★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK272 > 615.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
新型コロナが計画されていたこれだけの証拠(上) 高橋清隆の文書館
http://www.asyura2.com/20/senkyo272/msg/615.html
投稿者 ますらお 日時 2020 年 5 月 19 日 23:14:36: tlXAsMLYVhTKo gtyCt4Lngqg
 

元記事http://blog.livedoor.jp/donnjinngannbohnn/archives/2030683.html
http:/


 新型コロナ騒ぎは、人類奴隷化のためのやらせである。都市封鎖解除の後は、ナノチップ入りワクチン接種や、人々を引き離しておくための監視カメラ、顔認証による街頭での個人特定、マイナンバーカードを経由した現金給付による餌付けなど、「新しい生活様式」が待っている。


@

 アンドリュー・カウフマン医師は、新型コロナウイルス(COVID-19)は存在しないと主張している。同ウイルスは他の遺伝物質と分離できないからだ。PCR検査の偽陽性率は80%に上るとも指摘する。同検査を拡大するのはWHO(世界保健機関)の指示に沿って「コロナ」感染・死亡者を増やすため。米ミネソタ州議員のスコット・ジェンセン医師によれば、同国で新型コロナと診断すると、病院は1万3000ドル(約138.5万円)を受け取れる。


 にもかかわらず、「もっとPCR検査を」「80%でなく、1カ月の完全隔離を」など主張する人が多い。野党議員やその支持者、日頃から政権批判に熱心な識者ほど、その傾向が強いように感じる。行政やNHKが出す基礎情報の内容が「コロナの致死率が高い」「人同士の接触を断つことが一番の対策」「PCR検査できる場所は限られている」など、共通しているからだろう。


 今回は、新型コロナ禍の計画性を指摘することで、この騒動がやらせであることをご承知いただきたい。挙げる資料は実在する文書だから、大本営発表を疑わなかった方にも、説得力を与えるはずである。


 引用する記事はいずれもウェブニュース、『自由新聞』(“The Freedom Articles”)に掲載されたものである。


 同紙2020年4月28日付「コロナウイルスのために計画・用意された9つのシミュレーションと演習、法律」と題する記事は、2019年10月18日に米ニューヨークで開かれた「イベント201」に至るまで9つのシミュレーションや演習などが行われていたことを説明する。


 同記事によれば、準備は約20年前にさかのぼる。「この社会基盤は、20年以上にわたってはっきりと段取られてきた。“コロナウイルス作戦”が実行に移されたとき、全ての部分は人々をだまして奴隷にし、喜んでワクチン接収を受け入れるかそれを請う場所に彼らを連行するのを確実にするためである」。


 最初のものは2001年6月。「暗い冬」と題された作戦で、「NW0(新世界秩序)の支配階級と米国政府」が「生物戦争である炭疽(たんそ)菌攻撃をシミュレーションした」。同様の炭疽菌攻撃は実際、同年9月の同時多発テロ事件後に起きている。


 この作戦には、「イベント201」と同じく、ジョンズ・ホプキンス大学が関わっている。同大のホームページによれば、この作戦は「米国市民に対する隠密の天然痘攻撃を想定した架空のシナリオを描いている」。「このシナリオは2週間にわたって開かれた3回のNSC(国家安全保障会議)会合で設定された。この演習はワシントンDCのアンドルーズ空軍基地で開かれた」と説明している。


 ウェブニュース『最後の米国の放浪者』のホイットニー・ウェッブ記者は、記事で次の指摘をする。


 「“イベント201”と“深紅の感染(Crimson Contagion)”の両方の主要指導者は、米国の情報機関と国防総省との間に長年にわたる深いつながりがあるだけではなく、2001年6月の同じ“暗い冬”演習にも以前から関わっていた。これらの同じ人物の一部は、その後の炭疽菌攻撃に対するFBI(米連邦捜査局)の“手抜き”捜査にも関与し、現在新型コロナ機器に対する米国政府の対応の主要な側面を扱っている。これら人物の1人、ロバート・カドレックは米国人に新型コロナに不要に感染させた行動に対し、現在直接の責任を負う事実があるにもかかわらず最近、米国保健社会福祉省(HHS)の新型コロナ対応全般を担当している」


 「深紅の感染」とは、2019年8月に行われた米国政府が運営する演習で、正式名称は「深紅の感染2019機能演習」。同年10月に実施された「イベント201」ほど知られていないが、中国で発生してシカゴに上陸し、1億1000万人の米国人に感染したウイルスを予言的にシミュレーションした。「シミュレーション」の結論は、連邦政府がウイルスと効果的に闘うための資金や調整、資源を欠いていたというもので、感染爆発への準備としてさらに多くの支出を正当化する内容になっている。


 「イベント201」は皆さんご存じ2019年10月18日、米ニューヨークでジョンズ・ホプキンス大学健康安全保障センターが世界経済フォーラム(ダボス会議)、ビル&メリンダ・ゲイツ財団とともに開催した、世界的感染爆発のバーチャル演習。ブラジルで発生したコロナウイルスの流行が、米国に上陸するとの想定だ。参加者には、米CDCと中国のCDC、ジョンソン&ジョンソンのような大手製薬企業なども含まれる。


 コロナウイルスの流行を想定したことが明記されているだけで、今回のコロナがやらせであることは確定だろう。にもかかわらず、「イベント201」の公式ホームページのトップページには、「新型コロナとわれわれの感染爆発演習に関する声明」と題するジョンズ・ホプキンス大学の文書へのリンクを張っている。


 「最近、保健安全保障センターは感染爆発の演習は現在の新型コロナの中国での発生を予言したものかどうかについての質問を受け取ってきた。はっきりしておくが、同センターと協力者は机上演習の間、予言はしていない。このシナリオに関し、われわれは架空のコロナウイルスの感染爆発をモデルにしたが、予言ではないと明言している。……われわれの机上の演習は偽の新型コロナウイルスを含むが、その架空のウイルスの潜在的影響を具現化するのに使った素材は、現在の新型コロナ(COVID-19)と同じではない」


 明確な論拠を示さずに、否定を重ねている。『自由新聞』は「もちろん、これまたただの偶然である」と皮肉っている。同記事には、「ゲイツは感染爆発の間、MSMのプラットホームを使い、都市封鎖後に人々が再度渡航するのに必要となる強制ワクチン接種や “電子証明書”または“免疫パスポート”の可能性を説いて目立った」とある。


 事実、「イベント201」は「感染爆発への備えと対応のための官民協力」と題する文書で、7項目の「行動への呼び掛け」を示している。すなわち疫病の大流行に対処するためWHOの定めるワクチン供給量を各国が確保することや、都市封鎖による経済的打撃を緩和する資金を世界銀行や国際通貨基金(IMF)などを通じて調達することをうたう。


 記事を書くものとして個人的に気になったのは、7番目に情報統制についての記述があること。「政府と民間部門は、次の感染爆発への対応に先立ち、誤報・偽情報を撃墜する方法を開発することに最大の優先順位を割り当てる必要がある」と題し、各国政府が伝統的メディアおよびソーシャルメディア企業と協力して偽情報に対抗する機敏なアプローチを調査・開発する必要性を訴える。そして、次のように結ぶ。


 「国の公衆衛生当局はWHOと緊密に協力し、一貫した保健告知を迅速に開発および運用する能力を創造するする必要がある。これら部門にとって、メディア企業は権威筋の情報を優先し、科学技術を使っても偽情報を抑圧することを確実にする必要がある」


 まさに、テレビやネット上で起きていることはないか。テレビはジョンズ・ホプキンス大学発表の感染者・死者数を垂れ流し、WHO仕込みの「三密」を連呼する。PCR検査の有効性に疑問を持つ医療従事者のインタビューを編集し、真逆な主張にする。一方、ネット上でコロナウイルスの存在やPCR検査に疑問を投げ掛ける動画や記事は削除され、これらを紹介したブログは検索に引っ掛かりにくい。


 ユーチューブやフェイスブックには、情報が現れる前に「WHOや保健当局の発表を参照ください」などの警告が立ちはだかる。私自身、政府発表やマスコミ報道と違う見解の記事原稿は「独立系」ニュースサイトも掲載してくれなくなった。自分のブログに載せると、アクセスが倍増したのに順位が下がった。同記事をツイートすると、リツイートしてくれた人がいたのに表示は「0」のまま。「次の感染爆発への対応に先立ち」準備されていることを痛感する。(つづく)


■関連記事




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2020年5月20日 00:04:07 : niyy4hTwUA : OHU1UGRCUHhtN0k=[2336] 報告
今なお症状に苦しんでいる人に、飼う不満とかいう人の説を聞かせてやってよ。
たぶん、ブチ切れるよ。
2. AN[1015] gmCCbQ 2020年5月20日 00:50:46 : g3Fm57P8U2 : RE1yaUVzNTh0bjY=[174] 報告
板違い
3. 2020年5月20日 01:20:09 : ATjTyCYFps : Mk4wUE1zVkdqeHM=[214] 報告
>>2
なるほど、こういう書き込みがあるという事は、このスレッドは正しい事を書いてるんだねw
なんてわかりやすいことだwww
4. しんのすけ99[211] grWC8YLMgreCr4JYglg 2020年5月20日 03:30:25 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[1104] 報告
妄想狂
5. 空虚[3563] i_OLlQ 2020年5月20日 05:39:09 : ENeWnPFnfk : dVZNM3hhTHpxNkk=[1] 報告
 N・W・O は継続的に進行中だ すべてのメディアは検閲されている

【 執拗に陰謀論の印象操作をするものは 全体主義独裁のカルト信者だわ 】

こと経済に関してはNew common senseが世界で動き出している この記事の概要は5年程前には所謂陰謀論者は普通に語っていたw 遅れた情報だ さらに遅れたヤカラが必死になって噛みついとるのもおもしろい >>3殿 そういうことだよ 貴殿は正しいw

6. 2020年5月20日 05:56:48 : lhqE7rhX9s : WE9HbnQzME5Pei4=[5] 報告
>>4
狂っているのはお前の方だろ
この「真相の道」wwww
7. 2020年5月20日 06:28:07 : v4za1ouWgw : ejVaZm5KMWZUZ3M=[3] 報告
  妄想と一言で片づけられるべき類の話ではない。

 時系列で事実を積み上げていけば良い。

 ヒエラルキー世界の中では経済奴隷のコントロールを可能にする。

 コロナ騒動には多くの疑問が付きまとう。

 人口ウィルスである事は間違いなさそうだ。これが成功すれば、第二、第三のコロナ新種騒動が巻き起こされるであろう。

 因みに、日本国内に於いて「肺炎」の死亡者数は1日300人、コロナの死者数は一桁だ。尚、「肺炎」の死亡者数はコロナ騒動発生以前の2016年時のものである。

 これを、どう見るか?  頭の体操は止め、事実に向き合う必要がある。

 

8. 2020年5月20日 06:42:28 : EO7BzZFUDQ : NUNMSUFJLkJRWE0=[374] 報告
陰謀論になると
最近 トランプが怪しい
と 思うようになった
真犯人はとかく他人の所為にする
アメリカ国民には
良識を期待したものだ
9. shue777[759] gpOCiIKVgoWCVoJWglY 2020年5月20日 06:57:18 : boZPZ49zyI : c2JKeTNjUlByV2s=[1] 報告
実体が見えないという印象は誰にもあるでしょうね、
9.11の時の印象と似ていて、そして私の直感も
存在しないのではと当初から囁いていた。
ま〜これも時間経過とともに露になるでしょう。
10. 2020年5月20日 06:58:16 : lhqE7rhX9s : WE9HbnQzME5Pei4=[9] 報告
>>7
知れたこと
コロナの犠牲になった人を普通の肺炎その他の病名にすり替えているだけ
「もしばっくれているなら謎の肺炎の死者が多数出ているはずだ」
と顔真っ赤ににして否定しまくっている下僕野郎がいるが
正解ご名答wwwwww
もろ「謎の肺炎」赤丸急上昇じゃんwwww
その他
多臓器不全・心筋梗塞・心不全・がん・老衰
これらの死因すべて「コロナ」と疑った方が良い
ちなみに陽性率云々はともかくとして致死率平均4.4%は決して低い数字じゃ無いよ
(北海道は致死率7%にもなる)
11. 2020年5月20日 07:02:18 : lhqE7rhX9s : WE9HbnQzME5Pei4=[10] 報告
高齢者のみの病気という嘘も
先週、20代のお相撲さんがお亡くなりになったということで
もろくも崩れ去った
夏の暖かい間できるだけ免疫力を高めておかないと
この次の冬になってやってくる本番は半端ではない
12. 2020年5月20日 07:11:47 : lhqE7rhX9s : WE9HbnQzME5Pei4=[11] 報告
もひとつ
コロナは何も昨年暮れ突然始まったものではない
もう5年ほど前から始まっていたが
平成最後の冬前後から急に激化していたという説もある
あとインフルの死者云々も全くのデタラメ
アメリカを見て見ろ
コロナの前兆としてインフルの流行があったではないか
というより両者ほぼ同じ物と見て良い

食中毒・破傷風・ノロ・狂犬病・エキノコックス・狂牛病・鳥インフル
コロナという特定の病原菌と考えるのではなく
症候群と考えた方がよいのではないか
エイズという病気ではなくてエイズウイルスによって免疫力を破壊されて発生する
疾病全般を指していると同じように
ちなみにエイズも何も共存なんか出来ていない
じわじわと感染者数は増え続けている
その「積み重ね」がこのコロナ禍に繋がったのではないか
13. 2020年5月20日 07:18:58 : s7rvrrPh6w : SW9MZEhsMkg1aUE=[2] 報告

 なるほど、ふに落ちました。

 良く効くアビガンには「アビガンの効能がない」 と言って、ガラクタでオモチャ以下の「抗体検査キット」を押し付ける。厚生省の専門家の狙いがよくわかる投稿ですね。我が国の専門家の信用は政治家以下ですね。

14. LESS[1] gmuCZIJygnI 2020年5月20日 07:55:01 : LRBapmGbeo :TOR Vk5BQ1I0cnBTSGc=[1] 報告
タグ(Google翻訳)
ケムトレイル 黒い軍事作戦 人間の生息地 社会工学 イスラエルの核開発計画 の一つの世界宗教 ディープ国家 のプロパガンダ ナチスの南極 R2P 検閲パージ IRS のGoogle 質量銃撃 ロックフェラー WW3 影の政府 の北朝鮮 イスラム教 グリーン・ニューディール ISIS オイルマネー psyopsの ワクチン詐欺 合成の議題の 人工地球温暖化のデマ 気象コントロール シリア ハイジャックされた環境運動 ヨウ素 危機俳優 陰謀事実 SSP コモンロー管轄権 NSA ユニット8200 ピボットアジア ビルダーバーググループ 外交問題評議会 MKUltra オメガ6:3比率 ET内部告発者 権力 政治的正しさの 中央集権イスラエル ミクロ ビオームモサド 自己認識AI サタニズム アンチエイジングは すべて偽の フッ化物 NGO フリーメーソンの神 利己的な元帳 UFO マインドコントロールの 微量栄養素 カリフォルニア山火事 ジハード EMF 自然の癌が治癒する DNA修復 発がん性 旅行に右 分割統治を 重金属デトックス ガンコントロールアジェンダ 9/11 酸化ストレス スマートグリッド US- UK- イスラエル軸予測プログラミング トランスヒューマニズム DUMB グリホサート ウォルフォウィッツドクトリン QAnonデマ エイリアンアジェンダ 不可侵の権利 V2K ガン治療 プーチン グローバル炭素税 ワクチン-自閉症リンク 大麻油 HAARP Facebook 人口減少 ex-諜報機関 はテロに対するCIAの政治当局のカトリック教会の黒魔術 偽造戦争 ロシアのサンディフックが統治されたMJ-12の同意 米国の干渉 イスラム過激派のテロの 生物兵器 セサミクレジット Russophobia スンニ派、シーア派対 クリントン のIoT ブッシュ犯罪家族 イラン 偽旗式 シオニズム 偽の二分法の 奴隷 アーコン・ 偽は左右のパラダイムを ロスチャイルドの 非課税の基礎を イスラム恐怖症 PNAC JFKの 人身売買子 5G イルミナティ ダブルスピーク 偽のニュース 西洋医学の 認知を不協和音 NWO はすべて の真実後の世界 文化マルクス主義 小児性愛 者内部告発者に質問します 慢性疾患 偽権威

自由に託けた陰謀論サイトだね。大きな政府批判とか
地球温暖化デマに親和性が高い所を鑑みるに
日本で例えたら「統一教会系の右派」という立場か。
http://web.feeddigest.com/freedom-articles.toolsforfreedom.com
http://channels.feeddigest.com/domain?d=freedom-articles.toolsforfreedom.com
https://thefreedomarticles.com/

15. LESS[2] gmuCZIJygnI 2020年5月20日 08:18:07 : 5pxlM1CShg :TOR NXJMYUZ2NzNJLnc=[43] 報告
https://thefreedomarticles.com/

上記サイトのトップページで表示された広告一覧
サバイバル関係
https://www.dayonegear.com/
https://www.livefiregear.com/
https://www.survivalfrog.com/
https://goinggear.com/

ガーデニング関係
https://gardentowerproject.com/

バッテリー関係
http://www.greenbatteries.com/

明晰夢キット
https://www.lucid-dreaming-kit.com/

自己暗示キット
https://www.self-suggestion.com/

16. LESS[3] gmuCZIJygnI 2020年5月20日 08:26:13 : 5pxlM1CShg :TOR NXJMYUZ2NzNJLnc=[44] 報告
>>10
お前が何をどう思おうがお前は生きてるだろ?はい論破。
陰謀論連中は本来なら目障りな連中、
殺されていてもおかしくないが
此処に呑気に書き込んでいる人間が多数、
もうそれだけで陰謀論は破綻している。

お前は明日も生きるし明後日も生きるし
95%以上は1年後も生きる。これ以上の「証明」はない。

>>2 >>4
良識派コテさんどうも。確かに板違い。

17. 2020年5月20日 09:13:06 : NNHQF4oi2I : WXhzeVFYNXV5aGc=[312] 報告
<< 共同通信記事 新型コロナ感染症の治療薬候補アビガンを巡り、国の承認審査にデータを活用できると期待された臨床研究で、明確な有効性が示されていないことが19日、分かった。複数の関係者が共同通信に明らかにした。感染した著名人がアビガンの投与後に回復したと公表し、首相は「5月中の承認を目指す」とするが、現時点で薬として十分な科学的根拠が得られていない状況だ。

コロナ「根絶できない」可能性も WHO


 アビガンは催奇形性の問題などがあり、専門家からは「効果や安全性を十分確認せずに進むのは納得できない」「月内の承認方針は前のめりだ」との声が出ている。

この記事も アビガン使わせない洗脳記事
催奇形性の問題は 関係者だけ使わなければ良いだけ 高齢者は関係無い
厚労省は火事場の作成者
安全性は他に全く問題無し
どんな薬でも 飲みながらセックスしたら 催奇形性は あって当たり前
厚労省は 馬鹿か 意図的にコロナ火事を利用したい目的あり
霞ヶ関は 国家では無く 犯罪組織
アビガンはすでに実績済み
アビガンは認可するのが当たり前 気になるなら同意書だけ用意しろ
手術でも同意書は必要だ 馬鹿な記事書いている 共同通信

18. 2020年5月20日 09:41:22 : i7bUeWDO5o : dHBiT2oyU21NOEk=[565] 報告
一体、どこの妄想患者だよ。
事象の証拠そのものでデマを言い張るのはネトウヨの特徴だ。
何か一つでも「証拠」を出してみ。

陰謀を隠すには陰謀論に限るが、さすがにこういう事では楽しい陰謀論を述べている場合ではない。

アメリカや日本はこれを「タチの悪い風邪」で済ませる予定だった。
↑これこそが陰謀だ。

すると中国が「新型コロナウイルスによる肺炎」であると発表し、一都市を封鎖して世界的なパニックの引き金を引いた。

日本では新型コロナの感染を確定するPCR検査を怖れて検査妨害を続けており、検査を避けられなくなったら今度はPCR検査は偽陽性率80%!だからやっても仕方ない、と言い出し、しまいには実は新型コロナウイルスなんて存在しないんだよ!とか寝言を言い出す白痴ぶりはどうにかならんのか?

日本はまだ何もできてないよな。
カネもまだ配れていない。
馬鹿のマスクすらまだ配れない。
世界最低レベルだ。
先進国では絶対に無い。

19. 2020年5月20日 13:46:13 : trY2KTQMKc : cmpyWE9CQjFISWs=[13] 報告
投稿者が参考情報にあげているデイヴィッドアイク氏をみて下記の投稿を思い出したので、その記事を紹介しておきます。陰謀論というものが時に真実を言い当てる側面がありながら、以下のような荒唐無稽にまでひろがってしてしまうことで その説得力を自ら放擲してしまう。今般のコロナ騒動もまずは科学的な議論を突き詰めるべきが先であろう:
.....以下転載
%%%%%爬虫類人(レプティリアン)説と白人優越主義への拝跪
http://www.asyura2.com/07/cult5/msg/394.html
太田竜氏は自らのブログ「太田竜の時事寸評」の5月12日付(2008年)で以下のように書いている:
http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi
引用始め=====
平成二十年(二〇〇八年)五月十二日(月)(第二千四百十八回)
アイクは、一九八九年、英国みどりの党の代表として、英国の「スカイテレビ」に出演した時の奇怪な体験を想起した。
○彼は、テレビ局のメーキャップ室に案内された。するとそこに、英国のもと首相ヒースが居たと。
○ところが、そのときのこのヒースもと首相の目は、「まっくろ」だったと言う。
○そしてヒースの挙動は、きわめて奇妙であったと。
○ヒースの奇怪な挙動については、アイクは「大いなる秘密」(一九九八年)の中で記述して居る。
○一九八〇年代からこの「暗黒の目」をした不思議な人間の目撃証人と、その目撃証言が登場した。
○そして、アイクは、今週、この件の証言の記事を目にしたと言う。
○その種の人間の言動は、人類の現在の公式物理学の枠内では、まったく説明出来ない、と。
引用終わり=====
早速、幾つかのHPでヒース首相の写真を探してみた。
http://en.wikipedia.org/wiki/Edward_Heath
http://www.number10.gov.uk/output/Page128.asp
目はどちらも、どう見ても人間の目である。テレビ番組「笑点」の人気落語家、三遊亭楽太郎氏は出演仲間から「腹黒い奴」とからかわれている。英国では「黒い目」にそうした意味をこめるのだろうか?手元の辞書にはそうしたことは書かれていない。そこで近所の図書館で太田竜氏が言うところの本を探してみた。
「大いなる秘密(下)―世界超黒幕(The Biggest Decret)」David Icke,大田竜監訳、三交社、2007年, PP574.
http://www.sanko-sha.com/sankosha/editorial/books/items/145-0_146-9.html
である。残念ながら上巻は貸し出しされていた(我が町内にも同好の士がいるらしい)。この本を絶賛する船井幸雄氏のブログに目次立てがあるので上巻の内容が推測できる:
http://www.funaiyukio.com/funa_ima/index.asp?dno=200610008
【上巻】
序章:決断すべき黎明の秋(とき)――霊的に覚醒し、「家畜人」「奴隷人間」からの脱却を!
第1章:やって来た火星人――異星人(エイリアン)の遺伝子操作で人類は創造されたのか!?
第2章:驚愕の目撃例――「その爬虫類人のことを口にするな!」
第3章:地球を蹂躙する異星人(エイリアン)――バビロニアン・ブラザーフッドは歴史にどんな罠を仕掛けたのか?
第4章:神の子なる悪の太陽神たち――秘教の象徴体系を狡猾に操作、人類を精神地獄に
第5章:血の十字架を掲げた征服――「善男善女」の多次元宇宙意識への秘儀参入は断じて許さない!
第6章:浸潤する「黒い貴族」――フェニキア、ヴェネチアそして「英国(ブリタニア)を完全に支配せよ!」
第7章:跳梁席巻する太陽の騎士団――象徴、儀式、エナジー・グリッド、黒魔術で眩惑する
第8章:一つの顔、さまざまな魔の仮面――宗教と科学を韜晦(とうかい)、「レプティリアン・アジェンダ」は必ず実現させる!
第9章:呪われた自由の大地――コロンブス以前から、ブラザーフッドはアメリカを凌辱してきた
第10章:無から捏造した金(マネー)――「慈悲深き聖都の騎士団」末裔(ロスチャイルドら)の無慈悲な錬金妖術を剔抉(てっけつ)する
第11章:眩(あや)しのグローバル・バビロン――英米ブラザーフッド・エリートは両大戦で世界全支配(グローバル・マニピュレーション)を完遂へ!
第12章:逆光するブラック・サン――鉤十字(ナチス)の世界支配計画は、今やグローバルに堂々遂行されている!
【下巻】
第1章:爬虫類人(レプティリアン)の冷酷な位階網(ピラミッド・ネットワーク)――RIIA、CFR、TC、ビルダーバーググループ、ローマクラブなどの巨悪を暴く!
(投稿者による注: RIIA Royal Institute for International Affairs;CFR Council for Foreign Relations;
TC Trilateral Commission)
第2章:高貴なる麻薬の売人(ドラッグ・ディーラー)ども――イギリス王室・東インド会社・香港上海銀行の悪魔的所業を知れ!
第3章:聖なる涜神強姦殺人儀式――古代バビロン・イルミナティ・悪魔教(サタニズム・カルト)など黒魔術式拷問は爬虫類人(レプティリアン)の生命栄養補給源
第4章:恍惚のうちに壊されるアメリカ――小児性愛的倒錯症の前米国大統領(ジョージ・ブッシュ)、幼児への愛情爆撃(ラブ・ボンビング)・MKU(超洗脳)・性的虐待・誘拐・・・
第5章:「死と破壊(コロンブス)」地獄を招く象徴言語――自由の女神、万物を見通す目(ホロス)、不死鳥、五芒星・・・新世界秩序にようこそ!
第6章:「トカゲ」女王陛下の邪悪な連鎖――黒い貴族の血流は武器・麻薬密売、不正投機・・・テロ・大量虐殺(ホロコースト)に手を染める!
第7章:「月の女神」の残酷な生贄――ダイアナ妃をその美と愛ゆえに、周到かつ黒魔術的に殺害した卑劣な手口を告発!
第8章:「振動仕掛け」呪縛の構造――爬虫類人(レプティリアン)の人類支配の欺蟎的常套手段は、恐怖と憎悪に共振させると見抜け!
第9章:呪縛牢獄からのさわやかな解放――速くて短い愛の波長は、孤独・暴力のレプティリアン世界を変容一新させる!(抜粋ここまで)
此処へ来て、「黒い目」とは、人(ヒト)の人格なりをたとえる表現ではなく、ヒース元首相が「とかげ」人間そのものと言ってるらしい事がわかる。実際、英国女王エリザベスの由来は El-lizard-birth (投稿者注:トカゲ生まれ)であると書き、117頁にこんな記述がある:
引用開始=====
この女性はパーナムビーチズの猟獣猟鳥管理人の妻で、二人でその土地に住んでいた。彼女が育ったのはスコットランドの悪魔主義者の家庭で子供の頃にはスコットランドのブラザーフッド・ネットワーク(超秘密結社)によって性的にも儀式においても虐待を受けていた。夫もまた悪魔主義者でそれでバーナムビーチズの管理を任されていた。この土地にはロンドン当局が管理する古代の木立や原生林が残りエジプトの森と呼ばれる地域も含まれている。-1970年代初めにヒースが首相だった時期だがー彼女が犬を散歩させていると灯りが幾つか目に入った。なんだろうと彼女は静かに近づいていった。戦慄のうちに彼女が見たものは悪魔教の儀式でありその輪の中にいる当時のエドワード・ヒース首相だった。さらに大蔵大臣のアンソニ・バーバもいた。彼女の話では、見ているうちにヒースが爬虫類に変身ししかも信じられない事に輪の中の誰も全く驚いていなかった。と、語った。「最後は全身が爬虫類の形状になってサイズは60cmくらいになってしまいました」。ヒースは少しウロコがあってごく自然にはなしていました。ただ「長距離電話」みたいで口と声に少し「タイムラグ」がある感じがしました。
引用終わり=====
これを荒唐無稽と言わずしてなんと言おう?しかし、女性の目撃談をアイク氏はそのまま信じ、そのアイク氏の記述を太田氏はさもありなんと、自らのブログで紹介するのである。
一々引用するのは誠に馬鹿馬鹿しいのであるが、もう一つ引用する(第8章から、464頁)
引用開始=====
レプティリアン(爬虫類異星人のこと、投稿者注)が操作してくるのは、低層幽気周波数帯からだ。地球を支配するためには人類の大多数をこの水準以下に維持しそれ以上の高い周波数帯から切り離しておかなければならない。(中略)人間の心を切り離して無知な状態にしておくうえで決定的に重要となるのは恐怖罪悪感怒り自己嫌悪他社の軽蔑といった低い周波数での感情を操る事だ。こういう感情こそが低層4次元の周波数帯と共鳴する。一度こういった感情の支配に屈服すればそれは、レプティリアンの意識による支配に屈服した事になる。
引用終わり=====
著者アイク氏はこれに基づいて、他所でレプティリアンからの呪縛からまぬがれる道を書いている。揚げ足を取りたくはないが、低層に対して高層は何か?、4次元を規定する座標軸は何か?周波数というからには波動である。何が震動し、いかなる媒質がその震動を伝えて波動を生成するのかなどの記述は一切ない。当然周波数帯域についても不明。こうなると、文字通り「超常現象」で占い師または超能力者が語る「波動の射出」となんら変わらない。とすれば、現投稿者は読んでいないが、爬虫類人の出自を語るという「上巻」の無内容さもおおよそ察しがつく。遺伝子、宇宙物理学に基づく議論がなされているとのことだが、地球外知性の存在についても存在のために満たすべき物理条件、SETIプロジェクトなど現今の研究調査現況すら踏まえていないだろう。フォトンベルトもその一つ。よしんば、そうしたベルトがあったとしてもその壁が宇宙空間に突然ありよう筈はなく、当然例えばガウス分布型の厚みがあるべきだろう。つまりいきなりそのベルトに我が地球が突入するはずはなく、じわじわと地球が浴びるフォトン(光なのか電子なのか定かでないが)濃度が増すはずである。つまり、いきなり2012年12月12日のカタストロフィにはなりえないのである。地球磁場逆転の議論もお粗末極まりない。しかし、ベンジャミンフルフォド氏の議論の立て方同様「。。。はありえる」「。。。は理論的には可能だ」の類の立証不能な諸々が書き並べられているのだろう事は想像できる。
それにしても、1950年代日本の左翼の一派を担った人物がこうしたいかがわしい本の著者にかくも入れ込む。これこそ謎である。私が敬愛するレンダイコ氏は自らのHP
http://www.marino.ne.jp/~rendaico/
で、「阿修羅は貴重な情報源である。太田龍を嘲る者は、手前こそ歴史の盲人であることを知るべきだ。木村愛二を謗る者は、手前こそジャーナリストとしての識見を損じていることを弁えるべきだ。れんだいこを軽んずる者は、聞き分けの出来ない者である事を知るべきだふふふ。(以下略)」と褒めちぎる。木村愛二氏の評価については異存ないが、こうなると太田氏への評価については賛同するわけにはいかない。
理科大学に在籍し真理への接近にあたっての自然科学的手法の一端にかっては触れたはずの太田氏もさすがに、この荒唐無稽にのめりこむ事にいくばくのためらいがあるのだろうか、巻末の監訳者解説で次のように書いている(530頁)。
引用開始=====
爬虫類異星人の母星はどこか?彼らはどの星から地球に侵入したのか。この問題は依然として残る事に変わりはない。もしも爬虫類的異星人が太陽系以外の構成に所属していたとすれば次の問題が発生する。
(1)「彼ら」は超高速で宇宙空間を航行する科学技術をすでに開発済みとしなければならず
(2)「彼ら」(ママ)太陽系に侵入し中心の太陽から数えて第3番目の惑星たる地球に到着すると同時に又は、それと前後して他の惑星にも移民基地を設定した可能性の大なる事。火星こそ、その星かもしれないこと、である。
本書「大いなる秘密」はまさにその解明から始まる(上巻 第一章)。そこで、最後に残る大問題はこうだ。
(3)すなわち、地球を訪問調査ないし定住(することにした)「彼ら」異星人は一種だけなのか、むしろ複数(二種以上)とみるべきではないのか。もしも複数の種類とすれば、必然的に地球を舞台(縄張り)とした、「彼ら」異星人どうしの葛藤と衝突が生じるのではないか。その場合、地球原人がその争いに巻き込まれることは避けられない。
引用終わり=====
しかし、本書のいい加減さは上述の3点にはとどめ得ない。かくして私はこの投稿をカルト板に書いたのである。WTC水爆説同様、折角の巨悪暴露の筋立てがこの「トカゲ」一匹で台無しである。
しかし、私の本投稿の真意は下記にある。
533頁で太田氏は以下のように書いている:
引用開始=====
この勢力は(爬虫類異星人、投稿者注)は、この6千年あるいは数十万年にわたって西洋中近東を基地として地球に取り憑き地球を永遠の牢獄に仕立て上げてきたのである。ついに恐怖と流血、血の海と呪いによって禁忌を維持してきた彼らの極秘の全体系が暴露される時がやってきたのだ。大胆不敵でいかなる迫害おも怖れず.死の脅迫にも動じる事のない一英国人サッカによって今、我々^全地球原住民の前にその極秘の全体系が開示されたのである。
引用おわり。=====
飛びぬけたずる「賢さ」で地球人を奴隷にしつつある知性体は地球に発したはずはないと太田氏はいうのである。上記を注意深く呼んで欲しい。アフリカ本大陸を巧妙に除外しているのである。言葉を変えよう。こうした「賢さ」は、黒人、黄色人種に発するはずはないとの前提で議論が積み重ねられている。アイク氏、太田氏の論の最大の弱点は「白人優越主義」と、その主義への「拝跪」にあると私は考えている。アイク氏に影響を与えたと思われる「神々の指紋」の著者グラハムハンコックに、白人優越主義が露骨に見られることは多くの評者によって指摘されている。
私は、人類の問題の研究は、人類が地球にへばりついてきたからには、まず地球上で解明するべく力を尽くすのが本道と思う。とすれば、アフリカ大陸は絶対に除外できない解明への研究対象である。
「アフリカ大陸史を読み直す(第一巻)」社会評論社、木村愛二著、2007年、303頁
http://www.shahyo.com/book/1327.html
はそのための格好の最良の文献と私は思う。
20. 2020年5月20日 16:06:32 : iHlpp0hJUI : NVBGRlpTaW9OcFU=[1] 報告
>>3さんに同意!
21. 2020年5月20日 16:21:09 : iHlpp0hJUI : NVBGRlpTaW9OcFU=[2] 報告
>>6様、>>4は「貧相の道」ですか?久しぶりですね、奴が来たのは。。

>>4は、「"新型コロナが計画されていた・・・"は、WHOや政府発表やマスゴミ報道に反する見解の記事だから早く抑圧して」とメディア企業に頼んだら?^^

22. 2020年5月20日 16:34:34 : iHlpp0hJUI : NVBGRlpTaW9OcFU=[3] 報告
マイクロチップ入りの「マイクロソフトワクチン」
早く強制的にっ打ちまくりたいな^^
マイクロソフト製人間の出来上がりを期待^^

by ビル・ゲイツ

23. 2020年5月20日 19:28:15 : Ok1dsCNucQ : TWVYVFROaWc4QnM=[323] 報告
放ったよ 全体主義の 切り札を
24. 2020年5月20日 23:48:49 : ES5sTnCWZY : dWx5UFU2Ljl2Umc=[27] 報告
だからこの高橋って人はカルト板に閉じ込めとけよ
25. 2020年6月04日 17:51:02 : ATjTyCYFps : Mk4wUE1zVkdqeHM=[273] 報告
>>22
肝心な時にフリーズして役にたちませんね、それw

昔、「マイクロソフトメルトダウン」という笑えるジョークがありました
ビル・ゲイツが新型の原発の試運転に立ち会うことになり原発の司令室に行くのですが、制御システムがマイクロソフト製だったために原子炉が制御不能になってしまう
そのことを知らないゲイツは「どこのシステムなんだ」と喚き散らすのですが、おなじみのブルースクリーンを見て彼自身もフリーズしてしまう
そんな内容だったのですが、すぐに消されてしまったらしく、今となってはどこにも見つかりませんな

今回の事も、真相が明らかになるにつれ「なかったこと」にされるのではないでしょうか

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK272掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK272掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK272掲示板  
次へ