★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK269 > 636.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
改憲から桜潰しまで 新型肺炎“火事場ドロボー”の有象無象(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/20/senkyo269/msg/636.html
投稿者 赤かぶ 日時 2020 年 2 月 14 日 17:30:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 




改憲から桜潰しまで 新型肺炎“火事場ドロボー”の有象無象
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/268986
2020/02/13 日刊ゲンダイ


ヘラヘラするな!(C)日刊ゲンダイ

「日本の対応は混沌として場当たり的だ」

「ロシアの専門家とも協議したが、日本の対応には大きな疑問がある」

 横浜港に停泊している大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」で新型肺炎の感染者が増えている問題で、ロシア外務省のザハロワ情報局長が日本政府の“水際作戦”をこう批判していたが、もはや船上隔離という防疫手段は限界を迎えているといっていい。とりわけ衝撃なのは、新型コロナウイルスの感染が新たに判明した感染者の中に、クルーズ船内で乗員、乗客に対する検疫作業に当たっていた男性検疫官が含まれていたことだろう。

 厚労省によると、男性検疫官は3日夜〜4日夜にクルーズ船内で作業し、乗客ら1人に接するごとに手や指を消毒していた。全身防護服を着てはいなかったものの、WHO(世界保健機関)の指針に基づき、マスクと手袋を着用していたという。検疫官という感染症の専門知識を持った職員ですら短時間の接触で感染する状況からみると、クルーズ船内で広がっている新型コロナウイルスの感染力は極めて強いと考えざるを得ない。

 外務省は12日、中国全土の在留邦人や旅行者に対して、日本への早期の一時帰国や中国への渡航延期を呼び掛け、政府もこれまで中国湖北省に限っていた入国拒否の対象地域を同浙江省の滞在者にも拡大したが、国内の感染拡大は時間の問題になってきた。

日本はクルーズ船の検疫体制が確立していない

「感染症の流入を食い止めるため、より包括的かつ機動的な水際対策を講じることが不可欠だ」

 12日の対策本部会合で、安倍首相はこう強調していたが、すでに水際対策は“崩壊”した可能性が高いとみるべきだろう。ロシア外務省だけでなく、米NYタイムズ紙も<漂流しているダイヤモンド・プリンセス号は流行が発生し、数週間封鎖されている1100万人都市の中国・武漢のミニバージョンだ>と指摘している通り、今のように新型コロナウイルスの検体検査が遅々として進まず、連日、感染者が次々と確認される状況が繰り返されれば、日本では政府自体が感染者を増やしている“張本人”ではないのか、と世界各国で受け取られかねない。

 ダイヤモンド・プリンセス号の乗員、乗客は56カ国・地域に及び、外国籍が半数超を占めている。仮に外国人の中で重症者や死者が出た場合、なぜ、すぐに検体検査をしなかったのか――と日本政府の対応を非難し、損害賠償を求める動きが出ても不思議じゃない。

 医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏はこう言う。

「イタリアでも約6000人が乗船したクルーズ船内で2人の中国人が新型肺炎の感染が疑われましたが、乗客は12時間の船上待機で下船になりました。クルーズ船の文化が根付いているイタリアでは、船内で感染症が起きた場合の検疫体制が確立しており、慣れているため短時間で対応できたのですが、日本はクルーズ船の検疫に不慣れ。それなのに『総理の決断で上陸させない』と船上隔離を決めてしまったのが間違いの始まり。

 新型肺炎は、医療知識の乏しい安倍首相が片手間で扱える問題ではない。思い付きで動くから混乱が長引く。船上隔離は船内の感染を拡大させることが海外の論文でも指摘されている。ダイヤモンド・プリンセス号も早く船上隔離をやめて乗員、乗客を解放し、病院や自宅などで経過を見るべきです」


長引くばかり…(C)共同通信社

新型肺炎から国民の生命を守り、不安解消を図る考えはまるでない

 要するに今回の水際対策は例によって安倍政権の「やっているフリ」なのだ。

 大体、ダイヤモンド・プリンセス号が停泊している横浜港を管轄し、検疫について法的にも強い権限を与えられているのは横浜検疫所長だ。ところが、その横浜検疫所長は一切、公の場に姿を見せず、発言する場もなく、安倍や加藤厚労相ばかりが前面に出てきて「あれをやる」「これを決めた」と言っているからワケが分からない。恐らく国民に向けて「政治主導」や「やっている感」を演出するのに必死なのだろうが、明らかに現場の専門家を無視した越権行為だ。

 今の安倍政権の姿勢を見ていると、新型肺炎を冷静に分析し、本気で国民の生命を守るための対策を考えているというよりも、政権維持のために利用したり、問題を矮小化したりすることしか考えていないかのようだ。

 クルーズ船の感染者が確認された時の対応だって、加藤が会見で強調していたのは、クルーズ船の感染者と国内感染者を分けてカウントすることだった。夏の東京五輪を控え、国内感染者数が増えたら対外的に「都合が悪い」と考えたのかもしれないが、感染確認が上陸前か上陸後か、なんてどうでもいい話だ。人の命よりも自分たちのメンツが大事。そんな自己中心的で身勝手な政権に、新型コロナウイルスを抑えられるはずがない。

「ダイヤモンド・プリンセス号に乗船している外国人が、海外メディアに対して日本政府の対応を厳しく批判している様子が報じられています。東京五輪のイメージを最も損なっているのは他ならぬ日本政府自身なのです」(前出の上昌広氏)

桜疑惑はアベ腐敗政治のすべての要素がある

「新型コロナウイルスの感染症対策などがある中で、こうした非生産的な、あるいは政策とは無縁のやりとりを長々と続ける気持ちは私は全くない」

 12日の衆院予算委。安倍は「桜を見る会」の前夜祭を巡る疑惑について取り上げた立憲民主党の黒岩議員に対してこう答弁。新型肺炎対策が後手後手になっているのは、桜疑惑を追及し続ける野党に原因があるかのような物言いだったが、冗談ではない。ウソとごまかしのペテン政権にマトモな政策が作れるはずがない。だからこそ、野党が「アベ腐敗政治」のすべての要素が盛り込まれた桜疑惑を問題視しているのに、新型肺炎を疑惑潰しに“悪用”しているから呆れてしまう。

 許し難いのは「火事場ドロボー」の動きだ。最たるものは「緊急事態条項」を新設するための憲法改正だ。伊吹元衆院議長が新型肺炎の拡大を「緊急事態の一つの例」として、「憲法改正の大きな一つの実験台」などとぶち上げたのが発端だが言語道断だろう。

 新型コロナウイルスによる肺炎感染の拡大が日本経済にとって「新たな景気へのリスク」と警戒感を示したIMF(国際通貨基金)が公表した年次審査報告書の提言だって、何やら日本政府の思惑を感じざるを得ない。というのも、このタイミングで<2030年までに消費税率を段階的に15%引き上げ>が明記されていたからだ。国内世論の反発を封じ込めるために外圧を利用するのは安倍政権の常套手段。IMFはこれまでも日本の消費増税について提言してきただけに、怪しい狙いが透けて見えるのだ。

 安倍は予算委で「正確な情報を発信し、国民の理解を促進していく」ともっともらしく答弁していたが、自民党内やネット上で散見される「中国叩き」の声をスルーしながら、よくぞ言えたものだ。立正大名誉教授の金子勝氏(憲法)はこう言う。

「安倍政権は憲法改正の口実に利用できるものであれば、何でも使おうとしている。新型コロナウイルス問題ではそういう姿勢が露骨に表れていると思います。国民の生命や財産を守る、不安解消を図る――など、まるで頭にないのでしょう。今のように新型肺炎が注目を集め、国民の危機感が高まるほど都合がいい。そんなふうに考えているように見えます」

 新型コロナウイルスの猛威拡大は、こうした邪な思惑を持った悪辣政権に対する天罰かもしれない。





 


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[57685] kNSCqYLU 2020年2月14日 17:32:11 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8973] 報告

2. 赤かぶ[57686] kNSCqYLU 2020年2月14日 17:34:00 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8974] 報告

3. 赤かぶ[57687] kNSCqYLU 2020年2月14日 17:34:47 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8975] 報告

4. 赤かぶ[57688] kNSCqYLU 2020年2月14日 17:38:55 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8976] 報告

5. 赤かぶ[57689] kNSCqYLU 2020年2月14日 17:43:26 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8977] 報告

クルーズ船の日本政府対応 海外で非難の声も
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55529630S0A210C2CC1000/
2020/2/12 19:30 日経新聞

横浜港で検疫中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」を巡る日本政府の対応について、ロシア外務省のザハロワ情報局長は「専門家とも話したが日本の対応は混沌としており、体系立ったものではない」と批判した。ロシアのラジオ番組での発言としてタス通信が11日に報じた。

タス通信によると、ザハロワ情報局長は「これまでの対応には多くの答えられていない疑問が残っている」と非難した。

米CNNテレビは、船内にいる米国人の新婚夫婦を取り上げ、取材に応じた女性は「私たちは感染が確認された船内ではなく、安全で衛生的な環境で検疫されるべきだ」とコメントした。豪紙シドニー・モーニング・ヘラルド(電子版)も乗船者のコメントとして「船内にいる人にとってはとてもストレスのたまる環境だ」と紹介した。


6. 赤かぶ[57691] kNSCqYLU 2020年2月14日 17:54:34 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8979] 報告

広がる船内感染「日本の対応はカオス」 下船へ政府転換
https://www.asahi.com/articles/ASN2F7QP6N2FULBJ01Q.html
2020年2月14日 0時36分 朝日新聞


ダイヤモンド・プリンセス号 乗客の内訳

 新型コロナウイルスの集団感染が起きている、大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号。厚生労働省は13日、船内にとどまっている80歳以上の一部の高齢者を、下船できるようにすることにした。政府の方針が変わる間に感染者が増え、乗客だけでなく、海外からも対応を批判する声が上がっている。

 「長期間滞在する中で持病を悪化させ、健康を害するおそれのある方もいる」。加藤勝信厚労相は13日、一部の高齢者らを下船させる判断に踏み切った理由を説明した。

 もともと乗客には高齢者が多く、持病がある人も少なくない。持病の薬がきれて、手元にないなど船内での不安が高まっていた。高齢者らの下船の検討もされたが、ウイルス検査の態勢や、検査で感染がわかった人の搬送先や下船した人の宿泊先の確保のメドが立たず、船内に留め置かざるを得ない状況が続いていた。

 こうした中、これまで1日300人分程度だったウイルス検査の態勢も、民間企業や大学などの協力で、1日1千人分を目指して増強している。搬送や下船後の滞在先のメドが立ったことなどから、今回の発表に至った。

 世界保健機関(WHO)で感染症対応の専門官を務めた中島一敏・大東文化大教授(感染症学)は、検疫の際の大前提は「船内で新たな感染を起こさないこと」と「乗客らの健康状態を精神的な面も含めて守ること」だと指摘。この前提が崩れている可能性があるならば、下船するという判断はあり得るとし、「船に残る人がいる。前提が守れるよう改善を重ねていかねばならない」と強調する。

 日本環境感染学会の医師らでつくる災害時感染制御支援チームの桜井滋・岩手医科大教授は13日、横浜市内のセミナーで講演した。船内の感染拡大について「船の中で感染症が発生しても、把握するのは難しい。多く設置されている手すりを介してウイルスが広まった可能性がある」などと話した。

外国メディア「感染拡大の震源地となる恐れ」

 現状への懸念は海外に広がっている。世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長は12日、感染者がいる恐れがあることを理由にクルーズ船の入港や乗客の下船が拒まれていることについて「根拠に基づいたリスク評価がない」として改善を求めた。

 テドロス氏は、船舶の自由な入港や上陸などの原則を定めた、国際保健規則を順守するよう各国に訴えた。同規則は感染症を防止する国際取り決めで、船舶の入港などで各国が独自の措置をとる場合は、「ほかの合理的な措置に比べ、国際交通を制限したり人の妨げとなったりしないこと」などの条件を課している。

 テドロス氏は特定の国を名指しはしなかったものの、日本やタイが入国を拒んだウエステルダム号について「この船には感染が疑われる乗客はいなかったと聞いている」と述べて、拒否は不当だったとの考えをにじませた。受け入れを決めたカンボジア政府に対しては「首相(の決断)をたたえたい。我々が求めていた国際的連帯の典型例だ」と賛辞を惜しまなかった。

 ダイヤモンド・プリンセス号には多くの外国人の乗員・乗客も下船できずにとどまっている。米ニューヨーク・タイムズは11日、日本政府の対応を、専門家の発言を引用して「公衆衛生の危機対応で『こうすべきでない』という教科書のような対応」と表現。乗客全員を対象とした検査を行わないことや限定的な情報開示が、乗客の不安を増幅していると指摘した。

 米ABCテレビは13日、隔離された船内で感染者が増え続けていることに触れ、大型船という閉鎖環境では感染拡大は防止できないとし「(横浜港が)第二の感染拡大の震源地となる恐れがある」という専門家の意見を紹介している。

 ロシア外務省のザハロワ報道官は10日、ロシアのラジオ番組で「日本の対応はカオス(混沌(こんとん))で場当たり的だ」と批判した。今回の問題についてロシアメディアの関心は高く、国営テレビは連日、横浜港から中継でリポートしたり、ロシア人乗客が撮影した船内の様子などを放送したりしている。「日本政府は検疫への備えが不十分で、問題は雪だるま式に膨らんでいる」などと批判的に伝えている。(ジュネーブ=疋田多揚、モスクワ=石橋亮介)

感染者218人、重症者10人に

 厚労省によると、下船の対象は約200人いる80歳以上の乗客のうち、窓がないか開閉できない部屋にいる人と持病がある人、その同室者。検査結果が陰性で希望すれば14日以降、政府が用意する宿泊施設に滞在できる。陽性なら医療機関に入院となる。

 宿泊施設での待機期間は現時点では決まっていない。厚労省は下船の対象を80歳未満の人にも広げることを検討している。

 クルーズ船の乗客乗員への政府の対応は二転三転してきた。横浜港に到着し、異例の再検疫を始めた3日夜の段階では症状がない人は検査をせず、下船させるはずだった。ところが、到着時に発熱などの症状のある人らの検査結果が5日に判明し、10人の感染が明らかになると対応は一変。

 感染拡大を防ぐための「検疫が続いている」として、船内に14日間留め置く措置をとった。19日まで乗客らが船室で過ごせば感染拡大は防げるとみていたが、感染者は増え続けた。持病が悪化して救急搬送される人も出てきたことから、今回の方針を決めた。

 13日に新たに感染が確認されたのは乗客43人、乗員1人で、うち29人が日本人。これまで医療機関に搬送された人のうち、重症者は10人で、8人の感染が確認されている。感染者は計218人に上った。

 政府は13日、新型コロナウイルスによる感染症について感染症法と検疫法の政令改正を閣議決定した。14日に施行される。検査で陽性となった人は無症状でも強制的に入院させられるようになるほか、感染の疑いがある人などが入国しようとした場合、医療機関に隔離できるようになる。

7. 赤かぶ[57692] kNSCqYLU 2020年2月14日 17:55:27 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8980] 報告

8. 赤かぶ[57693] kNSCqYLU 2020年2月14日 17:55:59 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8981] 報告

9. 赤かぶ[57694] kNSCqYLU 2020年2月14日 17:56:33 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8982] 報告

10. 赤かぶ[57695] kNSCqYLU 2020年2月14日 17:57:20 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8983] 報告

11. 赤かぶ[57700] kNSCqYLU 2020年2月14日 18:20:02 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8988] 報告

12. 赤かぶ[57701] kNSCqYLU 2020年2月14日 18:20:55 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8989] 報告

13. 赤かぶ[57702] kNSCqYLU 2020年2月14日 18:21:36 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8990] 報告

14. 赤かぶ[57703] kNSCqYLU 2020年2月14日 18:22:06 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8991] 報告

15. 赤かぶ[57704] kNSCqYLU 2020年2月14日 18:23:36 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8992] 報告

16. 赤かぶ[57705] kNSCqYLU 2020年2月14日 18:25:36 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[8993] 報告

17. 2020年2月14日 19:02:22 : iN2TYSvFxM : MDlGUEhhdkN1NlU=[18] 報告
小池百合子も何気に顔を出して選挙向けアピール必死だよ。
18. 2020年2月14日 19:09:58 : niyy4hTwUA : OHU1UGRCUHhtN0k=[1325] 報告
新型コロナウィルス蔓延地からの帰国者は隔離せず、クルーズ船旅行者は隔離。
この対応、馬鹿過ぎない?

厚生労働大臣、仕事しろ。
(お前まだ仕事全然してないだろ)

19. 2020年2月14日 19:10:58 : 360WPeXWTz : b2ZVeVRCS3RDU0k=[4] 報告
何でもかんでも好きにするがいい
どうせこの先は見えた
したい放題しても狂い死の末路が待っている
20. 赤かぶ[57725] kNSCqYLU 2020年2月14日 19:31:20 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[9013] 報告

21. 2020年2月14日 19:41:56 : seOThkv8qk : ZHRuRVdzQ2JSanM=[1] 報告
>> 総理の決断

あっ、こりゃ最悪だ。

アベの判断だぞ!!!

サイコロでも振って決めた方がまだマシ。

22. 2020年2月14日 20:29:37 : Tf3FhEYfBg : eEpzazBka2xMWWc=[5] 報告
visa緩和したのも安倍さん
だけどこういった様々な外国人が来て、なんら対策してなければそりゃパンデミックは必至
金さえ落とせば日本に来る方の命などどうでも良い
国民の命も同様
支持者にやられる前に対策が必要だろう
あ、緊急事態条項なんて子どものわがままは通用しないよ
23. 命を大切に思う者[1116] lr2C8JHlkNiCyY52gqSO0g 2020年2月14日 20:29:41 : XSV3HZTobI : VmppZ25ZU3ZxVVU=[21] 報告
クルーズ船の中で、人と人の間を完全に隔離できているのなら「対策」と呼べるだろうけど、
日本政府のやってることは、全員をほとんど密集させて、
「一人でも感染してたら、全員、運命共同体として死ね!」という、運命共同体になることを強要する政策です。
これは伝染病対策ではないね。命を犠牲にさせる政策。見捨てる政策です。船の中でも隔離しないと意味無いだろう!
自分達が権力の座に居座り続けることしか考えてないから、当然「命を犠牲にさせる」「見捨てる」ことしか考えない。 
24. 2020年2月14日 21:37:28 : 5OBORd4whA : bVZ1bmU2NXBNcUU=[21] 報告
走らせる 火事場泥棒 隙突いて
25. 2020年2月15日 01:53:17 : HV5aPXs0oM : d0kuYkFqWlo2emM=[120] 報告
安倍は加藤を、子供のいない安倍家の後継にしたいそうな。

加藤も仕事できないね〜馬鹿・アホ一味ですね〜

馬鹿には馬鹿が集ます、、、そうですね。

御両人、コロナウイルスで多臓器機能不全で、あの世に行ってもらいましょう。

これが日本の為に良いでしょう。

それにしても安倍晋三居座り続けるな〜オイ、自民党、安倍に引導渡す気はないのか?いい加減にせい!二階。

26. 2020年2月15日 19:23:11 : WHUpFCyvfg : NnJsWllrTGNhU3c=[6] 報告
旧日本軍の失敗の本質と全く同じ。

馬鹿で嘘を平気でつくような「ゲス」が国家の指揮を執り、取り巻きも同様なクズど

もが追従するとこうなるという良い見本。収束どころか、蔓延するばかり。

最低国家を世界にさらしただけ。

こいつらに言わせれば、選挙で選んでくれたのはお前たちだろう、と。

選ぶ、選ばれる、お互いアホは死んでも治らない。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK269掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK269掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK269掲示板  
次へ