★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK274 > 155.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
<衝撃事実>コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/20/senkyo274/msg/155.html
投稿者 赤かぶ 日時 2020 年 7 月 10 日 16:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 









コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/275757
2020/07/09 日刊ゲンダイ


特殊なマスクや手袋などの防護服を着用する医師や看護師ら(長崎大病院の訓練)/(C)共同通信社

 新型コロナの抗体は3カ月しかもたない――。こんな研究結果が明らかになった。スペイン保健省が発表した。

 スペイン保健省は、同国の7万人を対象に3カ月にわたって3回の抗体検査を行った。1回目の抗体検査で陽性、つまり体に抗体ができていた被験者のうち14%は3回目で陰性となった。抗体は3カ月で減少することが判明したのだ。

 中国の重慶医科大学などの研究チームも6月半ば、同様の論文を発表している。それによると、感染後3〜4週間経つと80%の人から抗体が確認された。しかし、いったん抗体が検出された人でも、退院から2カ月後には、症状があった人の96・8%、無症状の人の93・3%は、抗体が減少していた。このことから「コロナ抗体は2、3カ月で激減する」と報じられた。

 新型コロナについては、当初から「集団免疫」が期待されてきた。国民の60%が感染して抗体ができれば、ウイルス感染を無力化できるという考え方だ。スウェーデンなどは集団免疫戦略を取り続け、現在、6%までこぎ着けている。

「今回の結果は重大な意味を持っています」とはハーバード大学院卒で医学博士・作家の左門新氏(元WHO専門委員)だ。

「スウェーデンだけでなく、日本の一部の医師からも集団免疫を期待する声が上がっていました。しかし免疫効果が3カ月しかもたないとなると、はかない夢が打ち砕かれたことになります。抗体が3カ月で消える感染症は、これまで人間の生活の中にほとんどありませんでした」


抗体が3カ月で消える感染症は、これまで人間の生活の中にほとんどなかった(新型コロナウィルスの電子顕微鏡写真=米国立アレルギー感染症研究所提供)

医師や看護師などの負担も増大

 もっと深刻な問題がある。ワクチン接種だ。現在、日本を含む世界中で100種類以上のワクチンの候補が研究途上にある。だがワクチンも3カ月で効き目を失うかもしれないのだ。

「通常のインフルエンザのワクチンは1回注射すると約6カ月間、効果が持続します。10月に接種すれば翌年の4月まで効くのです。しかし新型コロナは抗体が3カ月しかもたないとすると、たとえば、10月にワクチン接種を受けたら、1月に2度目の接種を受けなければならない可能性が出てきます。費用の負担が増えるし、1度は受けたけど2度目は面倒くさいという人も出てくるでしょう。医師や看護師などの負担も4倍になるので現場が混乱しかねません。ワクチンが予防接種に有効かという疑問の声も上がりそうです」(左門新氏)

 新型コロナは夏になっても消えない。抗体の効き目が3カ月ならば、年間に4回も接種する必要が出て







 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[87314] kNSCqYLU 2020年7月10日 16:01:03 : Etqgkm55TU : RGtULnlHMS9YdlE=[17157] 報告

2. 赤かぶ[87315] kNSCqYLU 2020年7月10日 16:01:35 : Etqgkm55TU : RGtULnlHMS9YdlE=[17158] 報告

3. 赤かぶ[87316] kNSCqYLU 2020年7月10日 16:02:10 : Etqgkm55TU : RGtULnlHMS9YdlE=[17159] 報告

4. 赤かぶ[87317] kNSCqYLU 2020年7月10日 16:02:52 : Etqgkm55TU : RGtULnlHMS9YdlE=[17160] 報告

5. 赤かぶ[87318] kNSCqYLU 2020年7月10日 16:03:50 : Etqgkm55TU : RGtULnlHMS9YdlE=[17161] 報告

6. 赤かぶ[87319] kNSCqYLU 2020年7月10日 16:04:42 : Etqgkm55TU : RGtULnlHMS9YdlE=[17162] 報告

7. 赤かぶ[87320] kNSCqYLU 2020年7月10日 16:05:56 : Etqgkm55TU : RGtULnlHMS9YdlE=[17163] 報告

8. パレオリベラル[300] g3CDjINJg4qDeIOJg4s 2020年7月10日 16:20:08 : v8UAwomnsA :TOR eTlaYTJDbXRBQjI=[48] 報告
リモートワーク、オンライン授業、リモート演奏、無観客試合、を徹底しましょう。
ペーパーレス(書籍、書類、ハンコ、ハガキ、チラシ、新聞、雑誌などを禁止する)をすすめましょう。

保守じゃダメだ。ドンドン変革する。そちらに未来があります。

[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)クラゲによるアラシ。過去に場違い、多重、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。http://www.asyura2.com/acat/u/uu/uuu/UUUxVWlGa3E4ZlE=/100000.html

9. 赤かぶ[87323] kNSCqYLU 2020年7月10日 16:32:05 : Etqgkm55TU : RGtULnlHMS9YdlE=[17166] 報告

10. 2020年7月10日 16:32:41 : i7bUeWDO5o : dHBiT2oyU21NOEk=[1002] 報告
知らなかったわけがないだろうが。
だからワクチンは作れないと言っていたのだ。

インフルエンザは毎年、新種が現れてワクチンが効かなくなる。
一方、新型コロナは3か月だ。
とてもじゃないが間に合わない。

11. 赤かぶ[87324] kNSCqYLU 2020年7月10日 16:42:52 : Etqgkm55TU : RGtULnlHMS9YdlE=[17167] 報告

12. 増税反対[2181] kZ2QxZS9kc4 2020年7月10日 17:11:42 : 0YMjcsCkAo : eUFWTjNoRHM2RnM=[429] 報告
安倍首相「そんな事はどうでもいいでごじゃいまシュ。GoToキャンペーンで

     みなしゃん、旅行に行くでごじゃいまシュ・・」

13. 2020年7月10日 17:42:25 : yAUpV1fw7Y : MWVRaTJrSFRuQVE=[40] 報告
免疫が消失する感染症への対応は検査、隔離、保護に尽きる。

この策を中心に据えて、新型コロナウイルスに対処することが肝心だ。

一番の王道である。

(集団免疫は不可能であり、免疫が持続しないのだからワクチン利用も困難である。)

14. 2020年7月10日 18:12:59 : 1MJygYWFpM : N2lHVE5zMlV4SkE=[72] 報告
利権ワクチンは当然無理だとしても
治療薬としてイベルメクチンには可能性がある。

アビガンは増殖を抑えるだけだが
イベルメクチンは増殖を抑えた上に48時間以内に死滅させる。

オープンアクセス(英文)
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0166354220302011
和訳のレビューはなぜか消去された。

15. AN[1169] gmCCbQ 2020年7月10日 18:41:26 : g3Fm57P8U2 : RE1yaUVzNTh0bjY=[328] 報告
別のスレッドに書きましたが、

 「集団免疫」を目指して方策を立てた(と明言している)国はスウェーデンしかありません。

 「ロックダウン」しながら「集団免疫」を期待する、など笑止千万。

16. 赤かぶ[87357] kNSCqYLU 2020年7月10日 19:18:17 : Etqgkm55TU : RGtULnlHMS9YdlE=[17200] 報告

17. 新共産主義クラブ[-14395] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2020年7月10日 19:24:39 : HZyyVwGE3A :TOR bGUyRDl4dS83bG8=[8] 報告
>ワクチンはいつまでたってもできない(HIVは10年かかってもできない)という前提で社会を作っていくしかないってことですね。
>— 田畑稔 (@tabataminoru) July 9, 2020

 
 HIVのワクチンは未だありませんが、現在では、HIV非感染者が性交渉する前からHIVの薬を内服し、HIV感染のリスクを減らすという、PrEP(プレップ)と呼ばれているHIVの予防方法があります。
 
 既に、アメリカ、カナダ、オーストラリア、台湾、韓国では、既存のエイズ治療薬「ツルバダ」が、HIV感染を防ぐための、PrEP(プレップ)で使われる予防薬として承認されているそうです。
 
 新型コロナウイルスについても、仮にワクチンによる感染予防が困難であったとしても、それに代わる予防方法が確立して普及することを期待しています。 
 
 
 
◆ PrEPの基礎知識 (国立国際医療研究センター SH(Sexual Health)外来)

 ・PrEPって?
 
  PrEP(曝露前予防内服)とは、性交渉する前からHIVの薬を内服し、HIV感染のリスクを減らすというHIVの予防方法です。
  英語の頭文字をとって、PrEP(プレップ)と呼んでいます。
 
 ・PrEPの効果
 
  決められたスケジュールを守り内服することができれば、性行為によるHIV感染は99%、薬物静注によるHIV感染は74%の予防効果が期待できると考えられています。(参照:https://www.cdc.gov/hiv/basics/prep.html
 
http://shclinic.ncgm.go.jp/prep.html
 
 
◆ セックスの前に飲むHIV予防、PrEP(プレップ)とは?
(坪池順,HUFFPOST,2019年12月13日)

 PrEPとはPre-exposure prophylaxis(曝露前予防内服)のこと。

 セックスをする前に「ツルバダ」という抗HIV薬を飲んで、HIV感染のリスクを大幅に軽減することができる予防方法だ。
 
 ツルバダは2012年に世界で初めてアメリカで承認された。
 
 以来、カナダやオーストラリア、台湾、韓国などでも承認され、海外ではPrEPの導入と普及が広がっている。
 
 日本では現在、厚労省が予防薬として承認しているPrEPの薬はない。

 一方で、都内の一部クリニックではPrEP内服の臨床試験や、海外から個人輸入でPrEPをおこなっている人を対象とした定期検査を実施している。
 
https://www.huffingtonpost.jp/entry/what-is-prep-japan_jp_5ddf7673e4b0d50f329c94db


◆ 世界で広がる新しいHIV感染予防策「PrEP(プレップ)」日本でも議論へ
(BuzzFeed Japan Medical,2017年11月17日)
 
 かつて「死の病」と恐れられたHIV(※)感染症は、治療薬の進歩で、ウイルスを体から排除できなくても、薬を飲み続ければ寿命を全うできる病となった。
 
 近年、欧米を中心に予防的に薬を飲む「PrEP(プレップ)(Pre-exposure prophylaxis、暴露前予防投与)」という新しい予防法が広がりつつある。
 
 「PrEP」として現在、効果が証明されているのは、抗ウイルス薬の一つである「ツルバダ配合錠(テノホビル・エムトリシタビン)」を原則、1日1錠、飲み続ける方法だ。
 
 ウイルスの増殖を防ぐ2種類の成分を配合したこの薬の濃度をあらかじめ体内で高めておくことで、万が一、体内にHIVが入り込んでもウイルスが増殖しない環境を作る。
 
 HIV感染を防ぐ効果については、世界中で様々な研究が積み重ねられ、概ね9割程度の予防効果が明らかにされてきた。

https://ex.yahoo.co.jp/buzzfeedjapan/medical/6.html
 

◆ 米当局、エイズ予防薬を世界で初めて承認 ギリアド社の治療薬「ツルバダ」
(日本経済新聞,2012/7/17)

【ワシントン=共同】米食品医薬品局(FDA)は16日、既存のエイズ治療薬「ツルバダ」を、感染を防ぐための予防薬としても承認した。開発したカリフォルニア州のギリアド・サイエンシズ社によると、エイズ予防薬の承認は世界初。

https://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1701R_X10C12A7EB2000/

18. 佐助[8080] jbKPlQ 2020年7月10日 19:56:37 : v683SxAkIc : ZDhxU0J5WDV0RU0=[1] 報告
凄いな風前の灯火に仕組まれたあらゆるトリックを暴け。

集団免疫の効果なし権力者の金儲けの集団妄想に騙された

3ケ月で消える感染症コロナ,3ケ月しかもたない。2ケ月〜3ケ月に一度打たなければならないワクチン製造業のぼろ儲け。詐欺集団の安倍政権は,やるつもりか,呆れてしまう。

風前の灯火のワクチンより本当に病原体見た人いるのか。安倍政権とマスコミはPCR検査の嘘を暴けよ。PCR検査でぼろ儲け,出来ないワクチンの妄想で何時まで国民を騙す気か。

コロナは真っ赤な嘘の可能性が出てきた,真実はわからないが,存在しないものにワクチンは作れない,抗体がない,消えた不思議,なぜ,政治家官僚やマスコミは,しっかりしろよ。

19. TondaMonta[2182] gnOCj4KOgoSCgYJsgo@CjoKUgoE 2020年7月10日 20:03:37 : sZzBXKsLoI : SldpRGhwcFBMOC4=[2] 報告
皆シャン、慌ててはテテ親になれません。山中伸弥教授が提起したFactorX。
東アジア、南東アジアで致死率が低い要因(factor) があるわけでゴンす。照葉樹林文化圏では致死率が欧米・南米から比べて低いのです。それはご先祖様がお歯黒をしていたから、という説に賛成します。
アフリカの第二地溝帯から発生した人類はシリアを通って西へと東へと民族移動を行いました。西へ行ったの民族はお歯黒の習慣を持ちませんでした。東へ行った民族の中にいはインドやチベットやブータンそして雲南に抜けお歯黒の習慣を身に付けました。何しろ歯磨き粉がなかった時代ですから,虫歯予防が必要だったわけです。その他にキンメという植物の葉が頭痛を鎮めるので皆さん、これを噛んでいたようです。キンメ。またはPinang。檳榔。ボルネオ島ではSirehという葉です。葉っぱのお兄ちゃん、どうでしゃろ。
ワタチもくちゃくちゃ噛んで痺れて、パット唾を吐く。この葉の成分が中山教授のいうFcatorXだと主張する御仁がおりやんす。まあ誰でもええんだが、化学薬品のワクチンより自然界にある妙薬がええんでないのかしら。頭。なんとかぶちかましてクンなまし。これほんと。佐野さん。これ本当?
20. 2020年7月10日 20:19:30 : QmTvIW8a5s : eE5LVXlLR1JLenM=[4] 報告
コロナ禍の受け止め方に差

深刻にとらえる高学歴
大したことないととらえる低学歴

先日、東大の調査で明らかになったようだ

21. 地下爺[11875] km6Jupbq 2020年7月10日 20:43:32 : cnW20anmHI : WTFQNEljbnlHUk0=[1639] 報告

 あれ 何回も コロナに かかるて 最初から言われてなかったけ 。。。

22. 命を大切に思う者[3079] lr2C8JHlkNiCyY52gqSO0g 2020年7月10日 21:15:52 : 49zgz1tbXk : RGtncng1c3BvUG8=[572] 報告
> 「スウェーデンだけでなく、
>  日本の一部の医師からも集団免疫を期待する声が上がっていました。
>  しかし免疫効果が3カ月しかもたないとなると、はかない夢が打ち砕かれたことになります。
>  抗体が3カ月で消える感染症は、これまで人間の生活の中にほとんどありませんでした」

日本は、感染拡大の阻止は、最初から政策に入っていない。
それが入ってるかのように国民を騙し続けてるだけ。大手マスコミもグルになって...
日本政府は、日本の国民全員が感染してかまわないとする政策なのです。検査数を絞ってそれをしてるとバレないようにしながら...

2月頃、専門家会議の連中が国の政策をどう説明していたか思い出してほしい。
「検査は重症者のみ」
「検査数を絞ってることが、感染拡大を食い止めている。検査を増やせても増やしてはならない。」
こう言ってた筈です。
もし、検査が1日20000件可能になったときに、この政策を軽症者を含むように変えたのなら、
検査可能な数が少ないために、検査設備を重症者に空けておくために、一時的にそうしていたことになりますが、
実際には変えなかった。相変わらず、検査数を絞り続けていた。検査設備の大半をわざと遊ばせていた。
このことから、重症者のみの検査は、感染拡大の阻止ではなく、
国民全員が感染した結果出て来てしまった重症者だけは放置しないためだけの検査です。

日本政府の連中は、それで何とかなると思ったんだろうなあ。五輪開催に目が眩んで、その方法を選んだ。
大変はことをしてくれたな!
免疫効果が3カ月しかもたないのなら、国民全員が感染しても、全く収束して行かない。
治ってもすぐ他の人から染される、を繰り返して、感染者が国民に一定割合居るままになる。
感染者の発見と隔離を徹底する、それが本来のやり方なのに、五輪開催に目が眩んで出鱈目やりやがって... 
23. 2020年7月10日 21:44:54 : jlA2Nv0AHE : aDIyR3oxSGQ5OFk=[3] 報告

コロナ・コロナはただの風邪 悪くてもインフル!
PCRは健康な人でも陽性と判定される。なーんも問題ない。
熱が出たら、症状が出たら、クリニックへ行き、薬を処方してもらいましょ。

今までそうやっていたでしょ!? ふつうに。
高熱のまま4日間も放置してなかったでしょ? 保健所なんか電話しないでしょ?
高齢者・基礎疾患のある人を4日間も高熱のまま放置したら、死ぬに決まってるでしょ?

終わりにしましょ、コロナ詐欺。ショックドクトリンのコロナ詐欺。 おーしーまい!


>真実かも!新型コロナは存在しない?日本政府は【COVID-19】は存在しないとの結論に至った!
https://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/8d43335ea429c4952e3b231ec28f5631
 それでも信じられないという方には、2020年に肺炎による死亡者数が急減したことを示すグラフを見て頂きたい!PCR検査では【COVID-19病原体】は検出できない!徳島大学の感染免疫学専門の大橋眞名誉教授!同じコロナウィルスの風邪かインフルエンザなのかもしれない!他の病気での死亡者をコロナ死診断書が世界で横行!動画あり・・・

>コロナ詐欺を糾弾する候補者がついに登場!! 平塚正幸氏2020年06月19日19:20
http://blog.livedoor.jp/donnjinngannbohnn/archives/2031720.html
 欧米では新型コロナウイルス(COVID-19)を口実にした都市封鎖を通じた住民監視・弾圧に抗議する集会が各地で起きている。都市封鎖解除と引き換えにワクチン接種をもくろむビル・ゲイツを犯罪者扱いする国会議員も登場した。
 新型コロナ感染者・死者数の水増しは、世界中で報告されている。わが国の場合、厚生労働省の発表で感染者1万7740人、死者935人(6月19日現在)。毎年のインフルエンザ感染者1000万人、死者(超過死亡)1万人と比べはるかに低い数字だ。しかも、医師のアンドリュー・カウフマン博士によれば、PCR検査の偽陽性率は80%にも上る。・・・


24. 2020年7月10日 23:23:56 : niyy4hTwUA : OHU1UGRCUHhtN0k=[2612] 報告
3ヶ月しか抗体が持たないなら、3ヶ月おきにワクチンを接種すればいいってこと?
定期的に接種、これで解決(嗤)。
ワクチン屋(って製薬会社ね)儲かるわ!

ファクターXはこれかも。
GIGAZINE:人類が6万年前にネアンデルタール人から受け継いだDNAが「新型コロナウイルス感染症の重症化」と関連しているという可能性
https://gigazine.net/news/20200706-coronavirus-neanderthals-dna/
重症化しにくいってことは死ににくいってこと。

COVID-19対策の上手くいってる国は全て、大規模検査から隔離ですよ。
PCR検査に否定的な人は、感染を抑える気が無いのですね。

>>23
欧米で多数の死者がでてるけど、そういう人たちの前で同じこと堂々と言える?
言えないよね。
なら、認識を改めないとね。

25. 2020年7月10日 23:49:00 : CiMYKZea76 : bkhGQTBEcGs2T0k=[1] 報告
>>24
ファクター]ってのは、「死亡者の全てをコロナの原因にしない」っていうことだろね。だから感染者・死亡者が少ないんだよ。意味、わかる? そして、そもそもユダ金支配のメディアは嘘の垂れ流しなんだよね。

本当に猛毒性で感染力の強いウィルスなら、天下り官僚なんぞ使わずに国内の英知を集めて対処すべきだよね? そして検査・隔離・治療など、全力を挙げて対処すべきだろうさ。本当に危機的な状況なら、私邸で犬と戯れFBで発信するなど、出来るはずもない。

おまけに、どうして専門家会議前の準備会議は秘密なのか、公開しないのかを考えるべきだろさ。そして今まで、どれほど安倍政権が国民に対して嘘を言い放ってきたのかを考えれば、政府発表を鵜呑みにすることの危険性は、普通の判断力を持つ人間なら十分に理解できるだろうさ。北のミサイル詐欺と同じ構図だろ? どこか間違ってる?

>「コロナウイルスの陰謀:コロナはいかに私権を奪い、国民経済を破壊するか」
http://blog.livedoor.jp/donnjinngannbohnn/archives/2029089.html

 新型コロナウイルスは存在しない。感染爆発が引き起こされたことをどのように認識するのか。新型コロナ(COVID-19)はインフルに似た症状にすぎず、原因はさまざま。しかし、今や全てコロナと診断するため、その数はますます増えている。

 PCR検査は遺伝物質を検査するもので、新型コロナを診断するものでない。しかし、陽性だと新型コロナを死因にする。開発者は「感染性の病気の診断に使ってはならない」と述べている。遺伝物質を取り出して増やす方法だが、体内には多様な遺伝物質があるので、誰でも陽性にできる。

 細胞が毒されると、恐怖が高まる。都市封鎖の下ではなおさらだ。毒された細胞は通常、免疫によって排除される。5Gのような強力な電磁波は自然に備わった免疫系を破壊する。電磁波で傷ついた細胞と新型コロナに感染したとされる細胞は、顕微鏡で見るとうり二つだ。

 インフルエンザの症状があれば何でもコロナと診断するが、その数はまだ国際カルトの計画を満たさない。階段から落ちても、末期の肺がんも、心臓病も、病院で陽性が出れば、死因は新型コロナになる。イタリアでは99.9%がそのように診断されている。

 「新型コロナによる」死者が増えれば、都市封鎖が正当化できる。この時点で世界経済は破壊される。膨大な人々が自宅軟禁状態に置かれ、収入をなくし、政府に頼るようになる。彼ら(グローバル独裁カルト)はこれを望んでいる。・・・
_____________________________


26. 2020年7月10日 23:50:18 : DDVvxxeeBY : VE5ueS82V2lJUC4=[44] 報告
>>23
なんだこのキチガイはとレス履歴見たら・・・やっぱ不正選挙がーの陰謀論厨か
27. 2020年7月11日 00:00:11 : i7bUeWDO5o : dHBiT2oyU21NOEk=[1008] 報告
イベルメクチンならアリババで格安で売ってる。
家畜用だが。
送料込みで$8くらいだ。

ivermectinで検索してみ。

28. 2020年7月11日 13:01:29 : pHHHeF5l4w : ZzVIek5HWDJSM3M=[5] 報告
スイスの免疫学の大家、シュタッドラー先生のエッセイから、色々教えられる。

新型コロナウイルスの抗体検査キットは、昔のSARS検出用の抗体検査キットから作られた。(先生は唖然としたと書いていますが、当方もビックリの事実だ。新型は、ホンマでっか?)

新型コロナウイルス抗体検査で陰性だった、ベルリン市民の34%は、抗体検査の結果にもかかわらず、新型コロナウイルスに対するT細胞免疫があった。(過去に、T細胞が、働いた免疫の履歴が残っている。抗体だけが、免疫のすべてではない。)

> Presence of SARS-CoV-2 reactive T cells in COVID-19 patients and healthy donors

https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.04.17.20061440v1

先生の言葉によれば、ドイツのウイルス学者が、束になっても、敵わない、スタンフォード大学のヨアニディス教授は、新型コロナウイルスに対する抗体免疫が、これまで考えらた以上に、高いことを示した。(同様なことを示唆する事実が、スペインから報告されている。2019年の3月12日の下水から、新型コロナウイルスが、見つかった。)

> COVID-19 Antibody Seroprevalence in Santa Clara County, California

https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.04.14.20062463v2


> COVID-19 in Spain sewage brings origin of virus a step closer

https://www.globaltimes.cn/content/1192756.shtml

シュタッドラー先生は、今年の冬に、これまでと同様にコロナウイルスによる風邪は、はやるだろうけれど、それは、「第二波」称すべきものではなく、マスクをかけるならば、ヘルメットを被って歩きなさいと勧めている。

何故なら、コロナ風にかかるより、落下物によって死ぬ確率が、遥かに高いからだそうだ。

> Coronavirus: Why Everyone Was Wrong. It is Not a “New Virus”. “The Fairy Tale of No Immunity”

https://www.globalresearch.ca/coronavirus-why-everyone-wrong/5718049

年4回のワクチン接種で、だれが、儲けるのだろうか?

29. 2020年7月11日 13:14:36 : r32WQ9BC6o : T2dLLk1ZVDVyeUE=[4] 報告
>>26
お前さんお得意の、マッチポンプだろう。
30. 2020年7月11日 19:12:22 : DcdEUvtEiA : cjFpWEpPNUhSMU0=[127] 報告
通すのだ マッチポンプを 無理矢理に
31. 2021年9月07日 15:34:46 : bxtfbi3DzU : Y2haVk00ajNBNGM=[8] 報告
新型コロナウイルス抗体を「その場」で測定
https://www.riken.jp/press/2021/20210903_2/index.html

理化学研究所(理研)開拓研究本部伊藤ナノ医工学研究室の森島信裕特別嘱託研究員、創発物性科学研究センター創発生体工学材料研究チームの秋元淳研究員、伊藤嘉浩チームリーダー(開拓研究本部伊藤ナノ医工学研究室主任研究員)らの研究チームは、ヒトの血液中にある新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する抗体の量(抗体価)を、迅速に高感度で測定できる「ウイルス・マイクロアレイ[1]検出システム」を開発しました。

本研究成果により、今後重要となるSARS-CoV-2ワクチン接種の効果を、医療現場において効率的に精密検査することが可能になるものと期待できます。

現在、SARS-CoV-2の抗体検査は、免疫クロマトグラフィー法[2]による医療現場での定性的な簡易検査、もしくは検査センターへ血液サンプルを送付し、数日から1週間かけて行う定量的な精密検査しかありません。

今回、研究チームは、SARS-CoV-2を構成するヌクレオカプシドタンパク質[3]とスパイクタンパク質[4]をマイクロアレイチップ上に固定化し、それら複数のタンパク質に対する抗体量を完全自動で測定する、ウイルス・マイクロアレイ検出システムを開発しました。この検出システムでは、医療現場で採取した1滴の血液から30分程度で抗体量の定量測定が可能であり、感度は免疫クロマトグラフィー法の約500倍に上ります。

本研究成果は、日本化学会の欧文誌『Bulletin of the Chemical Society of Japan』のオンライン版(9月3日付)に掲載されました。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK274掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK274掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK274掲示板  
次へ