★阿修羅♪ > 医療崩壊6 > 191.html
★阿修羅♪ ▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ワクチンの接種根拠パスツールの細菌理論(Wark in the spirit)(詳細な情報と、たいへんわかりやすい解説)
http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/191.html
投稿者 こーるてん 日時 2020 年 5 月 22 日 14:20:30: hndh7vd2.ZV/2 grGBW4LpgsSC8Q
 

コロナについて、参考になるブログはほかにも

さてはてメモ帳https://satehate.exblog.jp/

泣いて生まれてきたけれどhttps://ameblo.jp/sunamerio/

どうぞご覧ください。


https://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/202005210001/

ワクチンの接種根拠パスツールの細菌理論(Wark in the spirit)

2020年05月21日


ワクチンの接種根拠パスツールの細菌理論 (3)

​​

それはパスツールから始まった、
http://entityart.co.uk/the-germ-theory-deception-viruses-5g-agenda-vaccines-louis-pasteur-bechamp-terrain-theory-coronavirus/​

​1. はじめに
2. 細菌理論(パスツール)
3. ビデオ「コロナウイルス」と細菌理論
4. 実験/研究
5. 細菌理論反対者&ワクチン
6. 5Gアジェンダ&病気
7. COVID-19のテスト(PCR)
8. その他のリソース(記事、書籍、ビデオ)​
​この記事を訳す​

​彼が提唱した”Germ Theory”(細菌理論)、​

​​https://www.amazon.com/Good-Bye-Germ-Theory-century-medical/dp/1413454402​
Good-Bye Germ Theory: ending a century of medical fraud
”さよなら細菌理論:医療詐欺の時代の終わり”

​1.始めに
この社会、及び医療は細菌理論に基づいています。


それが彼らが私たちにワクチンを与える理由です。

細菌理論を思いついたルイ・パスツールが、人生の終わりに、それは間違っていると言ったのをご存知ですか。​


他の人からインフルエンザや他のさまざまなウイルスを分離・捕獲できないことを示す研究/実験が行われたことを知っていますか。


私たちがこの地球で接触しているすべての毒性物と化学物質は私たちに影響を与えます。
(例:ケムトレイル、水道水中の化学物質、「健康」製品、洗浄剤、産業汚染、加工食品、衛生製品、除草剤、殺虫剤、ワクチンなど)


細菌理論は5Gの展開にも関連しています。


細菌理論はこれまでで最大の欺瞞の1つです。


医師と栄養士からの引用:


Aajonus Vonderplantiz:
「私が実験室の内外で目撃したことすべてにおいて、病気の原因は1つだけあります。それは、医薬品、食品、空気、土壌、水の汚染です。体の体質とリンパ系を強化することは、疾患を逆転/治癒させるための最初のステップです。」


「ウイルスには核がありません。呼吸器系はありません。循環器系はありません。消化器系はありません。ウイルスは生きていません。それは石鹸が生きていると言っているようなものです。彼らは生きていません。それらは溶剤です。彼らは石鹸です。しかし、より正確には、それらは廃棄物を排除するために組織を分解する酵素です。」


Rudolf Steinerの洞察に関するThomas Cowan MD:
「ウイルスは単に有毒細胞の排泄物です。
ウイルスはDNAまたはRNAの断片であり、他にいくつかのタンパク質があります。彼らは細胞から出てきます。それらは細胞が毒されたときに起こります。それらは何の原因にもなりません。」


ウィリアムP.トレビング博士:
「私たちは以前、いわゆる「細菌」は至る所に存在すると述べました。(中略)治癒の危機に陥り、体が毒素を排出している場合、これらの「細菌」は物質そのものから外に出て、これらの毒素を排除、処理、分解するのに役立ちます。細菌は病気との因果関係は絶対にありません。しかし、細菌はあなたが一掃するのを助けるように見えます、なぜなら簡単に言えば、あなたの病気はあなたの治療なのです!」


「派手な画像は、「ウイルス」のようなものではありません。

インターネットやMSMで見られるこれらの鮮やかな色の複雑な画像は、CGI画像で構成されています。 この画像は、電子顕微鏡の下で「ウイルス」がどのように見えるかを示しているだけです。


この形式の研究は高度に汚染されていますが、科学界では受け入れられ、発表されています。」(中略)


2.細菌理論
「ルイ・パスツールは正直で信用できる人物ではありませんでした。パスツールが悪名高い「細菌理論」を最初に公布する前に一流の医師が抱いていた医学職の歴史と病気の原因に関するさまざまな考察を振り返ると、パスツールが何も発見しなかったという説得力ある証拠があり、他の人物の理論流用、改ざんをしている事実があります。」


死の床でルイパスツールは言った。
「私は間違っていた。微生物(細菌Germ Theory)は存在しない。環境(Terrain Theory)がすべてだ。」


これら両理論の概要、


細菌理論 (by パスツール)
1.体は無菌です。
2.病気は体外の微生物から発生します。
3.微生物は一般に保護されます。
4.微生物の機能は一定です。
5.微生物の形や色は一定です。
6.すべての病気は特定の微生物に関連しています。
7.微生物は主な原因物質です。
8.病気は誰にでも取り付くことができます。
9.病気を防ぐには、「防御を築く」必要があります。

環境理論(TERRAIN THEORYまたはMICROZYMIAN THEORY または CELLULAR THEORY)by (BERNARD)(BÉCHAMP)
1.微生物は体内に自然に存在しています。
2.病気は体の細胞内の微生物から発生します。
3.これらの細胞内微生物は通常、身体の代謝プロセスを構築し、それを支援するように機能します。
4.これらの生物の機能は、その生物が死亡または損傷したときに、その生物の異化(崩壊)過程を助けるように変化します。
5.微生物は多形(多くの形態を持っている)であり、宿主の状態を反映するように形や色(形の変化)を変化させます。
6.すべての病気は特定の状態に関連しています。
7.病気は、微生物が宿主の地形に従って形態、機能、および毒性を変化させるときに発生します。したがって、宿主生物の状態が主要な原因物質です。
8.病気は不健康な状態によって構築されます。
9.病気を防ぐために、私たちは健康を創造しなければなりません。


ルイ・パスツールは最後に彼の細菌理論を撤回しましたが、ビッグファーマがそれを利用しています。これは巨大企業&エリートたちに益をもたらします。​

https://www.amazon.com/Virus-Mania-Continually-Epidemics-Billion-Dollar/​

​​Virus Mania: How the Medical Industry Continually Invents Epidemics,
Making Billion-Dollar Profits At Our Expense


​​3.ビデオ–ウイルス​​​​​

コワン博士はこのビデオで5Gが「コロナウイルス」を引き起こすとは言っていません。5Gの影響が大きいのです。
地球の電化は一般的に私たちの健康に有害です。彼の指摘は、私たちがさらされている毒素や毒が私たちを病気にさせていること、そして私たちの体がウイルスを作り出して毒素を取り除くことです。


彼はまた、1918年にボストン保健局がインフルエンザの伝染性を調査した方法についても語っています。
インフルエンザの人々の鼻水をインフルエンザにかかっていない健康な人にそれを注射したらどうなったか、そして次にインフルエンザを予防できるかどうかについてです。(中略)

​4.実験/研究​

1919年の150の米国公衆衛生局の実験は、病気が伝染しないことを証明している:男性のいくつかのグループには、ファイファー細菌の純粋な培養物、上気道からの分泌物、および典型的なインフルエンザの症例からの血液が接種されました。
約30人の男性が、細菌を鼻や喉に噴霧したり、拭いたりしました。結果、「被験者のいずれかがインフルエンザの発作を起こしたことはありません。」
​​


ジョンBフレーザー博士は、「細菌は病気を引き起こすのですか?」に答え、
「1919年5月の物理文化雑誌では、1911年、1912年、1913年にトロントで実施された実験により、細菌は病気の発症後にのみ出現することが確認証明され、次のように述べられています。病気の副産物であり、無害でした。」​


​​
これらは、ウイルスは捕まえることができ、ウイルスのパンデミックが発生する可能性があるという考えを否定しています。
​​
「科学者たちは驚いた。 これらの健康なボランティアが、彼らを病気にする医師の最善の努力にもかかわらずインフルエンザに感染しなかった場合、何がこの病気を引き起こしていたのでしょうか? 人々はどのようにしてインフルエンザにかかったのですか?」
​​
ドイツの最高裁判所は、はしかウイルスが存在しないという生物学者の主張を支持しています。
​​
「ウイルスを適切に識別するために必要な科学的方法によると、3つの基準があります。
1)宿主細胞から分離する必要があります。
ーー>2016年の時点で、これは人間では達成されていません。


2)写真を撮り、その直径を測定する必要があります。
ーー>2016年の時点で、これは人間では達成されていません。


3)それは生化学的に特徴付けられる必要があります。
ーー>2016年の時点で、これは人間では達成されていません。
​​
これら3つは、HIV、HPV、SARS、ジカまたはエボラはもちろんのこと、ウイルス(ヘルペス、肝炎、h1n1、鳥インフルエンザ、豚インフルエンザ、インフルエンザ、ポリオ、はしか)で行われたことはありません。」
​​
5.大勢の細菌理論の反対者…そしてワクチン



「偉大なドイツの科学者であるルドルフヴィルコウは、病気の細菌理論を否定しました。
​​
フランスの偉大な科学者であるクロードバーナード、ベシャン、ティソはすべて、病気の細菌理論を否定しました。

ハンス・セリエの著書 『ストレス・オブ・ライフ』(205ページ)には、病気の細菌理論の発明者であるルイ・パストゥールが彼が間違っていたと認めたという記述が記録されています。
​​
特定の細菌によって引き起こされると考えられる多くの病気では、その細菌は存在しません。逆に、特定の病気を引き起こすと言われる特定の細菌は、特定の病気が現れることなく巨大な割合で存在します。」
​​
TCフライは次のように書いています。
「「感染」は、身体が侵略者と戦っている戦争ではありません。やって来た細菌は共生であり、身体が排出のために死んだ細胞や組織を作り出すのを助けます–>それらは浄化プロセスのパートナーです。これが蓄積されると、細菌が消え、傷が治ります。
感染とは、有毒物質を抱えた身体を洗浄するプロセスです。」
​​
私が言ったように起こっていることは、(主に細菌である)風邪があり、損傷した有毒な組織を食べます(私たちは十分に食べません、すべてを生で食べないので、毒性を蓄積します)。
私たちはすべての廃棄物をフォローできないので、バクテリアが入ってその廃棄物を食べなければなりません。-->それが風邪です。
​​
インフルエンザも主にウイルスです。体内に汚染された廃棄物の蓄積が非常に多く、微生物を使用できない場合、細胞は溶媒、つまりインフルエンザと呼ばれるウイルスを作ります。
​​


​​​​​​ヘルペスが伝染性であるという神話は、製薬業界があなたを怖がらせて薬を服用させようとするフィクションであるということです。
​​
「病原菌は健康な体にも含まれているため、病原菌が病気の原因になることはありません。」 ​​​​​​​​​
​「一般の人々は、細菌が侵入しないとき以外は病気にならないと言われています。本当に病気の細菌理論はばかげています。」
​​
「細菌の問題を合理的に検討する必要があります。
多くの部族が最初から無塩生肉、無塩生脂肪、および無塩生乳製品を主に食べていたという事実を考慮してください。
彼らは食べる前に手を洗ったり、食べ物を殺菌したりしませんでした。
サルモネラ菌、大腸菌、カンピロバクターを含むあらゆる形態の天然細菌は、それらの食物とともに豊富かつ絶えず食べられました。
微生物が犯人であるのに、なぜ彼らは活気があり、健康で無病であったのですか?」


「​もし細菌理論が正しいのなら、
それを信じる人は誰も生きていないだろう、」​

5’.ワクチン
​​
​「ただ一つ確かなこと:パスツールが彼の「ワクチン」を開発して以来、狂犬病は減少したのではなく増加したことです。」​
​​
「ワクチンの大量販売がなかったら、パスツールの病原菌の理論は崩壊してしまいました。」
​​
モンタイス博士は、パスツールの接種を受けた破傷風の21症例を研究しました。1915年10月23日号に掲載されたこの記事の結論は、すべてのケースで、破傷風は接種によって引き起こされたということでした。モンタイス博士は、「パスツールは新しい形の病気を作り出した」と語った。
​​
「癌の巨大な増加の唯一の原因ではないにしても、主な原因はワクチン接種でした。」(ガンの外部ウイルス説はいまだに医療業界を支配している!)
​​
「ワクチン接種は免疫系にとって災難です。それは実際に多くの病気と脳の損傷を引き起こします。私たちは予防接種を通じて遺伝暗号を変えています。」

「私はワクチン事業全体が確かに巨大なデマであることがわかりました。ほとんどの医師はそれらが有用であると確信していますが、適切な統計を見ると、これはそうではないことがわかります。」
​​
​​6.5G
​​
「本当に病気の人は5Gの場所の近くでほぼ100%有害被害を受けます。5Gが細胞に対して働くと、ウイルス(毒物排除)が反応します。」
​​
「中国と北イタリアはどちらもひどい大気汚染で有名です。 大気汚染に関して、北ヨーロッパは「ヨーロッパの中国」と呼ばれていると聞きました。 どちらも5Gです。」
​​
「コロナ劇を開始するために武漢とイタリアを選択した主な理由は、両者ともひどい汚染で知られ、深刻なインフルエンザの季節があるためです。」


​​
「ダナアシュリーは、2019年末に中国で130,000の5G基地局を構築することについて話しました。そして、武漢は実際に5Gのパイロット都市として指定されました。彼女は効果と症状を調べました。」(60GHzの話題は別記事参照)
​​
7.PCRテスト

「問題は、テストが機能しないことです。
これは「増幅」を使用しますが、これは、非常に少量のDNAを取り、分析できるまで指数関数的に増殖させることを意味します。
明らかに、サンプル内のすべての微細な汚染も増幅され、潜在的に重大な発見エラーにつながります。 」
​​
*別の弊害-->検出されるまで、ブロー(増幅)を続け、一つの検出で陽性決定! しかも、そのウイルスが何か不明のまま、
​​
「PCRは、微量のDNAを増幅することで機能します。したがって、どのくらいのウイルスを持っているかを伝えることはできません。
ウイルスが病気になるには、大量のウイルスが必要です。
しかし、PCRはウイルス量をテストしないため、病気になるのに十分な量で存在するかどうかを判断できません。」
​​
結論
​​
​病気のウイルスを捕まえることはできません。(存在しないから!)
私たちの体は、この地球上で攻撃してくるすべての人工化学物質と毒性から自分自身を浄化しています。
私たちの体は非常にインテリジェントであり、クレンジング作用で私たちを生かそうとしています。

​​​​​​Louis Pasteur was a Freemason and had connections to the Rockefeller Family.
​This image shows he was indeed, almost certainly, a Freemason. ​​
ルイパスツールはロックフェラー財団とつながりのあるフリーメーソンだった​​、


(転写終了)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2020年5月22日 16:16:51 : 4BTnA1oRM2 : SEJ2V2FwVHFPcGc=[90] 報告
新形コロナに対して政治家たちはワクチンに期待し何の根拠もなくできるという幻想を与えている。それらは単に自ら権力を維持せんとしているに過ぎない。インフルエンザワクチンでも完ぺきな防御はできなかった。コロナウイルスが変異があまり変異しないものとしてもワクチンが速やかにできるという何の根拠も実はない。むしろ、多くの人が持っている耐力の方が、極めてよいようだ。そして、耐力のない人に対しては、抗ウイルス薬のような治療薬の実現が早いのではなかろうか。そのような意味でイベルメクチンの効果確認を期待したい。
2. 2020年5月22日 20:46:12 : AUjLr1EJ72 : c2FMZllMTlBVT2s=[623] 報告
>>1
全く関係のないコメント
3. 2020年5月22日 22:38:47 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[382] 報告

細菌理論自体は、現代では、ほとんど無意味だが

現実にワクチンが治療や予防において有用であることは

現代科学において理論的にも疫学(実験)的にも明らかなこと

そしてCovid19に対してもサルを用いた動物実験で有用性が最近、証明されたばかりだ

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200521/k10012438701000.html
新型コロナ 1度感染のサル再感染せず 米ハーバード大など研究
2020年5月21日 12時07分

新型コロナウイルスに1度感染したサルは、免疫の働きによって再び感染しないことが確認されたとする研究成果をアメリカのハーバード大学などのグループがまとめました。研究グループは「免疫反応を利用した予防や治療の可能性を示す成果だ」としています。

ハーバード大学の医療センターなどの研究グループは、新型コロナウイルスを9匹のサルに感染させ、ひと月余りたってウイルスの遺伝子が検出されなくなったあと、サルの鼻や気管にウイルスを含んだ液体を注入して、経過を観察しました。

その結果、サルの体では、注入後からウイルスの遺伝子が速やかに減り始め、最も多い量を注入したものでも、2週間後には検出されなくなり、いずれも症状はほとんど見られなかったということです。

血液を調べたところ、ウイルスの働きを弱める抗体の量が増えていることが確認され、研究グループは、抗体がウイルスの増殖を抑えて再感染を防いだと結論付けています。

ヒトでも同じことが起こるのかはまだわかっていませんが、研究グループは「免疫反応を利用した予防や治療の可能性が示された」としています。

この研究成果は、20日付のアメリカの科学雑誌「サイエンス」に掲載されています。

4. 2020年5月22日 22:45:15 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[383] 報告

そしてワクチンは有効な抗体を生成できる程度に、Covid19の物質的な特性を再現できていれば、DNAだろうがタンパク質だろうが、基本、何でも良い

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200521/k10012438801000.html
米「DNAワクチン」接種のサル 3分の1でコロナ遺伝子不検出
2020年5月21日 12時27分

「DNAワクチン」と呼ばれる新しいタイプのワクチンの効果を複数のサルを使って確かめたところ、全体の3分の1で接種後、新型コロナウイルスの遺伝子が検出されなかったとする研究成果をアメリカのハーバード大学などのグループがまとめました。

「DNAワクチン」は、遺伝子を体に入れることによって、体内で特定のたんぱく質を合成させウイルスの働きを抑える抗体を作らせる新しいタイプのワクチンで、ハーバード大学の医療センターなどのグループは研究用に6種類を開発し、それぞれをアカゲザルに2回接種して効果を確かめました。

その結果、いずれのワクチンもサルの血液の中の抗体の量が、新型コロナウイルスに感染して回復したヒトと同じ程度か、それ以上の量まで上昇したということです。

また、ワクチンを接種したあと、鼻や気管からウイルスを含んだ液体を注入して感染するか確認したところ、25匹のうち、5種類のワクチンを接種した合わせて8匹からはウイルスの遺伝子が検出されなかったということです。

研究グループは「新しいタイプのワクチンで、ヒトでも感染を予防できる可能性があることを示す結果だ」としています。

「DNAワクチン」は、動物では一部の病気で承認されていますが、ヒトではまだ実用化されておらず、アメリカでは新型コロナウイルスのワクチンとして臨床試験が進められています。

この研究成果は20日付のアメリカの科学雑誌「サイエンス」に掲載されています。

注目のコンテンツ
BCGで新型コロナ予防できる? 今は“科学的に根拠なし”WEB特集 4月16日

次なるカギはAIか 〜新型ウイルスで進むAI活用〜ビジネス特集 4月1日

あわせて読みたい
米企業 新型コロナワクチンの臨床試験で「抗体の値が上昇」5月19日 6時42分
トランプ大統領 新型コロナのワクチン年内実用化へ開発に全力5月16日 7時03分

5. 2020年5月22日 23:17:20 : AUjLr1EJ72 : c2FMZllMTlBVT2s=[624] 報告
>>3
>>4
必死だね。
ちゃんと記事読んでますか?
6. 2020年5月23日 15:08:32 : hkNa82z3N6 : MTNST3hyUm9lNnM=[1] 報告

5.9〜10 武漢市、5週間ぶりに新規感染者確認。
5.20までに、武漢市5日間で124万件PCR検査。(最終的には全市民1100万人検査実施案)
5.22 中国、新規感染者、確認されず。
7. こーるてん[44] grGBW4LpgsSC8Q 2020年5月23日 16:31:59 : Gdpiiuvhxg : c1QuODhrS0FvdVk=[2] 報告
>>1>>3>>4>>6
全く内容と関係のないコメントが続きました。
削除対象として報告してもいいですか?

8. 2020年5月25日 11:21:25 : 4BTnA1oRM2 : SEJ2V2FwVHFPcGc=[95] 報告
1です。関係のないコメントとされてしまいましたが、理論的なことに関心を持っているような人向けに、発信したものです。関連の追加としてイベルメクチンについて次の資料があります。

"4月8日 抗寄生虫薬イベルメクチンが新型コロナウイルスに効果がある理由( Antiviral Research オンライン掲載論文)"AASJ

・・・抗寄生虫薬イベルメクチンが、試験管内の実験系ではあるが新型コロナウイルスの細胞内での増殖を止めるという論文が{(オーストラリア・モナーシュ大学から発表され)}メディアを騒がせている。

・・・タイではすでにイベルメクチンをデングウイルス治療に使う360人規模の治験が進んでおり、抗ウイルス薬としてのイベルメクチンはすでに臨床段階にある。

・・・この研究では新型コロナウイルスの細胞内での増殖をイベルメクチンが抑制できるか調べており、サルの腎臓由来Vero培養細胞に新型コロナウイルスを感染させ、48時間後にイベルメクチンを添加、その後のウイルスの増殖を調べている。
結果は報道の通りで、ウイルスの増殖が24時間で1000分の1に低下する。また、服用可能な濃度でこの効果が得られることを示している。

・・・最後に、STAT1の作用がSARSのORFで抑えられることは初めて知ったが、とするとエボラと同じメカニズムが存在するため、新型コロナウイルスはサイトカインストームが急速に進むタチの悪いウイルスであることも理解できる。新型コロナウイルスではまだこの点の検討は行われていないが、どちらかについてすぐわかるだろう。もしSARSと同じようにORF6がこの役割を担っているなら、イベルメクチンだけでなく、ORFとインポーチンの結合をより特異的に阻害する化合物も開発できるかもしれない。インポーチンを研究しているグループならかなり早く化合物までたどり着けるような気がする。ORF6がサイトカインストームの引き金に関わるなら、サイトカインストームが荒れ狂うタイプのウイルスについての理解と治療方法がわかるかもしれない。

**{}内は別の個所から移転挿入部分
https://aasj.jp/news/watch/12749 より引用

9. 2020年5月25日 21:05:11 : AUjLr1EJ72 : c2FMZllMTlBVT2s=[625] 報告
>>7
所詮は『虫下し』だろうが。

タイの治験?ソース貼ろうね。

10. こーるてん[45] grGBW4LpgsSC8Q 2020年5月25日 21:12:13 : AUjLr1EJ72 : c2FMZllMTlBVT2s=[626] 報告
>>8

悪かった。ソース貼っててくれたんだね。

でもな。こんなに早く特効薬が出てくることは異常だし、

悪口が殆ど出てこないのは

はっきり言って

信じないのですよ。

11. 2020年5月26日 18:31:16 : EEKKYlj4VI : TDd5YW40bFRFaUU=[20] 報告
ウイルスや細菌は病気の原因ではなく、結果という事ですね。
この辺りは癌や糖尿病とも通じる部分です。
それをナイショにして薬ばかり使う医療が、いかにインチキであるか窺えます。
12. jie[1] goqCiYKF 2020年6月01日 19:29:25 : Q4wKp8P9cI : SWNSU2M4U1ZmS0U=[1] 報告
エクソソームの写真をコロナと詐称してるって記事どっかで読んだのですが、ウイルスというのは全部いろんな生物のエクソソームなんじゃないのかなと思う。有益な情報運ぶのにも使われたり有害物質排出にも使われて、後者がウィルス扱いされるのでは。他の動物から来るウイルスがやばいってのは、能力が人体に合ってない、野生動物なんか人間ほど化学物質とかに汚染されて無いから、その基準まで排毒しようとしてくれて不健康な人には一気にウイルス(エクソソーム)働くと有害物質抱えたエクソソーム処理する機能(T細胞とか)がパンクして悪化してしまうのでは、だから有害物質蓄積少ない子供は悪化しにくいんじゃないかと。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊6掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
医療崩壊6掲示板  
次へ