★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK269 > 568.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
新経路エアロゾル感染の恐怖 “空中浮遊”でパンデミックも(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/20/senkyo269/msg/568.html
投稿者 赤かぶ 日時 2020 年 2 月 11 日 07:15:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

 

 


新経路エアロゾル感染の恐怖 “空中浮遊”でパンデミックも
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/268854
2020/02/10 日刊ゲンダイ


感染拡大が止まらない(C)共同通信社

 これは衝撃的だ。感染拡大が止まらない新型コロナウイルスによる肺炎。これまで感染経路は「飛沫感染」と「接触感染」とされてきた。ところが、新たに「エアロゾル」によって感染することが判明した。エアロゾル感染は、空気感染に近いものだ。パンデミックの引き金になる可能性が高い。

  ◇  ◇  ◇

「飛沫」「接触」だけじゃない

 韓国紙「中央日報」電子版は9日、上海市民政局が8日の記者会見で、新型肺炎の感染経路として「『エアロゾル感染』がある」と明らかにしたと報じた。市民政局幹部は、「エアロゾル感染は飛沫が空気中で微粒子となって、これを吸入して感染するもの」と説明。「一切の社会活動関連の会合を取り消すべき」と強く注意を呼び掛けたという。英BBC電子版も上海市民政局の会見内容を報道した。

 これに、国民民主党の原口一博国対委員長は、ツイッターに「濃厚接触を避けるだけでは(感染を)防げない事に?」と投稿。自民党の佐藤正久参院議員も「これが事実なら、武漢の展示場に大量のベッドや医療器具を搬入して病院施設にしているが、それではエアロゾル感染を防げないことになる」とツイートした。

「飛沫感染」は唾などで直接感染し、「接触感染」はウイルスが付着したドアノブなどを触って感染する。エアロゾル感染とはどういうものなのか。ハーバード大学院卒で医学博士の左門新氏はこう言う。

クシャミ、咳から微粒子で飛散

「エアロゾルとは、ウイルスが水蒸気など空気中の他の物質と混ざり合うことで形成されるものです。クシャミや咳による『飛沫』より粒子が小さく軽いため、空中に漂いやすい。一般的に、『飛沫』なら2メートル程度の飛散で済みますが、エアロゾルならそれ以上の遠距離にも飛散する恐れがあります。はしかの原因となる『麻疹ウイルス』は、粒子が非常に軽く飛び散りやすいため、『空気感染』することが分かっています。現状、新型ウイルスは、はしかほどではないにしろ飛散しやすい性質だと分かったからこそ、上海当局は『エアロゾル感染』という言葉を使ったのではないか。いずれにせよ、警戒を強める必要があるでしょう」


武漢市内の医療環境は劣悪(突貫工事で新設された「火神山医院」に新型肺炎患者を運び込む医療関係者ら)/(C)共同通信社

 さらなる拡大は避けられそうにない。そもそも、1月初旬に「震源地」の武漢市内での流行が分かっていたにもかかわらず、中国政府が「ヒト・ヒト感染」を認めたのは同21日のことだった。今月3日には習近平国家主席ら党指導部は、「初動ミス」を認める声明を出した。時を経るごとに修正される中国政府の見解。今後、どんな重大発表があってもおかしくない。

 心配なのは、ウイルスの突然変異による「感染力強化」や「劇症化」だ。現在、世界28カ国・地域で感染が確認されているが、武漢での致死率が突出。他の地域が0〜1%超なのに対し、武漢は約4%だ。「震源地」で新型ウイルスは突然変異しているのではないか。

「武漢市は現在、医療環境が劣悪で、市民の免疫力も低下している。市内の致死率が高いからといって、突然変異が発生したとは言いがたい。ただし、今後、新しい環境に適応した突然変異が生まれる可能性は否定しきれません」(左門新氏)

 ある医療関係者は「本来の感染者数は、中国政府の公表数の10倍以上」と話す。10日午前の中国の死者は908人。どこまで感染が拡大するか分からなくなってきた。







 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[57015] kNSCqYLU 2020年2月11日 07:15:54 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8302] 報告

2. 赤かぶ[57016] kNSCqYLU 2020年2月11日 07:19:21 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8303] 報告

3. 赤かぶ[57017] kNSCqYLU 2020年2月11日 07:20:41 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8304] 報告

4. 赤かぶ[57018] kNSCqYLU 2020年2月11日 07:21:21 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8305] 報告

5. 赤かぶ[57019] kNSCqYLU 2020年2月11日 07:23:05 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8306] 報告

6. 赤かぶ[57020] kNSCqYLU 2020年2月11日 07:23:50 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8307] 報告

7. 赤かぶ[57021] kNSCqYLU 2020年2月11日 07:26:26 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8308] 報告

8. 赤かぶ[57022] kNSCqYLU 2020年2月11日 07:27:35 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8309] 報告

9. 赤かぶ[57023] kNSCqYLU 2020年2月11日 07:28:29 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8310] 報告

10. 赤かぶ[57024] kNSCqYLU 2020年2月11日 07:31:03 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8311] 報告

11. 赤かぶ[57025] kNSCqYLU 2020年2月11日 07:34:28 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8312] 報告

12. 赤かぶ[57026] kNSCqYLU 2020年2月11日 07:35:11 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8313] 報告

13. 赤かぶ[57027] kNSCqYLU 2020年2月11日 07:36:50 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8314] 報告

14. 赤かぶ[57028] kNSCqYLU 2020年2月11日 07:37:23 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8315] 報告

15. 赤かぶ[57029] kNSCqYLU 2020年2月11日 07:41:57 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8316] 報告

16. 赤かぶ[57030] kNSCqYLU 2020年2月11日 07:42:43 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8317] 報告

17. 赤かぶ[57031] kNSCqYLU 2020年2月11日 07:43:29 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8318] 報告

18. 2020年2月11日 08:41:56 : QXdODbNvpg : YnVuRnZXZGZYTWM=[1] 報告
だから〜!!
換気が重要なんだってば!
ナイチンゲールの時代から既に”超常識”事項よこれ・・・!?
19. 2020年2月11日 09:07:58 : EKjzwtCL0K : b3BSTWlmZHA3QU0=[1] 報告
とにかく、マスクをすることだ。エアロゾルといっも、飛沫のエアゾルの大きさは、2.5ミクロンぐらいらしいから、100円ショップで売っている、BFE99の三層マスクは、1〜2ミクロンのサイズのものを99%カットできる。
20. 赤かぶ[57054] kNSCqYLU 2020年2月11日 09:26:24 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8341] 報告

21. 楽老[932] inmYVg 2020年2月11日 09:52:35 : jfZE5owcak : Ti9ZVDhtT2Flbm8=[68] 報告
パンデミックでなくインフォデミックだというのが良く分かる。
飛沫感染でもエアロゾルでも空気感染でも、一度に数万個というウィルスを吸い込まなければ発症しないのです。

>19.:100円ショップで売っている、BFE99の三層マスクは、1〜2ミクロンのサイズのものを99%カットできる。

これは本当でもあり嘘でもある。
N95の医療マスクは結核菌0.3〜06ミクロンを95%阻止するものです。
しかしこのためには息苦しいのを我慢して頭の後ろで縛って顔面戸の隙間を無くした使用法での話です。
耳掛け式マスクでの利用の場合はN95も安価なマスクも差はありません。

BFE99%を謳うマスクも多くありますが
これはエレクトレット処理(静電気吸着)したフィルター素材の話です。
マスクとしての性能ではありません。
呼吸によってマスク内湿度は結露状態となるほど高湿度です。
この時にはたしてエレクトレットが有効か❓
疑問です。
マスクの大半は中国製です。
ところが、中国にBFEを測定する機関はありません。
日本でも測定できるところは数少ない。
中国から輸入したマスクの性能測定をやっているのかどうか?
わたしは15年ほど前、ネルソン大学にしか測定設備の無かったころにフィルターの(マスクではない)を研究していました。

マスクに多くを期待するのは無駄です。
高性能マスクも安価なペラペラマスクも実用性能は同じです。

一番の防御法は手洗いと洗顔です。
この冬の季節性インフルは流行期が早く、大流行するのではと恐れられていましたがコロナ騒動によって例年より患者が少ないそうです。
アルコール消毒よりも石鹸洗いの方が手荒れが少ない。

今回の武漢コロナで疑問に思うことは
上気道に病巣が無くても肺炎になると言う事
従来のインフルでは考えられなかった事です。

これが事実なら大変な局面を迎えることになったと思います。
無症状の不顕性感染者からうつるというのは嘘だと考えています。

     

22. 2020年2月11日 09:52:38 : FjeWdxSjUc : VmVSOFdkVTJjakE=[69] 報告
武漢の場合は経口感染で一気に広まったようだが
接触感染、飛沫感染、空気感染はウイルス、細菌の感染経路。
今更騒ぎ立てるマスゴミ。
外出中人混みの中ではその時々に応じて
除菌ウェットティシュなりで手、目、鼻、口の周りをぬぐうことである。
23. 2020年2月11日 10:13:08 : FjeWdxSjUc : VmVSOFdkVTJjakE=[70] 報告
喉の粘膜を採取してもウイルスは検出されずに肺炎を発症した場合、
特に高齢者などは食べ物と一緒に口から入ったウイルスが
誤嚥により気管から肺に入るということは考えられないだろうか。
24. クライシス[1606] g06DiYNDg1aDWA 2020年2月11日 10:22:18 : cFeM8Dn7S6 : SDl5T2paZEFNcjY=[871] 報告
パンデミックで確定だな。

政府は検査しません。

25. クライシス[1607] g06DiYNDg1aDWA 2020年2月11日 10:25:16 : cFeM8Dn7S6 : SDl5T2paZEFNcjY=[872] 報告
「ダイヤモンド・プリンセス」は

ほぼ全員が感染するだろう。

パンデミックだから。

26. 2020年2月11日 11:31:29 : 6d1qyPnHGk : Y0M0cENZLlZoVFE=[18] 報告
検査しないことで日本国内のパンデミックを隠蔽する。
大本営発表時代と同じ体質だ。
こんな国に「おもてなし」を受けに外国人が来るのか?
27. クライシス[1613] g06DiYNDg1aDWA 2020年2月11日 11:42:06 : cFeM8Dn7S6 : SDl5T2paZEFNcjY=[878] 報告
政府が検査しない=日本の武漢化だな

国民が気付く頃には武漢並の惨状になっている。


政府が対策しないなら
政権打倒しかない。


中国も治療薬の開発が出来ないと
共産党政権崩壊かも。

28. しんのすけ99[2] grWC8YLMgreCr4JYglg 2020年2月11日 12:35:47 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[892] 報告
さて まだ 結論出すのは早すぎると思うのだが エアロゾル感染というのは 中国当局が 責任逃れに言い出した
その可能性が極めて高いと言うのが 医療の専門家の見解 「エアロゾル感染だったのだから仕方ない」
と言いたいために急に言い出したと見られています

飛沫感染ではなくエアロゾル感染だったなら、もっともっと爆発的に拡大しているはずであるというのが
医療専門家の見解である とはいえ ウィルスが進化している可能性も捨てきれないから 滅多な事言えないが
今のところを見る限りは 飛沫感染の典型的な広がりようだそうです。

29. 赤かぶ[57089] kNSCqYLU 2020年2月11日 12:46:15 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8376] 報告

30. 赤かぶ[57090] kNSCqYLU 2020年2月11日 12:46:52 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8377] 報告

31. 2020年2月11日 19:13:33 : sXVK9G4gQI : dGV0bHJvMldVWkU=[178] 報告
火に油 日本政府は また注ぎ
32. AN[717] gmCCbQ 2020年2月11日 19:47:59 : yW5AbGXd0s : SGUvU0x3cXF1ZWc=[63] 報告
そうか(創価ではない)、日刊ゲンダイに感じる違和感って、危機氏に感じる違和感と同根のものだったんだわ。
 しかし、日刊ゲンダイはそれがオカネになるから、という単純な理由であることが理解できるんですが、危機氏のほうはたぶんオカネには無縁だと好意的に解釈しているので、やはり趣味の違いなのかな。

 インフォデミック(小生はそれだと確信している)にせよ、パンデミックにせよ、いずれ事態は必ず収まるので、それを待つしかないですなぁ^^;
 ”副作用”でオリパラが中止になるのを期待してますが(笑)、アベの延命という副作用だけは勘弁!!

 マスクと手洗い(消毒)・洗顔については、楽老さんの云う通りです。
 空気感染だとか飛沫感染だとか云う議論は、前にウィキから引用したように、コロナウイルスが空気感染するかも知れない、なんてことは前から言われていることで、あまり意味のない議論です。 ウイルスの寿命は”統計学的”で、空中を何メートル飛べば100%死ぬ、なんてことは絶対になく、生き残るやつは生き残ります。

 まぁ自宅に籠もって、せっせと阿修羅に投稿するのが、一番の予防法でっせ(爆)

33. 2020年2月11日 22:01:33 : EKjzwtCL0K : b3BSTWlmZHA3QU0=[2] 報告
>呼吸によってマスク内湿度は結露状態となるほど高湿度です。
調べたところ、「エ レク トレッ トフィル ターは、ほ ぼ1カ 月間,湿 度90%,20%の 空気 に曝して も,透 過 率は初期値 のま まで あ り,エレクトロレット
フ ィル ターの電 荷は,湿 度 に対 して は非 常に安定で ある」(https://www.jstage.jst.go.jp/article/kakoronbunshu1975/18/2/18_2_240/_pdf)とあった。
それに、コロナウイルスは、湿度に弱いといわれている、マスク内を高湿度に保つことで、マスク内に侵入したウイルスを不活性化することが期待できる。

>一番の防御法は手洗いと洗顔です。
どんだけ手洗いをしても、何かを触った後に鼻や口を触ってしまったら、何にもならない。人は無意識のうちに平均一時間に20回以上触ってしまう、という研究もある。マスクをしてれば少なくとも鼻と口を触るのを防げる

34. 楽老[936] inmYVg 2020年2月12日 09:26:32 : jfZE5owcak : Ti9ZVDhtT2Flbm8=[72] 報告
>33. b3BSTWlmZHA3QU0=:

エレクトレットと湿度の関係
リンクして頂いたアドレスでは開くことができませんでしたが、中身的には
『エレクトレットフィルターの初期捕集効率と集塵性能の安定性』金沢大大谷吉生氏等の論文と同じだと思います。
ここで言われていることは長期間高湿度下に置いたフィルターを普通の係数法濾過試験機で測定した時に初期効率を維持したと言うモノです。
あくまでもエレクトレットの電荷が損なわれたかどうかの視点です。

私が言っているのは、高湿度下でフィルター試験をするとどうなるかと言う事です。
残念ながらこんな試験をしたデータは目にしたことはありません。
エレクトレット処理した作業帽を水洗濯しても乾燥後はエレクトレット性能は回復します。(100%ではありませんが)
標準状態の物理試験室で、100φ程度に打ち抜いた試験片でフィルター試験をすると、ほんの数秒で乾燥してしまうと思います。
マスク工業会あたりでこの辺の解明をしてくれると良いのですが、工業会設立当初に提案しましたが無視されました(各メーカーの責任と言う事です)

これは(33)氏に対する反論ではありません。
マスクの実情を述べただけのものです。

【コロナウイルスは、湿度に弱いといわれている、マスク内を高湿度に保つことで、マスク内に侵入したウイルスを不活性化することが期待できる。】

これについてはNGです。
ウィルスはマスク上やマスク内空間で増殖することはありません。
マスク内空間で滞留することも無く一瞬で鼻腔に入ります。瞬間的な高湿度域の通過で不活化するなどと言う事があったら、どんな高性能の薬剤よりも優秀です。
それよりも、乾燥した低温の空気を加湿昇温して、上気道にダメージを与えないと言う事がマスクの最大の眼目です。

これ以外の「どんだけ手洗いをしても……」については仰る通りです。

     

35. 2020年2月12日 12:41:03 : qmGPsn2mIg : OG03ZExab3IxaEk=[2] 報告
内モンゴルに続いて、香港でも、空気感染を、強く疑わせる、感染例が出た。

http://www.asyura2.com/20/senkyo269/msg/587.html?c42#c42

36. 2020年2月12日 20:02:59 : gTT8U9LcDs : VXFBS0Y0OGdmaXM=[2] 報告
>コロナウイルスは、湿度に弱いといわれている、マスク内を高湿度に保つことで、マスク内に侵入したウイルスを不活性化することが期待できる。

と、書いたのは、長くなるので端を折ったというか、マスクの効能についての書かれたウエブページを見つけたが、インフルエンザに関してであったが、コロナウイルスもおなじエンベロープ型のウイルスなのでほぼ同じ効果があると考えられる、

「鼻粘膜の表面を覆う毛は「繊毛」と呼ばれ、じゆうた んの毛のような形状をしています繊毛が活発に運動 すると‘鼻に付いたウイルスは粘液こと飲み込まれて胃 に送られますしかし、繊毛運動が低下してウイルスが 鼻やのどに居座ると、そこで増殖して発症に至ります。 織毛は低温乾燥が大の苦手で、気温20C以下では運 動量が3分の1になります一方、インフルェンザウイルスは、低温乾燥が大好きで高温多湿が苦手気温 22で湿度20%では66%が生きていますが、気温32で 湿度50%ではたった4%しか生きられません マスクは呼気の温度と湿度を保ち、鼻腔内の繊毛 運動を活発にしてのとを守ります結果的にウイルスを 遠ざけることができる」とある。

37. 楽老[940] inmYVg 2020年2月13日 09:53:21 : jfZE5owcak : Ti9ZVDhtT2Flbm8=[76] 報告
>36.VXFBS0Y0OGdmaXM=:……と書いたのは……

このコメントには間違いはないと思いますが
余りにマスクに期待をかけることはどうかと思います。
高湿度下でインフルの不活化が盛んに言われるようになったのは10年以上前の鳥インフルの時でした。
ところが昨年暮れぐらいから、高湿度下でもウィルスは健在だという報告がいくつか出ています。

鳥インフルよりももっと前に臼田歯科医の『さらば風邪薬』の上梓が高湿度下でインフル感染が少ないという論の初発だったと思います。
インフル感染の機序を詳しく説明しています。
この方は医療業界で異端者であったのであまり大きく取り上げられることは無かったが、私は信奉しています。

後半のコメントは全くその通りなのですが
付け加えると
上気道粘膜の微小な繊毛運動といえどもウィルス核の大きさと比較すると波濤逆巻く大河の奔流です。上気道が健全ならインフルが着床できずに咳や痰で体外に排泄します。
これを助けるのがマスクなのです。
乾燥して低温の外気を加湿昇温して吸い込む、これが一番の目的で
高性能とか抗菌とかは全く関係ないのです。
顔面との隙間も無いほうがベターですが気にする必要は無い。
呼吸するたびにペコペコ膨らんだり萎んだりするマスクの方が粗悪品です。

この意味から30枚110円のマスクがベストです。(今はないかも)
ガーゼマスクも調湿という面で不織布マスクよりも優れています。

      

38. 2020年2月13日 18:21:54 : 8UurbE1OJs : ODBqRXhlZ3BSUDY=[1] 報告
期待するとかしないとかではない。

マスクもしないで、手や顔だけ洗ってりゃ、感染しないなんて、ナンセンスだろ。
飛沫が飛んでいる中で、直接吸い込むことになるじゃないか。そして、前にも書いたように、人は無意識のうちに、鼻や口を触ってしまうんだよ。それを防げるだけでなく、飛沫を防ぐことも、鼻やのどを守ることで、感染を防ぐ、もちろん完ぺきではない、だがしないより、はるかにましじゃないか。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK269掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK269掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK269掲示板  
次へ