★阿修羅♪ > 医療崩壊6 > 248.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
コロナ抗体「2〜3か月で激減」衝撃データ 再感染リスクは (NEWSポストセブン) 
http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/248.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2020 年 7 月 05 日 10:25:46: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
 

「コロナ抗体『2〜3か月で激減』衝撃データ 再感染リスクは」 
(NEWSポストセブン 2020/7/3)
https://www.news-postseven.com/archives/20200703_1574895.html

「パンデミック(感染症の世界的大流行)は加速している」。WHOのテドロス事務局長は6月中旬、そう表明した。

 新型コロナウイルスの再拡大が止まらない。週100万人規模で感染者が増え、6月末には全世界の感染者は1000万人、死者は50万人を超えた。

 中国、ドイツの一部都市では、ロックダウンが再び始まった。日本でも、緊急事態宣言が解除された後に各地でクラスターが発生し、東京都では連日50人前後の新規感染者が出る事態が続く。感染経路が追えない感染者も多く、再び外出制限が必要になる懸念もぬぐい切れない。

 そんな中、新型コロナウイルス発生地の中国で衝撃的なレポートが発表された。

「新型コロナの抗体は2〜3か月経つと急激に減少する」

 6月18日、英医学誌『ネイチャー・メディシン』に中国・重慶医科大学などの研究チームによる論文が掲載された。

「抗体とは、体内に入ってきたウイルスなどの病原体を排除するために作られる『免疫たんぱく質』のことです。その抗体が病原体を攻撃する仕組みを免疫と呼びます。一度感染すると体内に抗体が作られるので、再感染しない、もしくは感染しても重症化を抑えられるとされていました」(医療ジャーナリスト)

 研究チームは、今年4月上旬までに重慶で新型コロナに感染して症状が出た患者37人と、症状が出なかった患者37人について、抗体の量の変化などを調査した。

 それによると、感染後しばらくして作られる「IgG抗体」が80%以上の人で検出された。しかし、退院から2か月後には、抗体が検出された人のうち、症状があった人の96.8%、無症状の人の93.3%で抗体が減少したことが判明した。減少割合は、半数の人で70%を超えたという。

 予防医療学が専門である新潟大学名誉教授の岡田正彦さんが説明する。

「抗体には侵入物を包み込む働きをするもの(中和抗体)とそれ以外とがあります。どちらも重要ですが、今回の論文では、ウイルスを包み込む中和抗体の量が、症状があった人の62.2%で、無症状者の81.1%で減ったとされます。

 たとえば、麻疹の抗体は生涯にわたってあまり減少せず、免疫が持続します。だから麻疹は一度感染して抗体ができると、再感染しにくい。しかし、新型コロナはそういうわけではないということでしょう」

 国際医療福祉大学病院内科学予防医学センター教授の一石英一郎さんが続ける。

「新型コロナの抗体が減少する理由はよくわかっていません。ただ、同じRNAウイルスであるインフルエンザの場合も同様に減少します。また、感染者の年齢によって、抗体の下がり具合は異なるようです。

 今回の研究結果の通りに抗体が減少するなら、再感染のリスクが高いことになります。特に若年者の抗体が消えやすいとされるので、若者の再感染に対し警戒が必要です。無症状の若者がウイルスを蔓延させる危険性があります」

 感染が広がる中で、注目されてきたのが「集団免疫」という考え方である。

 それは、免疫を持つ人が一定の割合に達すると感染拡大に歯止めがかかるというものだ。ただ、収束のためには、全体の60%程度の人が免疫を持つ必要があるとされ、短期間では難しいのが実情である。

「スウェーデンでは、都市封鎖や経済活動の制限を行わず、集団免疫戦略をとり続けてきました。そのため多くの感染者が出ましたが、それでも6月時点での抗体保有率はわずか6%前後にすぎません。

 そもそも、今回の中国の研究結果を見れば抗体は数か月で消える可能性があるので、スウェーデンの取り組みは“労多くして功少なし”だったかもしれません」(前出・一石さん)

 独自路線を歩むスウェーデンは世界中からの注目を集めてきたが、結果的には感染率、死亡率ともにアメリカと並び、世界最悪レベル。集団免疫戦略が失敗の様相を呈している理由は、「抗体の消滅」にあるのかもしれない。

※女性セブン2020年7月16日号

------(引用ここまで)---------------------------------

予想された通りの結果です。

「集団免疫」に頼った国、スウェーデンや日本は、これからその高い代償を
払うことになるでしょう。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2020年7月05日 12:34:49 : KRgZGYiMuc : TlpkcUhRNGkwUW8=[4] 報告

ワクチン反対派が、騒いでいるが、
ワクチンなんて、簡単にはできないから安心してろ。
2. 2020年7月05日 12:37:02 : KRgZGYiMuc : TlpkcUhRNGkwUW8=[5] 報告

1です。
前記事へのコメントでした。謝。
3. 2020年7月06日 10:27:37 : UF52gkAKQs : ejMuVmNpL0hrbEU=[1] 報告
SARS-CoV-2の抗体生成は通常と異なる
2020/05/20 市嶋洋平(シリコンバレー支局長)
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/t344/202005/565589.html

>通常、ヒトは細菌やウイルスに感染した際、初期にIgM抗体が現れ、時間経過に従いIgG抗体ができる。ところが今回、IgMとIgGが同時に出てくるようなケースが散見された。通常の免疫反応と違うことが起こっている可能性がある。

>これは驚くべき、興味深い新しい発見だと思っている。SARS-CoV-2は感染していながら無症状の状態が長く続く場合がある。免疫システムがその間、ずっとウイルスを検出し続けているのかもしれない。そのため、IgGの抗体が(IgMに対して)さほど遅れずにできるのかもしれない。ただしこれは推測だ。 こうした無症状や軽い症状の患者のケースの抗体反応については研究を継続していく必要がある。


日本ではIgG抗体が先に現れて、後からIgM抗体が出現する不思議な現象が多く見られているそうである。
まだまだ、免疫の仕組みについては解らないことが多い。

4. 2020年7月06日 20:56:55 : H3qewymxyA : akJmdGxndm1hajY=[457] 報告
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-1176.html

つまり、本当の本番はこれからで、しかもRNAウイルス特有の凄まじい突然変異により、薬剤抵抗性を持ったウイルスや、猛毒化したウイルスが多重感染を通して進化を遂げてゆくので、「手のつけられない大混乱」に陥る必然性がある。

 日本は、一歩遅れて欧米・南米型の爆発的感染拡大に追従してゆくだろう。理由は、それを阻止するPCR検査の無料化や、街中でのドライブスルー方式の全国民的PCR検査態勢、日本製PCR自動検査機器の導入など、喫緊の課題として当然やるべき施策を何一つまともに実行していないからだ。
 やっているのは、情報公開に努める専門家会議を口封じしただけでは収まらず、廃止してしまったこと、検査に関係する利権を、すべて厚労相、感染研に集中したことだけだ。

 だが、本当の「第二次感染爆発」は、おそらく多重感染によって猛毒進化したウイルスが比類なき感染力をもって爆発する事態であり、それは年末か、来年にやってくると予想している。
 日本社会は、当面、これから第一次感染爆発のピークに迫ってゆくのである。
「PCR検査を抑制する」という超馬鹿げた政策を安倍政権が続けている以上、必ず恐怖の感染爆発がやってくる。

 安倍政権にとっては、オリンピック利権を手放したくないという強欲の前に、何一つ新型コロナ禍の真実、展開が見えていない。
 たぶん、安倍は、オリンピック利権で、たくさんの約束手形を発行しているにちがいない。それがデフォルトすることを恐れているのだ。

 安倍には、「口先で対策をやってるフリをしてれば、そのうち勝手に収まるだろう」という程度の軽薄な認識しか存在しない。
 また、新型コロナパンデミックを利用して、新たな利権を構築したいという強力な意思が見え隠れしている。竹中平蔵が背後で糸を引いているのではないだろうか?

[12初期非表示理由]:管理人:混乱したコメント多数により全部処理

5. 2020年7月07日 14:59:32 : XaXv1UnSq6 : SHY2ZTdYQmh2cUU=[2] 報告

>>。ヨPCR検査を抑制する」という超馬鹿げた政策を安倍政権が続けている以上、必ず恐怖の感染爆発がやってくる。<<

4さんに、全面的に同意。だが、

>>情報公開に努める専門家会議を・・・<<

専門家会議を、主導しているのは、PCR検査抑制派の尾身氏、押谷氏。
巧みにPCR検査を抑制しているのが真実。

6. 2021年3月17日 18:12:08 : TrohnR4xhQ : UzNPd3RqTE1jMmc=[20] 報告
世界初”新型コロナの抗体持つ赤ちゃん誕生
https://news.livedoor.com/article/detail/19860682/
アメリカの小児科医が新型コロナウイルスの抗体を持った赤ちゃんが生まれたと明らかにしました。

 ギルバート小児科医:「我々の知る限り、妊婦がワクチン接種後に出産した赤ちゃんが抗体を持って生まれてきたと報告された世界で最初のケースです」

 アメリカ南部・フロリダ州で、1月下旬に生まれた女の赤ちゃんから新型コロナウイルスの抗体が確認されたということです。

 母親は妊娠36週目にモデルナ社のワクチンを1回接種し、3週間後、2回目を打つ前に女の子を出産しました。

 小児科医らは、抗体のレベルやどのくらい力が持続するかなどについて今後調べる必要があるとしています。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊6掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
医療崩壊6掲示板  
次へ