★阿修羅♪  戦争10
 ★阿修羅♪
戦争10検索
 次へ  前へ
Re: 「全燔祭」=ホロコーストに由来するものでは? 投稿者 あっしら 日時 2002 年 3 月 14 日 22:00:24:

(回答先: サウジアラビア紙に掲載された「ユダヤ人のペストリー」に関するコラム 投稿者 ドメル将軍 日時 2002 年 3 月 14 日 20:42:01)

ドメル将軍、お久しぶりです。


書かれている内容から推測して、“血のペストリー”は、古代セム系の新年祭(イスラムと同じように春分を年の始まりと考える)に由来するものではないかと考えます。

ヘブライ人やフェニキア人などが新年祭の流れで行った「全燔祭」のことを“ホロコースト”(今ではナチスの「ユダヤ人虐殺」を指すものとして有名)と言います。

(フェニキアは、中東のシリア・レバノン地域を拠点にしつつ、地中海沿岸に植民市を数多くつくった商業国家です。カルタゴは、フェニキアの植民市として誕生し、ローマ帝国に滅ぼされるまでは西地中海で覇を誇っていました。フェニキアが滅びたとき、地中海沿岸に“忽然と”ユダヤ人の都市が現れたことから、そのユダヤ人は、フェニキアと同族だと推定されます。ユダヤ人は、ユダ王国やイスラエル王国に定住していたわけではなく、ローマ帝国によって滅ぼされる前から“流浪”していたのです。「バビロン捕囚」も、統治者や司祭のみがバビロニアに連れていかれ、それなりの待遇を受け、ペルシア王から解放されても、多くが“商売の都合”からバビロニアを離れなかったというものです。「バビロン捕囚時代」の一般ユダヤ人は、そのまま土地に残り畑を耕し、税の納め先がそれまでのユダヤ人統治者からバビロニアの統治者に変わったというものです)

新年祭では様々な生け贄が供犠所で捧げられましたが、「全燔祭」は、最大のイベントで、生け贄として人間が捧げられました。「初子」や子供、そして、数日間統治者と同じような豪奢な生活をした奴隷などが統治者の身代わりとして犠牲になりました。
「全燔祭」は、共同体=国家に降りかかった災厄の除去を願ったり、共同体や個人が犯した過ちの贖罪であったり、共同体の新しい年の隆盛を祈願するためのものだったと言われています。

このような歴史的背景が、“血のペストリー”に結びついていったのではないでしょうか。
過越し祭は、子供の血を使うということであれば、「全燔祭」に近い位置づけの祭なのかも知れません。


ユダヤ教徒が宗教的にどうしても生け贄が必要だと言うのなら、属する国家の許可をとって、身内に犠牲者を求めるべきでしょう。

イスラエル共和国の刑法(タルムード?)についてはまったく知りませんが、書かれている行為は、ほぼすべての国家の刑法にふれるものですから、まともな国家は、きちんと取り締まらなければなりません。


 次へ  前へ





フォローアップ:

全★阿修羅♪=

 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。