★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ63 > 117.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
7回目の終了です(その卒業論文の31)・ユダヤの陰謀論・『夫婦別姓は、悪の仕組で、破滅の方向性だぞ』
http://www.asyura2.com/21/bd63/msg/117.html
投稿者 どう思われますか 日時 2021 年 8 月 09 日 09:41:50: Qy4l4lPG05pBg gseCpI52gu2C6oLcgreCqQ
 

★ 人間はアバター(化身)であり、地底人・神霊・ヒトの移写が、地上世界の地上人(人間)です。

★ (遠い未来の)「真実の人間」が、「VRゲーム」を作り、その内側に「人間世界」を作ったのです。

★ (VRの)地上世界の科学・物理法則は、真実の世界の科学と異なって、変動し不正確です。

★ 2013年頃から「位置が変換」し、あと20年くらいで消滅して、「新しいゲーム」がスタートします。

★ 今の個人主義的な「私」は消滅し、新しい世界では「全体の中での私」という概念に変わります。



@ ところで、『ユダヤの陰謀論・『夫婦別姓は、悪の仕組で、破滅の方向性だぞ』に、ご興味をお持ちでしょうか。

 今回は、最近、問題に成っている「夫婦別姓」について考えて見たいと思いますが、考え方は、人それぞれです。
 

A 夫婦別姓と夫婦同姓の国。

 夫婦同姓は日本くらいで、大半の国が夫婦別姓を認めており、日本だけが「異質な国」です。

★★ 「ゲーム」の基本設定は、アメーバのような単細胞生物が強固に結合するのが「日本(大和)の仕組」で、逆に、一体化した結合体をバラバラに断片化するのが「外国(幽界)の仕組」だから、
 同姓の夫婦を分解して別姓にさせ、「大和」を破壊するのが「イザナミの仕組」です。ホントですよ。

( 外国(幽界) ≒ ユダヤ ≒ イザナミの仕組 ≒ 断片化・機械化・物質化の方向性)のイメージです。


B 日月神示ほかの参考文献等その他。

ア) 日月神示の、「夫婦別姓」の見方。

 『家の治まらんのは女が出るから・・夫立てると果報は女に来る』(黄金・72)。

 『一つのものの表が男である・・裏が女である』(碧玉・07)。

 『天が主であり地が従・・男が上で女が下・・これが和の正しきあり方』(月光・52)。

 『男の魂は女、女の魂は男』(白銀・02)。
 『肉体男なら魂(たま)は女(おみな)・・この道 十(と)りに来る悪魔あるから気つけ置く』(下・33)。


イ) 「シリウスの解釈」の、「夫婦別姓」の見方。(★ある研究者の『解釈」の「感想」だが、

 『人間とは、二つの性格を持つ軸で、感性とシケイ(思形?)、らしいそうだ。

 『卵子とは、定質を作り出している構成質で、精子とは、対化するための中性質、らしいそうだ。

 『男の肉体と女の肉体とは妙性質においてはどのように関係しているのか」との質問に対しては、『妙性質の位置が完成されているものでは無いから、はっきり分からない。男と女の違いは私たちには(つまり彼らには)、まだはっきりとした変化としては見ることが出来ない、らしいそうだ。

 『ヒトにも男と女はいるのか」との質問に対しては、『両方持っているという意味では、ヒトは男に入る、らしいそうだ。
 『ヒトは肉体を持っているのか」との質問に対しては、『人間とは違うが有る、らしいそうだ。

 『人間と真実の人間の位置というのは変換の相対性と考えてよいのか」という質問に対しては、『よろしい』、そうだが、
 『その相対性の反映が男と女となって現れていると考えてよいのか」という質問に対しては、『そのように考えられてよろしい』、そうだが、
 『つまり、人間の方向性が女、真実の人間の方向性が男として現れているのか」という質問に対しては、『そうですね』、らしいそうだ。


ウ) 「バシャール等ほかの文献」の、「夫婦別姓」の見方。

  (★ある読者の「読書感想」によると、『世界中に翻訳された全てを精査した訳ではないが、

 『(地球はバシャールの世界に向かって進んでいるそうだが)、バシャールのエササニ星には、地球のような家族構成は無く、生まれた時から、皆と結婚しているようなイメージ、らしいそうだ。

 『(今の人間の夫婦に関して)、夫婦はケースバイケースで、来世は、別々の地球に住む場合や、波動の違いから離婚して、波動の合う人と一緒に成る事も有る、らしいそうだ。

 『(性的マイノリティーに関して)、魂に性別は無いし、また全ての性別でも有る。物質次元の体験に過ぎない。女の中にも男性性が有り、男の中にも女性性が有る。
 バシャールが知っている文明の中には、一つの体の中に、2つ以上の性質(性別)を持っている文明も有る、らしいそうだ。


C(★私の解釈)。

 日月神示の考え方は、「男が上で女が下」という考え方のようですが、夫婦別姓には言及していないようです。

 「シリウス」に至っては、夫婦どころか男女の別も、性質というか状態というか意識の方向性のような位置付けに感じられます。

 「バシャール」では、夫婦とか家族とか、やや人間的な話が残っているようですが、バシャールが最終的に向かう世界は、全てが統合された「一つなるもの」(大いなる全て)の境地のようです。

 結局、「シリウス」「バシャール」では、未来は、夫婦・家族という個別的な概念から、より大きな全体化・集合化という概念に変わっていくように感じられるので、「夫婦別姓」は論外かも知れません。


D 悪の仕組の本質と目的。

 日月神示に、『悪の仕組は、日本魂をネコソギ抜いて・・日本を外国同様にして・・一呑みにする計画』(磐戸・10)。

(★私の解釈)
 イザナギが守護する「日本精神」を、イザナミが指揮する「オロチ・悪狐・邪鬼たち」を使って破壊するのが(パソコン教育の)「VRゲーム」の設定かも知れません。

★★★(何回でも同じ事を言いますが)、「白人」は金星人が反転転落した「ならず者」で、闇の方向性です。(意識進化の「自転方向」が私たちとは逆回転なのです)。


E★ 毎回における、お断り。

 私は、単に「アセンションごっこ」をして遊んでいるだけです。私の毎回の投稿は「妄想」であり「お花畑」に過ぎません。毎回の全ての記事は、「自己責任」で判断して下さい。よろしいですか。


★ どう思われますか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2021年8月09日 09:44:07 : ebCg4PbI8g : MzBEOFY1ZTk2R3M=[9] 報告

 「妙性質」という聞きなれない言葉が、本文の「シリウス」の中に出てきますが、(私は)「妙性質」を『奇妙な性質』と解釈しています。
   すなわち、
 この世は「VRゲーム」であり、「真実の人間の子供」(つまり私たち人間)が「ゲーム」の中で様々に変化している(つまり夢を見ている)訳ですが、
 この「奇妙に変化する性質」が(ゲームの中に映像化される)私たちの実態だと思います。

ちなみに、
 「妙性質」とは、(「シリウスの解釈」によれば)、『妙性質とは、定質によっても相殺することの出来ない「性質の力の対化』。
 『妙性質とは、上次元から見た「人間」という存在で、「妙性質の対化」の投影が「人間の男と女の肉体」』、らしいそうです。

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ63掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ63掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ63掲示板  
次へ