★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ63 > 106.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
7回目の終了です(その卒業論文の26)・正しい民族紛争・『欧米とアラブの対立構造は、ゲームの基本設定だった』
http://www.asyura2.com/21/bd63/msg/106.html
投稿者 どう思われますか 日時 2021 年 7 月 05 日 10:04:33: Qy4l4lPG05pBg gseCpI52gu2C6oLcgreCqQ
 

★ 人間はアバター(化身)であり、地底人・神霊・ヒトの移写が、地上世界の地上人(人間)です。

★ (遠い未来の)「真実の人間」が、「VRゲーム」を作り、その内側に「人間世界」を作ったのです。

★ (VRの)地上世界の科学・物理法則は、真実の世界の科学と異なって、変動し不正確です。

★ 2013年頃から「位置が変換」し、あと20年くらいで消滅して、「新しいゲーム」がスタートします。

★ 今の個人主義的な「私」は消滅し、新しい世界では「全体の中での私」という概念に変わります。



@ ところで、『正しい民族紛争・『欧米とアラブの対立構造は、ゲームの基本設定だった』に、ご興味をお持ちでしょうか。

 今回は、過去の歴史においても「犬猿の仲」だったヨーロッパ(白人)とアラブの対立構造の、「VRゲーム」の基本設定に迫って見たいと思いますが、


★ とりあえず、今回は、初心者コースの「入門編」です。

☆☆☆ 今回の記事が読み解けたなら、「花まる付きの卒業証書」を手に、アセンションして、明日からは「ピカピカの変換人」です。お目出度う御座います。
 

A 「ヨーロッパ(白人)とアラブの対立構造」に関する、日月神示ほかの参考文献等その他。

ア) 日月神示の、「ヨーロッパとアラブの対立構造」の見方。

 残念ですが、そんな記述は見つかりませんが、根気よく調査中です。


イ) 「シリウスの解釈」の、「ヨーロッパとアラブの対立構造」の考え方。(★ある研究者の『解釈」の「感想」だが、

◆(民族について)

 『進化が「方向を回転する」ことによって、新しい人種が誕生する、らしいそうだ。
 『民族と人種の違いは、変換を操作する力の度合いの違い、らしいそうだ。

 『東洋人はこの地球で、金星は白人と他のものも居て、水星は黒人で、火星はアラブ人。
 『日本人とは、今の人間の「核質」で、「位置の転換」は、ほとんどがこの核質によって行われている、らしいそうだ。


◆(上記の)白人の「金星」と、アラブ人の「火星」の意味について)

 『惑星とは、「位置の転換」が行われるための「性質」を作り出すもの、らしいそうだ。

 『金星とは、「融和化を行う力」で、進化の方向に精神を換えるところ。

 『火星とは、精神の内面に融和をもたらすために「精神を付帯化する力」で、「人間の意識に反映を行うところ」に等化されたところで、人間の意識が「方向を等化する部分」に向かわせるところ。

 ★『地球とは力の対化で、精神そのもの、らしいそうだ。

 『金星と火星の関係については、金星は「火星の相対化」に反映される、らしいそうだ。

 『金星と火星に磁場が無いのは、「電子を変えていく力」が存在しないと言う事、交替化が無い、覚醒が無い、らしいそうだ。


 『金星人が地球次元を交差できたのは、金星の交差は、次元交差によって行われたものではなく、変換作用によって行われたものであるから、表相自体の交差は、まだ方向性が現われていない、らしいそうだ。

 『金星は「核質の中和」の次元、らしいそうだ。


 『火星の衛星の意味は、火星には、二つの方向性が「中和」を持っている。
 『金星と水星に衛星が無いのは、上次元における関与が生み出されていないからだ。

 『地球は一つの方向性が「中和」を持っている。火星自体は「中和」を持ったものとして送り込まれている。火星自体は「中和という次元」が存在しない。もともと方向性が両方向あるのだ。
 『火星は「位置の等化」が交差を行っている。


◆(惑星の自転と公転の意味について)

 『地球の自転とは、「中和」を行うために生み出された力で、公転とは、「カタチ」を定質に反映させるために生み出された力、らしいそうだ。

 『金星の自転の方向が他の惑星群と逆回りなのは、「人間の最終構成」の「覚醒」が行われている。金星の方向性が「付帯質を等化」してしまっている。表相の顕在化を作り出すものが全て反転しているから、らしいそうだ。


ウ) 「バシャール等ほかの文献」の「金星と火星」の見方。
 (ある読者の「読書感想」によると、『世界中に翻訳された全てを精査した訳ではないが)、

 (バシャールによれば)、『地球は、今、バシャールの現在の状態に向かって進んでいるが、バシャールは地球の未来の姿、らしいそうだ。
    また、
 『地球の数は無限に有り、その数だけ異なった現実が有る、らしいそうだ。

 『貴方たちの太陽系は、全て、ある程度の「意識」を、その表面とか中に持っているが、まだ肉体は無い、
    らしいそうだが、
 『金星に有るのは、アストラルやエーテルのレベルの意識だが、大体、そこの存在は、愛の流れを上から統括的に見ているのだが、(地球で言うと)どちらかと言えば、女性的な栄養を与える「愛」のほうを司っている、らしいそうだ。
    また、
 『地球の変革の時代においては、バランスをとるために色々と遣ってくれているが、金星の存在は、今、地球の指導的立場に有るが、(地球上で)そう言ったものを創り出そうとしている、らしいそうだ。


エ) 「シュタイナー文献」による「金星と火星」の考え方。
 (ある読者の読書感想によると)、『世界中に翻訳された全てを精査した訳ではないが)、

◆ 7惑星と人体・地球への影響について

    人体   金属   植物          穀物      色  音学の音符  発音母音
月・・・・・脳・・・・銀・・・・・桜・・・・・・・・・・・・・・・米・・・・・・・・紫色・・・・・シ・・・・・・・・・・EI 
太陽・・・心臓・・・金・・・・・トネリコ・・・・・・・・・・・小麦・・・・・・橙色・・・・・ラ・・・・・・・・・・AU
金星・・・腎臓・・・銅・・・・・白樺・・・・・・・・・・・・・カラス麦・・・・藍色・・・・ファ・・・・・・・・・A
火星・・・胆嚢・・・鉄・・・・・柏(かしわ)・オーク・・大麦・・・・・・赤色・・・・・ド・・・・・・・・・・E

◆ 惑星の位置付けについて

 (シュタイナーによれば)、「運命を規定する星と、人間を解放する星」に関して、『内惑星は人間の運命を規定し、外惑星は人間を運命から解放するが、火星・木星・土星は人間を解放する惑星で、水星・金星・月は運命を規定する惑星、らしいそうだ。

 『古代の直感的な叡智は、『人間の生命は恒星天からではなく、惑星天から流れてくる』と語ったが、惑星天は、土星・木星・火星・太陽に区別されるが、太陽の本質に注目するなら、太陽が光の源泉だと思われている点で、諸惑星と区別される、らしいそうだ。
 『太陽は、自分の本質を光の中に現わす』が、『惑星は、日光を反射して外的・表面的なイメージのみを示して輝いている、らしいそうだ。

◆ 金星と地球の関係性について

 『金星は、公転は他の惑星と同じだが、自転は他の惑星とは逆回転する。太陽と金星の関係は、地球にも影響を及ぼし、地球の兄弟惑星と言われる。地球と金星が最も近づくとき、金星は、いつも同じ面を地球に向ける、らしいそうだ。

 『金星は、(地球を除いて)宇宙に対して冷淡で不愛想な星であり、宇宙に対して打ち解けようとしないし、宇宙について何も知ろうとせず、宇宙と距離を置いているが、心情的に合わない宇宙を好まないのだ。このため、宇宙から何かの印象が訪れると、金星は驚愕して衝撃を覚える、らしいそうだ。

 『金星は、地球から訪れるものに対しては、非常に敏感であり、地球から遣って来るものの全てを受け取っているが、(ある意味において)地球は金星の恋人だ。
 月が全宇宙を映すのとは対象的に、金星は宇宙を全く映さない。金星は宇宙について何も知りたくないのだが、地球から遣って来るものについては、愛情を込めて反射する、らしいそうだ。

 『地上の人間の心魂が行うことは、全て金星に反射されるが、金星は人々の心魂の中を覗き込むのだ。金星にとって人々の心魂は興味深いのだ。地上で内々に体験されたものの全てが金星に反射される、らしいそうだ。

 『(夢の中では)日中の出来事が変形されるように、金星は反射するものの全てを変形してしまう。金星は地上の出来事を受け取ると、それを夢の像に変形してしまう。
 そして、金星が地球の周りを巡る運行全体は、本来は夢想であり、実に多様な夢の形象の中に「夢へと変形された地上の人間の秘密が示される」、らしいそうだ。

◆ 火星と地球の関係性について

 『火星は、恩寵(おんちょう)に満ちた惑星に成って、言語の中に自由な要素が生まれたが、火星が『火星は人間に事物を押し付けるべきではない』という土星・木星の決議に従ったために、人間は言語において、完全ではないが、ある程度は自由、らしいそうだ。

 『火星は、太陽系の中で多弁な星であり、火星は自分が知っている宇宙の事を、残らず絶えず喋り散らす。だからと言って、火星に棲む心魂たちが、宇宙の全てを理解している訳ではない。火星は、あまり考える事が無く、(雄弁で有っても)思索するわけでも無いから、人間の本質については何も知っていない、らしいそうだ。

 『火星の霊は、宇宙の様々に示現するものを見張って、それについて夢中になり、活気に満ちて語るが、火星は、(人類の経過の中で)様々な方法で人間を刺激する、らしいそうだ。

 『火星には良い面と悪い面が有って、火星には火星の守護神と悪魔が居る。その火星の守護神は、宇宙から、人間が言語への衝動を持つように働きかけるが、(これに対して)火星の悪魔は、言語が様々に乱用されるように作用する、らしいそうだ。

◆ 金星と火星の対立性について

 『金星は火星と反対の性格を持つ、らしいそうだ。

 『金星・水星は、カルマ的なものや心魂的・精神的なものを人間の中にもたらし、カルマ(業)を人間の心情・気質の中に現わすが、それに対して、火星(特に木星・土星)は、人間を運命の規定から引き離して解放し、自由な存在にする、らしいそうだ。

 『金星は、火星が語るものに対しては、非常に注意深く耳を澄まして聞いているが、(金星は火星を通して)宇宙から伝導されたものによって、夢のような地上の体験を解明して変形する、らしいそうだ。

 『金星が聴く力なら、火星は話す力だ。火星は、重い、硬い、暴力的エネルギー、鉄の意志、物事を始める力、発意の力、勇気だ。火星は急激に成長するが、(その後は)直ぐに続く強力な堰き止める作用が有る、らしいそうだ。


B★ 毎回における、お断り。

 私は、単に「アセンションごっこ」をして遊んでいるだけです。私の毎回の投稿は「妄想」であり「お花畑」に過ぎません。毎回の全ての記事は、「自己責任」で判断して下さい。よろしいですか。


★ どう思われますか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ63掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ63掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ63掲示板  
次へ