★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK275 > 658.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
史上最低の明治維新政府<本澤二郎の「日本の風景」(3840)<啓蒙思想家が主導した倒幕政府の極め付き不道徳治世>
http://www.asyura2.com/20/senkyo275/msg/658.html
投稿者 赤かぶ 日時 2020 年 9 月 10 日 21:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

史上最低の明治維新政府<本澤二郎の「日本の風景」(3840)
http://jlj0011.livedoor.blog/archives/26207599.html
2020年09月10日 jlj0011のblog


<啓蒙思想家が主導した倒幕政府の極め付き不道徳治世>

 日本人でありながら日本史を知らない日本の国である。大手出版社の元編集者が、天地がひっくり返るようなラプトブログをメール送信してきた。コロナが作ってくれた時間で、その中の解説YOUTUBEを開いて、最後まで見てしまった。

 国際的には、啓蒙思想家・長く1万円札の顔になっている慶應義塾創立者の福沢諭吉が、ロンドン土産なのかどうかは不明だが、軍拡資金のない維新直後の明治天皇や政商財閥・三菱の岩崎弥太郎に対して、日本の未婚女性を海外の売春宿に売って金を作れと進言した。

 両者はさっそく日本郵船を設立、性奴隷貿易で財を成した。嘘のような本当の日本史である。朝鮮半島では、それ以前からだろうが、儒家思想教育で王族の子弟に対して「民を慈しめよ。聖君になれ」と厳しく養育していたころのことである。

 目下、史上最低の首相交代の、猿山のボスざる選びの最中だと、世の識者は嘆いているが、源流をたどると、大正・昭和・平成・令和のルーツである明治にそのもとい(基)が存在した。

 地球を俯瞰すると、アマゾンやインドネシアの森林を燃やし尽くす為政者、自国の利益のみに狂奔する為政者、反抗する野党指導者を毒殺しようとする者など、欠格独裁者が目に付くが、自国の女性を外国に売りさばいて、それを原資にして武器弾薬を手にした政府は、史上初めてではないのか。
https://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666

<未婚女性を騙して日本郵船に乗せた性奴隷貿易>

 海軍主計中尉の元首相は、インドネシアで力づくで現地の女性を拘束して、日本兵のための慰安所を作った。このことで大変喜ばれた、と自ら記録した。

 韓国で話題の従軍慰安婦は、軍の威圧、警察力、業者による騙しなどで現地の女性を拘束、力でもって、性奴隷を強いたものである。

 維新の新政府は、政治力を背景に「世界に夢よ」などという騙しの作戦で、未婚女性をかき集めて、日本郵船の客に仕立て上げた。ひとは古くから彼女らを「からゆきさん」と呼んでいた。

 数十万の未婚女性は、逃げ帰る知恵も力もなく現地で、正に犬死した。

 「からゆきさん」とは、唐行きさんのことか?三菱の岩崎と田布施の明治天皇の腐れ縁について知りたい。福沢との深い仲のことについても。

<近代日本が聞いてあきれる歴史の真相>

 からゆきさん研究が、日本近代史の入り口ということなのだ。

 見えてくる!レイプ文化の日本、女性を性奴隷にする天皇政府と軍閥と財閥

三者のかかわりの中で動いてきた明治と昭和。そこには、欧米の人権主義はなかった。男女平等など論外だった。

 筆者は「木更津レイプ殺人事件」(ブログ掲載)から、性奴隷問題・レイプ文化の日本について、ようやく日本史の真実に辿り着いたものであるが、原点はゴロツキ・やくざまがいの偽善史そのものだったことも理解できる。徳川幕府の方が、はるかにまともであったかもしれない。

 また倭寇という日本海賊が、半島や大陸の人たちから恐れられていたことも、朝鮮王朝史で知ったばかりだ。倭寇から明治軍拡侵略政府への流れは、必然だったのだ。それにしても、嘘の近代日本史を作文した教育官僚には、良心などなかったのだろう。

<山田盟子、マーク・ゲイン、エドワード・ベアらが立証>

 欧米の人権文化は、彼らにとって無縁だったのだ。その恥部を山田盟子著「ウサギたちが渡った断魂橋」(新日本出版社)が見事に暴いている。読んでみたい本である。復刻版を大量に出してはどうか。

 天皇蓄財も驚きの一つだが、維新当時はそこいらのゴロツキ同然だったとすれば、当たり前なのだろう。マーク・ゲインの「ニッポン日記」(筑摩書房)、エドワード・ベアの「天皇裕仁」(駐文社)も復刻版を出して、無知な現代日本人に読ませるといい。

 「木更津レイプ殺人事件」で感じたことは、女性が自立しないと、日本は変わらない、この一点に尽きる。
https://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666

2020年9月10日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[95300] kNSCqYLU 2020年9月10日 21:01:00 : Etqgkm55TU : RGtULnlHMS9YdlE=[25145] 報告

2. 佐助[8245] jbKPlQ 2020年9月10日 22:09:07 : THpARxyKZ6 : OUNnUUJHV09lV2M=[78] 報告
福沢諭吉,ロングテール社会と「からゆきさん」で儲けたロイヤルビジネス男,お札になるとは呆れたものだ。すでにここで狂っているよ。

財閥系企業と天皇家と組んで風俗への流出、売春婦、タコ部屋労働,幼児誘拐を積極的に仕組み今の「アドレナクロム」の前進させた極悪人。

彼の言葉をひねると
ヒトの上にヒトを造る上級国民,ヒトの下にヒトを造る下級国民を避けることができない,となる。

そしてアヘンで儲け,国内で麻薬日本銀行が創立された。しかし儲からない,そこで福沢諭吉が政治家と企業と結託し日本人女性を売春婦として販売した。

詳しくは山田盟子の『ウサギたちが渡った断魂橋』を読めばわかる。

そのためにヒトの上にヒトを造る天の声により,今回の世界恐慌で日本の財閥系企業の消失は避けられない。政府が必死に助けようとするがこの必然性は変えられない。それは数十万人の女性と言われている。

安倍と三菱,黄金の壷と言われ,米国は人工衛星でこの隠し財産や金を調査したが今も行方が分かっていない。アヘンと詐欺師の岸や安倍らの自民党,日米軍事同盟固執は,これが原点だと言われている。

3. 2020年9月10日 22:55:01 : WpWGTvF4ro : NFpCeHguMk82cjI=[1] 報告
ハイハイ。

べつに福沢諭吉の弁護をするつもりもないが、原文には売春婦で外貨を稼げとかは書いてない。

本澤お得意の、三流ライターからの孫受け。信憑性なし。

4. 2020年9月10日 23:37:09 : WpWGTvF4ro : NFpCeHguMk82cjI=[2] 報告
3つづく

元ネタは鬼束英昭「天皇のロザリオ」らしい。三流売文屋。

5. しんのすけ99[522] grWC8YLMgreCr4JYglg 2020年9月11日 03:14:05 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[1417] 報告
まあ 陰謀論者の 金儲けビジネス稼ぎ本 なんてのは信用に値しない のは確かではありますがね
(鬼束なんて リチャード コシミズと どっこいどっこい)

だがしかし

正式な ちゃんとした歴史研究では、いまや明治維新はインチキだったという説が最有力ですから
なにせ戊辰戦争の帰趨を決定的にした「錦の御旗」ではありますが これ 岩倉具視が中心となって偽造した
偽の奉勅だった 要するに贋作だった(徳川幕府を倒せという命令は最後まで出ていなかった)

薩長勢力と岩倉具視ほか過激公卿が結託して 担ぎ上げた存在 それが明治天皇だった事は
真面目な歴史研究で明らかになりつつある 鬼束みたいな陰謀論者は論外ですがね。

6. 2020年9月11日 10:00:47 : XgpvjPYix6 : ZmpkYW9aZ1I0WUE=[1] 報告
山田盟子氏の業績は、尊敬に値し、もっと評価されるべきだ。

氏の本を出した、新日本出版は、共産党系の出版社で、日本共産党は、すでに田布施システムの中に、組み込まれている。

電子書籍化も重版もされないのは、そのためだ。

遺憾なことに、そもそも、日本の出版界は、天皇寡頭体制に牛耳られている。

閑話休題。

福沢諭吉の故郷、中津は、代々キリシタンと関係が深い大名が、領主であった。(黒田孝高、細川忠興夫人ガラシャ。ガラシャは、明智光秀の娘。)

日本にキリスト教を伝えた、イエズス会は、隠れユダヤ人を擁していて、多分ザビエルも、確定的な証拠はないけれど、状況から、その一人だと目される。

イエズス会を隠れ蓑にして、ユダヤ人は、奴隷貿易など黒い商売に従事していた。

日本のキリシタン大名は、藩内の婦女子を、彼らに売って、その金銭で、火薬などを購入していた。

福沢の示唆を受け、明治維新政府が行った、富国強兵のための、人身売買は、その端緒を、この時代に有する。

戊辰戦争も、徳川幕府も一枚かんだ(勝海舟)、壮大なヤラセ戦争であった可能性について、指摘しておく。

戊申戦争によって藩士や領民だけが、その被害を一方的に受け、少数派の藩主どもは、儲かる仕組みだった。

7. 2020年9月11日 10:18:42 : tNT3IPmELY : UDlQeXAwc3VCOWs=[1] 報告
4 つづく

http://blog.livedoor.jp/orined2009/archives/6766151.html

福沢諭吉 「賤業婦人輸出」の誤解

鬼塚英昭著『天皇のロザリオ』抜粋

「日本郵船の大株主は天皇家と三菱財閥であった。アメリカへの大量移民を運んだのは、この日本郵船の船であった。
<中略>
天皇家と日本郵船の深い関係は、明治時代から続いていた。この会社の船で娼婦たちが海外に「進出」させられた。詳しくは山田盟子の『ウサギたちが渡った断魂橋』に書かれている。
日本の偉人中の偉人と評価の高い福沢諭吉は、「賤業婦人の海外に出稼ぎするを公然許可すべきこそ得策なれ」(『福沢諭吉全集 』第十五巻)と主張した。娼婦を送り出す船会社が、天皇家と三菱に大いなる利益をもたらすということを計算したうえでの「得策なれ」の主張であった。」

福沢諭吉が日本人子女を娼婦として「輸出」することを奨励し、それによって天皇家と財閥が利益を得た、という言説である。
当時貧しかった日本にとっての「輸出品」が日本人子女であった、という衝撃的な言説であるが、果たして福沢諭吉がそのような政策を奨励したのかどうか、実際に『福沢諭吉全集』の第十五巻を読んでみた。

鬼塚氏が引用した当該箇所は、全集の中の「人民の移住と娼婦の出稼」という章にある。
ここで福沢は、娼婦という職業が一般に賤業として卑しめられているという社会的事実をまず述べながら、それでも「人間社会には娼婦の欠く可(べか)らざるは衛生上に酒、煙草の有害を唱へながら之(これ)を廃すること能(あた)わざると同様にして、経世の眼を以てすれば寧(むし)ろ其(その)必要を認めざるを得ず。」ときわめて現実的な意見を述べている。
その上で福沢は、日本人の海外移住に際しての、精神衛生の論に移る。

「移住民たるものは成る可く夫婦同行して家居団欒の快楽を其儘(そのまま)、外に移行して、新地に安んずること猶(な)ほ故郷に居ると同様ならしめんこそ最も望む所なれども、多数の移住民、必ずしも妻帯のもののみに限らず、否な、最初の間は不知案内の海外に行くこととて、移住の希望者は差当り係累のなき独身者に多きのみか、或(ある)いは妻帯のものとても先(ま)づ一人にて移住したる上、国より妻子を呼寄せんとするものもあらんなれば、移植地の人口は男子に割合して女子に乏しきを訴へざるを得ず。人口繁殖の内地に於(おい)てさえ娼婦の必要は何人も認むる所なるに、況(ま)して新開地の事情に於てはますます其(その)必要を感ぜざるを得ず。」

これは移住民のみならず、戦場の兵士などにも相通じる問題であって、今日なお、慰安婦問題などでも、売春の現実と倫理的問題が絡み合う複雑な論点である。
福沢諭吉は合理主義者であったのだから、こうした問題に関しても現実的な解決策を述べたことは、何も不思議ではない。
そして、いよいよ問題の箇所が出てくる。

上記の点を踏まえた上で、福沢は、

「海外の移植地に娼婦の必要なるは右の事実に徴するも甚だ明白にして、婦人の出稼は人民の移住と是非とも相伴ふべきものなれば、寧ろ公然許可するこそ得策なれ。」

と述べるのである。

以上のように、全集のこの章を見る限りにおいて、そこに「輸出品」として娼婦を公然許可すべきなどということは一切述べられておらず、ここでの論点は移住者の精神衛生面についての具体的な方策にあるのである。

8. 根岸兎角[298] jaqK3ZNlinA 2020年9月11日 11:48:12 : MqW3FylPZg : UWdmNVNvLlFBQ3M=[78] 報告
>>4、7氏の論説に同意する。

鬼束某の諸論は歪曲もいいところだが、その基となった福沢諭吉全集なるものは後半部の『時事新報』に無記名で寄せられたとする諸稿がどうも諭吉本人の筆になるものかどうか疑わしいらしい。
下記のリンクの論考は非常に説得力がある。(初めの三分の一まで。残りは鬼束某と同根の話の紹介と思う。)

fantastic.zouri.jp/index.html

この中に天下の偽書『東日流外三郡誌』と古田武彦なる知る人ぞ知る歴史家?まで登場するので非常に面白い。

9. 2020年9月11日 19:02:47 : eaIUlC9Ctw : T3drZ3FKNGphWnc=[29] 報告
札の顔 おぞましきかな 裏の顔

綺麗事 巧みに飾る 教科書で

人権は 上っ面だけ 欧米も

白人の 威を借り驕り 気に入られ

真実を 包み隠して 綺麗事

近代史 裏の穢れが 基礎支え

10. 2020年9月11日 19:49:15 : XgpvjPYix6 : ZmpkYW9aZ1I0WUE=[9] 報告
福沢の問題の文章は、以下で読むことができる。

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1078065/400

時事新報は、発行部数が、当社は1500部、後には5000部だったそうだけれど、だれに向けられて、書かれたのか?

以下の部分もそうだけれど、福沢には、「移植地に娼婦が必要」などの、甘言をもって、婦女子を、海外での賤業に就かせようととの魂胆が見える。

福沢は、徳川幕府の時代に、イギリスの求めに応じて、香港駐留の英軍兵士のために、日本の娼婦を輸入した例などを引きあいに出す。

「娼婦の営業を以って国の体面に関係ありと論ずれども娼婦の公行は世界一般に同ふする所にして現に文明の中心を以って自から居る倫敦巴里伯林ニューヨークの如き大都会の真中に於いて賤業婦人の数は計ふる○あらざる程にして公に私に某業を営めどもかって人の怪しむものなし・・・・」

「賤業を営まんとなれば寧ろ外に出でて利益の多きこと望むならん何れの点よりするも賤業賦の外出決して非難す可きに非ざれば移住の奨励と共に其出稼を自由にするは経世上の必要なるべし」

海外での賤業の奨励と見なされる。

11. 2020年9月11日 20:02:39 : XgpvjPYix6 : ZmpkYW9aZ1I0WUE=[10] 報告
>>10訂正
公に私に其業を

12. 2020年9月12日 04:14:03 : WpWGTvF4ro : NFpCeHguMk82cjI=[3] 報告
>>9

この川柳おじさんはいつもそうだが、他人のコメントは読まない。自己満な川柳なんかだれも興味なし。

人権の現代基準はもちろん、江戸、明治の人である福沢には当てはまらない。

それより、いい加減な陰謀講談を垂れ流す、本澤が悪い。

13. 根岸兎角[306] jaqK3ZNlinA 2020年9月12日 10:57:53 : MqW3FylPZg : UWdmNVNvLlFBQ3M=[83] 報告
>>10

ご紹介、感謝する。
確かにこれを読むと、無条件で諭吉の娼婦必要悪論を容認してはならないと思う。従軍慰安婦の必要悪論に退治できなくなってしまいそうである。

一方で、諭吉批判にも飛躍があることが分かる。一つは、諭吉が娼婦に直接甘言を以って海外において賤業につかせようとした魂胆があるわけではないことだ。これは国家に対する進言であって、婦女子への語りかけではない。
次に、諭吉は娼婦に出稼ぎさせてその上がりを国家の富にしようと進言したわけではないことだ。この元記事の悪質な歪曲と言える。
そしてもう一つ、娼婦の海外出稼ぎは諭吉とは全く無関係に存在していたということ。遠くは戦国時代の南蛮貿易にまで遡ることができるのではないだろうか。
徳川時代は知らないが、記録の有る幕末からはいわゆるからゆきさんとして知られる歴史事象がある。
ただし、ざっとしたまとめなので、だいぶ不正確かもしれぬことをお断りしておく。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK275掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK275掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK275掲示板  
次へ