★阿修羅♪  戦争10
 ★阿修羅♪
戦争10検索
 次へ  前へ
Re: アラブ諸国が強硬「対決論」台頭、対イスラエル←アメリカとイスラエルの思う壺、武力は慎重に 投稿者 モルモット 日時 2002 年 4 月 02 日 00:26:07:

(回答先: アラブ諸国が強硬「対決論」台頭、対イスラエル〔読売新聞〕 投稿者 FP親衛隊国家保安本部 日時 2002 年 4 月 01 日 23:11:32)

 アラブの怒りを誘うのがイスラエルのシャロンと米国ブッシュの魂胆である。うかつに武力を行使してはいけない。この挑発はサダムフセインをおびき出すための罠なのである。サダムを叩くために、アラファトは生贄にされようとしている。全てはシャロンとブッシュが中東大戦を目指しているのだ。日本政府もうかつに米国ブッシュを擁護してはいけない。これは日本にとっても、米国への追従から逃れる機会である。このアラファトの危機を利用するべきだ。日本は中国と連携するべきである。

 次へ  前へ



フォローアップ:

全★阿修羅♪=

 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。