★阿修羅♪
 ★阿修羅♪
Ψ空耳の丘Ψ17検索
検証・メディア規制3法案と表現の自由(ザ・スクープ 動画へのリンク) 投稿者 たけしくん 日時 2002 年 4 月 15 日 00:38:16:

3月30日放送

検証・メディア規制3法案と表現の自由(ザ・スクープ 動画へのリンク)
http://www.tv-asahi.co.jp/scoop/update/special_back/20020330_010.html

去年国会に提出された「個人情報保護法案」に加えて、今国会では「人権擁護法案」
「青少年有害社会環境対策基礎法案」も提出され、いわゆる<メディア規制3点セッ
トが揃って審議入りする情勢となっている。

一見、青少年の健全な育成や人権擁護といった“優しい顔”を持つこれらの法案に秘
められたワナとは? マスコミ自身の問題点を自戒を込めて検証する一方、メディア
やジャーナリストの活動に法的な規制を加えて国家の監視下に置き、「表現の自由」
や「知る権利」をないがしろにしかねない危険な動きに警鐘を鳴らす。

ゲスト:上智大学教授 田島泰彦


----------------------------------------------------------------------------
■ @青少年有害社会環境対策基本法案(1)〜(3)自民党青少年環境小委・田中直
紀委員長に聞く、メディアの自主規制/テレビ朝日では@スタジオトーク(1)〜ア
メリカの試み・Vチップ、犯罪発生と青少年の非行に対するメディアとの因果関係は?
法規制で「子どもの権利条約13条」はどうなる?@個人情報保護法案(1)<取材
VTR→スタジオ→取材VTR→スタジオ 約13分> ADSL(300k)>>ISDN(64k)>>

----------------------------------------------------------------------------

■ @個人情報保護法案(2)取材活動におよぼす影響とはーTBS『報道特集』キャス
ター・田丸美寿々氏、フジテレビ『スーパーニュース』キャスター・木村太郎氏、日
本テレビ・石井修平報道局長にきく@スタジオトーク(2)〜この法律が恣意的に運
用される懸念はないのか?裁判になったときの判断基準、内部告発も規制されてしま
うおそれはないか。<取材VTR→スタジオ 約10分30秒> ADSL(300k)>>ISDN(64
k)>>

----------------------------------------------------------------------------

■ @人権擁護法案〜松本サリン事件被害者・河野義行さん、桶川ストーカー殺人事
件の被害者家族が語る“報道被害”と法案、BRO(放送と人権等権利に関する委員会)
の設置@スタジオトーク(3)〜1番の問題点は、判断をくだす人権委員会が政府か
ら独立性を確保していないこと、法案の落とし穴は、一般救済手続か。@スタジオトー
ク(4)〜「メディア規制全体をめぐって」これはもはやTV局のみならずあらゆるメ
ディア、個人の表現活動を国家の監視下におく法案だ!なぜ、今小泉総理が3法案一
気成立をめざすのか?有事法制の立法化検討など危険な流れがでてくる可能性はない
か。<取材VTR→スタジオ 約21分> ADSL(300k)>>ISDN(64k)>>

----------------------------------------------------------------------------

★阿修羅♪の関連投稿はこちら
http://www.asyura.com/2002/bd17/msg/518.html

 次へ  前へ



フォローアップ:


全★阿修羅♪=
 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。