★阿修羅♪ > 医療崩壊6 > 261.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
わっはっは!ガーディアンにPCR検査が科学的に意味がない事が記事で載ったぞ!(donのブログ)(日本のマスコミを信じますかこれでも)
http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/261.html
投稿者 こーるてん 日時 2020 年 7 月 17 日 00:29:17: hndh7vd2.ZV/2 grGBW4LpgsSC8Q
 

       

          転写開始・かなり長いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
https://ameblo.jp/don1110/entry-12609257663.html


わっはっは!ガーディアンにPCR検査が科学的に意味がない事が記事で載ったぞ!

2020-07-06 17:20:40

コロナウイルスに対するPCR検査は科学的に意味がない。

全世界でコロナウイルスに対してPCR検査をしていますが、それは科学的に間違った方法であるのは明らかです。

https://off-guardian.org/2020/06/27/covid19-pcr-tests-are-scientifically-meaningless/


全世界がRT-PCRに依存してSars-Cov-2感染を「診断」しますが、

科学は明らかです:それらは目的に適していません

世界中のロックダウンと衛生対策は、「陽性」患者を特定するために使用されるいわゆるSARS-CoV-2 RT-PCRテストによって作成された症例数と死亡率に基づいており、「陽性」は通常「感染」と同じです。 」

しかし、事実を詳しく見てみると、結論は、これらのPCRテストは、SARS-CoV-2と呼ばれる新しいウイルスと思われるウイルスによる感染の疑いを判断する診断ツールとしては意味がないということです。

根拠のない「テスト、テスト、テスト、…」のマントラ

2020年3月16日のCOVID-19に関するメディアブリーフィングで、WHO事務局長のTedros Adhanom Ghebreyesus氏は次のように述べています。

すべての国に簡単なメッセージがあります。テスト、テスト、テストです。」

メッセージは、例えばロイターやBBCによって、世界中の見出しに広まった。

まだ5月3日で、ドイツのテレビで最も重要なニュース雑誌の1つであるHeuteジャーナルのモデレーターは、コロナドグマのマントラを聴衆に警告する言葉で伝えていました。

テスト、テスト、テスト—それが現時点での信条であり、コロナウイルスがどれだけ広がっているかを本当に理解する唯一の方法です。」

これは、PCRテストの有効性に対する信念が非常に強いため、事実上矛盾のない宗教と同等であることを示しています。


しかし、宗教は信仰に関するものであり、科学的事実に関するものではないことはよく知られています。そして、2度のピューリッツァー賞の受賞者であり、おそらく20世紀で最も影響力のあるジャーナリストであるウォルターリップマンは、次のように述べています。

まず、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の発明者であるKary Mullis自身が同じように考えていなかったことは非常に注目に値します。彼の発明により、1993年にノーベル化学賞を受賞しました。

残念ながら、マリは昨年74歳で亡くなりましたが、生化学者がPCRをウイルス感染の検出に不適切であると見なしたことは間違いありません。

その理由は、PCRの意図された使用は、それを製造技術として適用することであり、何百億、何十億回もDNA配列を複製することができ、ウイルスを検出する診断ツールとしてではありませんでした。

PCRテストに基づくウイルスパンデミックをどのように宣言すれば災害に終止符が打たれるかについては、Gina Kolataが2007年のNew York Timesの記事「Quick Testへの信仰は伝染病につながらなかった」で説明しました。

有効な金本位制の欠如

さらに、いわゆるSARS-CoV-2に感染していると考えられる、いわゆるCOVID-19患者を特定するために使用されるPCRテストには、それらを比較するための有効なゴールドスタンダードがありません。


これは基本的なポイントです。 正確さ、厳密に言えば「感度」[1]と「特異度」を決定するために、利用可能な最も正確な方法を意味する「ゴールドスタンダード」と比較して、テストを評価する必要があります。

例として、妊娠検査の場合、ゴールドスタンダードは妊娠そのものです。 しかし、オーストラリアの感染症の専門家であるサンジャヤセナナヤケは、たとえば、ABC TVのインタビューで「[COVID-19]テストはどのくらい正確ですか?」

血液中の[バクテリア]金色のブドウ球菌を拾うための新しいテストがあった場合、すでに血液培養があり、それは私たちが何十年も使用してきた私たちのゴールドスタンダードであり、この新しいテストをそれと比較することができます。しかし、COVID-19には、ゴールドスタンダードテストはありません。」

ブリストル大学のジェシカC.ワトソンはこれを確認します。ブリティッシュメディカルジャーナルで最近発行された彼女の論文「Interpreting a COVID-19 test results」では、彼女は「COVID-19テストにはそのような明確な「ゴールドスタンダード」がない」と書いています。

しかし、テストをSARS-CoV-2検出およびCOVID-19診断に適さないと分類する代わりに、または分離と精製によって証明されたウイルスのみが確実なゴールドスタンダードである可能性があることを指摘する代わりに、ワトソンは、 、「実用的に」COVID-19診断自体、特にPCR検査自体を含め、「入手可能な最良の「ゴールドスタンダード」かもしれません。」しかし、これは科学的に健全ではありません。


PCRテストを評価するためのゴールドスタンダードの一部としてPCRテスト自体を採用するのは実にばかげているという事実は別として、COVID-19に特有の特定の症状はありません。ミュンヘン大学感染症および熱帯医学部門であり、ドイツ内科医連盟のメンバーであることが私たちに認めました[2]。

また、COVID-19に特有の症状がない場合、COVID-19の診断は、ワトソンの発言とは異なり、有効なゴールドスタンダードとして機能するのに適していません。

さらに、ワトソンのような「専門家」は、ウイルスの分離、つまり明確なウイルスの証明のみがゴールドスタンダードになり得るという事実を見落とします。

そのため、COVID-19に特有の具体的な症状がない場合、COVID-19の診断が「入手可能な最良のゴールドスタンダードである可能性がある」とワトソンに尋ねた。最高の利用可能/可能なゴールドスタンダード。しかし、複数の要求にもかかわらず、彼女はまだこれらの質問に答えていません。また、彼女が6月2日に書いたものの、私たちがまったく同じ点を取り上げている記事への迅速な対応の投稿にもまだ返信していません。「今週中に機会があれば返信を投稿するつもりです。 」

RNAがウイルス起源であることの証拠はない

さて、問題は次のとおりです。ウイルスの分離/証明に最初に必要なものは何ですか? PCRテストが校正されるRNAがどこから来たかを知る必要があります。

教科書(例:White / Fenner。Medical Virology、1986、p。9)や、Luc MontagnierやDominic Dwyerのような主要なウイルス研究者として、粒子精製、つまり、オブジェクト以外のすべてのものからのオブジェクトの分離たとえば、ノーベル賞受賞者のマリーキュリーは、1898年に大量のピッチフレンデから抽出して100 mgの塩化ラジウムを精製しました。これは、ウイルスの存在を証明するために不可欠な前提条件であり、問​​題の粒子からのRNAが新しいウイルスに由来します。

その理由は、PCRは非常に感度が高いためです。つまり、PCRはDNAやRNAの最小の断片でも検出できますが、これらの粒子がどこから来たのかを特定することはできません。それは事前に決定する必要があります。

また、PCRテストは遺伝子配列(この場合はRNA配列であり、SARS-CoV-2はRNAウイルスであると考えられている)に対して調整されているため、これらの遺伝子断片が対象ウイルスの一部であることを知る必要があります。そして、それを知るためには、推定されるウイルスの正しい分離と精製を実行する必要があります。

したがって、SARS-CoV-2のコンテキストで参照される関連論文の科学チームに、in vitro実験で描かれた電子顕微鏡写真が精製ウイルスを示すかどうかの証拠を求めました。

しかし、単一のチームがその質問に「はい」で答えることができなかった—そして、NB。、誰も浄化が必要なステップではなかったと言った。 「いいえ、精製の程度を示す電子顕微鏡写真は得られませんでした」(以下を参照)などの回答を得ただけです。

私達は何人かの研究著者に「あなたの電子顕微鏡写真は精製されたウイルスを示していますか?」と尋ねました、彼らは以下の返答をしました:

研究1:レオL. M.プーン;マリク・ペイリス。 「人間の健康を脅かす新しいヒトコロナウイルスの出現」ネイチャーメディシン、2020年3月
返信者:マリク・ペイリス
日付:2020年5月12日
回答:「画像は、感染した細胞から出芽するウイルスです。精製されたウイルスではありません。」

研究2:ミョングクハン他「韓国のCOVID-19患者から分離されたコロナウイルスの同定」、Osong公衆衛生および研究展望、2020年2月
返信者:ミョングクハン
日付:2020年5月6日
回答:「細胞内で培養されたウイルスを精製および濃縮していないため、精製の程度を推定できませんでした。」

研究3:Wan Beom Park et al。 「韓国で最初のSARS-CoV-2患者からのウイルス分離」、2020年2月24日、韓国医学のジャーナル
返信者:Wan Beom Park
日付:2020年3月19日
回答:「精製の程度を示す電子顕微鏡写真は入手できませんでした。」

研究4:Na Zhu et al。、「中国の肺炎患者からの新しいコロナウイルス」、2019、ニューイングランドジャーナルオブメディシン、2020年2月20日
返信著者:Wenjie Tan
日付:2020年3月18日
回答:「[私たちが示す]沈殿したウイルス粒子の画像であり、精製されたものではありません。」

前述の論文に関して、電子顕微鏡写真(EM)に示されているのは実験の最終結果であることは明らかです。つまり、EMを作成できたはずの結果が他にないということです。

つまり、これらの研究の作成者が、公開されたEMが精製された粒子を示さないと認めた場合、ウイルス性であると主張される精製された粒子を確実に所有していません。 (この文脈では、一部の研究者が論文で「分離」という用語を使用していることに注意する必要がありますが、そこに記載されている手順は適切な分離(精製)プロセスを表していないため、この文脈では「分離」という用語は誤用)。

したがって、新しいコロナウイルスの発見を主張する主要な2020年初頭の4つの論文の著者は、ウイルスゲノムの起源がウイルス様粒子または細胞破片、純粋または不純、またはあらゆる種類の粒子であった証拠を認めなかったと認めています。つまり、SARS-CoV-2 RNAの存在は、事実ではなく信仰に基づいています。

熟練したウイルス学者であるチャールズカリッシャー博士にも連絡を取りました。 2001年、サイエンスはキャッシャーをはじめとする数人のベテランウイルス学者から、「若い世代への情熱的な嘆願」を発表しました。

[最新のウイルス検出方法]洗練されたポリメラーゼ連鎖反応[…]ウイルスの増殖、どの動物がそれを運ぶのか、またはどのようにして人々を病気にするのかについてはほとんどまたは何も伝えません。それは、誰かが彼の指紋を見て口臭があるかどうかを言おうとするようなものです。」[3]

そして、それがSARS-CoV-2が分離され、最終的に本当に精製された単一の論文を知っているかどうかをカリッシャー博士に尋ねた理由です。彼の答え:

そのような出版物は知らない。私はそのために目を光らせてきました。」[4]

これは実際、科学者が前述のin vitro試験で準備された組織サンプルから取得し、PCRテストが最終的に「キャリブレーション」されているRNA遺伝子配列が特定のウイルスに属していると結論できないことを意味します—この場合SARS-CoV-2。

さらに、これらのRNA配列がCOVID-19と呼ばれる原因物質であることを科学的に証明するものはありません。

因果関係を確立するために、つまりウイルスの分離と精製を超えて、4つのコッホの仮定を満たす実験を行うことが絶対に必要でした。しかし、そのような実験はありません。AmoryDe​​vereuxとRosemary Freiが最近OffGuardianのために明らかにしたからです。

SARS-CoV-2に関するこれらの前提条件を満たす必要性は、特にそれらを満たすための試みが行われたという事実によって、特に実証されます。しかし、彼らがそれを行ったと主張する研究者でさえ、実際には成功しませんでした。

1つの例は、5月7日にNatureで発表された研究です。この試験は、研究を無効にする他の手順に加えて、どの仮定にも適合しませんでした。

たとえば、疑わしい「感染した」実験用マウスは、肺炎に起因する明確な臨床症状を示さなかった。これは、危険で潜在的に致命的なウイルスが実際に働いていた場合、3番目の仮定によれば実際に発生するはずである。また、動物で一時的に観察されたわずかな剛毛と体重減少は、手順自体が原因である可能性があるだけでなく、体重が再び正常に戻ったためにも無視できます。

また、剖検を行うために殺した動物を除いて、死亡した動物はいなかった。そして、忘れないでください。これらの実験は、テストを開発する前に行うべきでしたが、そうではありません。

明らかに、SARS-Cov-2 / COVID-19に関する公式理論のドイツを代表する代表者は一人もいません—ロバートコッホ研究所(RKI)、アレクサンダーS.ケクレ(ハレ大学)、ハートマットヘンゲル、ラルフバーテンシュラーガー(ドイツ社会)ウイルス学の場合)、前述のThomasLöscher、Ulrich Dirnagl(CharitéBerlin)またはGeorg Bornkamm(ウイルス学者でヘルムホルツツェントラムミュンヘンの名誉教授)—私が送信した次の質問に答えることができます。

SARS-CoV-2であると主張されている粒子が精製されていない場合、これらの粒子のRNA遺伝子配列が特定の新しいウイルスに属していることをどのように確認しますか?

特に、ウイルス検出のために行われるin vitro実験で試験管に追加された抗生物質などの物質が、以前にはなかった新しい遺伝子配列が形成されるように細胞培養に「ストレス」をかけることができることを示す研究がある場合検出可能—ノーベル賞を受賞したバーバラマクリントックは、1983年のノーベル講演ですでに注目を集めていました。

私たちがついにCharitéを手に入れたことは言うまでもありません。COVID-19に関してドイツで最も影響力のあるウイルス学者であるChristian Drostenの雇用主であり、ドイツ政府のアドバイザーであり、最初に承認されたPCRテストの共同開発者です。 」(検証されていません!)世界中のWHOによって–トピックに関する質問に回答します。

しかし、何カ月も無反応だった2020年6月18日まで、回答を得られませんでした。結局、私たちはそれを達成したのは

MagNA Pure 96システム(Roche、Penzberg、Germany)を使用して臨床サンプルから、およびウイルスRNAミニキット(QIAGEN、Hilden、ドイツ)を使用して細胞培養上清からRNAを抽出しました。」

つまり、RNAはウイルス性であると想定しただ​​けです。

ちなみに、コーマン等。 2020年1月23日に発表された論文では、適切なピアレビュープロセスも実施されておらず、そこに概説されている手順も統制されていませんでした。
非合理的なテスト結果

確かにウイルスを持たない人々の広範囲にわたるテストなしで、PCRテストの偽陽性率を知ることができないことも確かです。テストとは独立した方法(堅実なゴールドスタンダードを持っている)によって証明されます。

したがって、不合理なテスト結果を示すいくつかの論文があることは驚くに値しません。

たとえば、すでに2月に中国の広東省の保健当局は、人々がCOVID-19のせいである病気から完全に回復し、「陰性」をテストし始め、その後「陽性」を再度テストしたと報告しました。

1か月後、Journal of Medical Virologyに掲載された論文では、武漢の病院の患者610人中29人が3〜6の検査結果を示し、「陰性」、「陽性」、「疑わしい」の間で反転しました。

3番目の例は、シンガポールの研究で、18人の患者に対してほぼ毎日テストが実施され、大多数は「陽性」から「陰性」に「陽性」に少なくとも1回、1人の患者で最大5回まで戻りました。

中国医科学院の王陳でさえ、2月にPCRテストは「わずか30〜50%正確」であると認めた。一方、ミルフォード分子診断研究所のシンハンリーは、2020年3月22日、WHOのコロナウイルス対応チームとアンソニーS.フォウチに次のような書簡を送りました。

ヒト検体中のSARSCoV-2 RNAを検出するために使用されるRT-qPCR [逆転写酵素定量的PCR]テストキットは多くの偽陽性結果を生成し、実際の陽性例を検出するのに十分な感度がないことがソーシャルメディアで広く報告されています。 」

つまり、これらのPCRテストでウイルス感染を実際に検出できると理論的に想定しても、テストは実質的に価値がなく、テストされた「陽性」の人々に根拠のない恐怖を引き起こすだけです。

これは、ポジティブプレディクティブバリュー(PPV)を考慮すると明らかになります。

PPVは、検査結果が陽性である人が真に「陽性」である(つまり、想定されるウイルスを持っている)確率を示します。これは2つの要因に依存します。一般集団におけるウイルスの蔓延と検査の特異性、これは、病気がなく、テストが正しく「陰性」である人の割合です(95%の特異度のテストでは、100人の感染していない人のうち5人で誤って陽性の結果が出ます)。

同じ特異性で、有病率が高いほど、PPVは高くなります。

これに関連して、2020年6月12日、ジャーナルDeutschesÄrzteblattは、PPVが3つの異なる有病率シナリオで計算された記事を公開しました。

もちろん、結果は非常に批判的に検討する必要があります。1つ目は、概説したとおり、純金標準なしでは特異度を計算できないためです。2つ目は、記事の計算が、ジェシカの研究で決定された特異度に基づいているためです。ワトソン。これもまた言及されているように、価値がない可能性があります。

しかし、そこから抽象化すると、95%の根本的な特異性が正しく、有病率がわかっていると仮定すると、主流の医学雑誌DeutschesÄrzteblattでさえ、いわゆるSARS-CoV-2 RT-PCRテストで「a驚くほど低い」PPV。

3つのシナリオの1つで、想定される有病率が3%であると考えた場合、PPVは30%しかありませんでした。しかし、エルズテブラットでさえ批判的に指摘しているように、「彼らは検疫に処方されています」。

ジャーナルの記事の2番目のシナリオでは、20%の罹患率が想定されています。この場合、それらは78%のPPVを生成します。これは、「陽性」テストの22%が誤った「陽性」であることを意味します。

つまり、世界中で現在「陽性」と見なされている約900万人を対象とすると、真の「陽性」が実際にウイルス感染しているとすると、ほぼ200万人の偽の「陽性」が発生します。

これはすべて、たとえばCDCとFDAがファイルで、いわゆる「SARS-CoV-2 RT-PCRテスト」はSARS-CoV-2診断には適さないことを認めているという事実と一致しています。

たとえば、2020年3月30日の「CDC 2019-Novel Coronavirus(2019-nCoV)Real-Time RT-PCR Diagnostic Panel」ファイルには、次のように記載されています。

ウイルスRNAの検出は、感染性ウイルスの存在、または2019-nCoVが臨床症状の原因物質であることを示していない可能性があります」

そして:

この検査は、他の細菌性またはウイルス性病原体によって引き起こされる病気を除外することはできません。」

そして

肯定的な結果[…]は、細菌感染や他のウイルスとの同時感染を除外するものではありません。検出されたエージェントは、疾患の明確な原因ではない可能性があります。」

注目すべきことに、PCRテストの取扱説明書では、たとえばAltona DiagnosticsやCreative Diagnostics [5]によるもののように、それらが診断テストとして意図されていないことを読むこともできます。

別のものを引用すると、TIB Molbiolによって生成されたLightMix Modular Assayの製品発表では、Cormanらを使用して開発されました。プロトコル— Rocheによって配布され、次のように読むことができます。

これらのアッセイは、コロナウイルス感染の診断の補助として使用することを意図していません。」

そして:

研究目的のみ。診断手順では使用できません。」

テストが「ウイルス量」を測定できるという証拠はどこにありますか?

Rocheや他の人たちによるPCRテストが標的遺伝子さえ検出できないと結論づける理由もあります。

さらに、SARS-COV-2のRT-qPCRテストの製品説明では、「qPCR」の「q」が「定量的」を表すという事実とは対照的に、「定性的」テストであると述べています。また、これらのテストが「定量的」テストでない場合、体内のウイルス粒子の数は表示されません。

実験室だけでなく現実世界の実際の病気について話し始めるためにも、患者は数百万のウイルス粒子を体内で活発に複製する必要があるため、これは重要です。

つまり、CDC、WHO、FDA、またはRKIは、テストによりいわゆる「ウイルス量」、つまり体内に含まれるウイルス粒子の数を測定できると主張する場合があります。 「しかし、これは証明されていません。ジャーナリストのジョン・ラポポートが指摘するように、それは巨大なスキャンダルです」。

これは、「ウイルス量」という用語が欺瞞であるというだけではありません。 「バイラルロードとは何ですか」という質問をすると、ディナーパーティーでは、人々はそれを血流中を循環するウイルスを意味すると解釈します。彼らが実際にRNA分子であることを知って驚いた。

また、PCRが病気の原因となるウイルスによる「負担」の程度を測定できることを疑いなく証明するには、次の実験を実行する必要がありました(まだ行われていません)。

たとえば、数百人、場合によっては千人を対象に、組織サンプルを採取します。サンプルを取る人がテストを行わないようにしてください。テスターは、患者が誰で、どのような状態にあるかを決して知ることはありません。テスターは、組織サンプルでPCRを実行します。どちらの場合も、どのウイルスを発見し、どれだけのウイルスを発見したかを示しています。次に、たとえば、患者29、86、199、272、および293で、ウイルスであると主張するものの多くを発見しました。今、私たちはそれらの患者の盲目を解きます。彼らは体の中に非常に多くのウイルス複製を持っているので、彼らはすべて病気になるはずです。しかし、彼らは本当に病気ですか?それとも、フィドルとして適していますか?

前述の弁護士Viviane Fischerの助けを借りて、私はついにCharitéにCormanらによって開発されたテストかどうかの質問にも答えてもらいました。いわゆる「ドロステンPCRテスト」は定量テストです。

しかし、シャリテはこの質問に「はい」と答えようとはしませんでした。代わりに、シャリテは次のように書いた:

リアルタイムRT-PCRが関与する場合、ほとんどの場合、Charitéの知識により、これらは定性的な検出に限定されます。

さらに、「ドロステンPCRテスト」では、非特異的E遺伝子アッセイを予備アッセイとして使用し、パスツール研究所では確認アッセイと同じアッセイを使用しています。

Corman et al。によると、E-geneアッセイはすべてのアジアのウイルスを検出する可能性が高いです。

すべてのアジアのウイルスを検出する可能性が高い予備テストまたは確認テストを行うという疑わしい目的に加えて、WHOは4月の初めにアルゴリズムを変更し、それ以降、テストが「陽性」であると見なすことができることを推奨しました。 E-geneアッセイ(すべてのアジアのウイルスを検出する可能性が高い!)は、「陽性」の結果をもたらします。

これは、確認された不特定のテスト結果が特定として正式に販売されることを意味します。

このアルゴリズムの変更により、「ケース」の数が増加しました。 E-geneアッセイを使用したテストは、Roche、TIB Molbiol、R-Biopharmなどによって作成されています。

Cq値が高いと、テスト結果がさらに無意味になります

別の本質的な問題は、多くのPCRテストで35を超える「サイクル定量化」(Cq)値があり、「ドロステンPCRテスト」を含むいくつかのテストではCqが45でさえあることです。

Cq値は、生体サンプルから実際の信号を検出するために必要なDNA複製のサイクル数を指定します。

「40を超えるCq値は、暗黙の低効率のために疑わしく、一般に報告されるべきではありません」とMIQEガイドラインで述べています。

MIQEは、「定量的リアルタイムPCR実験の公開に関する最小限の情報」を意味します。これは、定量的PCRまたはqPCRとも呼ばれる、リアルタイムPCRに関する公開を評価するために必要な最小限の情報を説明する一連のガイドラインです。

発明者自身、Kary Mullis氏は、次のように述べています。

シングルコピーの遺伝子を増幅するために40サイクル以上かかる必要がある場合、PCRに深刻な問題があります。」

MIQEガイドラインは、定量的PCRの世界的に有名な専門家であり、「qPCRの聖書」と呼ばれている定量的PCRの本A-Zの著者である分子医学の教授であるStephen A. Bustinの庇護の下で開発されました。

最近のポッドキャストインタビューで、Bustinは次のように指摘しています。「このような任意のCqカットオフは、低すぎる(有効な結果が排除される)か高すぎる(誤った「肯定的な」結果が増える)ため、理想的ではありません。」

そして、彼によれば、20代から30代のCqを目指すべきであり、35を超えるCqの結果の信頼性に関して懸念があります。

Cq値が高くなりすぎると、たとえばプライマーと蛍光プローブの反応により、実際の信号とバックグラウンドを区別することが困難になり、偽陽性の可能性が高くなります。

さらに、実際のP​​CRを開始する前に、SARS-CoV-2などの推定RNAウイルスを探している場合は、結果を変える可能性のある他の要因の中で、RNAを酵素Reverse DNAで相補的DNA(cDNA)に変換する必要があります。トランスクリプターゼ—したがって、「PCR」または「qPCR」の先頭にある「RT」。

しかし、この転換プロセスは「非効率的で変動性があると広く認識されています」。これは、トロントの再生医療の商業化センターのジェシカシュワバー氏と2人の研究者が2019年の論文で指摘したとおりです。

Stephen A. Bustinは、PCRの問題を同等の方法で認めています。

たとえば、変換プロセス(RNAからcDNA)の過程で、同じRNA基材で得られるDNAの量が10倍にも大きく変動する可能性があるという問題を指摘しました(上記のインタビューを参照)。

DNAシーケンスがサイクルごとに2倍になることを考慮すると、わずかな変動でも拡大され、結果が変わる可能性があり、テストの信頼できる有益な価値が失われます。

では、PCR検査がいわゆるCOVID-19診断で非常に有意義であると主張する人々が、これらの検査の根本的な不十分さを、有効性に関する疑問に直面していても、盲目にしてしまうのはどうしてでしょうか。

確かに、新しいコロナウイルス仮説の弁護人は、市場にテストを投げて基本的に全世界を封鎖する前にこれらの質問に対処する必要がありました。特に、これらは科学のスパークさえあれば誰でもすぐに頭に浮かぶ質問なので理解。

したがって、財政的および政治的利益が科学的義務についてのこの無知の決定的な役割を果たすことが必然的に浮かび上がる。 NB、例えば、WHOは2010年にBritish Medical Journalが示したように、製薬会社と金銭的なつながりがあります。

そして、専門家たちは「悪名高い腐敗とWHOにおける利益相反が続いており、さらには成長している」と批判しています。 CDCも同様に、別の大きなプレーヤーを引き継ぐために、明らかに良いことはありません。

最後に、理由と考えられる動機は推測に留まり、関係者の多くは確かに誠実に行動します。しかし、科学は明らかです。これらのRT-PCRテストによって生成された数値は、「陽性」とテストされた恐ろしい人々を正当化するものではなく、無数の人々を貧困に陥らせ、絶望させ、自殺に追いやるロックダウン措置を課します。

また、「陽性」の結果は患者にも重大な結果をもたらす可能性があります。それは、すべての非ウイルス性因子が診断から除外され、患者が毒性の高い薬物と侵襲性挿管で治療されるためです。特に、「致命的なセラピー」の記事で概説したように、高齢者や既存の状態の患者にとって、このような治療は致命的となる可能性があります。

「COVID-19」の死亡統計には、さまざまな疾患で死亡した患者も含まれるが、「陽性」の検査のみでCOVID-19として再定義されている一方で、間違いなく、最終的な過剰死亡率は治療法とロックダウン対策によって引き起こされている。その値はもっと疑わしいことができない結果。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 戦争とはこういう物[3352] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2020年7月17日 11:14:43 : vElqk2s3q2 : ZWljbFJaUGQ1dUU=[160] 報告
訳が微妙で読み辛いが。PCR検査に増幅によるノイズや擬陽性があるのは周知の事実。
それ理由に、数値的基準も示さずにPCR検査が無意味だと言ってしまって良いのか。
「ゴールドスタンダード」や「ウィルス写真」が無ければCOVID-19の実在を特定できないというのも、この説明だけではわからない。
2. 2020年7月17日 17:49:52 : 6Csn1jcW0k : bFVzRGlacjhPRmc=[1] 報告

メディアのウソが既成事実となり、狂気の政治が展開される。

新型コロナ・コビッド19なるものは発見されておらず、同定されてもいない。だからワクチンなど作れるはずもない。でも、そんなことを主張する研究者はマスコミは決して取り上げない。

選挙も同じ。安倍自民党の支持率は高い、開票してないけど圧勝です。開票作業は見せないけど自民党が圧勝です。だから安倍政権が支持されました。でも不正を疑う有権者による不正選挙裁判は決して報道されない。

@@@>真実かも!新型コロナは存在しない?日本政府は【COVID-19】は存在しないとの結論に至った!
https://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/8d43335ea429c4952e3b231ec28f5631

@@@>コロナ騒ぎは大嘘です。レベル1:超初心者向け
  2020年5月11日2020年5月13日 https://www.jimakudaio.com/post-6975

@@@>#5Gを止めればコロナも止まる
https://twitter.com/FlatBlueTruth1/status/1281939316923457536


3. アキエ[425] g0GDTINH 2020年7月18日 12:14:03 : ovh21rC4os : NGhVVmxRRDJvUVU=[312] 報告
https://www.theguardian.com/ukがガーディアンだべ!
4. こーるてん[64] grGBW4LpgsSC8Q 2020年7月18日 17:30:09 : AUjLr1EJ72 : c2FMZllMTlBVT2s=[693] 報告
>>4
リンク先に行ってみると、おっしゃる通りガーディアン紙ではありませんでした。

ブロガーさんのハヤトチリのようです。

私もよく確かめないで載せてしまって申し訳ないです。

>>1
>>2
>>3
みなさん
申し訳ないです。
ごめんなさい。

5. 2020年7月18日 20:26:43 : sQQ4QKyVmc : TmUyWmt3NzNkNFU=[1] 報告
このoffガーディアンは、新型コロナに関して公式発表べったりになってしまった本物のガーディアン紙の対極にある。常に真実を追求している。真のジャーナリズムの見本。
6. 2020年7月18日 22:05:32 : MqW3FylPZg : UWdmNVNvLlFBQ3M=[45] 報告
>>5.

対極にあれば真実かよ・・・・「コロナは宇宙人の仕業」これも信じるんだね


>>4. こーるてん氏

>ブロガーさんのハヤトチリのようです。

>私もよく確かめないで載せてしまって申し訳ないです。

謝る事は無いと思うが
こういうのを商売や詐欺のネタにしてるのはこの掲示板やインターネットでよく見かけるし
主張にどっか穴が有るよ、それを探す努力をした方が真実に近づけると思うよ

いつも不思議の思うんだが2.みたいなのは

コロナが存在しないんなら、なぜ世界でこれだけの死者が出て、その人から
SARS-Cov2という名で同定された遺伝子持ったウイルスがPCR検査で発見されるのか?
で、その死者の共通点はそのウイルスが体内に居たと言う事実だけ。年代も環境も
居住地も食物も水も違う訳だが。
さて何故死んだのでしょうか?

病気の原因は、水、環境、空気、食物、微生物、ウイルス、真菌などだが
集中的にある場所だけでなく全世界に分布してるのは

答えてみたら

7. 2020年7月19日 07:37:16 : VRypzoOsm6 : Ym5SSy43aksxci4=[2] 報告
>>6

PCRで何がわかるか知ってるかね?
PCRで陽性になれば、全部がコロナかね?

何で今シーズンだけインフルが激減するのかね?
高熱なのに厚労省の指針に沿って4日も放置すれば、高齢者は死ぬんじゃね?
なんで安倍自公売国奴政権は、死ぬ寸前までほっとくという指針を出すのかね?

>#5Gを止めればコロナも止まる
https://twitter.com/FlatBlueTruth1/status/1281939316923457536
#コロナ第二波  PCRなんて、ほとんど詐欺! ウイルスを特定する検査じゃありません!
それよりも、5Gとの相関性。このまま行くと、コロナ茶番は未来永劫終わらない。
__PCR検査キットには以下のウィルスにも陽性反応を示すと記載__
インフルエンザA型 インフルエンザB型 RSウィルス アデノウィルス
パラインフルエンザ アデノウィルス マイコプラズマ クラミジア
__これTVに出ている専門家は誰も言わない。大事よね
新型コロナウィルス感染爆発のからくり 午後10:12 · 2020年7月11日

>真実かも!新型コロナは存在しない?日本政府は【COVID-19】は存在しないとの結論に至った!
https://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/8d43335ea429c4952e3b231ec28f5631
 それでも信じられないという方には、2020年に肺炎による死亡者数が急減したことを示すグラフを見て頂きたい!PCR検査では【COVID-19病原体】は検出できない!徳島大学の感染免疫学専門の大橋眞名誉教授!同じコロナウィルスの風邪かインフルエンザなのかもしれない!他の病気での死亡者をコロナ死診断書が世界で横行!動画あり

>コロナ騒ぎは大嘘です。レベル1:超初心者向け
  2020年5月11日2020年5月13日 https://www.jimakudaio.com/post-6975
ここでは思いっきり初心者向けに、このコロナ騒ぎが大嘘であることを解説していきます。こう書くと。。。どこがウソなんだよ。おまえ頭おかしいんじゃないのか?新聞・テレビ・政府が言ってて、世界中で言ってることじゃないか。__と言われると思いますが、私には確証があります。その裏付けとなる事実もあります。これを初心者向けに段階的に説明していきましょう。

1 PCR検査はウソ、その1
2 PCR検査はウソ、その2
3 PCR検査は一体何を検査しているのか?
4 当然考慮されるべきものが欠如している
5 コロナで死んでくれると都合がいい
6 「コロナ」は誰の得になるのか?
7 「コロナ」患者は実際には何の病気なのか?
8 「コロナ」を前提とする議論に注意


8. 2020年7月20日 05:41:23 : VTH59AY6XQ : WWk1VDA0bXVWVGM=[244] 報告
>>2が正解
徳島大の元先生も言っている
PCRはウイルスの遺伝子を見つけるが
何のウイルスを見つけたのか分からない
だから新コロを見つけたいなら、新コロのみを分離する処理をしてから
あるか無いかを検査する必要がある
と、この検査方法を開発した人は言うが、ころされてしまったという

では、世界で大勢死んでいるのは何なのか?という疑問だが
これはフィリピンのドゥテルテ大統領と同じ気持ちなのだ
殺したい奴を殺す
そして新コロで死んだことにして袋に詰めて焼却

殺す対象や殺し方は各国マチマチだろう
中国であれば、反政府な者に、指向性の高い5Gを浴びせる
すると風邪の症状が出てくるので病院に行く
そこで治療と称して殺す
イタリアであればバチカン関係者が対象だ
児童を食う神父はみな殺したそうだ

この世界的に大がかりな新コロ劇場だが
たぶんダボス会議で決定されたものと思う

日本政府の場合は、日本政府自体が駆除対象になるので
駆除する者がいないという悲しい状況だ
つまり、新コロ死が少ないのは悲しむべきこと

9. 2020年7月22日 18:36:28 : EvSVTnIWio : ZHFxYjdZNWZDcWc=[19] 報告
細菌やウイルスが病原体である、という見解はパスツールが発端だが、彼自身が晩年に「間違ってました」と認めたにも関わらず、嘘が一人歩きして現在の西洋医学が成り立っている。
同じ時代にベシャンという学者がおり、「体内で起こる感染症の症状(炎症)は体調不良からの免疫力低下によって作られ、細菌に原因はない」と訴えていた。
つまり、細菌の増殖と炎症は病気の原因ではなく結果に過ぎない、という事。

現在、ウイルスが外から来る侵略者ではなく、生き物が自ら体内で作るエクソソームとする説が出てきており、これがベシャン説の正当を裏付けるものになっている。
現状、ウイルスとエクソソームを見分ける事は不可能とされ、その違いが科学的に説明できない状態。
そのため、エクソソームが新型コロナのPCRで普通に陽性反応が出る可能性は極めて高い。
エクソソームとは、生き物が体調を崩した際に自己修復するために製造する一種の免疫細胞のようなもの。
よって、壊れた部分には必然的にエクソソームが多く発見されるが、ウイルスと見分けが付かないので、もはや感染症の診断そもそのが不可能になる。
この事実が明らかになる前は、エクソソームを普通にウイルスとして感染症にしていた事は間違いない。

ウイルス感染症は患部に微生物やウイルスが存在した事を持って診断されるが、それは単なる相関関係でしかなく、原因と特定する因果関係は存在しない。
つまり、憶測でしかない訳だ。
増殖した細菌を免疫細胞が排除する事は明らかだが、彼らが増殖する主体的な原因は未だに解っていない。
この原因を「体調不良〜人体が正常な状態から逸脱して免疫力など様々な機能が低下した事」としたのがベシャン説。
これは、高齢者や病弱な人が感染症で重症化しやすい点からも十分に窺える。
つまり、ウイルスの毒性など関係なく、単なる免疫力の問題でしかない、という話。

ベシャンは、細菌ら微生物が人体の細胞と連動して生態系を守り、全体で共存共栄していた旨を訴えていた。
この辺りはエクソソームも同じく、細菌は病原体として人体を破壊する敵ではなく、むしろ破壊から守る内なる仲間という事。
ならば、本当の原因〜病原体とは?
もはや、いうまでもない。
敢えていうなら、誰もが普段から口にする(接触する)様々な物に普通に含まれている自然界に存在しない物質や成分の事。

10. 2020年12月23日 06:58:07 : wmpQp2uMBc : clBPQVF6cHFBYmM=[379] 報告
PCR検査が運用側の設定状況によってマスゴミや御用医者などによって
感染拡大を煽って就業規制などに悪用されている日本の現在の状況では
検査推進してはダメでしょう。陽性判定されて長期間ホテルなどに隔離
されることに恐怖を感じます。こういうやり方の検査ならば、個々人の
命も自由自在にコントロール可能な検査ではないか?とも思います。

WHO「北朝鮮で1万960人新型コロナ検査…感染者0人」
界保健機関(WHO)は、北朝鮮で計1万960人を対象に新型コロナウイルス検査を
実施したが、報告された感染事例はないと明らかにした。

22日米政府系放送局のラジオ自由アジア(RFA)によると、WHOが21日に発刊した「東南アジア地域新型コロナウイルス週間状況報告書」には今月10日基準で
北朝鮮から報告された新型コロナウイルス感染事例はなかった。

北朝鮮は10日までに1万960人から試料2万1586個を採取し検査したが、全て陰性
判定が出た。報告書は今月3日から10日まで計766人が新型コロナウイルス検査を
受けたと明らかにした。

報告書は、3日基準で検査を受けた人のうち計4445人は重症な急性呼吸器感染症と
インフルエンザ類似疾患の事例だったと伝えた。隔離期間中に発熱の症状が出た
人も含まれる。検査を受けた残りの人は検疫所で働いていたり、サンプル採取、
及び検査に関与した保健人員だった。

WHOは3日までに北朝鮮で計3万3223人が隔離を解除されたと明らかにした。これは
11月26日基準で3万3044人が隔離を解除され、11月26日から今月3日までに179人が
新たに隔離されその後解除されたことを意味する。
https://news.nifty.com/article/world/korea/12211-903590/

11. 2021年1月13日 20:18:55 : wmpQp2uMBc : clBPQVF6cHFBYmM=[392] 報告
医者の中にも一般人同様に思考停止状態の人がいる可能性があるので
陽性者の隔離、マスク強要や就業規制の流れをどこかで止めない限り
外国人や高齢者などでは現状把握が困難、できない人が多いのでは?
★学者とマスコミはグルで頭脳支配
「結局医師と言えどもみな思考停止しているのか」・・・医師のつぶやきより
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=363428
外国人の介護労働者は受け入れている。
人材不足の介護事業者の倒産が急増しているから。
感染そのものを怖がっているような人は介護サービスも病院利用も控えるしね。
他の人にウツルといけないのでワクチンをと言い出しそう。
ウツルなどと脅して仕切り板やビニールカーテンでいつまで洗脳するつもりかね。
蛋白質や必須ミネラルの不足、やせすぎや免疫低下低体温には気をつけましょう。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊6掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
医療崩壊6掲示板  
次へ