★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ63 > 268.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
7回目の終了です(その卒業論文の97)・「バシャールの研究・『バシャールの発言から、唯我論・独我論に飛躍する話』
http://www.asyura2.com/21/bd63/msg/268.html
投稿者 どう思われますか 日時 2022 年 11 月 21 日 10:32:07: Qy4l4lPG05pBg gseCpI52gu2C6oLcgreCqQ
 



★ 人間はアバター(化身)であり、地底人・神霊・ヒトの移写が、地上世界の地上人(人間)です。

★ (遠い未来の)「真実の人間」が、「VRゲーム」を作り、その内側に「人間世界」を作ったのです。

★ (VRの)地上世界の科学・物理法則は、真実の世界の科学と異なって、変動し不正確です。

★ 2013年頃から「位置が変換」し、あと20年くらいで消滅して、「新しいゲーム」がスタートします。

★ 今の個人主義的な「私」は消滅し、新しい世界では「全体の中での私」という概念に変わります。



@ ところで、『バシャールの研究・『バシャールの発言から、唯我論・独我論に飛躍する話』に、ご興味をお持ちでしょうか。

 今回は、「あるバシャール本」に、唯我論・独我論のヒントになるような記述が見られるので、唯我論・独我論を考えてみたいと思います。

(★ 初めに断っておきますが、「唯我論」の哲学問答は、古代ギリシアの時代から論じられていたのですが、現代に至っても、明確な決着は付いていません)。


A 初めに、唯我論・独我論の意味とは。

 (国語辞典によれば)、「唯我論」とは「独我論」に同じだ、と有ります。そこで、「独我論」とは、(簡略すると)、『実在するのは「わが自我」と「その所産」のみであり、「他我」や「その他の全て」は、「わが自我」の観念や現象に過ぎない』とする「主観的認識論」のことである」、そうです。
   要するに、
 『この世には自分しか存在しない』『自分以外は全て幻影である』と言うような意味のようです。


◆ 唯我論・独我論の欠陥。

 この唯我論・独我論には、重大な欠陥が有って、(私が)『世界には私しか存在せず、他者は幻影だ』という主観的な場合には成り立ちますが、
    客観的な場合に、
 例えば、『(貴方が)、世界には貴方しか存在せず、他者は幻影だ』と言うと、それを聞いた私は『そんな事は無い、私も存在している』という反論が成り立ちます。
    さらに、
 多くの聴衆が居たら、多くの聴衆たちが『私たちも存在している』との反発が生まれると言う事です。


B それでは、バシャールの発言の要旨から。(ある読者の「読書感想」です)。

バシャa 『バシャールが意識の有る存在だと、どうして分かるのか』、『バシャールが超精巧に作られたコンピューターでは無いと、どうして分かるのか』、らしいそうだ。

バシャb 『バシャールが肉体を持って、人間の目の前に居たとしたら、バシャールがロボットのような人工物で無いと、どうして分かるのか』。

バシャc 『貴方は、「自分は魂を持つ存在だ」と信じ込むようにプログラムされたAI(人工知能)では無い、と言い切ることが出来るのか』。

バシャd 『例えば子供を例に挙げて、『自分の子供に意識が有って、知能が有ると、どうして分かるのか。
    もしかすると、
 「独自の意識を持っている」のでは無く、「何かを教えられてプログラムされていた」のかも知れないのだ。
    あるいは、
 子供が「独立した考えを持っている」のでは無く、単純に、「大人の真似をしている」のかも知れないのだ』、らしいそうだ。

バシャe 『(上記のバシャdに対しての)、「その違い」に人間は気付くことが出来ない』らしいそうだ。
   (★私の解釈、
 「その違い」とは、(魂を持った)「真の人間」と、(魂を持たない)「人工知能」の違いだと思います)。


C 私の解釈。

◆ AI(人工知能)という概念は、古典的哲学を打破する。

 古代ギリシア哲学の時代や、近代哲学と呼ばれる時代には「AI」(人工知能)という概念は有りませんでした。彼らの時代には「全ての人間は、存在する」と思ったし、まさか、目の前の人間が「人工知能ロボット」という疑問を持つことも有りませんでした。
    ところが、
 「VRゲーム」が登場して「仮想空間」が現実に成ったり、「メイド・カフェ」に登場する「メイド・ロボット」が現実になると、「ホンマかいな」と、わが目を疑います。
    その意味において、
 今後の哲学論争は、「VR」(仮想現実)・「AI」(人工知能)・「メタバース」(仮想空間)を抜きにして語ることが出来なく成るかも知れません。


◆ バシャールから推理する「AIと人類の未来」について。(私の解釈)。

    (幾つかの「バシャール本」が言っている事は)、
 第1に、人類の未来は「AIの時代」に入る。衣食住・労働・仕事などの大半が「AI」に置き換わる。
 第2に、未来の人間の仕事の分野は、AIが得意とする「(事前に)回路の中に必要なプログラムをしておけるような仕事」(たとえば「演算」「記憶」「順次動作」など)の分野ではなく、「AI」が苦手とする領域の「発想・閃き・アイデア」などの発明的な仕事を人間が行なうようになる。

    そして、
 (上記Bに)「バシャール」が述べているように、未来のコンピューター技術は、(三次元空間と錯覚するような)「VR」を作り出すだろうし、「アンドロイド」(人間に酷似したロボット)も「VR」の中に組み込んで「アバター」(化身)として、それらを通じた「VRゲーム」を展開できるだろうと思います。
    そして、その「ゲーム」の中で、
 「VR」・「メタバース」の中に存在する多くの人々の中で、「魂を持った真実の人間のアバター」は、実は、自分一人だけで、「他者のアバター」は「AI」のアバターかも知れません。
     これは、
 「夢物語」ではなく、「AI」を実用化している今日のコンピューター技術を見れば、必ず到達する未来では無いかと思います。


D 結語として、私たちの世界は「唯我論・独我論」の世界かも知れない。

 ただし、それは、「私が見ている一人だけの夢」ではなく、「VR」(仮想現実)に閉じ込められた「私の意識」が、無数の「AI」を相手にして様々な体験をしているものであり、
    なおかつ、
 「メタバース」(仮想空間)が複雑に交差するような世界で、(シリウスが言うように)「今の人間には想像も理解も出来ない世界」だろうと思います。


◆ (極論として)、貴方が「真の人間」で、私は「AI」のロボットかも知れない。

 上記「バシャc」に述べたように、『貴方は、「自分は魂を持つ存在だ」と信じ込むようにプログラムされた「AI」では無い、と言い切ることが出来るのか』との指摘であり、
 実は、私は、本当は「AI」かも知れないという疑問も浮上しますが、「バシャe」のように、『(今の人間は)、「その違い」(魂を持つ人間とAIロボットの違い)に気付くことが出来ない』そうです。
    この点については、
 私たちの世界が(メタバースの転写に過ぎない)「VR」なら、(その意識の本源を調べるために)VRの外に出られないし、さらには、メタバースの外側に有る「真実の世界」にも出られないからです。


E★ 毎回における、お断り。

 私は、単に「アセンションごっこ」をして遊んでいるだけです。私の毎回の投稿は「妄想」であり「お花畑」に過ぎません。毎回の全ての記事は、「自己責任」で判断して下さい。よろしいですか。


★ どう思われますか。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2022年11月21日 10:33:28 : ebCg4PbI8g : MzBEOFY1ZTk2R3M=[178] 報告

(日月神示・バシャールの考える「独我論」に「メタバース」を重ねると)

日月神示に、『物質界は、霊界の移写・・祖先は過去の自分・・子孫は新しき自分、未来の自分・・兄弟姉妹は最も近き横の自分・・人類は横の自分、動、植、鉱物は更にその外の自分』(冬・01・上段)。
    また、
バシャールでは、『大いなる全てが、自分を知るために、自分の内側に世界を創った』らしいそうです。

    だから、
 「日月神示」「バシャール」は、表現方法を変えた「独我論」とも言えそうですが、これを「メタバース」(仮想空間)で演出すると、どのように「設計」し、「演出」をプログラムするかという問題かも知れません。

2. 2022年11月21日 10:35:23 : ebCg4PbI8g : MzBEOFY1ZTk2R3M=[179] 報告

(「マンデラ効果」のマケインやケネディーという、「別の並行宇宙」の話)

 あるバシャール本には、(2008年の時点での話として)『選挙でオバマに勝ったマケインと、選挙でオバマに負けたマケインの、二人のマケインが同時に存在する』とか、
 『暗殺されたケネディー大統領と、暗殺されていないケネディー大統領の、二人のケネディーが存在している』そうです。

   すると、
 暗殺されたケネディーと、暗殺されなかったケネディーは、どちらがホンモノで「魂」を持っているのかという疑問が浮上します。
   あるいは、
 両者に魂が有るなら、選挙に勝ったマケインと、負けたマケインは「別々の魂」を持って、別々の人生を歩むのか。すると、両者の魂には同一性が否定される事になるが、魂は分割できるのか。
 (あるいは、別々の人生を歩むような魂を「同一の魂」として認めることが出来るのかという問題が浮上します)。

   もう、
 ここまで来ると、「メタバース」の構造は私たちには分かりませんし、(最先端の)コンピュータの設計技術者にも構想できないような世界では無いかと思います。
   また、
 先ほどの事例で、『(私が)、世界には私しか存在せず、他者は幻影だ』と言うと、貴方は『そんな事は無い、私も存在している』との反論が真実だとしたら、「二つの次元が交差している」という仮説が登場する事に成ります。

   最後に、
 「VRゲーム」などは、昔には考えられなかった「技術」ですが、今は現実に成っているのです。だから、今は「不可能だ」と断言できる事が、未来には「可能に成っている」のです。この事実を否定する事は出来ません。

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ63掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ63掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ63掲示板  
次へ