★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
http://www.asyura.com/2003/war19/msg/254.html
1メートル大の物体を識別 来年から打ち上げの偵察衛星
投稿者 asahi 日時 2002 年 11 月 21 日 22:06:58:

1メートル大の物体を識別 来年から打ち上げの偵察衛星

 来年2月に打ち上げが始まる国の情報収集衛星(偵察衛星)の概要が21日、明らか
になった。天候にかかわらず24時間以内に地球上どこでも撮影ができ、1メートル大
の物体を見分ける能力を持つ。軍事情報の収集を含む安全保障目的の初の衛星で、平和
利用を掲げてきた日本の宇宙開発政策が転換点を迎える。衛星の運用実態や撮影結果が
どこまで公開されるかは不明で、あらためて議論を呼びそうだ。

 情報収集衛星は、98年8月の朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)によるテポドン発
射を受けて計画が閣議決定された。来年2月と夏に光学センサー(望遠鏡)衛星と合成
開口レーダー衛星を各2機打ち上げ、4機で一つのシステムとする。

 政府関係者によると、1機の衛星は重さ約2トン。南極と北極の上空を通る極軌道を
周回しながら移動。光学センサー、レーダーとも24時間に1回は地球上のあらゆる上
空を通過して、地上からの操作で向きを調整して目的地を撮影する。高度は400〜6
00キロの間。設計寿命は5年。

 物体を見分ける能力(分解能)は光学センサーだと約1メートル。レーダーは天候や
雲などの影響を受けず、分解能1〜5メートル。これらのデータを合成、分析して建物
や土地の利用状況を探る。

 各省庁から撮影や分析依頼を受けた内閣衛星情報センター(東京都新宿区)が、優先
順位をつけ、運営方法を決める。

 毎日特定の場所を撮影することで変化を確認したり、大規模災害の現状を把握したり
するなどの利用が想定されている。軍事施設の整備状況やチェルノブイリのような原子
力事故を早期に把握するのにも役立つ。

 特定施設を連日撮影するには、センサーの向きを固定する必要があるため、別の施設
や災害地などの観測が難しくなる。人間の追跡はできない。

 衛星の開発、製造、打ち上げにからむ総費用は約2000億円。最終的な組み立てを
宇宙開発事業団が担当し、国産主力ロケットH2Aで打ち上げる。

 地上管制系は、内閣衛星情報センターのほか、北海道、茨城県、鹿児島県に地上局を
設置した。関係省庁からの併任を含めた総勢300人の組織が、衛星の管制やデータ解
析に向けた訓練を続けている。

 外観は非公開。軌道が特定されるデータや地上と結ぶ通信用の周波数、発電能力が推
定できる太陽電池パネルの大きさなども機密だ。故障が発生し、運営に支障が出ても公
表されない見込み。運用状況がどこまで公開されるかもはっきりしない。 (14:51)

http://www.asahi.com/national/update/1121/020.html

 次へ  前へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。