★阿修羅♪ > 医療崩壊7 > 785.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
臨床前ワクチン試験に使用されたmRNA-LNPプラットフォームの脂質ナノ粒子成分は炎症性が高い (NIH) 
http://www.asyura2.com/21/iryo7/msg/785.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2021 年 12 月 01 日 05:15:47: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
 

「The mRNA-LNP platform's lipid nanoparticle component used in preclinical vaccine studies is highly inflammatory
(臨床前ワクチン試験に使用されたmRNA-LNPプラットフォームの脂質ナノ粒子成分は炎症性が高い)」
(NIH 2021/11/20)
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34841223/

Sonia Ndeupen, Zhen Qin, Sonya Jacobsen, Aur lie Bouteau, Henri Estanbouli, Botond Z Igy rt
Affiliations
PMID: 34841223
PMCID: PMC8604799
DOI: 10.1016/j.isci.2021.103479

Abstract

Vaccines based on mRNA-containing lipid nanoparticles (LNPs) are a promising new platform used by two leading vaccines against COVID-19. Clinical trials and ongoing vaccinations present with varying degrees of protection levels and side effects. However, the drivers of the reported side effects remain poorly defined. Here we present evidence that Acuitas' LNPs used in preclinical nucleoside-modified mRNA vaccine studies are highly inflammatory in mice. Intradermal and intramuscular injection of these LNPs led to rapid and robust inflammatory responses, characterized by massive neutrophil infiltration, activation of diverse inflammatory pathways, and production of various inflammatory cytokines and chemokines. The same dose of LNP delivered intranasally led to similar inflammatory responses in the lung and resulted in a high mortality rate, with mechanism unresolved. Thus, the mRNA-LNP platforms' potency in supporting the induction of adaptive immune responses and the observed side effects may stem from the LNP's highly inflammatory nature.

mRNAを含む脂質ナノ粒子(LNPs)を用いたワクチンは、COVID-19に対する2つの主要なワクチンで使用されている期待される新しいプラットフォームである。臨床試験や現在行われているワクチン接種では、保護レベルや副作用の程度は様々である。しかし、報告されている副作用の要因はまだ十分に解明されていない。ここでは、臨床前のヌクレオシド修飾mRNAワクチン研究で使用されたAcuitas社のLNPが、マウスにおいて高い炎症を起こすという証拠を提示する。これらのLNPを皮内および筋肉内に注射すると、大量の好中球浸潤、多様な炎症経路の活性化、様々な炎症性サイトカインおよびケモカインの産生を特徴とする、迅速かつ強固な炎症反応が生じた。同量のLNPを鼻腔内に投与すると、肺で同様の炎症反応が起こり高い死亡率となったが、そのメカニズムは解明されていない。このように、mRNA-LNPプラットフォームは、適応免疫反応の誘導をサポートする能力に優れているが、副作用が観察されたのは、LNPの高炎症性の性質に起因すると考えられる。

----(原文と翻訳ここまで)-------------------------------------------

本来なら、こういったことは動物実験の段階で判明することで、脂質ナノ粒子(LNPs)は
炎症性が高くて使用できない、という結論に達するはずです。

人間に使ってはならないのです。

それを、ドサクサに乗じて使用を承認したから、これだけひどい健康被害が起きているのです。


(関連情報)

「動物実験で、ファイザーmRNAは脾臓や卵巣などに蓄積されることが判明 (TrialSite)」
(拙稿 2021/6/4)
http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/709.html

「徳島大学名誉教授 大橋眞 『LNPは卵巣の毒』 (拙稿 2021/6/29)」
http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/811.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2021年12月01日 06:23:13 : N0j7TNve8c : clJUMm5CbkRaYkk=[2] 報告
コロナワクチンの血液障害、神経障害、自己免疫疾患、ADEの論文に続き、ガン、免疫不全の論文まで出ている。今更驚かないよ。
2. 2021年12月01日 09:29:06 : chnAS2jUtw : SXdPQktRSS9pNjI=[819] 報告
>>1
いや、mRNAワクチンを推進している米NIHが、こういう論文を
何食わぬ顔で公表するのは衝撃だよ。
3. 2021年12月01日 09:40:44 : ql0e9KevKY : bUVqWFUwaXNWaGs=[72] 報告
打った人に炎症が起こるのは、炎症性が高いmRNA-LNPプラットフォームの脂質ナノ粒子成分だけが理由では無さそうです。

どうやら、ワクチンに入っているRNAは、元の配列からかなり改変されているようです。
下記の記事を読んで背筋がゾクッとしました。この改変は、"ワザ"となんでしょうね。
こんなものを2回、3回、4回と回数を重ねて打ったらどうなるか、本当に怖しいです。


[Toll様受容体を調べて突きあたった「 mRNA 配列の改変で C と G が異常に強化されている理由」は、もしかすると悪意のような背景に満ちているものかもしれない (in deep)]
https://indeep.jp/why-added-so-many-c-s-and-g-s/

(一部抜粋)
審良静男大阪大学教授は、Toll様受容体=TLRが、認識したDNAを病原体のものだと判断するのは、多くの病原体が持っていて、哺乳類には少ないと言われる塩基のCGです。

つまり、優れた免疫応答を発動させる働きを持つ Toll様受容体は、「 C と G が隣り合う配列を病原体だと判断して攻撃する」

ワクチンについて、米マサチューセッツ工科大学のステファニー・セネフ博士は、「彼らがワクチン mRNA に対して行ったもう一つの改変は、RNAに余分なG(グアニン)とC(シトシン)をたくさん追加したことです」
「G(グアニン)とC(シトシン)をたくさん入れ、スパイクタンパク質を作ることを有利にしています」と述べています。

mRNA ワクチンの RNA は、(改変によって)「通常よりはるかにG(グアニン)とC(シトシン)が多い」

そした、CとGが並んでいる部分を Toll様受容体は「病原体」だと認識して攻撃するようです。
(RNAが改変されたワクチンに)「CとGが並ぶ配列」が多く見られるのなら、それだけ、 Toll様受容体による「間違った免疫応答が起きやすい」ということかも知れません。

ワクチン mRNAの配列の最後は、約 100の A が並べられています。
「ポリA配列はRNAの安定化に貢献します」ということで、これもまた RNA が消滅しにくくなっているという改変のようです。

> mRNAは何度も再利用できるが、再利用が発生すると、最後にAの一部が失われる。Aがなくなると、mRNAは機能しなくなり破棄される。このような「重複したA」の並びは、 mRNA の劣化からの保護だ。

4. 2021年12月01日 12:59:58 : 1hFwhl5XF6 : dXZTY1pyS01GUXM=[1476] 報告
NIHが今更このような発表をしているわけだが、今年の6月には厚労省で既知であった。

SARS-CoV-2 mRNA Vaccine (BNT162, PF-0 7302048)2.6.4薬物動態試験の概要文
https://www.pmda.go.jp/drugs/2021/P20210212001/672212000_30300AMX00231_I100_1.pdf

---
NIHの発表なので、何か意図があるのだろう。

5. 2021年12月01日 13:07:11 : 1hFwhl5XF6 : dXZTY1pyS01GUXM=[1477] 報告
例えば、NIHがワクチン接種者の永久不妊を後で発表して驚愕させて、ワクチン接種者を言いなりにさせるとか。

本当に悪魔の所業かもしれんね。

6. 2021年12月01日 19:51:31 : niyy4hTwUA : OHU1UGRCUHhtN0k=[6423] 報告
>>5
自宅警備員さん達は、家から一歩も出ないとかあるから、当然の事ながらワクチン接種なんてしないわけで……。
活動的な人が不妊で、引きこもりが国を救う?
何なん、コレ??
(一部の狂人の思惑は、大きく崩れてないかい?)

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊7掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊7掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
医療崩壊7掲示板  
次へ