★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
IMF専務理事、日本にデフレ阻止強く求める〔日本経済新聞〕 投稿者 FP親衛隊国家保安本部 日時 2002 年 9 月 20 日 15:47:15:

【ワシントン=吉田透】
国際通貨基金(IMF)のケーラー専務理事は19日、ワシントンで講演し、日本のデフレが世界経済にとって懸念材料だと述べたうえで、「日本はデフレ阻止へ断固として行動すべきだ」と強調した。
ケーラー専務理事はこのほど訪日した際に、日本政府に経済再生に向けた構造改革の加速を促したばかり。この点も踏まえて講演では「IMFは日本との話し合いを積極的に進めているが、日本の政治システムが足かせになって改革が前進していない」と、日本の取り組みの遅さに不満を示した。
日銀が18日に金融安定化のために決めた銀行保有株買い取りについては言及しなかった。世界経済については「数カ月前に比べて下向きのリスクが明らかに高まりつつある」と懸念を表明。具体的には米会計不祥事やそれに伴う株価下落、ブラジルやアルゼンチンなど新興市場国の金融不安、中東情勢の緊迫に伴う石油価格変動などを不透明要因として挙げた。 (11:40)

 次へ  前へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2021年3月20日 15:03:27 : AurVUCE0Tg : TmFlT3Uzc3U0ZXM=[12] 報告
歴代トップが犯罪容疑にからむIMFに、高まる改革要求
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/02/imf-5.php
<過去3代のトップが犯罪行為に関与したIMFへの信頼が揺れている。ヨーロッパから専務理事を選任するというIMFの「紳士協定」には時代遅れという指摘が>

今月23日、スペインの裁判所は国際通貨基金(IMF)の元専務理事だったロドリゴ・ラト元スペイン経済相に対して横領罪で実刑判決を下した。

ラトは大手銀行バンキアの代表を務めていた2010〜13年の間に同行の法人クレジットカードを使って銀行資金を私的流用。ラトや経営陣60人以上が関与して、1200万ユーロ(約14億円)が横領された。ラト自身は、高級バッグを購入したり、高級ホテルの宿泊、酒などに約10万ドルを使ったりしていた。

しかもバンキアは、2012年に経営難に陥り、政府やEU(欧州連合)から多額の公的資本が投入されていることから、スペイン国内では繰り返しデモも起きている。

ラトは2004年から3年間にわたりIMFのトップを務めた人物だが、実はIMFのトップ経験者が、逮捕または有罪判決を受けるケースは、彼が初めてではない。実際には、過去3代の専務理事がそれぞれ何らかの事件に関与しており、IMFにとっては恥ずべき事態になっている。もしかしたら、この判決によってIMFが変わるきっかけになるかもしれないとの声もある。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。