★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK269 > 600.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
《コロナウイルス最新情報 2020-02-12 日本国内での感染者が200人に達する》と《コロナウイルス最新情報 2020-02-11 最新の医学論文でウイルスの潜伏期間は「最大24日」であることが判明---抜粋》と《“疑い”ぬぐえぬ患者 対応苦慮》感染症禍に関し、明るい見通しと暗い見通しの両論があるとき、為政者はどちらの意見に従うべきなのでしょうか。
http://www.asyura2.com/20/senkyo269/msg/600.html
投稿者 お天道様はお見通し 日時 2020 年 2 月 12 日 19:08:40: I6W6mAZ85McLw gqiTVpO5l2yCzYKojKmSyoK1
 


《蛍光ペンは投稿者本人によるものです。》

コロナウイルス最新情報 2020-02-12 日本国内での感染者が200人に達する 地球の記録アース・カタストロフ・レビュー
https://earthreview.net/wuhan-virus-report-0212-2020/


theguardian.com


新型コロナウイルスの公式発表数値は以下のようになっています。


Coronavirus
2020年02月12日 午前9時 (公式発表数値)
患者数 44,794人
死者数 1,112人
致死率 2.4%
重症者 7,345人
経過観察対象者 185,037人
密接な接触での追跡者数 451,462人

 

公式発表の数値は、医療機関で感染が公式に確認された人の数ということで、中国国内で、自宅や地域に隔離されている人たちの数の多さ(報道によってまちまちですが、1億人から最大 4億人)から、これらの数値は現在ほとんど実態とは無縁ではあります。


冒頭の英国ガーディアンの記事にあるものですが、香港大学公衆衛生医学部長のガブリエル・レウン(Gabriel Leung)教授は、WHO での専門家会議に向かう途中で、ガーディアンの取材に応じ、

「世界人口の 60%が新型コロナウイルスに感染する可能性がある」

と述べたことが伝えられています。

実際、公式発表の数値だけを見ましても、1月後半からの 3週間ほどで感染者数、死者数共に指数関数的に増加しており、今後もこの状態が続いた場合、ガブリエル教授の主張も大げさではないかもしれません。


theguardian.com


日本においても、感染者は増加していて、2月11日までの時点で 160人となっています。
また、国内でも複数の重症者が出ていることが報じられています。


国内で複数重症者 新型肺炎、容体深刻な人も

時事通信 2020/02/12

日本国内で確認された新型コロナウイルス感染者のうち、複数の人が重症になっていることが11日、関係者への取材で分かった。呼吸困難となるなど容体が非常に深刻な患者もいるといい、感染者の拡大が続く中、各地の医療機関で懸命の治療が続いている。

関係者によると、重症者は複数おり、高齢で深刻な基礎疾患を持つ人が含まれている。そのうちの1人は2月上旬、発熱の症状があり、インフルエンザの検査をしたが陰性だった。その後、新型ウイルスの検査で陽性と確認された。


厚労相によると、クルーズ船の感染者のうち、人工呼吸器を使用したり集中治療室に入ったりしている人が 4人いるとのことです。

なお、2月12日午前9時の速報として、「横浜港のクルーズ船、さらに39人感染…検疫官1人も」という報道がありましたので、日本での感染者は、ほぼ 200人に達したようです。


先ほどのグラフでは、中国国内で公式数値としての患者数が 100倍に達した期間が約 3週間でしたので、日本国内で同様の感染が起きれば、3月までには患者数が数万人に達する可能性があるのかもしれません。

あるいは、先ほどのガブリエル教授の「全人口の 60%に感染する」という主張に沿って推移するならば、最終的には、日本でも数千万人が感染するという可能性も、まったくないわけではなさそうです。

その場合、現在の致死率である 2%程度から考えますと、かなり厳しい状況となる可能性もあります。

なお、WHO は、

「新型コロナウイルスへのワクチン開発に18か月を要する」

発表していますが、しかし、現実的にはワクチンは「そんな短期間では開発できない」と思います。

なぜなら、WHOは、SARS の時にも今回と同じような発言をしていまして、たとえば、以下は 2003年の WHO のプレスリリースです。


2003年11月5日のWHOプレスリリースより

15カ国から集まった50人以上の第一線のSARS研究者らは、安全で有効なワクチンが、現在のSARSのコントロール策の重要な補完策となるとの結論に達した。しかしながら、 ほとんどの専門家達は、今年の年末にもしSARSの流行が 再発生したとしても、ワクチンは利用することができないであろうと言う点でも合意した。(略)

不活化SARSワクチンの最初の臨床試験は、早ければ2004 年1月には開始される可能性がある。しかしながら、いつワクチンが利用可能になるかについては明言することは難しい。SARSの再発生が起こったならば、この過程を加速させ、 2年以内にワクチンが完成する結果となるかもしれない。


WHO がこのようなリリースを出してから、すでに17年が経っているのです。

しかし、 SARS のワクチンはいまだに存在しません。

新型ウイルスは、基本的に SARS と同じ系統のコロナウイルスですので、ワクチンの開発は難しいと思われます。

これらの RNA ウイルスと呼ばれるウイルスのワクチンの開発は難しいようで、エイズウイルスもエボラウイルスも RNA ウイルスですが、出現からこれだけ期間が経っているのに、ワクチンが存在しないことからも、これらの種類のウイルスに対してのワクチン開発は容易ではないようです。


ですので、今後、ウイルスが変異により自己消滅するというようなことが起きない限り、感染拡大が続くと考えたほうが合理的だと思われます。


以下の記事でふれましたように、新型コロナウイルスにおいて、事実上の空気感染(エアロゾル感染)が起きている可能性が高いです。


《「どこからでも感染する」:中国の科学者が新型コロナウイルスを「ドアノブ」から検出し、スマートフォンを含むあらゆる日常品が感染経路となる可能性を警告。また、エアロゾル化した糞便による大気感染も懸念される》そしてこれが事実なら本当にオリンピックどころじゃないでしょう。
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/288.html


現在起きているクルーズ船内での感染力の高さも、このエアロゾル感染が起きていることを示しているように感じます。

というのも、まさかこのような状況で、乗客の方々が他の方々と濃厚接触しているとも思えず、室内などに止まっているのだと思いますが、それでも感染は拡大しています。

冬期ですので、おそらく船内では空調が使われているでしょうが、エアロゾル感染であるなら、それで船内全域にウイルスが拡散される可能性があります。実際、武漢や上海での工場や医療施設では、すでに空調の使用を停止していると伝えられています。

武漢では病院内での医療従事者の感染率が非常に高いことが示されていますが、今後、日本や他の国でもこれが起きる可能性はあるのかもしれません。

日本の病院の医師や看護師さんたちが、どの程度の防御態勢で医療に取り組まれているのかはわからないですが、武漢の医療の状況を見ていますと、そのことが懸念されます。


に加えて以下の同一引用元の一日前の記事からの抜粋ですが、


コロナウイルス最新情報 2020-02-11 最新の医学論文でウイルスの潜伏期間は「最大24日」であることが判明 地球の記録アース・カタストロフ・レビューより抜粋
https://earthreview.net/wuhan-virus-report-0211-2020/
前略


昨日の In Deep の記事でもふれましたように、武漢などでは医療従事者の感染が拡大しているようで、むしろ日に日に医療現場の混乱が拡大している可能性も考えられます。


武漢では、非常に広範囲で消毒活動が続けられているようですが、感染を介するのは、基本的に人ですので、このような消毒活動がどの程度効果的なのかはわからないです。
中国当局による武漢全域での消毒活動
https://www.youtube.com/watch?v=VA8Cgxxicdw&feature=youtu.be


なお、今のところ公式には感染が確認されていない北朝鮮ですが、2月10日に国際赤十字連盟(IFRC)が伝えたところによりますと、北朝鮮当局が、中国との国境にある 4つの地域に、

「伝染病制御のための 500人の保健部隊」

を緊急投入して消毒活動を行ったことを明らかにしました。


2020年2月7日 中国との国境地帯で消毒活動を行う北朝鮮の保健部隊

RFA


北朝鮮当局が、このような活動を行うということは、この地域で、コロナウイルスに関連した何らかの出来事が起きたのかもしれません。

新型コロナウイルスに関しての新しい情報として、2月6日に医学誌「ホスピタル・インフェクション(Journal of Hospital Infection)」に掲載された論文には以下のように記載されているとのことです。


新型コロナウイルスが物の表面に付着した場合、室温で最大 9日間は感染性を維持できることを示した。平均すると、ウイルスは 4日から 5日の間生き残る。低温で湿度が高い場合は寿命をさらに延ばす。


この論文は、病院内での感染の回避について述べたもので、病院内のドアノブやテーブルなどに付着したコロナウイルスは、最大で 9日間は感染力を保ち続けるということが示されたことになります。


これは病院内ではなく、どこでも同じことになりそうで、患者数が増加するに従って、感染可能な場所も増えていくということになるのかもしれません。電車や航空機などの比較的空間の狭い乗り物や、人の多く集まる公共施設などでの感染もあり得るということにもなります。


また、論文では、物の消毒に関して、以下のように書かれてあります。


さまざまな消毒液を使用したテストにより、エタノール、過酸化水素、または次亜塩素酸ナトリウムに基づく薬剤がコロナウイルスに対して効果的であることが示された。


このような消毒を物の表面に対しておこなうことが効果的だということです。しかし、これは病院では実行できても、それ以外の場所で頻繁におこなうことは難しそうです。

また、最近発表された中国の医師団による医学論文は、中国 31省の 522の病院からの 1,099人の新型コロナウイルス患者のデータを分析して得られたデータを示していますが、そこには、「これまで知られていなかった潜伏期間」が示されていました。

そこには以下のようにあります。


潜伏期間の中央値は3.0日(0〜24.0日)だった。


最大で「潜伏期間が 24日」という患者がいたことが示されているのです。

これまで、新型コロナウイルスの潜伏期間は、最大 14日ほどと言われていましたので、それより 10日ほど長いです。

この何が問題かといいますと、この新型コロナウイルスは、「潜伏期間中でも感染する可能性」があることが、北海道大学の研究グループから発表されているのです。


2人に1人、潜伏期の人から感染 コロナウイルス感染急拡大の一因

福井新聞 2020/02/08

新型コロナウイルスによる肺炎患者の2人に1人以上は、症状が出ていない潜伏期間中の人から感染した可能性があるとの推計を、西浦博・北海道大学教授(感染症疫学)らのチームが2月8日までにまとめた。

潜伏期間中の感染を防ぐのは実質的に困難であるため、これが世界で感染が急速に拡大した一因とみられるという。

チームは隔離による封じ込めは難しいとして、医療態勢の充実に重点を移すべきだとしている。


この潜伏期間が最大で 24日もある可能性があるということは、自分が感染しているとは知らずに周囲に感染を広げている人たちが多数いるという可能性を示します。

こうなりますと、西浦博教授が言うように、

> 隔離による封じ込めは難しい

ということになり、感染拡大を感染者の隔離などで食い止めることは事実上できないことになってくるようです。


香港大学公衆衛生医学部長による’今後検査を含めた適正な感染に対する防護がなければ人類の六割が感染する可能性もある’といった発言があったり、日本でも複数の感染重傷者が出ていたり、問題のクルーズ船でも検疫官を含む39人もの新たな感染者が出て日本国内で発生している患者数が200名を超えたり、二週間と考えられていた潜伏期間も24日間である可能性がわかり尚かつ潜伏期間中であっても他者に対する感染力があったりするといった悲観的な見通しや事実もあるにもかかわらず、幾つかのメディアではもう収束に向かっているといったような記事も見受けられるようですが…。


ことが感染症禍であるだけに、そこにまだ楽観的観測と悲観的観測が両方考えられるのであれば、為政者はどちらの意見により耳を貸すべきかは、明らかなのではないのでしょうか? その辺のものの考え方を直近の記事、
《悲観論が正しい武漢ウイルス危機の今後 田中宇の国際ニュース解説》 完全版などでは、とても適切に語っておられると考えられます。


ところが安倍政権下での対応はというと、


“疑い”ぬぐえぬ患者 対応苦慮 NHK NEWS WEB 千葉NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/20200206/1080009811.html
国内で新型コロナウイルスの検査対象にならなかった人から相次いで感染が確認されたことを受けて、厚生労働省は対象を拡大し、全国の自治体に通知しました。
それでも検査対象にはあたらないものの、感染の疑いがぬぐいきれない患者が受診するケースがあり、医療機関は対応に苦慮しています。


新型コロナウイルスの検査を行う対象について、厚生労働省は37度5分以上の発熱と肺炎を疑わせる呼吸器症状があり、2週間以内に武漢市を含む湖北省への渡航歴があるか、湖北省に滞在した人と濃厚接触した人まで含めるよう広げました。
こうした中、対象にはあたらないものの、感染の疑いをぬぐいきれない患者が受診して、医療機関が対応に苦慮するケースが出ています。


このうち、千葉市にある内科などの診療所では、先月29日、空港で仕事をしている男性がレントゲン検査などの結果、肺炎と診断されました。


医師は抗菌薬など通常肺炎で使われる治療薬を処方しましたが、効果はみられず、症状が悪化しました。


患者の男性は、外国人旅行客と接触する機会もあるため、医師は、新型コロナウイルスへの感染の疑いもあるとして、検査ができないか、今月3日に保健所に問い合わせましたが、国が定める検査対象にはあたらないとして、対応を断られたということです。


診療所の河内文雄医師は、「経過が通常の肺炎とは異なり、勤務環境からも新型コロナウイルスへの感染の疑いがあると判断したが、保健所は『武漢や湖北省との接点がない』との一点張りで対応してくれなかった。こうしたケースは多くあると思われ、放置していたら、今後、感染が拡大するのではないかと心配している」と話していました。


って、空港勤務されているような方ですよ。 こんなふうに未だ空気感染の可能性を前提に置いていないような対応をとっている現状はそのまま、冒頭引用にあるような、日本人の数万人とか数千万人といった最悪の結果を呼び込むような事態に陥るのではないのでしょうか。



楽観論と悲観論を両方展開して中立的な見地から今回のウイルス禍を俯瞰
《悲観論が正しい武漢ウイルス危機の今後 田中宇の国際ニュース解説》 完全版
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/333.html


引用部以外はオリジナル


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. お天道様はお見通し[431] gqiTVpO5l2yCzYKojKmSyoK1 2020年2月12日 19:24:53 : IuHwHPab9H : ZlBwWkdkQkVFSUE=[45] 報告

投稿者ですが、一番言いたかったことを書き忘れました。

このように日本でも、母数である検査数を意図的に減らしているような政策は、まんま習近平中国共産党がやってることと同じでしょう。 もはや政権末期的。
2. 2020年2月12日 20:11:47 : gxHyEFWAvc : RllyRjhMSy41WlU=[134] 報告
ウソをつくな。
習近平中国共産党はきちんと対応をしている。
見ればわかるだろ。

それで安倍晋三統一教会政権はどうなんだ?

2020年02月12日18時52分
日本政府、中国の邦人に帰国呼び掛け 全土対象「至急検討を」―新型肺炎
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020021201092&g=pol

これは今日の判断だ。
なぜこういう判断になり得るのか、低能のネトウヨなりに考えてみろ。

3. 2020年2月12日 21:50:03 : 2S73zOy6qo : Tm5JaWNYMzZTc0U=[1] 報告
>>2
2週間以内に湖北省に行ってない人は症状が出てもシカト
というチョンボルール押しつけてもこのザマ
感染者数オリンピックで銀メダル受賞おめでとうございますwwww
厨獄のこと笑ってられねえよ
しかも空気感染確定とか
成層圏に乗って今年のPM2.5はひと味違う
馬鹿丸出し
4. 佐助[7699] jbKPlQ 2020年2月12日 22:01:56 : IQjAfxQurE : SjYwWS5oY2RqcHM=[229] 報告
民間共同でやれば,クルーズ船なら,一日で検査キッドできるはずです,遺伝子どうのこうの言っているがそんなもの関係ない。

検査数を意図的に減らしているのは,感染症研究所が補助金欲しさ,民間に任せるとカネがいる,政治与党は利権のないもの,特に安倍は身内と仲間にしかばら撒かない。そのためにどうなるのか実験テストをしているにスギナイ,国民が6000万人になるまで,人殺しは続くだろう。

詐欺師は戦争待望論者で国民がコケようがどうでもよい,そのために総理のイスにしがみ付いているだけ。サイコパスだからコンプレインやクレームに満足しているのと違いますか。

もう一つ大きな隠し芸をやっている,それは世界的信用金融恐慌隠し,

新興国のバブルも弾けたし,米国の49州は財政危機の状態,日本が貢いでも貢いでも一極集中のドルは終焉を迎えます。そして複数通貨制にならないと収束しない。身を引こうとしているが,すっぽんのようにしがみ付いて離れないゴロツキもいる。

その時に降ってわいた新型コロナウイルス肺炎のドタバタ,インフルよりこれ幸いに騒いで人殺しをやろうとしているが,専用ワクチンは1年以上はかかる,じや既存のアビガンなどの量産も厚生省が足を引っ張りできない。

今も日本からは、何十百億ドル、何百兆円もの資金が、アメリカの金融資産に注ぎ込まれている。検査数やワクチンにカネを使うのなら,貢ぐのに必死。それも中国の不始末のセイにして逃げる。CO2排出と同じ構図。明らかに意図的だよ。

アメリカ経済そのものが、今、まさに奈落に落ちようとしていることを知ることだ。

5. 2020年2月13日 06:24:09 : OKiTXkgZIk : WjZVeUpUVU1yVEk=[23] 報告
安倍一味は殺人集団

患者の男性は、外国人旅行客と接触する機会もあるため、医師は、新型コロナウイルスへの感染の疑いもあるとして、検査ができないか、今月3日に保健所に問い合わせましたが、国が定める検査対象にはあたらないとして、対応を断られたということです。


診療所の河内文雄医師は、「経過が通常の肺炎とは異なり、勤務環境からも新型コロナウイルスへの感染の疑いがあると判断したが、保健所は『武漢や湖北省との接点がない』との一点張りで対応してくれなかった。こうしたケースは多くあると思われ、放置していたら、今後、感染が拡大するのではないかと心配している」と話していました。

6. 2020年2月13日 06:26:51 : OKiTXkgZIk : WjZVeUpUVU1yVEk=[24] 報告
中国人を受け入れたのが致命的だよね

それをまた隠す安倍一味は殺人集団

7. 2020年2月13日 09:09:57 : SIkrLRtqC6 : bnFNV1UzZHBKSkU=[6] 報告
>6
中国人受け入れることに、なんら問題ないと思うよ。

日本人の安倍を受け入れる事に比べても。

8. 2020年2月13日 10:48:52 : 4ZzEDohNXA : MWNCNGxpQmw0dGs=[8] 報告
もう一度、こちらの記事の真偽の程を再検討すべきだろう時を迎えています。

コロナウイルスのワクチン開発、特許取得をしていたビルゲイツ財団が、昨年10月にコロナウイルスパンデミックシミュレーション演習を実施、エイズのたんぱく質が遺伝子組換えで挿入されている?

https://note.com/sakazaki_dc/n/n7332372f6a10

9. 2020年2月13日 19:01:30 : sXVK9G4gQI : dGV0bHJvMldVWkU=[207] 報告
感染者 増やして隠せ 日本流

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK269掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK269掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK269掲示板  
次へ