★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK269 > 114.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安倍首相が「日米安保改定60年」で祖父自慢連発! ならば教えよう、岸信介がA級戦犯逃れるために米国の手先となった証拠(リテラ)
http://www.asyura2.com/20/senkyo269/msg/114.html
投稿者 赤かぶ 日時 2020 年 1 月 20 日 00:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

安倍首相が「日米安保改定60年」で祖父自慢連発! ならば教えよう、岸信介がA級戦犯逃れるために米国の手先となった証拠
https://lite-ra.com/2020/01/post-5214.html
2020.01.19 安倍が日米安保改定60年で祖父自慢連発!でも岸信介の正体は… リテラ

    
   「日米安保条約改定60年」記念レセプションに出席した安倍首相(首相官邸HPより)


 きょう、メディアがやたらお祝いモードで報じていた「日米安保条約改定60年」。当時、首相だった安倍首相の祖父・岸信介が国内の猛反対を力ずくで押し切り、ホワイトハウスでアイゼンハワー大統領とともに改定安保条約に署名してから、19日でちょうど60年経つらしい。

 外務省の飯倉公館では記念レセプションが開かれ、安倍晋三首相も出席。「いまや日米安保条約は、いつの時代にもまして不滅の柱」、「世界の平和を守り、繁栄を保証する不動の柱」「これからは宇宙やサイバースペースの安全、平和を守る柱として同盟を充実させる責任が私たちにはある」などとあいさつしたと報道されている。

 米国の言いなりになるだけの一方的な従属関係、不平等な日米地位協定を放置したままでいったい何を言っているのかという感じだが、さらに呆れたのは、またぞろこの坊ちゃん総理大臣が“おじいちゃんコンプレックス”を全開にしたことだ。

 米国大使やアイゼンハワー大統領の孫を前に、安倍首相はまず「メアリさん、私たちの祖父はゴルフで友情を育てました」と切り出し、岸から聞かされたという“日本の首相としてはじめてアメリカで大統領とゴルフをしたときの自慢話”をとうとうと語り始めたのだ。そのあげく、「わたしはもう4回、トランプ大統領とゴルフをした。これも日米同盟深化の証拠」などと“ゴルフ”に無理やり共通点を見出す始末。

 さらに、今後の日米同盟について触れる際にも、岸が安保改定のあいさつで「これから始まる新たな100年、両国にさらなる信頼と協力あれ」と念じたことを紹介し「当時の祖父と同じ年齢に達した私は同じ誓いをささげようと思う」となどと、また“おじいちゃん”を持ち出した。

 とにかく、安倍首相は安保改定を強行したおじいちゃんのことを自慢したくてしようがないらしいが、しかし、岸信介が60年前、日米安保条約の改定を強行したのは、日本の安全保障や両国の「信頼・協力の構築」のためなどではない。A級戦犯として拘留されていた岸はなぜか起訴を免れ釈放されるが、 “米国の手先”となる裏取引に応じたためといわれる。そして、総理大臣となって、米国の極東戦略のために日本を差し出すような条項が含まれた安保条約改定を押し切ったのだ。

 言っておくが、これは陰謀論などではない。岸と米国のただならぬ関係については、戦前の不可解な動き、獄中での裏取引、さらには戦後のCIAからの資金提供まで、さまざまな証言や資料が残されており、回顧録や評伝、国際問題の研究書などにも記されている。

 本サイトは、以前、こうした文献や出版物を紹介しながら、安倍首相の祖父である岸信介が戦後、何をやったのか、そして安倍首相がいまやっていることがいかに、“おじいちゃん”とつながっているか、さらに安倍首相のなかにある“2つのアメリカ”について指摘したことがある。

 政府や御用マスコミがから騒ぎしている「日米安保条約改定60年」にあわせ、その記事を再録するので、ぜひ読んでほしい。
(編集部)

⚫️安倍首相の「安保法制」妄執の背景に、敬愛する祖父・岸信介がA級戦犯を逃れるため米国と交わした裏取引きが!

 安倍晋三首相が愛してやまない祖父、岸信介は1945(昭和20)年9月15日にA級戦犯容疑で逮捕される。当時は誰もが岸は有罪とみていた。それはそうだろう。

 満州官僚時代に軍部と結託してアヘン取引に手を染め、アヘンを求めて中国領土を侵す軍をバックアップし続けた。取引で得た巨額の利益を戦費に回し、一部を政治資金として活用して軍国主義者の象徴といえる東条英機を首相にまで昇りつめさせた。さらには東条の片腕として商工大臣、軍需次官を務め、国家総動員体制、大東亜共栄圏の自給自足体制の確立を遂行するなど、戦時日本の寵児として辣腕を振るった。岸が戦争遂行の中枢にいたことは疑いようがない。そんな岸を戦勝国が犯罪者リストから外すわけがないのである。

 にもかかわらず、岸は満州時代の盟友・東条英機の絞首刑が執行された翌日の1948(昭和23)年12月24日に不起訴処分で釈放された。東条の絞首刑と岸の生還、明暗を分けたというには余りにも落差の大き過ぎる結末だった。

 あるいは岸の満州時代の上司であり、東条内閣では内閣書記官長として共に支えてきた星野直樹は終身禁固刑に処せられた。満州では岸は星野よりはるかに手を汚し、閣僚として戦争遂行にかかわった度合いも、岸のほうが大きかったはずである。当然、研究者やジャーナリストにとってもこの処遇の違いは興味の対象となる。岸はなぜ、戦犯を逃れたのか。

 ひとつは、岸がもともと用意周到でなかなか尻尾がつかめない存在であることがあげられるだろう。有名な「濾過器発言」にその片鱗が垣間見られる。岸は1939(昭和14)年10月に満州を離任する際、数人の後輩たちを前にこう語っている。

「政治資金は濾過器を通ったきれいなものを受け取らなければいけない。問題が起こったときは、その濾過器が事件となるのであって、受け取った政治家はきれいな水を飲んでいるのだから、かかわりあいにならない。政治資金で汚職問題を起こすのは濾過が不十分だからです」

 要は、証拠を残すなということであり、嫌疑に対して敏感になれということでもある(実際、岸は東条内閣時代に書いた書類をすべて焼却してしまっている)。

だが、それだけでは訴追はまぬがれない。岸はアメリカに対して具体的な“工作”を行っていた。そのひとつは再びアヘン絡みの話だ。東海大学名誉教授、太田尚樹氏の著書『満州裏史 甘粕正彦と岸信介が背負ったもの』(講談社文庫)に元ハルピン特務機関員の田中光一のこんな証言が載っている。

「ま薬はどこの国でも最大の関心事でした。もちろん、アメリカだってそうです。戦後、GHQが克明に調査して関係者に尋問したのに、まったくと言っていいほど処罰の対象に指定しなかったのは、不思議だと思いませんか。あれは明らかに、情報提供の代償となったからです。甘粕はもうこの世にいませんでしたが、里見、岸なんかが無罪放免になったのは、そのためなんです。エッ、東条にはどうかって? 彼は直接戦争責任に結びつく訴因が多過ぎて、GHQは阿片の件で取り調べるだけの時間がなかったのです。アメリカは裁判を急いでいましたからね」

 証言に出てくる「里見」とは、里見甫のことだ。「アヘン王」と呼ばれた陸軍の特務機関員で、上海を拠点にアヘン取引を仲介していた。岸とアヘンの関わりを調べる中で繰り返し出てくる名前でもある。千葉県市川市にある里見の墓の墓碑銘を揮毫したのが岸だったことは前回、紹介した。その里見も戦後、A級戦犯容疑者として逮捕されている。そして、田中の証言通り、不起訴者リストの中に「里見甫」の名前は載っていた。

 つまり、岸や里見はアメリカにアヘン情報を提供する見返りに戦犯訴追を免れたというわけだ。

 もうひとつ、岸には戦争責任逃れのための「東条英機裏切り」工作というのも指摘されている。満州の関東憲兵隊司令官だった東条英機が中央に戻り、陸軍次官、陸軍大臣、首相へと上り詰める原動力になったのが、岸がアヘン取引で得た豊富な資金だったことは前回書いた。岸は東条内閣を商工大臣、軍需次官として支え、戦争を主導した。ところが戦争末期にこの仲が決裂する。それどころか、岸VS東条の対立がもとで内閣が崩壊してしまったのだ。

 毎日新聞に掲載された「岸信介回顧録」(1977年5月11日付)によれば、岸は〈サイパン陥落のあと「この戦争の状態をみると、もう東条内閣の力ではどうしようもない。だからこの際総理が辞められて、新しい挙国一致内閣をつくるべきだ」ということでがんばった〉という。

 そして、東条内閣は瓦解。下野した岸は郷里に帰り、防長尊攘同志会をつくって、引き続き「打倒東条」の政治活動を続けた。

 この一連の行動について毎日新聞記者だった岩見隆夫氏が非常に興味深い証言を採取している。証言の主は満州時代の岸の部下だった武藤富男だ。武藤は東条内閣が崩壊した直後の昭和19年7月、岸とともに満州を牛耳った「二キ三スケ」(東条英機、星野直樹、岸信介、鮎川義介、松岡洋右の語尾をとってこう言った)の一人、星野直樹(前出、A級戦犯)を訪ねた。

〈その折、星野は武藤にこんなつぶやきをもらしている。
「岸は先物を買った」
「どういう意味ですか」
「東条内閣を岸がつぶしたということだ」
 しかし、どうして先物買いになるかについて星野は語ろうとしなかった。
「戦後、再び星野さんに会ったとき、もう一度『先物を買ったというのは、岸さんが敗戦を予期していたということなのですか、それとも戦犯を免れるためという事まで考えて岸さんは東条内閣をつぶしたとあなたは見通したのですか』と問い質してみたのですが、相変わらず、星野さんは黙したまま答えてくれませんでした」
 と武藤はいった〉(岩見隆夫『昭和の妖怪 岸信介』中公文庫)

 この「先物買い」というのはまさに、敗戦を見込んで、わざと東条と反目したということだろう。前出の太田尚樹も同じ見方をしている。

〈打倒東条は国難の打開、つまり国家のためという大義名分が成り立つ一方で、戦犯を逃れることはできないまでも、連合軍から大きなポイントを稼ぐことができると読んでいた〉

〈満州以来の二人の関係は、刎頚の友といった関わりではなく、結局は、互いに利用し合っていただけだった〉

〈つまり東条は岸の頭脳と集金力を利用し、岸は陸軍を利用しながら権力の座を目指したが、その陸軍の頂点に、権力の権化と化した東条がいた。だがアメリカ軍の攻勢の前に、東条の力など見る影もなくなってきている。こんな男と便々とつるんだまま、一緒に地獄に落ちるのはご免である〉(前掲『満州裏史』)

 この変わり身の早さこそ岸の真骨頂といえるが、さらに、岸には獄中で、もっと重大なアメリカとの政治的取引を行っていたのではないか、との見方がある。その取引が、岸を訴追から救い、そして戦後、内閣総理大臣に押し上げた最大の理由ではないか、と──。

 それが何かを語る前に、戦後アメリカの対日政策には2つの流れがあったことを指摘しておく必要がある。ひとつは民政局(GS)に代表されるニューディーラーを中心としたリベラル勢力で、日本国憲法の素案づくりにも携わった。民主化を徹底する立場から旧指導者への処分も容赦がなかった。もうひとつは治安を担当する参謀本部第2部(G2)を中心とした勢力で、対ソ連、対中国戦略を第一に考える立場から、日本を再び武装化して“反共の砦”に育て上げようと考えていた。GHQ内部ではこのふたつの勢力が対立していた。

 占領当初はGSの力が強かったが、米ソ冷戦が本格化するにつれて「反共」のG2が「対日懲罰」のGSを凌駕するようになる。こうした流れの中で、G2は巣鴨拘置所に拘留されていた岸との接触をはじめた。再び、前回紹介した原彬久氏の『岸信介―権勢の政治家―』(岩波新書)を引く。

〈G2およびこれと連携する人脈が獄中の岸と接触していたことは、確かである。例えばGHQ経済科学局のキャピー原田は、巣鴨の岸から「戦後復興」問題でたびたび意見を聞き、しかも原田みずから上司のマーカット少将に「岸釈放」を説いている(朝日新聞、平成六年九月二二付)。いずれにしても、こうした文脈を抜きにしては、岸が不起訴、無罪放免となっていよいよ戦後政治の荒涼たる舞台に放たれるその道筋は理解できないだろう〉

 G2は実際、1947(昭和22)年4月24日付で最高司令官のマッカーサー宛に岸の釈放を求める異例の「勧告」まで出している。獄中で岸はアメリカとどんな取引をしたのだろう。自らの命のためならかつての盟友を売る男である。いったい何と引き換えに、無罪放免を勝ち取ったのか。

 これについては「週刊朝日」(朝日新聞出版)2013年5月24日号が渾身のリポートを掲載している。〈「星条旗」の下の宰相たち〉というシリーズの〈第3回「ストロングマン」〉。筆者は同誌の佐藤章記者だ。まず、岸はアメリカにとってどういう存在だったのか。同記事を引く。

〈戦後の米国のアジア政策は、米国の国益を守ってくれそうな、その国における「ストロングマン」を探し出すことから始まる。韓国における李承晩、台湾における蒋介石がその典型だ。日本においては吉田茂であり、鳩山一郎、緒方竹虎と続いて、1950年代半ばに岸の番が巡ってきた〉

 では、岸に与えられたミッションは何だったのか。

〈(日本国憲法)第9条があるために日本は自衛目的以外の軍隊が持てず、米国との相互的な防衛能力を保有できなかった。つまり、米国が攻撃を受けても日本は援軍を出すことができない。さらに言えば、米国の軍事戦略に乗っかる軍隊を持つことができない。
 この相互防衛の考え方が、集団的自衛権の解釈として、1951年の旧日米安保条約締結以来、日米間の問題となった〉

 まさにいまの安倍政権が強引に進める新安保法制につながる話だ。この問題解決こそ、岸がアメリカから言われた最大のミッションで、そのために最初に着手したのが〈「建設的勢力」の結集〉つまり保守合同だ。では、カネはどうしたのか。

 前出の佐藤記者は米アリゾナ州ツーソンに飛んだ。アリゾナ大学歴史学研究室のマイケル・シャラー教授に会うためだ。シャラー教授は米国務省の歴史外交文書諮問委員会委員を務め、非公開資料にも目を通すことができる。以下、佐藤記者によるインタビューだ。

〈――岸元首相に対してCIAから資金提供があったという話をどう思いますか?
「そういう証拠はあると思う。賄賂的な意味合いよりは、派閥の運動資金や政治キャンペーン資金というような形で提供されたと理解している」
 ――資金はどのような形で渡されたのでしょうか?
「当時、CIAから経済団体や企業を通じて岸のほうに資金が流れたという記述を米国側の書類で私は目にしたことがある」〉(前同「週刊朝日」より)

 これについては、CIAから自民党への秘密献金をスクープしたニューヨークタイムズのティム・ワイナー記者も、その著書『CIA秘録』(日本版は文藝春秋)でこう断言している。

〈CIAは1948年以降、外国の政治家を金で買収し続けていた。しかし世界の有力国で、将来の指導者をCIAが選んだ最初の国は日本だった〉
〈釈放後岸は、CIAの援助とともに、支配政党のトップに座り、日本の首相の座までのぼりつめるのである〉

 岸は、日本におけるアメリカの国益を実現するため、アメリカによって選ばれ、アメリカの資金でつくられた首相だったということだ。A級戦犯容疑者の身からわずか9年、公職追放解除からたった5年足らずで政界トップに上り詰めた秘密がここにある。

 その岸が首相在任中にアメリカに言われてやった最大の仕事は、言うまでもなく日米安保条約の改定だ。一般に、旧安保条約では日本がアメリカに基地を提供する一方でアメリカの日本防衛義務が明記されていないとの批判があったが、新条約ではそれを盛り込ませることができたと評価されている。だが、アメリカの狙いはそこではなかった。佐藤記者はこう書いている。

〈新条約は5条で米国の日本防衛義務を盛り込んだが、続く6条で、米国のアジア戦略のために在日米軍を利用できる「極東条項」が組み込まれた。米国の本音を明確にした条項だ〉

 しかもこの「極東条項」の「極東」の範囲が明確でなく、アメリカは日本の基地を好き勝手に使えるようになった。事実、新安保条約締結から50年以上経つが、米軍が日本防衛のために出動したことは唯の一度もない。反対に、米軍がアメリカの戦争のために日本の基地を自由に使うことは日常化している。安保条約改定が誰の指示よるものだったかがわかるだろう。

 佐藤記者はこうした事実をさらに裏付けるため米ワシントン郊外にある米国国立公文書館別館を訪ねる。そこでCIAが作成した「岸信介」のファイルの閲覧を請求し、驚くべき事実と遭遇する。なんと、CIAのファイルにはたった5枚の資料しか入っていなかったのだ。

 他のA級戦犯容疑者についてはたとえ不起訴でも膨大な資料が残されている。例えば、緒方竹虎は1000枚近く、正力松太郎は500枚ほど。しかし、岸はたったの5枚しかない。これは明らかに異常だ。実は、岸に関するCIA資料はほとんどがまだ秘密指定を解除されていないのだという。つまり、岸とアメリカの関係はいまだに表に出せない内容が含まれているとアメリカが判断しているということなのだ。それは、アメリカの対日占領政策がまだ継続中だということでもある。

 しかし、こうした歴史を振り返ると、いま現在の安倍政権がやろうとしていることの謎が解けてくる。

 Q:安倍首相はなぜ、集団的自衛権行使にあそこまでこだわるのか?
 A:おじいちゃんが不起訴の見返りにアメリカと約束したことだから。

 Q:安倍首相はなぜ、日本国憲法を「みっともない」と毛嫌いするのか?
 A:おじいちゃんを助けてくれたG2と敵対する人たちがつくった憲法だから。

 Q:安倍首相はなぜ、改憲しようとしているのか?
 A:それも、おじいちゃんが不起訴の見返りにアメリカと約束したことだから。

 Q:安倍首相はなぜ、沖縄の「屈辱の日」をお祝いしようとするのか?
 A:おじいちゃんの公職追放がやっと解除された記念の日だから。

 Q:安倍首相はなぜ、「侵略」や「おわび」や「反省」をためらうのか?
 A:あの戦争はおじいちゃんも深く関わった自存自衛の聖戦だから。

 そう。新安保法制も改憲も、すべては、おじいちゃん、岸信介とつながっているのだ。

 そういえば、安倍首相はそのアメリカ観も、岸信介に強い影響を受けている。安倍首相の中には「良いアメリカ」と「悪いアメリカ」、2つのアメリカがある。「良いアメリカ」は、おじいちゃんを救ってくれた。戦前の日本の旧指導者にも寛容だったアメリカ。一方、「悪いアメリカ」は日本に憲法9条や主権在民、人権尊重などを押し付け、戦前の日本の旧指導者を“悪”と決めつけたアメリカ。

 だから、安倍首相は「『悪いアメリカ』が押し付けた戦後レジームからの脱却」を主張しながら、「『良いアメリカ』の戦争に自衛隊を捧げる」安保法制を強行することに矛盾を感じない。

 いずれにしても、たった一人の政治家のグロテスクな“おじいちゃんコンプレックス”によって、日本は今、国のかたちを大きく変え、アメリカの戦争に引きずり込まれようとしているのだ。我々はそのことの異常性と恐ろしさを本気で認識すべきだろう。

(野尻民夫)




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[52648] kNSCqYLU 2020年1月20日 00:01:30 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[3930] 報告


2. 赤かぶ[52649] kNSCqYLU 2020年1月20日 00:02:02 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[3931] 報告


3. 赤かぶ[52650] kNSCqYLU 2020年1月20日 00:04:33 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[3932] 報告


4. 赤かぶ[52651] kNSCqYLU 2020年1月20日 00:13:35 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[3933] 報告


5. 2020年1月20日 01:01:04 : D0LJ2mt2qA : N0lCSTkwNHRGQ0k=[1] 報告
大変勉強になる記事でした。

特に「矛盾を感じない」理由はなるほどと思わされました。

でもアベはやっぱりキ○ガイだと思う。

6. 赤かぶ[52663] kNSCqYLU 2020年1月20日 01:06:15 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[3945] 報告


7. 赤かぶ[52664] kNSCqYLU 2020年1月20日 01:07:02 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[3946] 報告


8. 2020年1月20日 01:07:11 : GuJJGWNU2A : QTJ5b3E5di9pT2c=[739] 報告
父親は安倍晋太郎であろう?

父親が親しく感じないのかね〜アホ野郎は。 

父親が朝鮮人だから、避けているのかな?

9. 赤かぶ[52665] kNSCqYLU 2020年1月20日 01:08:42 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[3947] 報告


10. 地下爺[9480] km6Jupbq 2020年1月20日 06:33:13 : ErXzChr1Dk : endXNXZiMGtZY28=[42] 報告
 
11. 地下爺[9481] km6Jupbq 2020年1月20日 06:36:17 : ErXzChr1Dk : endXNXZiMGtZY28=[43] 報告
8さん

   晋三ぼっちゃまは あちらの方とも 親しくお付き合いされています。

   こちらの 豪邸を 月/数万円ほどで お借りになられているそうです。


   別け隔ての無い お方ですよ!!



12. 地下爺[9482] km6Jupbq 2020年1月20日 06:37:47 : ErXzChr1Dk : endXNXZiMGtZY28=[44] 報告
 
13. 2020年1月20日 09:40:39 : KjBPz91k9s : RE1yaHBpdkpEaE0=[1] 報告
麻薬密売にマネーロンダリング(黒い資金を濾過器に、って資金洗浄そのものだからな)正に闇カルテル、マフィアそのもの!

決算行政監視委員会が実際のお尋ね者込みの泥棒どもだけで構成されているのも宜なるかな。

岸の亡霊は安倍を通して、
日本を完全なる悪の巣窟国家へと
汚し堕とそうと躍起…いや跳梁跋扈している!

14. 2020年1月20日 09:48:39 : TQ74vHIlHQ : MHZGVWJvRTdOeEE=[1] 報告
> A級戦犯として拘留されていた岸はなぜか起訴を免れ釈放されるが、 “米国の手先”となる裏取引に応じたためといわれる。そして、総理大臣となって、米国の極東戦略のために日本を差し出すような条項が含まれた安保条約改定を押し切ったのだ。

旧安保条約では条約に期限は無く、条約を終了させるためにはアメリカ政府の同意が必要であった。
岸首相は無期限にアメリカ軍が日本に駐留できるのは屈辱的で有ると言い、新安保条約では日本政府が一方的に通告すれば条約は終了し、米軍を日本から撤退させることが出来るようにした。

それ故、リテラの書く「米国の極東戦略のために日本を差し出すような条項が含まれた安保条約改定を押し切ったのだ」は、全くの大嘘である。

何故、リテラは見え透いた大嘘を書くのか?
リテラは無知だからか? それとも息を吐くように嘘を吐くと言われている半島人だからか?
著者名は野尻民夫とあるが、もし半島人ならば通名で無しに本名を書くべきである。

旧安保条約
http://worldjpn.grips.ac.jp/documents/texts/docs/19510908.T2J.html
第四条 この条約は、国際連合又はその他による日本区域における国際の平和と安全の維持のため充分な定をする国際連合の措置又はこれに代る個別的若しくは集団的の安全保障措置が効力を生じたと日本国及びアメリカ合衆国の政府が認めた時はいつでも効力を失うものとする。

新安保条約
https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/hosho/jyoyaku.html
第十条 この条約は、日本区域における国際の平和及び安全の維持のため十分な定めをする国際連合の措置が効力を生じたと日本国政府及びアメリカ合衆国政府が認める時まで効力を有する。
 もつとも、この条約が十年間効力を存続した後は、いずれの締約国も、他方の締約国に対しこの条約を終了させる意思を通告することができ、その場合には、この条約は、そのような通告が行なわれた後一年で終了する。

15. 2020年1月20日 10:31:42 : tjQRSa15nI : aUx3ZXIwYXNhaDI=[425] 報告

「阿片王 満州の夜と霧」 単行本 佐野 眞一 (著)

岸 信介に触れたくだりのある、興味を引く一冊であると思います。

ご一読されたら如何でしょう。



16. 楽老[815] inmYVg 2020年1月20日 11:38:01 : T8JrIOrw0g : R3M0dXdZcXBHWm8=[467] 報告
安倍晋三は晋太郎の6億円余の政治資金をうまく分散して、一円たりとも相続税を支払わず相続しているそうだ。
小泉進次郎も含め、世襲議員のほとんどが

さて、安倍晋三の祖父岸信介は満州の麻薬王と呼ばれ、商工大臣と軍需次官の肩書を生かして満州に君臨した。
敗戦時には麻薬利権と溜め込んだ資産、731部隊の膨大な資料
これらを米軍に差し出したと言われている。リテラの記事はまだまだ手ぬるい。

【「濾過器発言」要は、証拠を残すな】
【自らの命のためならかつての盟友を売る男】
60年安保改定も汗をかく仕事は藤山愛一郎にさせて、調印式という花は岸が取(盗)った。
しかも、この時岸は憲政史上初めて警察官とヤクザを国会に入れて、社会党議員をごぼう抜きし、ヤクザに恫喝させた。
【岸は、日本におけるアメリカの国益を実現するため、アメリカによって選ばれ、アメリカの資金でつくられた首相だった】
この通りだ。

安倍晋三は祖父である反骨の政治家『安倍寛』の血は一滴も引き継がず
妖怪岸信介の血のみを引き継いだ、生理学的にも特異な物体である。
同じ安倍寛の孫でも岸信夫の方がまだしもと言ったところか。

これらを田布施一族だ。朝鮮ガーと焦点をぼかして騒がないで欲しい。
売国奴は岸信介安倍晋三なのだ。(わたしは小泉純一郎も加えるが)

>14.MHZGVWJvRTdOeEE=:新安保条約では日本政府が一方的に通告すれば条約は終了し、米軍を日本から撤退させることが出来るようにした。

ただの阿呆の理解ではあるまい。
表面的なお化粧で内実(本当のところ)を隠すプロパガンダを広める役割を負った奴か❓

    

    

17. 斜め中道[8601] js6C35KGk7k 2020年1月20日 11:53:16 : 460ZVzz1ys : SDZ2LjR6cm1sVk0=[2559] 報告
16. 楽老さま
俺は、中曽根も加えたいにゃ♪
18. 2020年1月20日 12:30:36 : TQ74vHIlHQ : MHZGVWJvRTdOeEE=[3] 報告

>>16. 楽老[815] inmYVg 2020年1月20日 11:38:01 : T8JrIOrw0g : R3M0dXdZcXBHWm8=[467] 報告>14.MHZGVWJvRTdOeEE=:新安保条約では日本政府が一方的に通告すれば条約は終了し、米軍を日本から撤退させることが出来るようにした。
ただの阿呆の理解ではあるまい。

引用したように新安保条約には
「いずれの締約国も、他方の締約国に対しこの条約を終了させる意思を通告することができ、その場合には、この条約は、そのような通告が行なわれた後一年で終了する。」と明記されている。
ただの阿呆でも小学校で習う日本語さえ読めれば理解できるはずである。

> 売国奴は岸信介安倍晋三なのだ。(わたしは小泉純一郎も加えるが)

売国奴は岸信介安倍晋三ではなく、小泉純一郎なのだ。
小泉純一郎は在日韓国・朝鮮人へ3兆円の公的資金贈与を主導した。
その一部は下記。

韓国系銀行へは1兆6千億円、北朝鮮系銀行への1兆4千億円、合計3兆円の公的資金が金銭贈与された。

[1]小池百合子議員の朝銀追及1/2
http://rock-sack.blogspot.jp/2016/07/12.html
発言者名「小池百合子」検索語「朝銀」を国会会議録検索システムで検索
平成11年07月06日 衆議院 大蔵委員会

しかし、昨今の金融不安の中で、預金保険機構を通じて既に3000億円を超えます日本国民のお金が、経営不振、破綻に陥りました朝銀系の信用組合に対しまして直接間接につぎ込まれていることは、これは既に行われた事実でございます。特に、日本への税金をまともに払う気もない人たちによりますバブルのツケ、そして本国への寄附など北朝鮮への莫大な送金疑惑が消えない中で、日本政府が十分な審査、検査もせずに大盤振る舞いをして、その資金がいかなるルートであれテポドンなどの軍備増強に使われるというふうになっているならば、これはブラックユーモア以外のものではないというふうに思っております。中略

まず伺わせていただきたいのが、既に保険機構から資金援助が行われたケースでございますが、朝銀近畿のケースでございます。

これは、97年の5月に債務超過で破綻いたしました朝銀の大阪信用組合が、近畿5府県の朝銀信組と統合されまして、また日銀の政策委員会の議決も経まして、昨年の5月、朝銀近畿として再スタートをいたしております。その際、預金保険機構から特別資金として3159億円、日本の皆さんのお金であります3159億円が既に投入されているところでございます。

[2] 前原誠司 第189回国会 衆議院予算委員会 国会議事録 2015/02/20
http://www.maehara21.com/report/%E7%AC%AC189%E5%9B%9E%E5%9B%BD%E4%BC%9A%E3%80%80%E8%A1%86%E8%AD%B0%E9%99%A2%E4%BA%88%E7%AE%97%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A-3/
○前原委員
預金保険機構に伺います。
こういう十六の破綻をした朝銀信用組合全体に、一体幾らの公的資金が投入されたのですか。

○田邉参考人 お答えいたします。
 幾ら公的な資金が投入されたのかというお尋ねでございますけれども、救済金融機関への金銭贈与が約一兆一千四百四十四億円、不良債権の買い取りが約二千九億円でございます。

○前原委員 ということは、合計で一兆三千四百五十三億円の公的資金がこのいいかげんな金融機関に対して投入をされて、国民の税金、血税としていわゆる穴埋めをされた、こういうことであります。
 そして、先ほど理事長からお話がありましたけれども、では、朝鮮総連が、預金保険機構、RCCに対して、東京地裁の判定によって確定された、いわゆる返還しなければいけない総額は幾らですか。

○田邉参考人 お答えをいたします。
 当初の、私どもが請求を裁判所に対して行いましたのは六百二十八億円でございましたが、その直後に一億円の回収がございましたので、六百二十七億円につきまして裁判所から認定をいただいております。

○前原委員 一兆三千四百五十三億円で、認定されているのが、たったですけれども、それでも六百二十七億円という金額でありまして、このうち幾ら回収できましたか。

○田邉参考人 お答えをいたします。
 買い取りました不良債権のうち、競売等で約三十七億円を回収いたしました。

○前原委員 六百二十七億円のうち回収できたのが三十七億円、つまりは、いまだに朝鮮総連に対してはRCCは五百九十億円の債権を持っている、こういうことになるわけであります。
 さて、ここからが本題なんですが、次の三枚目の図(配布資料)をお願いします。

19. 2020年1月20日 12:47:33 : NsdVQlotUg : VE4yZHY0L1ZuMFk=[107] 報告
日本はアメリカの属国なんだからCIAのスパイが大勢いて当たり前
そんな当たり前のことも知らない馬鹿な日本国民が「日本スゴイ!」と抜かしてる

岸信介中曽根康弘渡辺恒雄小泉純一郎進次郎
こいつら売国奴だと思ってないんだから世界の笑いものだ
大企業霞が関にもアメリカの手先が大勢いるのに自分から言うこと聞く馬鹿な日本人
日本人は優秀だからいずれ自分たちを支持してくれると妄想してる立憲信者は猿だ

20. 2020年1月20日 12:53:55 : lCyTGbMeUg : dXNjTXV1UVdvekU=[19] 報告
いい画像があった
21. 2020年1月20日 14:08:55 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[4189] 報告
2020/1/20(月)「ボーっと生きてるんじゃねーよ」ニュース
.
TweetTV JP
112 分前にライブ配信
https://www.youtube.com/watch?v=wtIumOgqkrs
22. 2020年1月20日 15:18:06 : OHkMo5nAaE : UzloV1dqRTF5SUk=[662] 報告
アヘン王子の安倍晋三、祖父の代からアメリカの売国奴としてアメリカの為に尽くし私腹を肥やし国と国民を欺き続けてきた。莫大な政治資金を祖父や親から受け継ぎ脱税しても罪に問われず、岸安倍一族は戦後ずっと米国からの資金と共にアメリカCIAをバックに売国奴として国民を騙し続け未だに植民地のまま不幸にしている。上の投稿記事は歴史でも習わない、こういう大事な真実を国民として知る必要がある。それは今の大嘘付きで厚顔無恥の卑怯者で卑劣人間安倍晋三を知る事でもある。
23. 新共産主義クラブ[-14440] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2020年1月20日 17:24:07 : gcAzz4RAGo : ZlBFRzZxOFN4TTI=[61] 報告
終戦直後、岸らは戦争中に朝鮮・中国内部に放った日本のスパイ網を温存しており、共産圏の拡大に神経を尖らせていたもののソ連や朝鮮・中国に関する情報源に乏しかった米国政府は、岸らに朝鮮・中国・ソ連に関する秘密情報を求めたのではないか。
24. 楽老[817] inmYVg 2020年1月20日 20:01:01 : T8JrIOrw0g : R3M0dXdZcXBHWm8=[469] 報告
>18.MHZGVWJvRTdOeEE=: 売国奴は岸信介安倍晋三ではなく、小泉純一郎なのだ。

やっぱりただの阿呆だった。

   

25. 命を大切に思う者[810] lr2C8JHlkNiCyY52gqSO0g 2020年1月20日 21:44:53 : YPHYrmVINY : LmFpMEVxLzA3ems=[9] 報告
安倍よ、岸信介が戦時中にしてたことも言えよ!
戦時中の行為とのバランスで考えれば、
戦犯として死刑にされるのを逃れるために、アメリカ政府と裏取引したのは、ほぼ間違いない。
もし裏取引してなければ、死刑になってるよ。
一体何を約束した?
米国債を買う金を一般庶民から暴力で強盗して集める(それにより実際に買う)ことか?
今、安倍が引き継いで、やってるなあ。
消費税口実に強盗して2割だけ還元して8割を金持ちだけにあげて、
金持ちは元々生活費は余ってるから貰った金はすべて銀行に預金し、
銀行は、預金された金で米国債を買う。
帳簿上は日本の金持ちの金でも、アメリカ政府は、その金を自由に使えて、
しかも永久に返さなくていい(返せと迫られたら核ミサイルを撃ち込めばいい)のだから、貰ったのと同じです。
この金の流れを作るために、消費税という租税として間違った税を強行採決した。 
26. 2020年1月20日 22:34:50 : niyy4hTwUA : OHU1UGRCUHhtN0k=[1131] 報告
安倍晋三は岸信介の黒い面まで含めて尊敬してるんだろ。
だから、アメリカには何でも貢ぐのさ。
国民の命だってね。
27. 2020年1月20日 22:53:32 : ktGsYYjBLw : Uy5RZG94WTdkMzY=[4] 報告
悪人日本というのは、日本人としての仮面をつけながら
実はヘブライ(カナン)人というのが正しいようです。
国籍だけを見ていては、見間違いをすることになります。
諸悪の根源、戦争を作ったり、地球を破壊してきた
国際金融資本というのは、古代から続いている
国を超越した、結社的存在なのですから。

盗賊民族といわれたヘブライ(ハムの子孫であるアムル・ゾロアスター・バビロニア・フェニキア・カナン・サドカイ・パリサイなど・・・ 東にいたころは、殷・黄河系民族に連なり、各地で名を変え、混血はするが、悪の霊流を保持し、全地球に広がり、存在し続けています。

一神教的「ヘブライ」を正すのは、ギリシャの流れとなるのでしょう。
この二つは文明の底流に存在しつづけている
世界史の二大善悪の潮流です。


28. 2020年1月21日 01:03:48 : we2BxkhLNY : YVRXLzBUbW1rc3M=[6] 報告
作り出し、戦争や終わりのない紛争へと導き、莫大な金儲けと侵略による領土作り変え、
資源略奪、政権転覆乗っ取り、そして人口大量削減のアジェンダを
実現するために、組織、育成、運営、支持

第2次世界大戦前に、日本国内で極右ファシストが台頭したのも、そうした戦争シナリオが
予め計画され、日本国内でも岸のような買弁政治家を始めとする工作員らがそのシナリオ
に沿って工作活動を展開していたわけで

笹川財団の笹川も「反共政策」をスローガンに、ファシスト政策推進に全力を挙げて
いた

第2次世界大戦のドイツ・ナチス、そしてヒトラーも、上記世界寡頭支配権力層が
作りだした手駒だという事実も既に明らかとなっている

そうしたファシストを支持する勢力は、ヒトラー、ナチス・ドイツがソ連を滅ぼす
事を期待し、米国内のファシスト勢力、そしてロシアを憎悪する勢力も、ナチス・
ドイツと戦うことを望まなかった

ナチス・ドイツや日本が敗戦を喫し、日本では、そうしたファシスト勢力に対する
厳しい追及、適正な処分を行おうとする米国内の人権派民主派平和志向派の人々が
日本の占領政策を任されていたのだが、

そうした人権派民主派平和志向派の影響力を排除する動きが起こり、日本でも、
占領政策の大転換が行われた

本来、ファシスト勢力を取り締まる機関だった、非米活動委員会が、ファシスト勢力に
乗っ取られ、「反共」を取り締まるという、真逆の活動が行われるようになったこと

その「反共」取締りという名の下、人権派民主派平和志向派の米国人を調べ上げ、追及、
弾圧排除の一大ムーブメントとなったのがマッカーシー運動

現在のトランプが、「反共」を掲げ展開している米国ファーストの反動政策も
このマッカーシー運動を範としているわけである

岸の釈放をマーカットに進言したとされるG2組織自体、こうしたファシスト勢力
の集まり

戦前から同じ路線で繋がり、軍事侵略、戦争を遂行してきた、要は戦争屋ファシスト
の仲間を助けるということは、至極当然のことで

安倍が窮地に陥るたびに、助け舟を出しているトランプも、同じ構図で動いていると
推察される

29. 2020年1月21日 01:48:20 : IJjjrLkBu1 : TkVzTE5CdVJubC4=[941] 報告
   いずれにしても首相の挨拶は一部の軍関係者の集まりでのマスターベーションに過ぎず、言いたい放題が言えたということだ。こうした会合に集まるのは、日米合同委員会等軍関係者か。専ら日米武装型行政官の集まりなら、一国の首相が議会のギの字も意識すること無く軍事に傾倒、挨拶で予算をふんだんに投入すべく協力してくれるなら御の字だろう。
   祖父岸の話だろうがゴルフ自慢だろうが、喋りたいだけ喋らせて満足させ、その後で公金を日米軍産のために使うと政府として約束してくれるなら如何なる内容でも拍手で称賛するだろう。例えば安倍首相が真珠湾攻撃は大成功だったと自画自賛しても、国防費に予算の有りっ丈を投入し米軍の中古新古兵器を購入、米軍基地を不沈空母化してくれるなら米軍産関係者は反論の必要も感じないだろう。
  それにしても首相は露出好きだ。一国の総理大臣たるもの、あの大戦の記憶も生々しく厭戦意識を持つ元兵士が殆どの中で良くも日本国民の意思の体現と言わんばかりの挨拶が出来るものだ。安倍氏が自民党総裁として呼ばれたなら別だが、総理大臣の肩書と権威を用いて露出すれば、日本国全体が米軍産に協力する意志が強いと表明するようなものだ。党総裁ではあるが反戦意識の高い有権者、納税者の代表でもあるのが総理大臣だ。総裁と総理の区別が付かないまま請われればどこにでも出かけては集まった聴衆が満足する内容を喋る安倍氏は国際的に非常に誤解を与える。他先進国は、まさか首相たるもの国民議会にて国民総意を捉える努力をせず、しかも自国の最高法規の遵守を宣誓しないまま本音は総裁としての自党の党利の実現のために総理の衣を着ているとは思うまい。
  一旦内閣を引き受けたら国会以外の場に露出し自己満足な演説で巷を歩く事は許されない。しかも講演料を受け取っているならば尚更国民への背任だ。安倍首相は任期中は自分の勤務先は国会のみと認識し、右も左も含めた全ての国民の代表として、国会論戦に耳を傾け徹底して国民総意を諮り、国際会議にて報告することを唯一の任務と強く自覚しなければならない。
30. 2020年1月21日 07:27:32 : ecAZsodHcQ : TDl2Q0gucGhRRkU=[197] 報告
説得力のある記事だから思えることだけど、
岸信介ってのは想像以上に、与えられた環境内では有能な人間だったんだね。
日米安保条約も当時の環境では避けられないことだったんだろう。
リスペクトはできないけど。

いまこの条約に問題があるとするなら、
それは環境が変わった後代の日本人に課せられている課題だよな。
日本国憲法は70年を超え、日米同盟の条約は60年か・・・。
見直すべき箇所がないかをチェックするのは当たり前だな。
でも、それをしようにもほとんどの国民は憲法も条約も読んでいない。

憲法を金科玉条のように奉る人間を安倍は馬鹿にするんだろうけど、
その安倍は日米条約を金科玉条のごとく奉る。
定見のないダブルスタンダードのこんな馬鹿に憲法を変えられたくなかったら、
やっぱ勉強しないとな。

反省、反省。


31. 2020年1月21日 09:55:27 : yS5XGtozkA : WEpGZ0JUeVk3aWc=[417] 報告

>>。ヨ良いアメリカ」と「悪いアメリカ」、2つのアメリカがある。「良いアメリカ」は、おじいちゃんを救ってくれた。戦前の日本の旧指導者にも寛容だったアメリカ。一方、「悪いアメリカ」は日本に憲法9条や主権在民、人権尊重などを押し付け、戦前の日本の旧指導者を“悪”と決めつけたアメリカ。

 この部分,事実である。

実際には,CIAというものを研究すれば,良いアメリカと悪いアメリカの正体が見えてくる。

世界には,もう1つの実効支配力を有する思想と資本の融合体があった。

それがスターリンである。

 良いアメリカとは

スイスベルンに拠点を構えた,アレンダレス(ロックフェラーのフロント)に降伏した,戦前の日本と同盟関係にあったナチスゲシュタポの降将たち。

 悪いアメリカとは

そのアレンダレスが,そもそもスイスベルンに本拠を構えた本当の目的,すなわち,スターリンに切られたコミンテルンを救済する目的によって,拾い上げられたコミンテルン本体だ。

 この悪いアメリカ が スターリンへの復讐を果たすため制定したものが 日本国憲法 

そのため 

 日本国民は 世界中の人々を恐怖と欠乏から救うため 米軍に従って 世界を駆け巡る

このように,日本国憲法は構成されている。


32. 2020年1月21日 10:00:43 : yS5XGtozkA : WEpGZ0JUeVk3aWc=[418] 報告

良いアメリカ とは,現在のCIA。

悪いアメリカ とは,旧KGBで現在のロシア国家情報局。

スターリンとは,現在の中華人民共和国である。

33. 2020年1月21日 14:09:53 : FHIOMfcSrQ : b0pkVmNBaUZhZFk=[4] 報告
東京裁判は、裕仁を初めとする皇族が、一切裁かれなかったことで、見せかけだったことが分かる。

アジアの民を殺害し、その富を略奪した「金の百合」を主導した、裕仁、秩父宮、竹田宮、三笠宮は、もちろん、南京大虐殺を指揮した、朝香宮も、訴追さえされなかった。

これは、マッカーサー指導部が、当時の政府、軍関係者を脅迫して、真実を証言させなかった結果である。

さて、岸信介に戻ると、最近のルノーとの確執で有名になった日産の創業者、鮎川義介は、婚姻によって、岸の叔父になった。

さらに、西武の堤家の台頭には、岸の金が、元手となった

> During the rise of the militarists in the 1930s Tsutsumi expanded into stores, supermarkets,railways and property speculation. He was one of those who benefited from young Kishi's early moneymaking scams in Manchuria.

堤家は、平成天皇一家と密接な関係にあったことが分かっている。


さて、岸の釈放に功があったのは、児玉誉士夫で、自分をも含めた釈放を得るために、相当な金品を、米国に提供した。

> Kodama admitted publicly to having $200 million, and generously offered to give all of that to SCAP to split between America's friend,Generalissimo Chiang Kai-shek, and the Counter-Intelligence Corps (CIC), a forerunner of the CIA. When Washington secretly accepted Kodama's offer, Kodama and Kishi were quietly released from Sugamo and were never prosecuted for their leading roles in the dark side of the war.

東條の昇進に、岸の金があったことは、確かだけれど、東條と岸は、親戚である。

果たして、反目仲たがいにまで、至ったのかは、疑問がある。

敗戦を織り込んで、「金の百合」を進めていたのは、裕仁と皇族たちにも言える。

東條の娘は、戦後も、天皇家から、それ相当の心遣いがあったことを、証言している。

34. 2020年1月21日 18:11:59 : Sb9EBgtHUs : VGMxWkU0dlhBTnc=[53] 報告
●「不滅の柱」らしいが、占領体制っぽかった
そもそも日米同盟60周年を記念する記事というのは、日本以外ではとても少ない。
出席した顔ぶれを見て驚いた。日本側は安倍首相をはじめとして麻生副総理、茂木外相、河野防衛相と、日本政府の主要閣僚のオンパレードだ。
しかし、米国の参加者は駐日臨時代理大使と軍人。この非対称性はなんだ。占領体制そのもの!
日米安保は100年先まで不滅だ、そう安倍首相が国民に向かって宣言するなら、なぜ安倍首相はトランプ大統領を呼ばなかったのか。
https://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/933415936f159eb5800fd8011724863b
35. 2020年1月21日 18:38:23 : FHIOMfcSrQ : b0pkVmNBaUZhZFk=[8] 報告
言葉遊び。

日本語で、「岸」と「秋篠」宮は、無関係に見える。

でも、ローマ字表記すると、「KISHI」と「aKISHIno」になる。

36. 2020年1月21日 18:44:51 : FHIOMfcSrQ : b0pkVmNBaUZhZFk=[9] 報告
細川日記に記述された近衛が、東久邇宮に語った言葉。

> 自分としてはこのまま東条にやらせる方がよいと思うと申し上げた。それはもし替えて戦争がうまく行く様ならば当然替えるがよいが、もし万一替えても悪いということならば、せっかく東条がヒットラーと共に世界の憎まれ者になっているのだから、彼に全責任を負わしめる方がよいと思う。米国は我皇室に対し奉り如何なる態度をとるか不明なるも、伊藤君もいう通り、個人の責任すなわち陛下の責任は云々するかもしれぬが、皇室というが如き観念は彼らには少ないし、加えるに東条に全責任を押しつければ幾分なりとその方を緩和することが出来るかもしれない。それが途中で2、3人交替すればだれが責任者であるかがはっきりしないことになる。

http://the-cosmological-fort.hatenablog.com/?page=1517341401

つまり、東條を悪者にすることは、裕仁も、その意向を持っていた。

37. 2020年1月21日 20:07:34 : LFdj7v4TY2 : Wjd2WFhmd1NEbzI=[812] 報告
安倍を内乱予備罪で告発した平野貞夫さん。佐高信さんとの対談本(自民党という病・平凡社新書)で岸信介の資金作りについて語っています。

岸の資金作り・3つの時代

@満州国時代の資金
A戦後に復活するときのCIAの資金
Bインドネシア賠償問題など賠償金のキックバック

岸が後輩の満州国官僚に語った言葉

「政治資金は濾過器を通ったきれいなものを受け取らなければいけない。問題が起こったときは、その濾過器が事件となるのであって、受け取った政治家はきれいな水を飲んでいるのだから捕まることはない」

平野 (前略)岸が戦後の政界に進出するのは1952(昭和27)年4月の講和条約の発効によって公職追放が解除されたのち、翌1953(昭和28)年3月の吉田茂のバカヤロー解散による衆議院選挙で当選したときです。このとき、CIAの資金を潤沢に使ったと言われています。実際、板の箱に入れられた札束の封には英文タイプの文字が刻まれていたと、私は岸の選挙事務所にいた人の実話として聞いています。岸事務所に陸送で送られてきたその金を配ったそうです。
佐高 当時だと1万円札はないから1000円札の束ですね。
平野 CIAの資金提供については、ロッキード事件が発覚したときに前尾(繁三郎衆議院)議長から直接聞いたことがあるんです。
「岸内閣のあと、池田勇人内閣のもとで僕は自民党の経理局長、幹事長に就いた。米国のその筋から何度も資金提供の話があったが、全部断った。政党や派閥が外国から資金をもらうようでは独立国とはいえないし、民主政治なんて育つわけがない」
前尾議長は私にそう語りました。当初、ロッキード社の賄賂と思われていたものが、CIAの工作資金であるという報道がなされ、中曽根康弘幹事長が「CIA資金の自民党流入説は事実無根である」と抗議したころのことです。
佐高 受け取らなかった人と受け取った人の差ですね。
平野 戦前、岸は満州国総務庁次長など要職を歴任し、関東軍が機密費をどうやって作るかという仕組みを作りました。満州から帰国後の1942(昭和17)年、翼賛選挙で当選して政治家になります。佐野眞一が書いた「阿片王」によれば、里見機関の里見甫(はじめ)がアヘンで稼いだ当時の金で200万円を、鉄道省から上海の華中鉄道に出向していた弟の佐藤栄作が運び屋になって岸に渡したと書いていますね。その金を岸は翼賛選挙に使った。
佐高 里見甫の秘書の証言として書いていますね。満州の夜は軍人の甘粕正彦が支配し、昼は官僚の岸信介が支配したと噂されました。甘粕にしろ、里見甫にしろ、彼らが濾過器だったわけですよね。岸はうまい汁だけ吸っていた。

38. 2020年1月22日 13:16:45 : bfDFggVvy2 : QU1oU2NYQVNoeC4=[5] 報告
日米開戦で、日本に囚われの身となった、米国のグル―大使は、岸信介と、ゴルフをしていたことは、ドイツのウィキにだけ、書かれている。

> Sein Golfpartner während der Internierung war Kishi Nobusuke.

オマケの脱線。

ロッキード事件は、米国政府が、自民党に、沖縄への核持ち込みとベトナム戦争に従事するB−52の発着を認めさせるための、脅迫の道具として使った。

グル―大使の「アヘン」つながり。

ラッセル商会(Samuel Russell、 John Perkins Cushing、 Robert Bennet Forbes 、John Murray Forbes)

> Grew's family also had longstanding ties to Asia. They
were Boston bankers who helped underwrite the opium
clipper ships of Russell & Company and were linked to the
great Yankee merchant clans of Forbes, Delano and
Roosevelt.

ルーズベルト大統領(Franklin Delano Roosevelt)の政府の主要ポストを占めたのは、ユダヤ人たちだった。

グル―大使の妻、アリス(ぺりー提督の子孫、父親は、慶応大学で教べんを取っていた。)は、日本育ちで、皇室とも、密接な関係があった。

> Alice became fluent in Japanese
and socialized with girls from the Peeresses School. Her
closest chum was a demure Japanese Christian called
Nabeshima Nobuko, who introduced Alice to another girl
who became Empress Sadako, the mother of Emperor
Hirohito. Nobuko's daughter became Princess Chichibu.
In this way, Alice's childhood connections would tie Joseph
Grew directly into the imperial family.

すべての駒が揃っている。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK269掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK269掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK269掲示板  
次へ