★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK278 > 234.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
菅内閣揺るがす馬毛島重大事件<本澤二郎の「日本の風景」(3948)<政府が45億円無人島を160、300億円で買収の怪>
http://www.asyura2.com/20/senkyo278/msg/234.html
投稿者 赤かぶ 日時 2020 年 12 月 28 日 13:30:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

菅内閣揺るがす馬毛島重大事件<本澤二郎の「日本の風景」(3948)
http://jlj0011.livedoor.blog/archives/27490935.html
2020年12月28日 jlj0011のblog


<政府が45億円無人島を160、300億円で買収の怪>

知らなかった、で済まない重大疑惑事件が、大分前から発覚していたのだが、最近まで気付かなかった。アメリカの属国を当然視する安倍内閣の下で、新たな屈辱的な計画が進行していた。それが馬毛島重大事件で、成り行き如何で、菅内閣は倒壊するかもしれない。

 安倍疑惑事件は、列島のいたるところに、まるで地雷のように埋まっていることが分かる。改憲軍拡の極右政権の恐怖である。恩師・宇都宮徳馬が、泉下で怒り狂っている様子が目に見えるようだ。

 ワシントンの対中国戦略の訓練基地を、新たに日本の無人島に作り、米軍に提供するという、第二の沖縄・辺野古移設事件といえるものだ。トランプの犬・安倍晋三が指示して、馬毛島買収作戦が開始されていた。

 かつては神奈川県厚木の米軍基地で、恐ろしい爆音を鳴らしていたものだ。日本列島のどこも、受け入れるところはないに決まっている。自衛隊岩国基地も地域住民が反対している。安倍が目に付けたのが、鹿児島県の無人島だったが、ここも漁民らが反対している。それでも強行するという安倍の意向を受けて、日本学術会議でも話題を振りまいた杉田官房副長官が、所有権者の「タストン・エアポート」なる奇怪な会社と話し合いを行った、が今朝ほどの事情通の説明だ。

 そこで判明したことは、45億円の無人島が、なんと165億円に跳ね上がった。この時に、安倍の補佐官で海外出張不倫で有名になった和泉と、当時、自民党総務会長の加藤勝信(現在菅内閣官房長官)も介入、165億円でまとめ上げた。真っ黒な疑惑を印象付けた決定といえる。談合・ごね得の最たるものである。これは国民の税金・血税である。公明正大なものではない。

 疑惑の会社「タストン・エアポート」は、加藤の義父で、安倍晋太郎の盟友・加藤六月と深い仲という裏事情も発覚した。45億円物件がなぜ165億円に跳ね上がったのか。

 詳しい事情を知る安倍・杉田・和泉・勝信ということになる。国政調査権による国会喚問が不可欠だ。菅もまた、この事件に間接的に関与している、と事情通は指摘している。

 「和泉と菅の仲は、横浜市議時代から」「和泉も横浜在住という関係で特に親しい。その関係で官邸入り、いわば菅の代理人」などと周囲から見られている。

要するに、政治屋では安倍・菅・加藤の3人組と役人の杉田・和泉による165億円決着といえるかもしれない。

 これら一連の重大疑惑について週刊新潮や週刊大衆記者の山岡俊介も何度か報道している。今回山岡メモを提供してもらい、流れを追い、本日事情通にも確認して、以上の疑惑事件をまとめている。

 現状で決着がついてるわけではない。問題の会社トップの交代で、165億円は安すぎる、300億円だ、と言い出してもいるという。間に入った防衛省官僚が更迭された。はたまた物件の7筆に、根抵当権(それぞれ15億円)がついているため、買収は頓挫してしまっている。

 「さらに詐欺的企業の間に下地というカジノ事件に関与して、維新を除名になった、菅とも親しい悪徳代議士も絡んでいて、彼が官邸に脅しをかけている」という事情通の説明から、疑惑は疑惑を呼んでいる。

<安倍のツケが菅に、しかし日本は米国の属国ではない>

 トランプの犬が埋め込んだ地雷が、菅の致命傷になるかもしれないのである。新聞テレビは電通が抑え込んでいるようだが、いつまで抑え込めるだろうか。

 昨日、島根県松江市からの連絡によると、上空を日米の軍用機が飛び交って騒音が激しいという。自衛隊の緊急発進もそうだが、米軍艦載機の爆音に市民が耐えられるものではない。

 同市の会社社長は「木更津駐屯地のオスプレイは要人搬送用でしかない。日本海は危ない」と悲鳴を挙げていた。

 日本国民には、このさい、しかと理解してもらいたい。日本は独立国である。米国の属国ではない。安倍の祖父・岸信介の、60年安保改定で狂ったものであるから、これを対等な条約にすることが、日本政府の主権者に応える喫緊の課題であると。

 宇都宮徳馬ではないが、日本は「アジアに立つ」(講談社)。沖縄から米軍を引き揚げさせる、むろん、馬毛島に訓練場を作らせない。そのための護憲リベラルの政府を実現する。ここに的を絞るべきであろう。

 神社参拝ではなく、この点に枝野と小沢は集中すれば、主権者はついていくだろう。

<空母艦載機の離発着訓練は米国内でやるべし、日本領土はNO>

 米空母の訓練場は、戦争の危機を招来させるだけのものである。国民はNOである。まともな護憲の政府を誕生させる時である。

 英シンクタンクの分析では、2028年の時点で、アメリカの経済力は1位の座を、中国に譲るという。話半分にしても、いまの米コロナ対策のいい加減さを見ていると、その可能性は高い。

 地球の経済的磁場は、欧米からアジアに移る。日中と南北朝鮮+ASEANが、地球のエンジン役となることは分かりきっている。アジアの世紀に、米空母艦載機の訓練場など、百害あって一利なし、である。

 米国の領土を利用して訓練するのが、21世紀の要請である。日本領土はNOである。

 安倍家の執事・加藤勝信や沖縄の政治屋・下地らの暗躍を、これ以上許してはならない。

2020年12月28日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[110526] kNSCqYLU 2020年12月28日 13:36:38 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[9302] 報告

米軍訓練候補の馬毛島 政府が約160億円で買収合意(19/11/30)

2019/11/29  ANNnewsCH

日本政府はアメリカ軍の空母艦載機の離着陸訓練をする候補地の鹿児島県馬毛島を約160億円で買収することで所有者と合意したことが分かりました。

 空母艦載機の離着陸訓練を巡っては、神奈川県厚木基地で行われていましたが、騒音の被害が激しく東京都の硫黄島で暫定的に実施されていました。アメリカ軍は、空母艦載機の拠点が山口県岩国基地に移ったこともあり、硫黄島よりも近い馬毛島で訓練できるよう日本側に求めていて、日本政府は29日、馬毛島を所有する会社と約160億円で買収することで合意したということです。これにより、沖縄県などで行われているアメリカ軍の訓練についても馬毛島で行う可能性があります。

2. 赤かぶ[110527] kNSCqYLU 2020年12月28日 13:39:46 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[9303] 報告

3. 赤かぶ[110528] kNSCqYLU 2020年12月28日 13:41:55 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[9304] 報告

4. 赤かぶ[110529] kNSCqYLU 2020年12月28日 13:42:47 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[9305] 報告

5. 赤かぶ[110530] kNSCqYLU 2020年12月28日 13:43:28 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[9306] 報告

6. 赤かぶ[110531] kNSCqYLU 2020年12月28日 13:59:54 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[9307] 報告

7. 赤かぶ[110532] kNSCqYLU 2020年12月28日 14:08:35 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[9308] 報告

「利権の島」買収の裏に「加藤官房長官」 “口利き”面談記録も
https://www.dailyshincho.jp/article/2020/11230559/?all=1&page=1
11/23(月) 5:59配信 デイリー新潮 週刊新潮 2020年11月19日号掲載


立憲民主党議員の質問に答える加藤氏

防衛省「馬毛島」買収に暗躍した「加藤勝信」官房長官(1/2)

 馬毛島の買収で地権者と合意した、と当時官房長官だった菅総理が発表したのは昨年12月。買収の舞台裏は一切表沙汰になっていないが、その一端が分かる訴訟が密かに進んでいる。そこには加藤勝信官房長官の「口利き」を示す面談記録が証拠として提出されていた。

 ***

 その会社は東京・新橋、中華料理店や大衆居酒屋などが立ち並ぶ一画にある。宝石販売会社や法律事務所、「開運鑑定」などが入る雑居ビルの5階。事務所のドアの横には、問題の会社「リッチハーベスト」(以下、「リッチ社」)の他、関連会社2社の表札が掲げられていた。

 民間調査会社によると、不動産業を営むリッチ社は資本金1500万円で年間の売り上げは8千万円程度、従業員は3名となっている。2005年に同社を設立した社長は大手建設会社元役員、もう一人の役員は大手不動産会社の出身だ。事務所の雰囲気や規模、どの点からも「160億円」の巨額案件に関わるような企業には見えない。

 その案件とは、鹿児島県の種子島の西方約12キロに浮かぶ広さ約8平方キロメートルの無人島、馬毛島(まげしま)を巡るものである。昨年12月2日、当時は官房長官だった菅総理がこの馬毛島について、約160億円で買収することで地権者と合意した、と発表。地権者は島の99%以上を保有する「タストン・エアポート」という会社である。すでに島の所有権の半分以上が国に移っており、全てにおいて売買が完了したあかつきには、米軍空母艦載機の発着訓練(FCLP)用地として利用される予定だ。

 つまり馬毛島の買収は我が国の安全保障をも左右する懸案なのだが、そんな重大案件にリッチ社が関わったのは紛れもない事実である。その経緯について詳述する前に、買収交渉の生々しい舞台裏を物語る「証拠」をご紹介しておきたい。

裁判で提出された音声データ

 リッチ社がタストン社を相手取り、馬毛島の売買代金160億円の3%、約5億円を仲介手数料として支払うよう求める民事裁判を起こしていることはまだほとんど知られていない。そして、その裁判に興味深い証拠が提出されていることも――。

 その一つは音声データの反訳書、すなわち、会話の内容を文字で書き起こしたものである。音声が録音されたのは16年5月31日、場所は世田谷区にある「立石建設」の本社ビル。喋っているのは、タストン社や立石建設の創業者である立石勲氏やその親族と、リッチ社の役員、リッチ社側の関係者などである。

 この反訳書はタストン社側が提出した証拠。音声が録音された翌日、タストン社とリッチ社は馬毛島の売買を巡り専属専任媒介契約を結んでいるが、その背景に「脅迫」があったとタストン社側は主張しているのだ。専属専任媒介契約を結ぶと、タストン社はリッチ社以外の不動産会社に取引の仲介を依頼することができなくなる。また、タストン社はリッチ社から金を借りていて、この時点で数億円に膨れ上がっており、すぐに返済できないなら専属専任媒介契約を結べ、とリッチ社側は求めている。

 この音声データには興味深い点が複数あるが、一つは、国との馬毛島売買に向けた交渉がすでに始まっていることが示唆されている点である。政府がタストン社と馬毛島の売買契約に向けて協議を始める合意書を締結し、それが報じられたのは16年11月。その半年も前に録音された音声データの中で、リッチ社の役員は次のように話している。

「国も、国も、ね? 何度も何度もこの話してるから、ちゃんと了解取れてんのかって言われて(机をたたく)。これ(専属専任媒介契約書)を持ってかなきゃいけないんですよ」

「金集元(ママ)からも、いい加減にしろってプレッシャーがかかってきてるからこっちも必死になってるわけですよ。そしたらちょうどここにきて、国の方がいいよって言いだしたから、じゃあこれに乗っかるしかないだろう。だからここ1カ月くらいの話ですよ」

「ちょろちょろさせるな」

 また当時、タストン社の勲氏は沖縄を地盤とする下地幹郎代議士にも交渉の窓口を依頼していたようで、「下地先生なら菅官房長官のハンコをもらえる」、つまり馬毛島の売買をまとめられる、とリッチ社の役員に伝えている。しかしリッチ社役員らはそれを一蹴し、次のように話している。

リッチ社役員「押さないって言ってんじゃん、だから。菅さんは」

勲氏「言ってるんですか?」

リッチ社役員「言ってますよ。下地の話は聞かないっつってんだから」

リッチ社関係者「もう(菅さんに)会ってるんだよ、みんな」

リッチ社役員「なんで自民党が維新の会のハンコ押すんですか?」

リッチ社関係者「だから下地があんまり動いているようだから早くしろよ、と(机たたく)」

リッチ社役員「ちょろちょろさせるなって言われてるんですよ。下地クラスを」

 それでも勲氏は「下地ルート」を諦めきれないようで、こう食い下がる。

勲氏「その下地の話は本当にだめなんですか?」

リッチ社役員「だめですよ。何回も言うけど。いや、だから、借りてくればいいじゃない、下地がお金用意するつったら」

勲氏「あの人は金はできないけど、ハンコさえもらえばと言うんですよ」

リッチ社役員「だからもらえないっつってんだから」

勲氏「菅さんからですか?」

リッチ社役員「600回言いますよ、もう、600回言ってますよもらえないって。なんで下地の書類に菅さんがハンコ押すんですかって」

リッチ社関係者「話になんねーな」

契約前に何度も加藤氏と面談


訴訟の証拠として提出された面談記録

 この反訳書以外にもう一つ興味深い証拠がリッチ社側から提出されている。馬毛島売買の仲介行為に関する「面談記録」(画像参照)。それを見ると、専属専任媒介契約が交わされた2日後の6月2日、リッチ社は、当時は内閣府特命担当大臣だった加藤勝信官房長官の議員会館で秘書と面談している。一方、タストン社側は「勲氏が手帳に記したメモ」を証拠として提出しているが、6月2日のメモには〈弁ゴ士より議員会館に提出〉とある。つまり同日、リッチ社は交わしたばかりの専属専任媒介契約書を加藤氏の事務所に届けたとみられるのだ。

 さらにその2年後の18年10月25日から12月28日にかけて、リッチ社は4度も議員会館で加藤氏本人と面談している。また、菅総理の懐刀で、週刊文春に「コネクティングルーム不倫」を報じられた和泉洋人総理大臣補佐官とも3度面談している。タストン社と防衛省が馬毛島の売買仮契約を結んだのは19年1月9日。その直前、リッチ社は加藤氏と和泉氏に頻繁に面談を重ねていたことになるのだ。

「馬毛島に関しては、長らく防衛省とタストン社の勲氏が売買交渉を続けてきましたが平行線を辿るばかりだった。そこで途中から菅総理が『菅案件』として馬毛島案件を抱え込んだ。18年7月には菅総理本人が勲氏と会っていますが、主に現場で動いたのは和泉補佐官でした」(政府関係者)

リッチ社と加藤氏の関係

 では、リッチ社と加藤氏はいかなる関係なのか。

「リッチ社と加藤さんの義父、故加藤六月元農水相は古くからの親しい間柄で、それが勝信氏に引き継がれたと聞いています」(同)

 両者の関係を間近で見てきた勲氏にも話を聞きたいところだが、同氏に近い関係者はこう語る。

「勲さんは昨年11月に正式に馬毛島の売買が決まって安心してしまったのか、今年に入ってから一気に体調を崩してしまいました。元々80代とは思えないくらい若々しいというか元気な人だったのですが、急に年相応以上になった」

 リッチ社と加藤氏の関係については、

「一体視していました。勲さんはリッチ社を加藤さんの『関連会社』と言っていました」(同)

特集「『利権の島』に血税120億円が消えた! 防衛省『馬毛島』買収に暗躍した『加藤勝信』官房長官」より

8. 赤かぶ[110533] kNSCqYLU 2020年12月28日 14:11:52 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[9309] 報告

9. 赤かぶ[110534] kNSCqYLU 2020年12月28日 14:17:12 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[9310] 報告

https://twitter.com/ootaku_watch/status/1330732170327977985


10. 赤かぶ[110535] kNSCqYLU 2020年12月28日 14:26:02 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[9311] 報告

https://twitter.com/mabuikantei20/status/1330671633296605186


11. 赤かぶ[110536] kNSCqYLU 2020年12月28日 14:28:29 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[9312] 報告

https://twitter.com/EagleShunji/status/1330974524641222656


12. 赤かぶ[110537] kNSCqYLU 2020年12月28日 14:33:20 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[9313] 報告

https://twitter.com/NekiesUotad912/status/1330672918968246273


13. 赤かぶ[110538] kNSCqYLU 2020年12月28日 14:36:35 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[9314] 報告

https://twitter.com/genkimu/status/1330642346732515329


14. 2020年12月28日 16:00:01 : FoP2Dr9OdQ : aTNodDdDUFdFdEk=[51] 報告
transimpex_ochd(スコットランド・ケール語で8です)で投稿しています。

創価で朝鮮人の村八分はあり。

本当の日本人対象の。

大阪市住吉区。

創価維新が市長・知事をしている理由。


それから 創価公明党の名前が出ないのは何故?

創価が日本を日本人を劣化させているのは有名な話。

彼等は 偽天皇・皇室の手下。

[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に場違いコメント多数でアラシ認定。

15. 赤かぶ[110560] kNSCqYLU 2020年12月28日 16:47:53 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[9336] 報告

16. 赤かぶ[110561] kNSCqYLU 2020年12月28日 16:48:22 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[9337] 報告

17. 地下爺[13637] km6Jupbq 2020年12月28日 16:51:26 : O8iWkU9xA2 : L0pEZTdYMWFiMFU=[76] 報告

 自民党だもの。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「馬毛島」所有企業を追い詰める債権者と加藤自民党総務会長の関係
http://hunter-investigate.jp/news/2019/05/post-1339.html

>日米安全保障委員会(2プラス2)における共同文書に、硫黄島で行われている陸上離着陸訓練(タッチアンドゴー)の移転先として明記された「馬毛島」(鹿児島県西之表市)。安倍政権は、債権者を煽って島の大半を所有する「タストン・エアポート」が破綻するよう仕向けてきたが、失敗して売却交渉自体が頓挫している。今年1月に結ばれた仮契約も、同社の交渉打ち切り通告によって白紙に戻った格好だ。
 膠着状態が続く中、動き出したのがタストンの債権者である不動産会社。タストンの親会社である立石建設が受注した、“公共事業”の工事代金を差押えるという乱暴な手段で、再び揺さぶりをかけている。改めて、関係者を取材した。

■五輪アメリカ選手団のキャンプ地に危機
 国側を代表して売却交渉にあたってきたのは防衛省。タストン社の代表に、親会社である立石建設の会長・立石勲氏が返り咲いたとたん、交渉の窓口を閉ざしてしまった。これまで通り、手ごわい相手とは交渉せずに、別の債権者がタストン社及び同社の親会社である立石建設を潰すのを待つ作戦だ。

 実際、タストンの債権者である不動産会社「リッチハーベスト」(東京都)が立石建設に対する債権差押えに動き、今月5日、東京地裁が世田谷区に対し、立石建設に支払われる予定となっている工事代金の差押命令を出していた。下は、HUNTERが入手した「差押債権目録」から記述部分だけを抜粋したものである。

さしおさえ (1).jpg

 リッチハーベストが、立石建設に対し6億円近くの債権を有している形で、差押えられた債権は3件。立石建設が請け負っている3件の公共事業で支払われる予定の工事代金を、世田谷区から回収しようという算段だ。

 問題は、12億4,880万円が支払われる予定となっている⑵の「世田谷区立総合運動場陸上競技場等改装工事」。同工事が行われている世田谷区立総合運動場(大蔵運動公園陸上競技場)は、来年開催される東京オリンピックで、アメリカ選手団がチャンプ地として使用する施設なのだ。債権差押えの影響によって工事が遅れるようなことになれば、アメリカ側に迷惑をかけることになりかねないのだという。

 随分乱暴な取り立てに見えるが、リッチハーベストとはいかなる会社なのか――。調べていくと、独特の錬金術的カネ儲けの手法と、安倍政権中枢とのつながりが見えてくる。

■「リッチハーベスト」の裏に加藤勝信自民党総務会長?
 前述したとおり、リッチハーベストの立石建設側に対する債権の額は、確認されているだけで約6億円。返済しない立石建設側に責任がありそうに思えるのだが、同社の関係者は「とんでもない」と否定する。差押えになった債権は、不動産取引を装った賃貸借契約を巡る違約金などが膨らんだもので、実際に立石建設側が受け取った金額は1億円程度でしかないというのだ。以下、同社関係者との一問一答である。

Q:リッチハーベストとの関係と、これまでの経緯について知りたい。
A:馬毛島の維持管理にアップアップだったため、知人から紹介されたリッチハーベストに融資を申し込んだのは確かです。平成24年頃。借りたのは5,000万円が2回で1億円。ところが同社は、『うちは貸金業者ではないから』と言って不動産売買契約書を作り、1億円を売買契約の手付金としたのです。契約の対象となったのは、立石建設の本社社屋など当社関連の不動産でした。もちろん、建前上の契約だと思っていましたから言われたとおりにしました。借りる側は立場が弱いですから。
Q:金銭貸借だったということか?
A:そうです。あくまでも貸し借り。ところが、返済期限が来たところでリッチハーベストは「売買契約だ」と言い出し、物件を売らないのなら違約金として1億円を払えと請求してきたのです。裁判になりましたが、残念ながら当社の負け。書類上は、完璧だったのです。違約金だの遅延損害金などが積もり積もって、いつの間にか債権は6倍、7倍。本社ビルは差押えられるわ、代表者の自宅の競売申し立てを受けるわで、大変な騒ぎになりました。

Q:しかし、本社の土地も建物も、抵当権はついているが所有権者は変わっていない。なぜか?
A:リッチハーベストとのゴタゴタは4、5年前から。とっくの昔に大事な不動産を取り上げられているはずなのに、状況は変わっていません。リッチハーベストは、債権回収の期限を延ばす代わりに、馬毛島の専任媒介契約を要求してきたのです。たしか、最初の売買価格は380億円。その契約を結んだことで、リッチハーベストは競売を取り下げたのです。

Q:リッチハーベストの狙いは、馬毛島だったということか?
A:そうです。

Q:1億程度の貸し借りでしかないのに、なぜリッチハーベストの言いなりになったのか?
A:リッチハーベストは、いまの自民党総務会長・加藤勝信代議士との関係を強調していました。なんでも、(リッチハーベストの)役員が加藤代議士の先代である加藤六月からの深い付き合いということで。勝信代議士は大臣経験者である六月さんの娘婿。リッチハーベストに任せれば、なんとか希望の額の範囲内で島の土地を売却できると考えたのです。
  
Q:リッチハーベストの裏に、加藤勝信自民党総務会長の存在があるとみているのか?
A:もちろんです。リッチハーベストからの指示で、加藤代議士あての嘆願書を書かされたこともあります。馬毛島の売却交渉は、防衛省ではなく官邸の主導。菅義偉官房長官と加藤代議士が組んで、うち(タストンと立石建設)を潰して、安く馬毛島を手に入れようという魂胆だとしか思えないのです。
  
Q:160億円で仮契約を結んでいたが、それでは不足か?
A:既に報道されているとおり、タストンの負債額は240億円に上っています。160億円では足りないのです。防衛省も官邸も、そのことは十分に理解されているはずです。160億で島を売ればタストンは破産、立石建設も連鎖倒産ということになります。国の方から売ってくれと言っておきながら、それはないでしょう。160億を基準にするにしても、条件面での交渉は受けるべきではないのでしょうか。しかし、防衛省の担当は、私どもと会おうともしない。

Q:倒産を待っていると……?
A:だから、差押えだの、競売だのと言ってくる。加藤代議士と関係の深いリッチハーベストが。

Q:リッチハーベストとタストンとの間で、馬毛島の土地を200億円でリッチハーベストに売るという契約があったと聞いている。事実か?
A:事実です。リッチハーベストが「あくまでも所有者として防衛省と交渉するための形式的な契約書」と申し立ててきたので、馬毛島を200億円でリッチハーベストに売る売買契約書を作ってしまったんです。ですが、リッチハーベストは購入契約の契約金を一銭も払っていません。リッチハーベストは、契約書上で馬毛島を200億円で買って、防衛省に300億円で売却するつもりだったとみています。

Q:立石建設の経営は大丈夫なのか?
A:そこは、ご心配には及びません。資金の手当てもできそうですから。

Q:馬毛島に、東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴って発生した「汚染土」を持ち込むという話があるが?
A:いろいろな話があるのは事実ですが、まずは国との協議が最優先だと考えてきました。しかし、国は私どもとの話し合いにも応じない。言いなりになる前社長はしょっちゅう呼び出していたのに、(立石建設会長の)立石勲とは話もしない。160億円では不足だと言われるのが嫌なんでしょう。先ほども申し上げましたように、負債は240億円あるんです。足りないに決まっている。タストンが欲張りのように言われてますが、自分の会社を潰してまで国に尽くす経営者がいますでしょうか?

Q:防衛省と話し合う気持ちはあるということか?
A:もちろんです。何度も協議を申し入れたわけですから。でも、連絡さえしてこない。そのうち、リッチハーベストが債権の差押えに動いてきました。国は、私どもが潰れるのを待っているのでしょう。こんなことが許されるのでしょうか?

Q:今後、どう動くつもりか?
A:差押えに対処しながら、国の動きを見守ります。
 下が、立石建設関係者の話に出てきた「200億円の土地売買契約書」の一部である(赤いアンダーラインと書き込みはHUNTER編集部)。契約日は「平成30年6月26日」。リッチハーベストが本当に契約金額を支払うつもりだったのかどうか分からないが、不可解な債権・債務の延長線上に、この契約書が生まれたのは確かだ。

001−2.jpg
 調べてみたところ、リッチハーベストの資本金は1,500万円、年間の売上は8,000万円(2017年時点)ほどだった。200億円の土地代金を、どうやって調達するつもりだったのか疑問だ。立石建設側の言い分が事実なのか否かも確認する必要がある。23日、リッチハーベスト側に取材を申し入れところ、「けっこうです」で一蹴。取材拒否だった。

 事実上とん挫した馬毛島の買収交渉。このままなら、2プラス2の合意事項は守られないことになる。原因が、島の持ち主を破産させようと企んで失敗した安倍政権にあると知った場合、トランプ大統領はどう出るのか――。大統領は25日、2度目の来日となる予定だ。



18. 地下爺[13638] km6Jupbq 2020年12月28日 16:52:33 : O8iWkU9xA2 : L0pEZTdYMWFiMFU=[77] 報告
>001−2.jpg


19. AN[1646] gmCCbQ 2020年12月28日 17:53:44 : 7TkzMLzxKM : cGh5emt2eldjV2M=[150] 報告
(細かいことだからさ、本筋に無関係なんだけど、「160、300億円」って書くと、”16兆300億円”の意味になります。 ”160.3億円”と書きましょうね、良い子の皆さん)

 んで結局、馬毛島は塩漬け? 二重に勿体ないな。

20. 2020年12月28日 20:48:46 : W8q3X92Dqs : TkpuL1A1dXpBTUk=[17] 報告
気前よく 割高で買う 血税で
21. 2020年12月29日 01:56:06 : IJjjrLkBu1 : TkVzTE5CdVJubC4=[1800] 報告
辺野古も当初は政界関係者が買い漁っていたとの報道があったが、その後は音沙汰がなくなってしまった。土地利権が絡んでいるとなると基地建設の是非以外に利権の問題が拡大するからだろう。尖閣もしかり馬毛島もしかりで、いつの間にか無人島である筈が地権者が居る旨報道されている。尖閣も当時国有化するために地権者とやらから買い取り国有化した事で鎮静化していた領地問題で中国という寝た子を起こしてしまい、防衛戦略の変更を余儀なくされ米軍産を喜ばせている。
   辺野古も地権者である中央政界人にとっては絶対に作らねばならない案件であったのだろうが建設の目途が立ったと認識したか地元民の反対を他所に何処吹く風で、今度は馬毛島が利権の対象となったようで、懲りない面々である。
   地権者が与党関係者の親族であるならば加計学園建設問題と同様で、かつ自治体の公有地に中央の地権者を設定し、逆算して価格を大風呂敷で設定してしまう荒業だ。当然委託事業化では無いが中抜きがあろう。
   とにかく内閣府は米大統領府を形だけ模したような完全な伏魔殿で、国民納税者が時の首相の宿舎として貸与している筈の官邸が官邸官僚らに占拠され、彼らが内閣の側近に付き、官邸を営業事務所化し首相の権威と権力を看板に公金や公有地を関係者に斡旋するサイドビジネスを行っている。
   内閣と官邸官僚の一団は、自身で内閣府ワーキンググループと称しているようだが何のことは無い、映画オーシャンズ、11や12の如き一大詐欺グループの別称ということではないのか。映画オーシャンズ11や12は成金や強欲な資産家の私財を狙うからこそ観られるが、内閣府のワーキンググループは、経産、防衛、杉田氏ら警察官僚が側近として侍ることで、首相をボス格に、実質的には側近らが国民から徴税した公金を采配する巨悪状態であるところで納税者として看過出来ない程の政官一体化による国家的犯罪である。
   当然ながら国会で精査検証すべきであることは間違いなく、場合によっては議会有志で告発し検察行政を動かさねば、公金を原資にした腐敗が留まるところを知らないのである。
   
22. 斜め中道 (-_-メ)[3201] js6C35KGk7kgKC1fLdIp 2020年12月29日 11:54:23 : 460ZVzz1ys : SDZ2LjR6cm1sVk0=[6289] 報告
165億円にゃのか?
16兆円にゃのか・・・160、300億円???
23. 2020年12月29日 15:00:15 : HRH22IkMgM : dUx0d1oxSUNaNEE=[25] 報告
日本の日米安保条約知的障碍者は;

”アメリカの属国”という、まるで日本は独立主権国家の
地位を放棄した国であるかのように、日本人に唾を吐く用語
を使い、平気の平左で居ることが出来ます。

http://www.asyura2.com/20/senkyo278/msg/216.html#c35
で言及している様に;

日米安保条約6条:

『For the purpose of contributing to the security of
Japan and the maintenance of international peace
and security in the Far East,』

要するに、日本の安全保障と世界平和の維持と極東地域の
安全保障を目的に、米軍は日本に駐留しています。

一方、自衛隊は本土防衛専用隊ですから、自衛隊の防衛範囲
は本土防衛に限定されますので、

自ずと防衛兵器は限定されます、地対空ミサイルは合憲兵器
ですが、地対地ミサイルは違憲兵器となります。

なぜなら、地対地ミサイルだと、射程距離が長くなり、敵基地
攻撃能力を持ってしまうからです。

要するに、自衛隊のミッション(防衛守備範囲)と駐留米軍
のミッション(防衛守備範囲)が大きく異なるわけです。

この状況を放置してしまうと;

憲法前文:

『政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうに
することを決意し』

と整合性が取れなく成ってしまいます。

従って、日米安保条約を「憲法9条解釈:自衛隊は本土防衛
専用隊」と整合性が取れる条約に改正することが必須と
成ります。

24. 2020年12月29日 15:51:56 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[7865] 報告
琉球列島ミサイル戦争の危機 上映・講演会
•19 時間前にライブ配信
UIチャンネル 東アジア共同体研究所:East Asian Community Institute
https://www.youtube.com/watch?v=EUka_8HNNOM

「『軍港』阻止へ立ち上がる人々」ウィークリー沖縄 Vol.38
•2020/12/27
UIチャンネル 東アジア共同体研究所:East Asian Community Institute
https://www.youtube.com/watch?v=93BR79WTCIs

25. 2020年12月30日 21:31:54 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[7881] 報告
〖沖縄〗宮古島市長選は激戦か - 両陣営、票読み難しく
•2020/12/30
時事ぽぽんぷぐにゃん
https://www.youtube.com/watch?v=_ImG9Faahos

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK278掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK278掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK278掲示板  
次へ