★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ63 > 175.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
7回目の終了です(その卒業論文の53)・『結局、ユダヤの陰謀論は、ただの陰謀論に終わった、トホホな物語』
http://www.asyura2.com/21/bd63/msg/175.html
投稿者 どう思われますか 日時 2022 年 1 月 17 日 10:15:48: Qy4l4lPG05pBg gseCpI52gu2C6oLcgreCqQ
 

★ 人間はアバター(化身)であり、地底人・神霊・ヒトの移写が、地上世界の地上人(人間)です。

★ (遠い未来の)「真実の人間」が、「VRゲーム」を作り、その内側に「人間世界」を作ったのです。

★ (VRの)地上世界の科学・物理法則は、真実の世界の科学と異なって、変動し不正確です。

★ 2013年頃から「位置が変換」し、あと20年くらいで消滅して、「新しいゲーム」がスタートします。

★ 今の個人主義的な「私」は消滅し、新しい世界では「全体の中での私」という概念に変わります。



@ ところで、『結局、ユダヤの陰謀論は、ただの陰謀論に終わった、トホホな物語』に、ご興味をお持ちでしょうか。

 今回は、(オーディンを神と崇めるゲルマン諸族の)「サクソン族の陰謀論」の関連として、「ユダヤの陰謀論」を論じてみたいと思います。


(★今回の記事の読み方の注意点)

 ユダヤは、「VRゲーム」の主人公ではなく、「定質の日本人」と、(その対化として作られたところの)「性質のゲルマン人」が戦う「紅白戦」の、スパイス程度の役目しか無かったという事です。

     要するに、
 (キリスト教を信奉する欧米人にとっての)「新約聖書」のルーツとしての)「旧約聖書」が有ったから、その「絡(から)み」として「ユダヤ人」が登場したに過ぎず、ユダヤ人は「前次元の遺物」です。
     つまり、
 「物語」の主人公では無かったという事で、あくまでも「脇役」に過ぎなかったのです。


★★ ユダヤ人は前次元の物語で、済んだ話だったのです。(その9の88)(その9の89)の「反転した月」を読んでください。
 前次元の「中東」は、今の「月の外面性」です。前次元に、中東を舞台に「国粗」が活躍していたのです。「過去の夢物語」です。今次元はロケーションがヨーロッパと中国に移ったのです。ホントですよ。ゲームなんです。
     この点について、
★★★「日月神示」に『月より地球が生まれ、地球より太陽が生まれる』(地震・08)や、「シリウスの解釈」では『前次元の地球は、現在は、反対の位置にある「月の外面性」に反映している』らしいそうだ。


Aa 初めに、読書感想『ユダヤ人の起源・・歴史はどのように創作されたのか』。

 2010年、シュロモー・サンド著作の『ユダヤ人の起源−歴史はどのように創作されたのか』という文献が発行されています。(著者は、オーストリア生まれのユダヤ系イスラエル人のようです)。
   (ネットの情報によれば)、
 ヨーロッパに渡ったユダヤ人には、大きく「アシュケナジー・ユダヤ人」と「スファラディ・ユダヤ人」の二つの系統が有ったそうです。


◆ ところが、アシュケナジーもスファラディも、両方ともユダヤ人では無かった。

 (ネットによれば)、「アシュケナジー」とは、黒海とカスピ海の北岸に「カザール王国」があって、8世紀中頃に「ユダヤ教」に改宗し、後にヨーロッパに入って「アシュケナジー・ユダヤ人」に変換された。
    だから、
 血統的に「セム族のユダヤ人」では無いことは、公然の事実に成っています。

    これに対して、
 「スファラディ」のほうも、(スペインの対岸に位置する)アフリカのモロッコやアルジェリア方面に「ベルベル人」の部族・民族が住んでいたが、この一部がスペインに渡り、紆余曲折を経てヨーロッパに入り「スファラディ・ユダヤ人」に変換されたらしい。
    ユダヤ教に関しては、
 一部の「ベルベル人」が「ユダヤ教」に改宗しているそうです。
   ちなみに、
 「ベルベル人」は、民族的には(セム族では無く)「コーカソイド系」がルーツのようです。

    だから、
 ★「スファラディ」は、『血統的なユダヤ人であり、ホンモノだ』と多くの人々が信じていたが、『全部ウソだった』という話のようです。

    ある読者の読書感想によれば、
 ★★よく考えて下さい。なんで、パレスチナの「亡国ユダヤ人」が、わざわざ、アフリカの(片田舎の)モロッコにまで(命がけで)移住しなければ成らないのですか。
 ホントは、ローマ帝国はユダヤ人を追放していないから、多くはパレスチナに在留したか、少なくとも、大都市のローマに少数が移住した程度です。
 それに、ベルベル人は「コーカソイド系」で、ユダヤ人は「セム族」で民族が異なるのです。そんな所に少数で行ったら殺されますよ。


Ab 「日月神示」にみる「ユダヤ人」。

 (日月神示には)、「石屋」が登場しますが、これは「フリーメーソン」の解釈で良いと思うのですが、「聖書」の記述は多数見つかっても、ユダヤ人の記述は余り見つかりません)。

 (十二の流れ)・・『十の流れ、十二の流れと今に判る時来る』(光・07)。
 (十二の宝)・・『十二の玉を十まで生んで、後二つ残してある』(秋・21)。
 (スメラとユダヤ)・・『スメラ神国とユツタ(ユダヤ)神国と一つになり』(光・06)。

 (★私の解釈)、「イスラエルの十部族」と「ユダヤの二部族」は、「対化」で「対立軸」の関係です。
     ここで、
 「日月神示」に登場するのは「石屋」(フリーメーソン)ですが、『石屋がユダヤ人』とは書いて有りません。ここのところを勘違いしないで下さい。


Ac 「シリウスの解釈」にみる「ユダヤ人」。(★ある研究者の『解釈」の「感想」だが、

A 『ムーやアトランティスの人間は位置の転換を行って、彼らはヒトになって、今も存在している」、らしいそうだ。
 (★『レムリアは存在していない」、らしいそうだ)。

B 『過去のこの次元の地球において、位置の転換を果たした文明が数多くあったが、その時、位置の転換が出来なかった人間だけが、この地球に取り残され続けている』と考えられて結構」、らしいそうだ。

C 『今の人類は、その人間たちの子孫にあたる」、らしいそうだ。

D 『日本人とは、今の「人間の核質」。位置の転換は、ほとんどが、この核質によって行われている」、らしいそうだ。

E 『進化が方向を回転することによって、新しい人種が誕生する」、らしいそうだ。
 
F 『民族と人種の違いは、変換を操作する力の度合いの違い」、らしいそうだ。
 『言語の違いはどのようにして生まれてくるのか。 → 形成する場のトウショウ」、らしいそうだ。

G 『ユダヤと6茫星の関係は → ユダヤという力は調整質を変える力がある。方向性をもたらす」。
 『ユダヤ人は今の交差を行った際に出来た人種。総体的な次元には見当たらない人種。地球人だが、付帯質によって地球人を変えてしまう力を持っている」、らしいそうだ。

H 『地球の人種には他の惑星次元の人間の子孫もいる。東洋人はこの地球。白人は金星(白人と他のものもいる)。黒人は水星。アラブ人が火星」、らしいそうだ。


(★私の解釈)
 ユダヤ人は「今の交差を行った際に出来た人種」だから、前の次元には存在しなかった人種です。また、ユダヤは「調整質」を変える力が有るから、『(カタチを持たない地底人・ヒトの意識の)「方向性を様々に変えて導く力』が有るし、
    また、
 ユダヤは、(日本人の対化構造に作られた人間の核質(反核質かも?)であり)地球人ですが、「付帯質」によって『モノ(物)を作り出す意識』を持っているから、(次々に科学的な発見・発明・論理によって)『地球人(日本人)の「意識」を変えてしまう力』を持っている、のかも知れません。


B 結局、「ユダヤの陰謀論」とは、何だったのだろうか。

 (卒業論文の52)に触れましたが)、「ゲルマン諸族」(主としてサクソン族)に比べると、『ユダヤには、それほど大きな力は無かった』という事で、近世は「ゲルマン諸族」がリードしたという事です。

(私たちは、イザナミ・スサノオ・醜女たちが創作した「ユダヤの陰謀論」に騙されて踊らされていたのです。(彼らの)腹を抱えるほどの「高笑い」が耳に聞こえます)。


C★ 毎回における、お断り。

 私は、単に「アセンションごっこ」をして遊んでいるだけです。私の毎回の投稿は「妄想」であり「お花畑」に過ぎません。毎回の全ての記事は、「自己責任」で判断して下さい。よろしいですか。


★ どう思われますか。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2022年1月17日 10:18:34 : ebCg4PbI8g : MzBEOFY1ZTk2R3M=[57] 報告

日本人の対化がユダヤで、その再反転が石屋(フリーメーソン)という考え方。

 「VRゲーム」の特撮効果として、日本人(イスラエル)の対化としてユダヤが作られました。(これを前次元の事だと考えます)。

 そして、今次元では、このユダヤを再反転させて「石屋」(フリーメーソン)として登場させると、「おもしろいゲーム」が作れるのではないかと思います。
 (この点については、日月神示、白銀・01、白銀・07、冬・01、春・41などを複合的に読み解いてください)。

    また、「シリウスの解釈」によれば、
 『位置とは何ですか → 停止するべき力の持つ言葉。位置の転換が人間を「ヒト」に変える。
 『ヒトとは何ですか → 新しい力を持つ人間」、らしいそうだ。

2. 2022年1月17日 10:21:16 : ebCg4PbI8g : MzBEOFY1ZTk2R3M=[58] 報告

(アセンション、プリーズ)

 私たちの「次元」は、「マヤの2012年」で、必要なカリキュラム(教育課程)を終えました。

 今は「卒業旅行」と「選別の仕組」の最中ですが、2013年からの「変換」(有る意味において「逆バイアス」)が過激化する中で、2025年からは「転換」(有る意味において「地上人としての夢の消滅」)も始まります。

 私たちに見える「意識世界」としては、地震・火山噴火・風水害の益々の発展・巨大化・過激化です。

 「有る人」にとっては「おてんと様」の輝きであり温かさですが、「別の有る人」にとっては「月の常闇」(とこやみ)で冷たい氷の世界を体験するでしょう。

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ63掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ63掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ63掲示板  
次へ