★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 議論・雑談8 > 205.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
フェニキア→カルタゴ→ヴェネチア→・・・のあとにも続くフェニキア人の“嗜好”
http://www.asyura.com/2003/dispute8/msg/205.html
投稿者 あっしら 日時 2003 年 2 月 12 日 16:32:41:

(回答先: ありがとうございました 投稿者 ナカライ 日時 2003 年 2 月 11 日 23:31:26)


ナカライさん、こんばんわ。

フェニキア人がチュロス・カルタゴ・ヴェネチアのような地理的特性を好んだのは、陸からの攻撃がしにくく、海上防衛体制に注力すればいいと考えたからではないかと思っています。

チュロス・カルタゴ・ヴェネチアのあとには、アムステルダム→ロンドン→ニューヨークと国際金融家の活動拠点が移っていくのですが、それにもフェニキア人の地理的嗜好が色濃く出ています。

アムステルダムはご存知のように海抜マイナスの低地地帯にある港湾都市で、運河が縦横に走っています。

ロンドンは、17世紀の清教徒革命から名誉革命を経て金融拠点となっていきました。そして、ロンドンが金融拠点になったのは、オランダからオレンジ公ウイリアムがイングランド王ウイリアム1世に就任した結果です。(イングランド銀行は、ウイリアム1世の特許により創立されました)
このようなことから地理的特性は異なりますが、ローマ帝国を内側からのっとったように、イングランドの経済権益をオランダ勢力が奪取したと言えます。

最後のニューヨークですが、ニューヨークの旧名はニューアムステルダムで、オランダの植民地でした。そして、地理的特性も、二つの川に挟まれたマンハッタン島という点でフェニキア人の嗜好に合うものです。

ヴェニチアもキリスト教(カソリック)、アムステルダムもキリスト教(カルヴァン派プロテスタント)、ロンドンもキリスト教(イングランド国教会)とキリスト教勢力が多数派です。

このようなことが、有力な国際金融家は、フェニキア(カルタゴ)を源流とし、ユダヤ人ではなくキリスト教徒のふりをした人たちだろうと考える根拠です。

 次へ  前へ

議論・雑談8掲示板へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。