★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
Re: だからミサイルにはとりあえず弾道弾迎撃システム 投稿者 甘南備の住人 日時 2002 年 10 月 22 日 23:07:05:

(回答先: だからミサイルにはとりあえず弾道弾迎撃システムがあるだろ? 投稿者 ▽ 日時 2002 年 10 月 22 日 02:30:25)

▽さん こんばんは 秋も深くなってきましたね。

ところで、2〜3の質問をさせていただきたいのですが。

(▽さん)
仮に、日本が核保有に踏み切れば、
日本を滅ぼす意図を持つ勢力は、それこそ中国や北朝鮮を偽装して、
テロの形態や、事によると――洋上から核を撃ち込んで来る技術的可能性が生じます。
そうした種類の脅威に的確に対処し得る軍事的、政治的能力は、日本にはありません。
(引用終わり)

とありますが、このような偽装攻撃はわが国が核装備をしていようといないとにかかわらず、存在する問題ではないでしょうか。わが国が核装備をしていないからと言って、このようなことを計画する好戦的な国が、じゃあやめようとなることは無いと思います。

それ以上に、侮られて実際に核弾頭を打ち込まれる可能性の方がずっと高いと思いますよ。現実に、北朝鮮のミサイルが実験失敗を装ってわが国を侵犯し太平洋側に打ち込まれたではないですか。

核装備をすれば他国を刺激して開発競争になる、とは、左翼の方たちの常套句ですが、周辺の諸国を見て御覧なさい、こちらが何もしなくても、パキスタン、インド、中国、そして今度は北朝鮮までも核を保有し、その威力をちらつかせているではありませんか。このような、外国勢力に利用されているとしか思われない左翼やマスコミの無責任な行動によって、今のわが国は報復の力を持たない、外国から侵略される可能性すら肯定しようとしない、無責任な国として馬鹿にされるまでになってしまった。これは誰の責任ですかね?

なるほど、中国や北朝鮮が仮想の脅威として良く例示されます。他にも侵略の手段があるじゃないかという事なら、解らぬでも無いですが、こと軍事的な脅威となると、わが国周辺で他に何処の国がありますか?わが国を敵視し憎悪する教育を国民に行っているこの二国を除いては他にそのような国は考えられないではないですか。

このところの報道を見ていても、北朝鮮のミサイルの照準は東京を狙っているなどとされていますが、ほかに狙う必要のある国が無いことを考えると、経済的成長を成し遂げたわが国を脅して、公然とまたは朝銀問題のように非公然にわが国から富をむしりとろうとしているとしか考えられません。
それでもなおかつ、▽さんは、北朝鮮の肩を持つのですか?

ミサイル戦略を維持しようとすれば、莫大な経費が掛かるのは自明の理ですが、だからと言って、迎撃ミサイルだけにせよと言うのでは、日本刀でバズーカ砲を持つ敵と戦えと言っているようなもので、実際に貴重状態が生起するとそれがどんなに無力なものか、考えてみれば直ぐに解ると思いますがね。それを無理やりにカムフラージュして、あなた方は、日本人を騙し、かの国に抵抗できないようにしてきた。あなたが日本人なら、何故そのようなことをするのか、私には全く解りません。
何処の国が攻撃してきたか、直ぐに判断することが出来るかなどとたわごとを述べておられるが、このような高度な技術はわが国の最も得意とする分野じゃないですか。事実、アメリカのシステムの中にも日本の先端技術が沢山採用されていると聞いていますがね。このような技術を持たないのはむしろ中国や北朝鮮のほうで、誤判断の可能性はあちらのほうがずっと何百倍も高い。それなのに、共産圏(とも言えないような珍奇な国ですが)の核装備やミサイル開発には一言も文句を言わないのは何故ですかね。わが国の政界が如何に堕落していようとも、そんなあなたに文句をつける権利は無い。詰まるところ「同じ穴の狢」じゃないですか。「目くそ鼻くそを笑う」とも言いますがね。

ともあれ、このような緊張状態に立ち至ったからには、早急に対抗できる基盤を整備しなくてはなりません。産業振興予算を組むならば是非ともこの分野ですね。金額が膨大だし需要もいっぱいある。座して屈辱を受ける必要などさらさら無い。むしろ先制的に攻撃し勝利を確実なものにする方がアジアの安定には寄与するだろう。決断し踏み出すべきだ。

北朝鮮とはどんな国か、以下のURLも参考になりました。

http://www.jrcl.net/web/frame02I.html

 次へ  前へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。