★阿修羅♪ > 国際29 > 174.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
COVID-19対策で打ち出された収容所化政策の効果を否定するスウェーデンの状況(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/20/kokusai29/msg/174.html
投稿者 赤かぶ 日時 2020 年 7 月 27 日 15:21:35: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

COVID-19対策で打ち出された収容所化政策の効果を否定するスウェーデンの状況
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202007260000/
2020.07.27 櫻井ジャーナル


 SARS-CoV-2(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2)による伝染病、COVID-19に対する恐怖を理由にして世界を収容所化する政策が推進されている。EUでもロックダウン(監禁)政策を採用した国が多いのだが、そうした風潮に逆らう国も存在する。スウェーデン​​だ。この国の政策が機能したこともロックダウン政策の誤りを示している。

 当初からスウェーデンにおける死亡者数はEUの中で高いとは言えなかった、オーストリア、デンマーク、ドイツよりは高いが、ベルギー、イタリア、スペイン、イギリスなどよりは低かったからだ。スウェーデンにおける1日当たりの死亡者数も大きく下がった。その一方、政策の違いによってスウェーデン経済が受けたダメージは他国に比べて低い​​。

 こうした事実はインターネットを通じて広まりつつあるが、世界を収容所化して人びとに主権やプライバシーを放棄させ、個人単位の管理を徹底するためにデジタルIDの導入を図ろうとする動きは続いている。

 支配者たちは昔から被支配者を監視、管理したがってきた。その欲望を現実化させたのがエレクトロニクス技術の進歩。1970年代から監視システムは急速に強化されていった。

 その実態は内部告発やダンカン・キャンベルなどのジャーナリストによる調査で明らかにされ、アメリカの上院議員だったフランク・チャーチ議員は1975年8月17日、NBCのミート・ザ・プレスという番組で警鐘を鳴らしている。

 アメリカ政府の通信傍受能力はアメリカ国民に向けられる可能性があり、そうなると人々の隠れる場所は存在しない語ったのだが、それは支配者にとって都合の悪い話だった。彼は1980年の選挙で落選し、84年に59歳で死亡している。

 世界の収容所化にパンデミック(感染爆発)を利用するというアイデアが2010年に浮上している。その年の5月にロックフェラー財団とGBN(グローバル・ビジネス・ネットワーク)が公表した「​技術の未来と国際的発展のためのシナリオ​」に書かれているのだ。

 そのシナリオによると、2012年に新型インフルエンザのパンデミックが起こり、全人口の20%近くが感染、7カ月で800万人が死亡、その多くは健康な若者。このパンデミックで人や物資の国際的な移動が止まり、旅行業のような産業や販売網にダメージを与えるのだが、全ての市民を強制的に隔離した国はダメージが少ないという想定だ。

 その想定によると、マスクの着用、公共施設やマーケットの入り口における体温の測定が強制され、そうした管理、監視体制はパンデミックが去った後も続く。市民は安全と安定を得るために自らの主権やプライバシーを放棄、電子技術の基盤が整備されている先進国では全ての市民に生体認証が義務づけられるとされている。デジタルIDの導入を目論む動きは実際にある。

 2018年の9月12日には欧州委員会とWHO(世界保健機構)が共同でグローバル・ワクチン接種サミットを開催、22年にはワクチンを接種したかどうかを示すカード/パスポートを導入しようと計画している。東電福島第一原発で炉心が溶融、環境中へ大量の放射性物質を放出するという事故が引き起こされた際、WHOが巨大資本の影響下にあることが再確認されている。

 COVID-19を悪霊化して人びとを脅すため、支配者たちは患者数や死亡者数を膨らませてきた。その典型例がアメリカ。本ブログでは繰り返し書いてきたが、アメリカ上院のスコット・ジャンセン議員が4月8日にFoxニュースの番組で語ったところによると、病院では死人が出ると検査をしないまま死亡診断書に新型コロナウイルスと書き込んでいると話している。新型コロナウイルスへ感染していた場合、病院が受け取れる金額が多くなるからだ。人工呼吸器を患者につけるとその額は3倍になるため、器具が不適切な使われ方をして患者の病状を悪化させたり、病気を広めたしているとも言われている。

 こうした状況になっていることは医療の現場からも告発されている。検査態勢が整っていない病院では検査せずに死因を新型コロナウイルスと書き込んでいるという。その方が経営的には良いからだ。同じ理由で人工呼吸器をつけようとする。(例えばココ​​やココ

 標準的に使われているPCR検査(ポリメラーゼ連鎖反応)に問題があることも知られている。この検査は検体内のウイルスのゲノムの破片を検出しているだけなので、ウイルスの残骸があっても陽性になり、ウイルスそのものを見つけているわけではない。つまりウイルスの残骸や不活性ウイルスでも陽性になってしまう。風邪の原因であるベータ・コロナウイルスでも陽性になる可能性がある。

 アメリカをはじめとする西側の有力メディアもこうした状況にあることを知っているはずだが、感染拡大を必至に宣伝している。









 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2020年7月27日 19:37:32 : wwHHpTT7hQ : NHRMcXlRU0NsMU0=[33] 報告
繋げよう 監視社会の 容認に
2. 2020年7月28日 00:33:15 : Gxf3ejUNLM : VFJoWXVMV2ZEbnc=[15] 報告


海の向こうから指令が来たのかな東京が狙われている。大統領選まで100日を切って一斉に世界中が感染増産、再選阻止に利用されようとしてるよう。一日とて感染増加が報じられない日はない。感染増とマスク強制でなんとかロックダウンドミノを起こしたいアメリカ民主党の望みをマスコミが代弁している。日本も元WHOスタッフ尾身が安倍と小池をせっついているみたいだ。安倍は経済優先に転向してGo−To始めちゃって小池は置いてけぼり喰らった?医師会も梯子外された格好。小池は選挙公約の都民ワクチンにむけ何とか第二波がきてロックダウンがしたい、そのように尾身と医師会と一緒に画策しているんじゃないかな。これから三つのことが起きる。一つは地域ロックダウン。新宿区とか豊島区の一角とか狭い地区を狙い撃ち。都民への恐怖は全東京ロックダウンに勝る効果がある。コロラドやメルボルンの二番煎じ、海のむこうからの命令だ。西村から市町村単位のロックダウンは反対しないと言質とった。これから起きる二つ目のことは高齢者施設への強制PCR検査。患者と肺炎予備軍の掘り起こし?優先ワクチン投与の準備。最後の三つ目のことは雇用者を介した接触アプリの普及とPCR検査奨励という強制だ。何のことはないハザールプロトコル押し付け。マスクの罰則付き義務化も小池はやるだろうイヤやらされるだろう。大阪の小僧知事や神奈川のCIA知事も相乗りする可能性がある。トランプ再選でコロナ詐欺が一気にしぼむ前にワクチン条例作ってしまいたい医師会と東京版CDC作っちゃいたい感染学会と保身の小池らが悪だくみの匂い。


   

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際29掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際29掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際29掲示板  
次へ