★阿修羅♪  Ψ空耳の丘Ψ17
 ★阿修羅♪
Ψ空耳の丘Ψ17検索
 次へ  前へ
メーソンによるモーガン暗殺事件 投稿者 トム・モレロ 日時 2002 年 4 月 07 日 16:27:23:

(回答先: フリーメーソンの操心術(マイケル・A・ホフマン2世) 投稿者 トム・モレロ 日時 2002 年 4 月 07 日 16:24:55)

マイケル・A・ホフマン2世の著作「フリーメーソンの操心術」の150頁より。

●モーガン暗殺事件
フリーメーソンが最初に起こした暗殺は、1826年の作家ウイリアム・モーガンの殺害である。その時以来アメリカ人は、隠れた力がこの世を支配しているという、めまいのするような現実と対峙するようになった。

ニューヨーク州バタビアにウイリアムモーガン記念碑がある。碑文には、「われわれの市民的諸制度はフリーメーソンによって破滅を見るだろう。彼らはすでに力をたくわえ、日ごとに巨大になっている。私は国家に対して、その危機を暴く義務がある。Wm.モーガン大尉」とある。
記念碑の裏面には次のように刻まれている。
「ウイリアム・モーガンを偲んでここに奉じる。彼はヴァージニアに生まれ、1812年の戦争(米英戦争)において大尉となった。バタビアの敬愛すべき市民であり、真実を書き、それを公刊し、真実を語り続けた自由の殉教者であった。彼は1926年にフリーメーソンによりこの地近郊で拉致され、彼らの組織の秘密を暴いたため殺害された。」
この記念碑は一般の寄付によって建てられた。
モーガン暗殺をきっかけとして反フリーメーソン派の国民的な運動が高まり、北東部一帯のフリーメーソン・ロッジは閉鎖された。1828年の反フリーメーソン派のニューヨーク州知事候補は、ほぼ半数の票を得た。反フリーメーソン派は、合衆国の歴史上はじめて大統領候補の指名をボルチモアにて招集するという栄誉をになっている。反フリーメーソン派の大統領候補ウイリアム・ワートは、1812年の選挙で、バーモント州で勝利した。

スティーブン・ナイト著「切り裂きジャック最終結論」の246頁より。
「1826年に出版された”暴かれたフリーメーソンリー”の中で、合衆国のフリーメーソンであるウイリアム・モーガンは以下のように明言している。
 ロイヤル・アーチ・メーソンが交わす誓いでは、殺人や反逆も例外とはされてはいない。したがって、この誓いのもとでは、いかなる罪をも犯すことができるのである。」

モーガンの記念碑の画像は以下のリンク先で見ることができます。
http://www.freemasonwatch.freepress-freespeech.com/party.html

 次へ  前へ



フォローアップ:

全★阿修羅♪=

 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。