★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK269 > 521.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
山本太郎が草津駅前でゲリラ街宣、中学生も消費税で質問(高橋清隆の文書館)
http://www.asyura2.com/20/senkyo269/msg/521.html
投稿者 赤かぶ 日時 2020 年 2 月 08 日 23:30:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

山本太郎が草津駅前でゲリラ街宣、中学生も消費税で質問
http://blog.livedoor.jp/donnjinngannbohnn/archives/2026284.html
2020年02月08日08:02 高橋清隆の文書館

 れいわ新選組の山本太郎代表が7日、滋賀県・JR草津駅前で事前告知なしの街頭記者会見を開いた。市民約50人が足を止め、消費税をめぐる男子中学生からの質問にも答えた。


生活底上げの必要性を説く山本氏(2020.2.7筆者撮影)

 「ゲリラ街宣」は午後5時20分から2時間強開かれた。会場のペデストリアンデッキ上は、時折冷気が吹き抜け、身を切られるように寒い。「れいわ新選組代表の山本太郎が、駅前をお借りして皆さんのご質問にお答えしています」とマイクで告げる。午後6時半頃からは、常に50人ほどが足を止めて話を聞いた。


足を止める市民(2020.2.7筆者撮影)

 山本氏はいつもの通り、厚労省の国民生活基礎調査の結果を示し、生活苦を感じる人が全世帯で57.7%、母子家庭では82.7%に達することを挙げ、20年以上続くデフレが背景にあると指摘。IMFの資料から、過去20年間の政府総支出の伸びが最低であることが、名目GDP伸び率の最低をもたらしていることを説明した。

 その解決策として、GDPの約6割を占める個人消費喚起のため消費税廃止を提言した。

 最初に、男性が「消費税は本当になくせるのか」と質問した。山本氏は「できない理由は何か。前に進めるのは誰か。皆さんじゃないか。この国の最高権力者であり、オーナー。株主。それ以上、答えようがない」と鼓舞した。

 男性は「われわれは具体的にどうすればいいのか。投票か」ととだす。これに対し、「国会議員にお任せだったら、政治はめちゃくちゃになる。消費税を廃止したいなら、この話を広げた方がいい。自分が1票入れればいいという、そんな楽な話じゃない」と、周りへの説得を奨励する。


経団連の提言一覧(2020.2.7筆者撮影)

 経団連が政治に求めることが次々と実現している実態を紹介。派遣法改正や外国人労働の解禁、消費税引き上げや憲法改正まで、政治家を巻き込んでいることを挙げ、市民の側も自分たちの考えを広げることを説いた。

 後半の1時間ほど、学生服を着た男子中学生3人も話を聞いていた。そのうちの1人が、質問した。「法人税を何で上げないのか。塾の先生に、法人税はまだ上げられるのに消費税が上がったことによって下げたと聞いた」と向ける。


熱心に話を聞く男子生徒(2020.2.7筆者撮影)

 山本氏は、「どうしてそっち(法人)から取らないのかは、はっきりしてる。法人税を下げて、その穴埋めのために消費税を使っているから」と断じ、2019年10月に消費税を10%に上げた直後の自民党税制調査会で、すぐに法人税減税など企業支援策を検討し始めたことを紹介。

 「利害関係者だから。今の自民党の一番の屋台骨、経団連に大サービスしなければならない。政治献金してくれるし、選挙のときは組織票くれるし、落選したら、ポストをつくってくれたり。企業側が議会に議員を送り込み、コントロールする。自分を議員にしてくれるのは誰かを考えれば、その人たちに足向けて寝れないという大人の事情です」

 その上で山本氏は、「私は逆のことをやろうと、れいわを旗揚げした。私が総理なら、多くの方々の生活を底上げしたい。一部の人間だけが得するのでは、世の中が壊れる」と述べ、森・加計問題や規制改革会議・国家戦略特区諮問会議を通じたオリックス・パソナへの利益誘導に言及。

 「全て公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」

 憲法15条を示し、「全体の奉仕者を政治の世界へ送り込むしかない。50%が票を捨てているんだから、逆転はあり得る。緩くつながろう。ぜひ、若い人の力もお借りしながら」と呼び掛けた。

 質問した中学生は、「難しかったが、この話が将来役に立つなら、聞いて得だったと思う。3年後の投票権を考えると、参考になった」と話す。共感した部分はと問うと、「法人税の累進化」を挙げ、他の2人も「消費税は下げられること」と答えた。

 山本氏は1月下旬から中国・四国地方を皮切りに、「#れいわが始まる2020」と題する全国街宣を展開している。8日からは、昨年回れなかった滋賀県内での対話集会を予定する。

 事前告知なしの街頭活動は、昨年9月9日の東京・荻窪と今年の1月30日の松山市内でも行っている。「ゲリラ街宣」の狙いを、「自分たちが思い上がらないように。実力が分かりますから」(1月31日、松山市内)と語っている。


山本太郎、草津ゲリラ街宣



山本太郎(れいわ新選組代表) 街頭記者会見 滋賀県草津市 2020年2月7日







 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[56553] kNSCqYLU 2020年2月08日 23:31:04 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[7839] 報告

2. 赤かぶ[56554] kNSCqYLU 2020年2月08日 23:32:24 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[7840] 報告

3. 赤かぶ[56555] kNSCqYLU 2020年2月08日 23:33:33 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[7841] 報告

4. 赤かぶ[56556] kNSCqYLU 2020年2月08日 23:35:21 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[7842] 報告

5. 赤かぶ[56557] kNSCqYLU 2020年2月08日 23:36:11 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[7843] 報告

6. 赤かぶ[56558] kNSCqYLU 2020年2月08日 23:37:08 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[7844] 報告

7. 赤かぶ[56559] kNSCqYLU 2020年2月08日 23:37:51 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[7845] 報告

8. 赤かぶ[56560] kNSCqYLU 2020年2月08日 23:38:29 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[7846] 報告

9. 赤かぶ[56561] kNSCqYLU 2020年2月08日 23:39:15 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[7847] 報告

10. 日高見連邦共和国[18106] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2020年2月09日 01:08:05 : DkUnYNhqlk : L3IweWozdGhJY2M=[1] 報告
『クライシス』氏が、ほんとに『れいわ支持者』かどうかが分かるリトマス・スレッド・その1

テスター1・・・『クライシス』氏が当スレッドに来るかどうか
テスター2・・・『クライシス』氏がれいわ新選組又はタローさんの行動及び政策に言及するか

乞うご期待!

[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:意味のないコメント(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

11. 2020年2月09日 03:43:24 : m21f7uaFK2 : U21GY0pDRkhrOTI=[3] 報告
中学生の質問に対等な目線で答えてくれる場
これが大事だ。

まず、街頭で事前通告なしの質問に答えてくれるというだけで稀有な存在だが、他の政治家なら、中学生の質問が飛んでくるや否や(事前通告があっても)、身を屈めて如何にも子供目線でニコニコ分かりやすい子供向けの言含め言葉で…
とやりそうなもんだが山本太郎氏は違う。
彼らは3年後には立派な選挙権を持った市民である、その時それが記憶に残り、責任を持った大人になっているという目線で語る。
自分の若き日もそうだったが、一人前の人間として真剣に話してくれた大人のことを忘れる事はない。

12. 2020年2月09日 05:49:30 : yS5XGtozkA : WEpGZ0JUeVk3aWc=[581] 報告

どうして法人から税金を取らないのかは,自民党のためだけではありません。

官僚のためです。

巨大法人の封建ピラミッドには階層があって,上位形成している労働貴族が連合幹部。

その連合幹部の政治的執行機関が,立憲民主党です。

立憲民主党と選挙協力しようしている時点で,山本太郎が経団連と政治的対立ポイントに立つことはあり得ない。

これは動かし難い事実です。

13. 2020年2月09日 06:17:56 : m21f7uaFK2 : U21GY0pDRkhrOTI=[4] 報告
>12
別に、経団連と対立ポイントに立つ必要はないと思うんだけどね。

そもそも彼の話を理解できているなら、所謂アベノミクスとも対立していない事が解る。

必要なのは対立や分断ではない。
感情論でもない。
右だ左だの分裂や競争ですらない。
より人格障害的な(と言っても汲むべきポイントも含まれる)低レベルな議論から、
より高い知性、人間愛への収斂だ。

14. 2020年2月09日 06:33:54 : m21f7uaFK2 : U21GY0pDRkhrOTI=[5] 報告
今50代半ばだが、
自分が15前後だった時分、思い起こせばとても強い問題意識があった。
個人的にも、社会的にも。
無論政治に対する関心も。

当時、中央公論とか文芸春秋とか、リーダーズダイジェストを読み漁ってた。あと、少年ジャンプ連載のやぶれかぶれとか。結構いろんな葛藤があった。

その時、もしも誰もとりあってくれなかったら、真剣に向き合ってくれた大人がいなかったら、今の自分はなかったと思う。
グレてたか、適当に世の中に流されて終わってたか。

何れにせよ、子育てを終えた今も、自信持って配偶者を大切に想いながら、孫にも恵まれ社会のど真ん中で生きる事など、
当時の真っ当な大人との出会いなくして起こらなかったであろう。

15. 日高見連邦共和国[18119] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2020年2月09日 09:25:24 : O5JZmzQ1fs : clU2WC90WTVqdDY=[6] 報告
浅草の中学生、すばらっ!

ってか、>>10、消〜さ〜れ〜て〜るゥ〜。(笑)

16. 2020年2月09日 10:56:46 : OHkMo5nAaE : UzloV1dqRTF5SUk=[792] 報告
極寒の中突撃ライブまでして聴衆の質問にも丁寧に答え、、今安倍がしている言動とは180度違う、この姿には頭が下がる、絶対自公の議員には逆立ちしてもできないことだ。安倍の姿とは真逆で議員の鏡
早く山本太郎と共にする議員が何人何十人と出てくれは゛国民生活も確実に変わる。
17. 2020年2月09日 16:27:18 : DihQOIIP96 : UUc5elpDWWdVeTY=[287] 報告
でも、生身の身体。次の日の草津サンサンホールでは、身体と顔が全体的にむくんでいるように見えました。

岐阜では普通でしたが・・・

身体が一番。あまり無理をされないように!ご自愛ください。

18. 2020年2月09日 19:12:24 : sXVK9G4gQI : dGV0bHJvMldVWkU=[137] 報告
えこひいき 甘やかされて ゾンビ化し
19. 2020年2月09日 21:14:17 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[4410] 報告
馬淵澄夫氏が山本太郎氏と政策一致で協力を宣言。消費税減税で政権交代へ
.
風花未来チャンネル
2020/02/08 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=LbvyUUkK_fU
20. 命を大切に思う者[1060] lr2C8JHlkNiCyY52gqSO0g 2020年2月09日 22:02:01 : zDierx3dpI : YUMwLjlQMkJuYlE=[18] 報告
消費税なんて必要ないのはあ、当たり前。
支出先を見ればわかる。不正ばっかり。
年金給付のときの、公金からの補填でも、
現役時代の年金保険料の多かった人、つまり年収の多かった人にほど、多くあげてる。この行為は不正。
年収の多かった人は、納付した金の返金額だけで生活必要額を超えてるのだから、
公金から金を渡すなど、もっての外。
それどころか、生活必要額しか返金してやる必要はない。全額を返金してやる必要はない。
現役時代の年収の多かった人が、多く納めて戻って来る額は人並みとなり、損することを、
社会保障というのだろう! 

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK269掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK269掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK269掲示板  
次へ