行く★「世界私物化・神敵対アンチキリストDSとうまく使われた白人と犠牲者でしかなかった有色人のトップダウンヒエラルキー冷酷秩序世界」を前に、相互信頼前提のボトムアップの次代の世界文明の建設的な議論が、日本で最も実り多くなる。それは、日本にこそは、多くの課題が課せられており、平和裏になんとか解決の望みを保持しつつ今日に至ったためである。
 しかし、対処療法はもはや通じず、根本療法が探索・追究されるときである。
 日本でこそ、世界私物化人類歴史的宿痾DS論研究とその成果によるこれから益々崩壊の道をいく旧世界の被害防止と救済の貢献に、国家的民族的目標を定めるべきなのだ。まだまだ、途方もない長い道のりの先の、共同体の仲間はずれを作らない総力挙げた達成目標が日本にはある。

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト29掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト29掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
カルト29掲示板  
次へ