★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ24 > 167.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
http://www.asyura.com/2003/bd24/msg/167.html
イスラエルの日刊紙『マアリヴ』が地球周回中のコロンビア機の破損した翼の写真を公表
投稿者 佐藤雅彦 日時 2003 年 2 月 04 日 06:11:27:

●コロンビア機空中分解の“左翼損傷”原因説を補強するような、かなり“決定的”な“証拠”がイスラエルから出現しました。

●これはシンガポールの主要日刊紙がフランスAFP通信からのニュースとして伝えたもので、イスラエルの主要紙『マアリヴ』が“シャトル内から写した写真に左翼の亀裂がはっきりと写り込んでいた”という写真つきの記事を載せたのでした。

●『マアリヴ』が掲載した写真は下記をご覧ください。
  (翼の2ヵ所の亀裂がはっきりと指摘されている写真)
http://images.maariv.co.il/images//news2/columbia0302034.jpg

●元の画像はシャロン首相とラモン乗務員とのテレビ会見中に動画として撮影されたもので、写真はそれをキャプチャーしたものだそうです。動画だってフェイクは作れるし、まして写真ならインチキ画像を簡単です。元の画像をライブで見たわけではないので、この写真についての真偽はいまのところ不明ですが、ここまではっきりと“翼の亀裂”の証拠が出てくると、知っていて隠していたNASAの責任や、着陸前の地上からの機体操作についての意図や責任が問題になってくると思うんですけど、いったいそういう方向に議論がすすむのでしょーか?(要注目ですね。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【『マアリヴ』ウェブサイト・英語版の関連記事】
Daily MAARIVE in Israel
http://www.maarivenglish.com/

The Wing of Death

02-03-03 One of the possibilities considered yesterday, the day after the tragic destruction of the space shuttle Columbia, was that one of the wings, on the left side, that was damaged during liftoff, caused the disaster. Did NASA experts make a mistake in evaluating how significant the damage was? Did they know the severity of the damage and just keep quiet about it? If they knew, why did they not inform the 7 astronauts that learned of it only minutes before the shuttle broke apart.

-----------------------------------------------------------

The left wing of the Columbia shuttle from a picture taken out of the shuttle's window. The picture was taken from the news program "Erev Hadash" from Israeli television.
【スペースシャトルの窓から撮影された写真には、コロンビアの左翼が写り込んでいる。この写真はイスラエルテレビのニュース番組「エレヴ・ハダシュ」の放送中に撮影されたもの。】

02-03-03 On the fifth day of his journey into space, Ilan Ramon spoke with Prime Minister Ariel Sharon through a video link. He presented the prime minister his view out of the windows of the Columbia shuttle and right there on the surface of the wing on the left side you could see a long crack and a dent. Eleven days after, it was that very same wing that broke off the shuttle and finally brought it to its destruction. Even if NASA knew about the damage from the moment it happened, they could have done nothing except pray.
【2003年2月3日――イラン・ラモン飛行士は宇宙に飛び立って5日目にアリエル・シャロン首相と動画中継回線を通じて会見を行なった。ラモン飛行士は、コロンビア機の窓から見える眺めを首相にも見せたのだが、その際に撮影された画像にコロンビア機の左翼が写り込んでいた。ごらんになればわかるように、翼の表面に長い亀裂とへこんだ跡が見える。それから11日後、まさにこの翼がシャトル本体からちぎれ落ち、シャトルは空中分解に至ったのだ。たとえNASAがこの損傷を、できた瞬間から知っていたとしても、祈るほかには為すすべがなかったであろう。】

According to Aharon Lapidot, a well respected aviation expert in Israel, the left wing theory is the most plausible explanation for the shuttle disaster.
【イスラエルの著名な航空専門家であるアハロン・ラピドット氏によれば、この“左翼破損”説がスペースシャトル空中分解の原因を説明する最も無理のない仮説だという。】

●写真
http://www.maarivenglish.com/Columbia%20Comp.jpg

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【『マアリヴ』ウェブサイトにあったヘブライ語記事】

●ヘブライ語の記事
http://images.maariv.co.il/cache/ART429331.html

●そこで紹介されている、翼の2ヵ所の亀裂がはっきりと指摘されている写真
http://images.maariv.co.il/images//news2/columbia0302034.jpg


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【シンガポールの『ストレイツ・タイムズ』が報じた記事】
http://straitstimes.asia1.com.sg/latest/story/0,4390,169792,00.html?
シンガポールの『The Straits Times』(2003年2月3日付け)

●●Daily carries photo showing shuttle had 'cracked' wing
  日刊紙がシャトルの“ひび割れた”翼の写真を掲載

JERUSALEM -- The Israeli daily Maariv on Monday published a picture of the Columbia space shuttle showing what looked like two cracks on its left wing.
【エルサレム発――イスラエルの日刊紙『マアリヴ』が月曜日(2月3日)に、左の翼に二ヵ所の亀裂のようなものが見えるスペースシャトル「コロンビア」の写真を掲載した。】

The picture was taken 11 days before the shuttle exploded on its way back to Earth on Saturday, killing all seven crew onboard.
【スペースシャトル「コロンビア」は土曜(2月1日)に地球帰還の途中で爆発し、搭乗員7名が死亡したが、問題の写真はその11日まえに撮影されたもの。】


The photograph was extracted from footage taken by a camera onboard the shuttle during a live satellite video conference between Israeli Prime Minister Ariel Sharon and Colonel Ilan Ramon, the first Israeli to travel to space.
【シャトルは当時、イスラエル初の宇宙飛行士となった搭乗員のイラン・ラモン大佐とイスラエル首相アリエル・シャロンの実況衛星画像会見を行なっていたが、問題の写真はその会見中に機内のカメラが捉えた一連の動画から抜き出したものである。】

During a 15-minute conversation with Mr Sharon and other Israeli officials, Mr Ramon offered to share his view of Earth from the shuttle.
【シャロン首相や他の役人との会見は15分間だったが、このときにラモン飛行士は彼が船内から見ていた地球の姿を、地上の人々にも見せようと外の様子を撮影した。】

Filming the blue planet, the video caught part of the shuttle's left wing, showing two 'long cracks', wrote the paper, which highlighted the alleged damage.
【画像は青い地球をとらえていたが、いっしょにシャトルの左翼が写り込んでおり、そこには2つの“長い亀裂”が見て取れる。同紙はこの“破損”と思われる翼の画像に注目した。】

The fissures could have been the cause of the technical problems experienced by the shuttle which led to its explosion over Texas, 16 minutes before it was due to land last Saturday, the paper claimed.
【翼の表面に見て取れるこの複数の亀裂は、先週土曜日のシャトル着陸16分前にテキサス上空で起きた爆発の原因となった可能性がある、と同紙は述べている。】

Maariv wrote that 'even if NASA had discovered the cracks that appeared at take-off, it would not have been able to do anything' to save the crew.
【『マアリヴ』紙は「たとえNASAが、発射時に生じたこの亀裂を見つけていたとしても、乗組員を救うことは何一つできなかったであろう」と書いている。】

NASA space shuttle programme director Ron Dittemore said on Sunday Columbia had seen a significant rise in temperature on the left side in the minutes leading up to its disintegration.
【NASAのスペースシャトル計画局長ロン・ディットモアは日曜日(2月2日)に、コロンビア機は空中分解を起こすまでの数分間に左翼の温度が急激に上昇した、と述べた。】

Mr Dittemore said the drag on the left increased and the onboard computer tried to correct it by bringing the shuttle to the right.
【ディットモア氏によればコロンビア機は左側がうしろに引かれるような状態となり(機体左側の“抗力”が増加)、機内に搭載されたコンピュータでそれを修正しようと努めたという。】

The NASA official said the drag could be 'indicative' of a missing heat tile or a rough tile on one of the wings.
【NASAの職員によれば、こうした“抗力”の増加は、片翼の耐熱タイルが失われたか破損していることを“暗示”するものだという。】

The shuttle had 24,000 tiles that resist the intense heat that envelopes the shuttle as it hits the Earth's atmosphere.
【このシャトル機には2万4000枚のタイルが貼られており、それが大気圏再突入時に同機を覆う高熱から機体を守る役目を果たしていた。】

Mr Dittemore emphasised that there was no firm theory as to the cause of the disaster, stressing the investigation was continuing.
【ディットモア氏は、今回の惨事の原因について確固たる原因はまだ判明していないと力説し、調査の続行が必要だと強調していた。】

Concern about small cracks found along the metal liners used to direct the fuel flow inside the main propulsion system had forced NASA to delay Columbia's launch, originally scheduled for July 16 last year. -- AFP
【そもそも今回空中分解したコロンビア機は、昨年7月16日に打ち上げられる予定だったが、主要推進システムに燃料を送り込む金属製の供給パイプ内にたくさんのひび割れが見つかって、打ち上げが延期されたという経緯があった。――AFP通信】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ24掲示板へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。